Operated by Ateam Inc.

イーデス

転職エージェントは使わない方がいい!?メリット・デメリットを徹底解説!

最終更新日:

転職エージェント おすすめランキング
提携各社(株式会社リクルート・株式会社マイナビ等)のアフィリエイト広告を含みます
イーデス』は、複数の企業と提携し情報を提供しており、当サイトを経由して商品への申込みがあった場合には、各企業から報酬を受け取ることがあります。ただし当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無が影響を及ぼすことはございません。
また当サイトで得た収益は、サイトを訪れる皆様により役立つコンテンツを提供するために、情報の品質向上・ランキング精度の向上等に還元しております。※提携機関一覧
この記事は有料職業紹介許可番号:23-ユ-302788)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社エイチームライフデザインが制作しています。

転職エージェントを使わないで転職活動を行うことは可能です。

とはいえ、転職エージェントの利用にはメリットが多いため、転職エージェントを使ったほうが理想の転職を叶えられる可能性は高くなります

本記事では、転職エージェントを使わないメリット・デメリットを踏まえて、転職エージェントを使わないほうがいい人と、使ったほうがいい人の特徴をまとめました。

転職エージェントを使わないほうがいい人

  • 自分のペースで転職活動を進めたい人
  • 転職エージェントでは取り扱いの無い仕事・職種に転職したい人

転職エージェントを使ったほうがいい人

  • 転職初心者
  • 在職中で転職活動に割く時間が限られている人
  • 転職先の選択肢の幅を広げたい人
  • 特定の業界・職種に関する専門性の高いアドバイスがほしい人
  • 選考対策を入念に行いたい人
  • 年収交渉が苦手な人

転職エージェントを利用したい場合は、記事後半でご紹介する転職者に人気のおすすめ転職エージェントを確認してみてください。

特定社会保険労務士・キャリアコンサルタント 岡 佳伸さん

社労士 岡さん

転職エージェントは原則、求人企業側から紹介就職成功時に成功報酬を受け取って成り立っているビジネスです。
原則、求職者側からは手数料等を一切徴収しません
求人企業は高額な手数料を支払う代わりに、人材の質を絞り込んで紹介してもらえたり、求職者との交渉を代行してもらえたりするなどのメリットがあります。

気になる内容をタップ

転職エージェントを使わないメリット 

転職エージェントを使わずに転職活動を行う場合には、以下のようなメリットがあります。

転職エージェントを使わないメリット

特定社会保険労務士・キャリアコンサルタント 岡 佳伸さん

社労士 岡さん

転職エージェントは、求人企業からの成功報酬の受領を持って経営が成り立っています。
つまり、求人企業と求職者のマッチングを行った際に、求職者が入社して定着しなければ報酬を受け取れないことになります。※通常、早期離職には成功報酬の返金制度があります。
その結果、転職エージェントから希望する企業以外への就職や入社の決断を早めるよう促されるケースも考えられます。

自分のペースで転職活動を進められる

転職エージェントを使わないと、求人探しや選考対策などを自分のペースで進められます。

転職エージェントは、利用者が一定の期間就業することで企業から報酬を受け取る仕組みになっているため、キャリアアドバイザーが希望とは異なる求人を勧めたり、転職を急かしたりするという事例も少なくありません。

転職エージェントの仕組み

その点、転職エージェントを使わなければ、キャリアアドバイザーの意向に振り回されることも無い上、焦って転職して失敗するリスクも減らせるでしょう。

自力で転職活動をしたほうが採用されやすいケースもある

求人を募集している企業の中には、転職エージェントを経由しない応募者を優先するところもあります。

企業の採用ページなどから直接応募してきた人材を採用すれば、転職エージェントに紹介料を払う必要が無いためです。

とくに、応募者に実績や目立ったスキルが無い場合は、企業側が紹介料を払うことにリスクが生じます。

そのため、転職エージェントを経由せず応募したほうが採用確率が高まるケースも多いでしょう。

(参照:Yahoo!知恵袋

応募する企業を自由に選べる

転職エージェントを使わな場合は、応募する求人を自由に選択できます。

転職エージェントで求人情報を自由に検索することは可能ですが、実際に応募できるのはキャリアアドバイザーが紹介してくれた求人のみです。

いくら応募したい企業があっても、キャリアアドバイザーに「経歴・スキルに合っていない」「適切でない」と判断された場合は応募できません。

自分で応募先を選びたい場合は、転職サポートの無い転職サイト(求人サイト)や企業の採用ページなどを利用しましょう。

なお、大手転職エージェントの「doda」は、エージェント経由で応募する求人と企業に直接応募する求人のどちらも保有しています。

地方の求人や中小企業の求人を見つけやすい

地方の求人や中小企業の求人を探す場合は、転職エージェントを利用しないほうが見つかりやすい場合があります。

たとえば、転職エージェントが保有する求人の多くは勤務地が大都市や地方都市であり、それ以外のエリアの求人は少ない傾向にあります。

また、紹介料のかかる転職エージェントを利用しない中小企業も少なくありません。

地方での転職や中小企業への転職ならば、転職エージェントを使うよりも、企業への直接応募やハローワークを利用するのがおすすめです。

転職エージェントを使わないデメリット

転職エージェントを使わない場合は、求人探しや選考対策などをすべて一人で行う必要があります。

そのため、転職に不慣れな転職初心者にとってはデメリットは多いと言えるでしょう。

特筆すべき「転職エージェントを使わないデメリット」を3つご紹介します。

転職エージェントを使わないデメリット

転職エージェントを使わない場合は、以下のような無料サポートを受けることはできません。

初めての転職や、転職活動に不安のある方にとって、転職エージェントは心強い味方になることは理解しておいてください。

転職エージェントが提供するサポート

  • キャリアカウンセリング
    (自己分析・経験やスキルの棚卸しなど)
  • 求人紹介
  • 業界の転職動向・応募企業の内部事情などの情報提供
  • 履歴書・職務経歴書の添削
  • 模擬面接
  • 企業との条件交渉
    (年収・労働条件など)
  • 退職手続きに関するアドバイス など

好条件の非公開求人を紹介してもらえない

転職エージェントを使わないと、好条件の非公開求人を紹介してもらえません。

転職エージェントでは、応募が殺到しそうな大手企業の優良求人や、重要なポジションの求人などは非公開にしており、条件の合う会員にのみ求人を紹介しています。

非公開求人とは

できるだけ良い条件の転職先を探したいならば、転職エージェントから求人紹介を受けることをおすすめします。

特定社会保険労務士・キャリアコンサルタント 岡 佳伸さん

社労士 岡さん

転職エージェントは求人企業と強く結びつき、採用関連業務の代行を行っていることがあります。
このようなことから、転職エージェントのみ取り扱う求人や応募できる案件が出てくるわけです。
また、転職エージェントを利用することで、キャリアアドバイザーとの面談を通じて自己分析ができることや、書類の添削を受けらることも大きなメリットになります。

業界研究や企業研究に役立つ情報を得られない

転職エージェントを使わないと、転職活動に必要な情報を十分に収集できない可能性があります。

転職エージェントは各業界の転職事情や企業の内部事情などに精通していることが多いため、最大限に活用してできるだけ多くの情報を集めるとよいでしょう。

最新の転職動向や気になる企業の情報を聞くことはもちろん、求人案件に懸念点がある場合にキャリアアドバイザー経由で企業側に直接確認してもらうことも可能です。

企業研究は自分で行うことも大切

企業研究は、応募企業の選択にはもちろん、志望動機の作成や面接の際にも役立ちます。

転職エージェントからの情報を聞くことも有効ですが、自分でもできるだけ企業研究を行いましょう。

志望企業について詳しく調べる際は、以下のような情報源を活用できます。

  • 企業のホームページや四季報
    企業理念や事業内容、提供している商品やサービスなどがわかる。IR情報(投資家向け広報)も要チェック
  • 転職フェア
    志望する企業の社風、社員の雰囲気がわかる
  • 業界地図
    志望する企業の業界での位置付けや、競合他社の情報がわかる
  • 企業口コミサイト
    社員のリアルな声を確認できる

とくに、企業口コミサイト「転職会議」では、実際に働いた経験のある社員の口コミを閲覧できるのでおすすめです。

企業との年収交渉などを代行してもらえない

転職エージェントを使わないで転職する場合、条件のすり合わせを行うこと無く、求人票に記載された条件を鵜吞みにして入社する方は少なくありません。

転職エージェントでは年収や労働条件などの交渉を代行しているので、より良い条件で転職したい方にはサービスの活用をおすすめします。

とくに、自分からは伝えにくい給与の交渉は、キャリアアドバイザーに代行してもらうことで、当初よりも良い条件で採用される可能性が高まります。

転職エージェントは、求職者の市場価値や企業側からの評価を理解した上で、交渉の余地がどこまであるのかを探りながら交渉してくれるので、安心して任せられるでしょう。

年収交渉のポイント

  • 年収交渉は内定が出る前に行う
    内定は年収を含めて決定されることが多い。年収にこだわりがあるならば、早い段階でキャリアアドバイザーに相談しておく
  • 最低条件と希望条件を明確にしておく
    キャリアアドバイザーには「最低年収額」と「希望年収額」を伝えておく。妥当な範囲をすり合わせておかないと、なかなか内定には結びつかない

    (参照:リクルートエージェント

    ただし、企業によっては年収テーブルが明確に定められている場合などがあり、キャリアアドバイザーに交渉を依頼しても、年収アップが叶えられないケースはあります。

    また、条件交渉の末に年収がアップしたものの、企業からの期待値が上がりプレッシャーにつながることもあるので注意が必要です。

    転職エージェントの利用は年収アップに効果的【調査結果】

    イーデス編集部が、直近3年以内に転職をした方を対象に独自調査を行い、「転職エージェント利用者」と「転職エージェント非利用者」の実態をそれぞれ調査しました。

    アンケートの回答結果によると、転職エージェント利用者のほうが、非利用と比べて転職後の年収アップに成功した人の割合が多いという結果が判明しました。

    転職後に、前職と比べて年収はかわりましたか?「転職エージェント利用者」と「転職エージェント非利用者」比較の円グラフ

    「年収を上げたい」「今よりも年収を下げたくない」という方は、転職エージェントを活用するとよいでしょう。

    詳しい調査結果を知りたい方は、下記の記事をご覧ください。

    転職エージェントを使わないほうがいい人の特徴と理由

    転職エージェントは、手厚い転職サポートを無料で提供してくれるサービスですが、すべての人に向いているわけではありません。

    とくに以下のような方は、転職エージェントの恩恵を受けにくい可能性があるので、利用前によく検討することをおすすめします。

    転職エージェントを使わないほうがいい人

    • 自分のペースで転職活動を進めたい人
    • 転職エージェントでは取り扱いの無い仕事・職種に転職したい人

    転職エージェントを使うと、キャリアアドバイザーのアドバイスがあったり、返信を求められることがあるため、自分のぺースでゆっくりと転職したい人には向いていません。

    また、転職エージェントには、取り扱いが少ない求人やそもそも取り扱いをしていない求人もあるので、ニッチな仕事を探している場合は、人づての紹介・リファラル採用を中心に検討していきましょう。

    他にも、自己分析・企業研究・選考対策などを自分一人でも自信を持って行える人や、現状で多方面から引き抜きの声がかかっているような人ならば、転職エージェントを利用しなくても十分に転職できるでしょう。

    特定社会保険労務士・キャリアコンサルタント 岡 佳伸さん

    社労士 岡さん

    ニーズの高い業界や職種で、ある程度の実績がある人は特に転職エージェントを利用しなくてもよいでしょう。
    その理由は、SNSや紹介者を通じて採用が決まりやすいことや、求人企業からのスカウトなど直接声がかかることも多いからです。
    また、費用面など求人企業の負担を考えても転職エージェントを活用するのを控えた方が良いかもしれません。

    転職エージェントを使わない転職方法

    転職エージェントを使わず転職活動を行う方法には、おもに以下の4つが挙げられます。

    転職エージェントを使わない転職方法

    転職サイト・スカウトサービス

    メリットデメリット
    手軽に求人を検索できる転職活動のサポートを受けられない
    面談無しですぐにサービスを利用できる自分の市場価値を把握できない
    自分のペースで転職活動を進められる企業の詳しい情報をチェックできない

    転職サイト(求人サイト)を使うと、掲載されている求人情報の中から希望条件に合った求人を探して、自由に応募できます。

    転職支援は無いので応募企業とのやり取りや選考対策をすべて一人で行う必要がありますが、自分のペースで転職活動を行いたい人におすすめです。

    また、スカウトサービスを利用すると、経歴やスキルを登録しておくだけでオファーが届きます。

    転職の視野が広がる上、自身の市場価値を測れることは大きなメリットと言えるでしょう。

    企業へ直接応募

    メリットデメリット
    転職の熱意を伝えやすい勤務条件が不明確なことがある
    自分で選んだ企業に自由に応募できる倍率が高い
    自分のペースで転職活動を進められる面接日の調整を自分で行う必要がある

    転職エージェントを使わない場合、転職サイト経由で企業に直接応募する、または企業の採用ページを通して応募するという方法もあります。

    とくに、採用コストを抑えたいといった理由で転職エージェントに求人を掲載していない企業に応募する際は、直接応募一択になることもあるでしょう。

    直接応募のメリットは、企業側に熱意を伝えやすい点です。

    転職したい企業が明確ならば、直接応募で熱意をアピールするとよいでしょう。

    ハローワーク

    メリットデメリット
    求人紹介・面接対策などのサポートを受けられる高待遇の求人が少ない
    地元企業の求人を見つけやすい勤務条件が不明確なことがある
    職業訓練を受けられる退職が決まっていないと求人を紹介してもらえないことがある

    ハローワークからの応募も、転職エージェントを使わない転職方法です。

    ハローワークは全国500か所以上に拠点を置き、すべての年代の求職者のために転職相談や求人紹介を無償で行っています。

    無料の職業訓練に加え、月10万円の生活支援の給付金を受給しながら、再就職・転職・スキルアップを目指せる点は、ハローワークのメリットです。(参照:求職者支援制度のご案内|厚生労働省

    ハローワークは、インターネット上での利用も可能なため、スマホや自宅のパソコンを使って気軽に求人を検索してみることをおすすめします。

    リファラル採用

    メリットデメリット
    職場の人間関係や社風などリアルな情報を入手できる選考に落ちたときや会社を辞めるときに気まずい
    内定までがスピーディーに進むケースもある

    リファラル採用とは、社員が知人や友人を自社の採用担当者に直接紹介して採用を行うリクルーティングの手法です。

    企業にとっては、人材紹介サービスを利用するよりも採用コストを抑えられるため、リファラル採用を採り入れる国内企業の数は増加傾向にあります。(参照:マイナビ中途採用状況調査

    求職者は紹介者を通じてリアルな企業情報を知れるため、入社後のミスマッチを防げる点が大きなメリットと言えるでしょう。

    また、書類選考が免除されたり、面接の回数を減るなど、選考プロセスが短縮されるケースも少なくありません。

    転職エージェントを使ったほうがいい人の特徴

    転職活動に不安のある方は、転職エージェントを味方につけると安心です。

    困ったことをいつでも相談できる相手がいることは心強いですし、転職の視野を広げられる点は転職エージェントを使う際の大きなメリットと言えます。

    キャリアアドバイザーのサポートを受けることで、効率的かつ効果的な転職活動を行えるでしょう。

    転職エージェントを使ったほうがいい人

    • 転職初心者
    • 在職中で転職活動に割く時間が限られている人
    • 転職先の選択肢の幅を広げたい人
    • 特定の業界・職種に関する専門性の高いアドバイスがほしい人
    • 選考対策を入念に行いたい人
    • 年収交渉が苦手な人

    特定社会保険労務士・キャリアコンサルタント 岡 佳伸さん

    社労士 岡さん

    転職エージェントを通じて就職活動をすることで、自分自身の市場価値を知ることができます
    求人企業は転職エージェントに、応募する人材の最低限のスキルなどを提示することが多いので、その内容によっては応募さえできないケースもあります。
    自己分析を行い、冷静に自分自身の市場価値を見極めることも転職を成功させる方法の一つです。

    転職者に人気のおすすめ転職エージェント3選 

    利用者の満足度が高い転職エージェントを3社ご紹介します。

    いずれも求人が豊富で、手厚いサポートに定評のあるサービスなので、ぜひ活用してみてください。

    転職者に人気のおすすめ転職エージェント

    リクルートエージェント|業界トップクラスの求人数

    リクルートエージェント」は、業界トップクラスの求人数を誇る転職エージェントです。

    応募書類の添削や模擬面接などの手厚いサポートを受けられるため、転職に不慣れな方におすすめです。

    キャリアアドバイザーが利用者のスキルや経験を客観的に分析し、求人を提案してくれるので、転職先の選択肢も大きく広がります。

    また、北海道から九州まで全国各地に拠点を置いておくリクルートエージェントは、都市部だけでなく地方の求人も探しやすいでしょう。

    リクルートエージェント|基本情報

    運営会社株式会社リクルート
    公開求人数

    約383,000件

    非公開求人数約213,000件
    対応地域全国+海外
    料金すべて無料
    公式サイトhttps://www.r-agent.com/

    (最終更新:24年4月時点)

    doda|転職サイトとしても気軽に使える

    doda
    (引用元
    doda

    doda」は、転職支援を受けられる「エージェントサービス」と、自分自身で自由に求人を検索できる「転職サイト」の両方の機能を持つ転職サービスです。

    必ずしもキャリアアドバイザーと面談をする必要が無いため、本格的に転職活動を始める前にひとまず情報を収集したい方にもおすすめです。

    エージェントサービスを利用すると、キャリア相談をはじめ求人紹介や選考対策などの手厚い転職サポートを受けられます。

    また、書類選考を省略できる「面接確約オファー」や、内定の可能性が高い「プレミアムオファー」など、スカウト機能が充実しているので、うまく活用して転職成功につなげましょう。

    doda|基本情報

    運営会社パーソルキャリア株式会社
    求人数

    200,000件以上(非公開求人を含む)

    対応地域全国+海外
    料金無料

    (最終更新:24年4月時点)

    マイナビエージェント|20代・第二新卒の転職に強い

    マイナビエージェント」は、経験の浅い若手層の転職支援に強い転職エージェントです。

    大手ならではのコネクションを活かした独占求人が豊富なため、他社には無い求人もチェックしたい方におすすめです。

    マイナビエージェントでは、各業界・職種に精通したキャリアアドバイザーが担当に付くので、業界知識を得られる点が魅力と言えます。

    また、経験や応募企業に合わせて選考対策を行ってくれるため、転職初心者でも安心して転職活動を進められるでしょう。

    マイナビエージェント|基本情報

    運営会社株式会社マイナビ
    公開求人数非公開
    非公開求人数非公開
    対応地域全国
    料金無料

    (最終更新:24年4月時点)

    結論:転職エージェントを使わなくても転職できるが、利用メリットは大きい! 

    転職エージェントを使って転職活動をしなくても、転職はできます。

    しかし、理想の転職を叶えるためには、転職エージェントを使ったほうがメリットが大きいです。

    転職エージェントを利用するメリット

    • 無料で手厚い転職サポートを受けられる
      (キャリア相談・求人紹介・選考対策・面接の日程調整など)
    • 好条件の非公開求人を紹介してもらえる
    • 業界研究や企業研究に役立つ情報を得られる
    • 企業との年収交渉などを代行してもらえる

    転職エージェントは、経歴やスキルに合った求人を紹介してくれるだけでなく、希望の業界や企業の情報収集にも活用できます。

    そのため、転職を検討しているならば、まずは気軽に登録してみることをおすすめします。

    いくつかの転職エージェントの求人情報やサポートの質を確かめ比較してから、利用するかどうかを決めても遅くはないでしょう。

    転職活動についての関連記事

    転職エージェント おすすめランキングの関連記事

    転職エージェントと面談して転職を成功させよう!面談の活用法を解説
    転職エージェント おすすめランキング

    転職エージェントと面談して転職を成功させよう!面談の活用法を解説

    2024年4月22日

    イーデス編集部

    イーデス編集部

    コンサル転職エージェントおすすめランキング!業界特化型&総合型を紹介
    転職エージェント おすすめランキング

    コンサル転職エージェントおすすめランキング!業界特化型&総合型を紹介

    2024年4月12日

    大島愼悟

    大島愼悟

    人事におすすめの転職エージェント・サイト15選を徹底比較!未経験からの転職についても解説
    転職エージェント おすすめランキング

    人事におすすめの転職エージェント・サイト15選を徹底比較!未経験からの転職についても解説

    2024年4月12日

    イーデス編集部

    イーデス編集部

    転職エージェントの退会方法!押さえておきたい注意点・伝え方も解説
    転職エージェント おすすめランキング

    転職エージェントの退会方法!押さえておきたい注意点・伝え方も解説

    2024年4月9日

    イーデス編集部

    イーデス編集部

    40代ハイクラス転職におすすめのエージェント・サイト12社を徹底比較!
    転職エージェント おすすめランキング

    40代ハイクラス転職におすすめのエージェント・サイト12社を徹底比較!

    2024年4月4日

    イーデス編集部

    イーデス編集部

    • Facebook
    • x
    • LINE

    © 2022 Ateam LifeDesign Inc.