Operated by Ateam Inc.

イーデス

登録なしで求人を確認できる転職サイト8社!バレずに使う方法や注意点も解説

最終更新日:

転職サイト おすすめランキング
提携各社(株式会社リクルート・株式会社マイナビ等)のアフィリエイト広告を含みます
イーデス』は、複数の企業と提携し情報を提供しており、当サイトを経由して商品への申込みがあった場合には、各企業から報酬を受け取ることがあります。ただし当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無が影響を及ぼすことはございません。
また当サイトで得た収益は、サイトを訪れる皆様により役立つコンテンツを提供するために、情報の品質向上・ランキング精度の向上等に還元しております。※提携機関一覧
この記事は有料職業紹介許可番号:23-ユ-302788)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社エイチームライフデザインが制作しています。

「転職サイトに登録したいけど、会社にバレそうで不安……」という方は多いと思います。

しかし、転職サイトは登録しなくても求人をチェックすることが可能です。

そこでこの記事では、会員登録なしで利用できる転職サイトを8社紹介します。

そのほか、会社にバレることなく転職活動を進められるよう、以下の内容についても解説するのでぜひ参考にしてください

本記事で解説するおもな内容

  • 会員登録なしで利用できる転職サイト8社
  • 登録なしで転職サイトを利用するデメリット
  • 会社バレを防ぐために気をつけたいポイント

サポートも受けたいなら「doda」がおすすめ

求人紹介・選考対策といったサポートも受けたい場合は、転職エージェントとしての機能も兼ね備えている「doda」の利用がおすすめです。

doda
(引用元
doda

doda」では、エージェントサービスに申し込むことで担当のアドバイザーがつき、転職活動をサポートしてくれます。

状況に応じて転職サイト・エージェントの機能を使い分けることができるので、利用するサービスを迷っている場合はぜひ活用してみてください。

doda|基本情報

運営会社パーソルキャリア株式会社
求人数

200,000件以上(非公開求人を含む)

対応地域全国+海外
料金無料

(最終更新:24年5月時点)

その他の転職サイトについて知りたい方は以下の記事をご覧ください。

    気になる内容をタップ

    会員登録なしで利用できる転職サイト8社

    ここでは、会員登録なしで求人を閲覧できる8社を紹介します。

    どのサイトも登録せず求人を閲覧できるので、ぜひ気軽にチェックしてみてください。

     転職サイトタイプ特徴求人数
    doda総合型エージェントサービスも利用可二重丸179,000件
    リクナビNEXT総合型転職者の8割が利用丸88,000件
    マイナビ転職総合型20代~30代前半におすすめ

    -

    エン転職総合型企業情報を詳しく確認できる三角4,800件
    Green特化型IT・Web系に特化丸31,000件
    女の転職type特化型女性の転職に特化三角2,400件
    from40特化型40代以上に特化丸17,000件
    Daijob.com特化型グローバル求人に特化丸11,000件

    ※2023年1月時点

    登録なしでスカウトサービスは利用できない

    登録なしで転職サイトを利用した場合、「登録の手間がかからない」「会社にバレるリスクを抑えられる」というメリットがあります。

    一方「スカウトや会員限定の機能を利用できない」といったデメリットもあるので、転職サイトの機能を100%活用したい場合は登録することをおすすめします。

    エージェントとしても利用できる「doda」

    doda
    (引用元
    doda

    doda」は、人材業界大手のパーソルキャリアが運営する転職サービス。

    転職サイトとして利用できるのはもちろん、エージェントサービスに申し込んでアドバイザーからサポートを受けることも可能です。

    そのため、「必要に応じて面接対策などのサポートも受けたい」という方に適しています。

    また、業界トップクラスの求人数を誇り、幅広い業界・職種の求人を保有していることも強みのひとつです。

    臨機応変にサービスを活用したい方や、たくさんの求人を比較検討したい方はぜひ利用してみてください。

    doda|基本情報

    運営会社パーソルキャリア株式会社
    求人数

    200,000件以上(非公開求人を含む)

    対応地域全国+海外
    料金無料

    (最終更新:24年5月時点)

    知名度が高い定番サイト「リクナビNEXT」

    リクナビNEXT
    (引用元
    リクナビNEXT

    リクナビNEXT」は、人材業界大手のリクルートが運営する転職サイト。

    転職者の多くが利用しているといわれている、定番のサービスです。

    豊富な求人情報を掲載しているので、転職の選択肢を広げるためにも登録しておくことをおすすめします。

    また、登録すればあなたに興味を持った求人企業からオファーが届く「スカウトサービス」も利用できるので、ぜひ活用してみてください。

    リクナビNEXT|基本情報

    運営会社株式会社リクルート
    公開求人数約121,000件
    非公開求人数非公開
    対応地域全国
    料金無料

    (最終更新:24年5月時点)

    若手の転職に強い「マイナビ転職」

    マイナビ転職
    (引用元
    マイナビ転職

    マイナビ転職」は、若手向けの求人が充実している転職サイト。

    20~30代前半向けの求人が多く、幅広い業種・職種の求人を保有しているのでキャリアチェンジを考えている方にもおすすめです。

    また、求職者のニーズに合わせて「女性のお仕事」「エンジニア求人サーチ【IT】」とった専用ページを設けていることも特徴のひとつです。

    転職の方向性が決まっている場合は、上記ようなページも活用することでより効率的に求人を見つけられるでしょう。

    若手向けの求人を効率よくチェックしたい方は、ぜひ利用してみてください。

    マイナビ転職|基本情報

    運営会社株式会社マイナビ
    公開求人数非公開
    非公開求人数非公開
    対応地域全国+海外
    料金無料

    (最終更新:24年5月時点)

    企業の詳しい情報を入手できる「エン転職」

    エン転職
    (引用元
    エン転職

    エン転職」は、若手からミドルまで幅広い層に対応している転職サイト。

    求人の情報量が多いことが特徴で、会社の雰囲気・仕事のやりがい・向いている人や向いていない人など、深い部分までリサーチできます。

    担当者が取材したリアルな情報を確認できるので、転職のミスマッチを防ぎやすいでしょう。

    「求人を探しつつ、情報収集もしたい」という方は、ぜひ利用してみてください。

    エン転職|基本情報

    運営会社エン・ジャパン株式会社
    公開求人数約108,000件
    非公開求人数非公開
    対応地域全国+海外
    料金無料

    (最終更新:24年5月時点)

    IT業界・エンジニアの転職なら「Green」

    Green
    (引用元
    Green

    Green」は、IT業界・エンジニア職の転職に強い転職サイト。

    IT系の求人数は業界トップクラスで、エンジニア・Webデザイン・クリエイター系の案件を効率よくチェックできます。

    また、スカウトが盛んに行われていることも特徴のひとつです。

    企業から直接オファーがくることもあるので、転職の選択肢を広げたいならば「登録して」活用することをおすすめします。

    Green|基本情報

    運営会社株式会社アトラエ
    公開求人数約28,000件
    非公開求人数非公開
    対応地域全国+海外
    料金無料

    (最終更新:24年5月時点)

    女性やママの転職におすすめ「女の転職type」

    女の転職type
    (引用元
    女の転職type

    女の転職type」は、女性向けの求人に特化した転職サイト。

    「産育休活用あり」や「女性管理職在籍」といった女性ならではの希望を満たした求人が充実しており、仕事とプライベートを両立させたい方におすすめです。

    また、求人情報には働く職場の環境について詳しく記載されており、残業の有無や職場の雰囲気についてチェックできます。

    納得のいくまで求人をチェックできるので、労働条件や環境にこだわりたい女性はぜひ利用してみてください。

    女の転職type|基本情報

    運営会社株式会社キャリアデザインセンター
    公開求人数約2,300件
    非公開求人数非公開
    対応地域全国(関東中心)
    料金無料

    (最終更新:24年5月時点)

    40代の転職におすすめ「from40」

    From40
    (引用元
    From40

    from40」は、40~50代に特化した転職サイト。

    掲載されているのはすべてミドル・シニア向けの案件なので、年齢を気にすることなく求人に応募できます。

    また、正社員だけでなく契約社員・業務委託・派遣社員・パートなどの求人を扱っていることも特徴のひとつです。

    さまざま雇用形態を比較検討できるので、働き方を迷っている方もぜひ活用してみてください。

    From40|基本情報

    運営会社株式会社ダトラ
    公開求人数約16,000件
    非公開求人数非公開
    対応地域全国+海外
    料金無料

    (最終更新:24年5月時点)

    グローバル求人が充実「Daijob.com」

    Daijob.com
    (引用元
    Daijob.com

    Daijob.com」は、グローバル求人に特化した転職サイト。

    求人検索画面では、「希望勤務国」「活かしたい言語」などの条件を指定して効率よく案件を検索できます。

    グローバル企業の求人が充実しているので、外資系で働いてみたい方や、海外で働きたい方におすすめです。

    サイト上には海外転職で役立つコラムなども掲載されているので、興味がある方はぜひご覧になってみてください。

    Daijob.com|基本情報

    運営会社ヒューマングローバルタレント株式会社
    公開求人数約11,000件
    非公開求人数非公開
    対応地域全国+海外
    料金無料

    (最終更新:24年5月時点)

    登録なしで転職サイトを使う3つのデメリット

    登録なしで転職サイトを使う3つのデメリット

    多くの転職サイトは登録なしで求人を閲覧できますが、登録しないことで手間がかかる部分も少なくありません。

    ここでは、転職サイトを登録せずに使うデメリットを解説するので「登録すべきかどうか」検討してみてください。

    転職サイトを登録なしで使うデメリット

    デメリット1.スカウトを受け取れない

    登録なしの利用では、企業や採用担当者からスカウトを受け取ることができません。

    多くの転職サイトには、求職者の登録情報を見た企業からオファーを受けられる「スカウト機能」がありますが、機能を利用できるのは会員のみです。

    登録なしの状態でスカウト・オファーなどの機能を利用することはできないので、注意が必要です。

    もし以下のような希望があるならば、少し面倒でも会員登録しておいたほうがよいでしょう。

    • 受け身で求人をチェックしたい
    • 転職の選択肢や可能性を広げたい
    • じっくり求人を探す時間がとれない

    なお、スカウト機能の設定は登録後に作成されるマイページから行えるサイトが多いです。

    職務経歴書(レジュメ)の情報を充実させるほどスカウトを受けやすくなるので、登録を考えている方はぜひ実践してみてください。

    デメリット2.会員限定の情報を入手できない

    会員限定の情報を入手できないことも、転職サイトを登録せず利用するデメリットのひとつです。

    多くの転職サイトでは会員向けのサービスを提供していますが、基本的に登録なしで利用することはできません。

    たとえば「マイナビ転職」では、以下のようなサービスが会員限定となっています。

    • メールマガジン
      ⇒転職に役立つ情報をメールで受け取れる
    • スカウトサービス
      ⇒企業からオファーを受け取れる
    • 転職MYコーチ
      ⇒Web上で転職活動に関するアドバイスを受けられる
    • 適性診断
      ⇒仕事の適性を診断できる
    • 掲載予定求人閲覧
      ⇒掲載前の「もうすぐ募集が始まる掲載予定の求人」を閲覧できる

    (参考元:マイナビ転職

    上記のようなサービスを利用できないことで、貴重な情報を取りこぼしてしまう可能性もあるでしょう。

    転職に役立つ情報を効率よく入手したいのであれば、登録して転職サイトをさらに有効活用することをおすすめします。

    サイトによってはブックマークが使えないことも……

    登録なしの状態では、「ブックマーク」「お気に入り」「気になる」といった保存機能を使用できない場合もあります。

    ブックマークを使用できなければ、気になる求人を覚えておいて逐一検索することになるため、非常に手間がかかるでしょう。

    登録なしの状態でブックマーク機能を使えないようであれば、少し面倒でも登録を済ませることをおすすめします。

    デメリット3.応募の際に手間がかかる

    登録なしで利用している状態では、求人に応募する際に手間がかかります。

    というのも、求人の閲覧は登録なしでも可能ですが、応募の際には会員登録を求められるサイトが多いためです。

    実際に、本記事で紹介した転職サイトはすべて応募の際に会員登録が必要です。

    いざ応募しようとした際に会員登録や必要事項の入力を1から行うとなると、面倒に感じてしまうでしょう。

    そのため、求人に応募する可能性が少しでもあるならば、早い段階で登録を済ませておくのがおすすめです。

    登録は一度に済ませておくのがおすすめ

    複数の転職サイトを利用する場合、時間があるタイミングでまとめて登録しておくとよいでしょう。

    特に履歴書や職務経歴書を登録する場合、どのサイトでも似た内容を記入することになるので、一度にまとめて行うほうが効率的です。

    会社バレを防ぐ!転職サイト登録時の注意点

    会社バレを防ぐ!転職サイト・エージェント登録時の注意点

    会社バレを防ぎたいのであれば、転職サイトの使い方に気を付けることが大切です。

    以下のような工夫で会社にバレるリスクを大幅に軽減できるので、ぜひ実践してみてください。

    転職サイト登録時の注意点

    注意点1.個人を特定される情報を記載しない

    転職サービスの多くでは利用の際に職務経歴書(レジュメ)を登録しますが、個人を特定される情報を記載しないよう注意しましょう。

    通常、氏名・住所・電話番号といった個人情報は非公開なので心配ありませんが、勤務先の企業名や経歴は公開される場合があります。

    以下のような情報を具体的に記載しすぎると、会社にバレてしまうリスクがあるので注意が必要です。

    • 勤務先企業名
    • 職務経歴
    • 部署名
    • 携わったプロジェクト名

    スカウトやオファーを受けるためには職務経歴書の内容を充実させることが重要ですが、具体的にするほど個人を特定されるリスクが高まります。

    会社バレを防ぎたいのであれば、具体的な固有名詞を記載するのは控えたほうがよいでしょう。

    会社バレを防ぐためのポイント

    個人を特定できるような内容を避けつつ、経験を詳しく伝えるためには、以下のポイントを意識してください。

    • 企業名(会社名)
      ⇒具体的な企業名は避け、どんな事業をしている企業なのか記載する
      (例)がん領域で新薬を開発する国内製薬会社
    • 経歴
      ⇒プロジェクト名などの固有名詞は避けたうえで、できるだけ詳しく記載する
      (例)2015年~現在 営業部所属 関東地方での医薬品営業を担当
    • 実績
      ⇒商品名は避け、具体的な数字は記載する
      (例)2022年 抗がん剤の売上:○○○○万円(目標達成率101%・前年比:110%)
    • スキル
      ⇒個人が特定される可能性は少ないため、できるだけ詳しく記載する
      (例)TOEIC800点、がん領域の医薬品に関する知識、マネジメント力(10人が在籍する部署のマネジメントを経験)

    注意点2.ブロック機能を活用する

    スカウト機能を通して会社にバレてしまうのを防ぐためには、ブロック機能を活用しましょう。

    多くのサービスでは、利用者が指定した企業に対して登録情報・職務経歴書などを非公開にする「ブロック機能」が設けられています。

    たとえば「doda」では、以下のようにWeb履歴書の公開範囲を設定できたり、特定の企業をブロックすることが可能です。

    doda 企業ブロック設定
    (引用元
    doda

    現在勤めている企業や関連会社をブロックしておけば、スカウトから会社にバレてしまうリスクを大きく軽減できるでしょう。

    ブロック設定はログイン後のマイページから行えるサイトが多いので、確認してみてください。

    注意点3.社内や会社付近でサイトを閲覧しない

    社内や会社付近で転職系のサイトを閲覧しないことも、会社バレを防ぐために大切なポイントです。

    勤務中・休憩中・通勤中などにPCやスマホの画面を見られて、転職活動していることがバレてしまうケースは少なくありません。

    会社バレを徹底的に防ぎたいのであれば、転職サイト・エージェントを開くのは自宅などプライベートな空間にしましょう。

    また、プッシュ通知やメールからバレてしまう可能性もあるので、不安な場合は通知設定をオフにしておくことをおすすめします。

    注意点4.担当者に連絡可能な時間帯を伝えておく

    転職エージェントを利用する場合は、担当アドバイザーに連絡可能な時間帯を伝えておくことも大切です。

    社内にいるときにエージェントから電話がかかってきた場合、通話の内容を聞かれて転職活動していることがバレてしまう恐れがあるためです。

    エージェント利用中は、新着求人の案内・面接の日程調整・選考の結果通知など、さまざまな用件で電話がかかってくる可能性があります。

    社内での連絡を避けるためには、「19時以降に連絡してほしい」「土日に連絡してほしい」など連絡可能な時間帯を伝えておきましょう。

    また、以下の記事では会社バレを防ぐ方法をさらに詳しく解説しているので、ぜひあわせてご覧になってみてください。

    転職サイトの登録に関するよくある質問

    転職サイトや転職エージェントに関するよくある疑問をまとめました。

    疑問をしっかり解消したうえで、サービスを利用しましょう。

    転職サービスの利用に関するQ&A

    転職サイトに登録するタイミングは?

    回答

    転職に興味があるならば、できるだけ早い段階で登録しておくことをおすすめします

    早い段階から求人をチェックすることで、転職市場の動向を把握しやすくなったり、好条件の求人を見逃してしまうリスクを軽減できます。

    「具体的な転職時期が決まっていないと利用できないのでは?」と思われるかもしれませんが、検討中の段階でも問題なく利用可能です。

    なお、転職エージェントに登録するハードルが高いと感じる場合は、ひとまず転職サイトに登録してみることをおすすめします。

    転職サイトに登録だけしておくのはあり?

    回答

    ひとまず登録だけしておくことも有効な手段です。

    時間に余裕があるときにまとめて登録しておけば、いざ転職活動を始めようと考えた際、スムーズに利用できます。

    なお、転職エージェントに登録しておく場合は、担当アドバイザーに転職活動を始める大体の時期を伝えておくとよいでしょう。

    転職サイトは複数登録してもいい?

    回答

    転職サイト・エージェントは、複数登録して問題ありません。

    転職サービスが保有する求人はそれぞれ異なるため、複数を併用することで希望の求人に出会える確率が高まります。

    転職の可能性を広げるためにも、3~4社のサービスに登録しておくことをおすすめします。

    転職サイトの登録数の平均は?

    回答

    「リクナビNEXT」の調査によると、2.3社です。

    リクナビNEXT」が行った調査によると、1社のみの登録は少なく、半数以上の人が2~3社を利用しています。

    転職活動の際、転職サイト・エージェントはいくつ登録しましたか? リクナビNEXT アンケート調査
    (引用元
    リクナビNEXT

    1社のみの利用では自分に合う求人を見逃してしまう恐れがあるので、最低2社、できれば3~4社程度を併用することをおすすめします。

    まとめ

    本記事で紹介した「登録なしで利用できる転職サイト」は、以下の通りです。

     転職サイトタイプ特徴求人数
    doda総合型エージェントサービスも利用可二重丸179,000件
    リクナビNEXT総合型転職者の8割が利用丸88,000件
    マイナビ転職総合型20代~30代前半におすすめ

    -

    エン転職総合型企業情報を詳しく確認できる三角4,800件
    Green特化型IT・Web系に特化丸31,000件
    女の転職type特化型女性の転職に特化三角2,400件
    from40特化型40代以上に特化丸17,000件
    Daijob.com特化型グローバル求人に特化丸11,000件

    ※2023年1月時点

    多くの転職サイトは登録なしで求人を閲覧できますが、会員でなければ利用できないサービス・機能も多いです。

    そのため、時間に余裕があるならば最初に登録を済ませておくのがよいでしょう。

    転職サイト おすすめランキングの関連記事

    転職サイトおすすめランキング!年代別に大手求人サイトを比較
    転職サイト おすすめランキング

    転職サイトおすすめランキング!年代別に大手求人サイトを比較

    2024年5月22日

    イーデス編集部

    イーデス編集部

    【厳選】会社の口コミサイト4社を紹介!就職・転職成功のコツも解説
    転職サイト おすすめランキング

    【厳選】会社の口コミサイト4社を紹介!就職・転職成功のコツも解説

    2024年5月17日

    イーデス編集部

    イーデス編集部

    税理士におすすめの転職サイトを比較!未経験の正社員求人や転職で失敗しないコツ
    転職サイト おすすめランキング

    税理士におすすめの転職サイトを比較!未経験の正社員求人や転職で失敗しないコツ

    2024年5月16日

    イーデス編集部

    イーデス編集部

    社会保険労務士への転職におすすめの転職サイトを比較!未経験OKの正社員求人も紹介
    転職サイト おすすめランキング

    社会保険労務士への転職におすすめの転職サイトを比較!未経験OKの正社員求人も紹介

    2024年5月16日

    イーデス編集部

    イーデス編集部

    秘書におすすめの転職サイト・転職エージェントを比較!正社員求人も紹介
    転職サイト おすすめランキング

    秘書におすすめの転職サイト・転職エージェントを比較!正社員求人も紹介

    2024年5月16日

    イーデス編集部

    イーデス編集部

    物流業界への転職におすすめの転職サイト!実際の求人情報も紹介
    転職サイト おすすめランキング

    物流業界への転職におすすめの転職サイト!実際の求人情報も紹介

    2024年5月16日

    イーデス編集部

    イーデス編集部

    保険業界におすすめの転職サイト・エージェント!保険会社の求人も紹介
    転職サイト おすすめランキング

    保険業界におすすめの転職サイト・エージェント!保険会社の求人も紹介

    2024年5月16日

    イーデス編集部

    イーデス編集部

    • Facebook
    • x
    • LINE