Operated by Ateam Inc.

イーデス

転職エージェントを使わない方がいいの?「やめとけ」「無駄」「使うな」と言われる理由やメリット&デメリットを検証

最終更新日:

提携各社(株式会社リクルート・株式会社マイナビ等)のアフィリエイト広告を含みます
イーデス』は、複数の企業と提携しており、当サイトを経由して商品への申込みがあった場合、各企業から報酬を受け取ることがあります。ただし、当サイトで紹介する商品・サービスは、イーデスが独自の基準で評価し掲載しております。
また当サイトで得た収益は、サイトを訪れる皆様により役立つコンテンツを提供するために、情報の品質向上・ランキング精度の向上等に還元しております。※提携機関一覧
この記事は有料職業紹介許可番号:23-ユ-302788)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社エイチームライフデザインが制作しています。

対応力の低いキャリアアドバイザーもいることから「転職エージェントを使わない方がいい」という意見もありますが、利用すべきかどうかは転職活動の状況によって異なります。

転職エージェントを使わないメリット・デメリットを踏まえて、エージェントを使わない方がいい人と、使った方がいい人の特徴をまとめました。

転職活動の進め方を迷っている方は、ぜひ参考にしてください。

転職エージェントを使わない方がいい人

  • 焦らずに転職活動したい人
  • 応募企業が明確に決まっている人

転職エージェントを使った方がいい人

  • 転職初心者
  • 現職が忙しくて転職活動に時間をかけられない人
  • 求人の選択肢を広げたい人
  • 選考対策や採用面接に自信がない人
  • 転職したい業種や職種が決まっていない人
  • 第三者に転職の相談をしたい人

おすすめの転職エージェント

業界トップクラスの求人数

リクルートエージェント ロゴ

すべての年代に対応!転職支援実績が豊富

幅広い業種/職種に対応

doda ロゴ

転職サイトとしても利用可能!マイペースに転職活動できる

※画像は公式サイトから引用(リクルートエージェントdoda

気になる内容をタップ

「転職エージェントを使うのはやめておけ」と言われる理由を解説

「転職エージェントは使わない方がいい」「やめとけ」と言われる要因は、キャリアアドバイザーの質に差があることです。

転職エージェントでは求職者に専任のアドバイザーがつきますが、対応力や提案力は個々によって異なります。

質の低いアドバイザーが担当者になってしまうと、的外れな求人を紹介されたり、対応に不満を感じることも少なくありません。

質が低かったり、相性の悪いアドバイザーが担当となった結果、満足のいくサービスを受けられず「使わない方がよかった」と感じてしまうのです。

転職エージェントには当たりはずれがある

まぁ、転職エージェントも当たり外れがあって、ある転職エージェントは担当がハズレなのか私と相性悪いのかわからんけど最悪すぎた。でももう1社のエージェントは親切だったし求人紹介もそこまで的外れじゃなかった

(引用元:X(旧Twitter)

対応がひどかった

え、もうなんか全部言おうかな 転職確定しそうなタイミングでエージェントの対応が酷すぎる 日程の調整も抜けてたり、向こうの不手際でも、不満ならキャンセルしますか?の態度 大手2社の転職の関連だけどどうなってるんや?? ほんまに対応酷すぎていらついてくる

(引用元:X(旧Twitter)

反対に、質が高く相性のよいアドバイザーが担当になると、転職活動の強い味方となってくれます。

使わない方がいいと言われることもありますが、転職エージェントを利用するメリットは大きいです。

転職エージェントを利用する場合は、何名かのキャリアアドバイザーと面談をしてみてから、本格的に転職活動をサポートしてもらうかを判断するとよいでしょう。

転職エージェントを使わない場合のメリット

転職エージェントを使わない場合、キャリアアドバイザーが担当につかないため、第三者と連絡や報連相をする必要がなく、マイペースに転職活動を進められます。

転職エージェントを使わない場合のメリット

メリット1.自分のペースで転職活動を進められる

転職エージェントを使わない場合、自分のペースで転職活動を進められます。

自由に求人を探して好きなタイミングで応募できるので、焦らずゆっくり転職活動をすることが可能です。

また、人材紹介により売上を得ている転職エージェントではキャリアアドバイザーに転職活動を促されることもありますが、使用しない場合はそのような心配もありません。

スケジュールも自由に決められるので、1年など長期間かけて転職活動を行うこともできます。

特定社会保険労務士・キャリアコンサルタント 岡 佳伸さん

社労士 岡さん

転職エージェントは、求人企業からの成功報酬の受領を持って経営が成り立っています。
つまり、求人企業と求職者のマッチングを行った際に、求職者が入社して定着しなければ報酬を受け取れないことになります。※通常、早期離職には成功報酬の返金制度があります。
その結果、転職エージェントから希望する企業以外への就職や入社の決断を早めるよう促されるケースも考えられます。

メリット2.キャリアアドバイザーと面談や連絡をしなくて済む

転職エージェントを使わない場合、キャリアアドバイザーと面談や連絡をする手間が省けます。

転職エージェントでは求職者に専任のアドバイザーがつき、定期的に連絡をとりながら二人三脚で転職活動を進めます。

転職エージェントを利用しない場合はひとりで転職活動を進めることになるので、面談や連絡をする必要がありません。

第三者とのやりとりや報連相が面倒に感じる方は、転職エージェントを使わないことも手段のひとつです。

転職エージェントを使わない場合のデメリット

転職エージェントを使わない場合、求人探しや選考対策などをすべて自力で行う必要があります。

ひとりでの転職活動は対策が不十分になることも多く、思うように内定を得られないケースも少なくありません。

転職エージェントを使わない場合のデメリット

特定社会保険労務士・キャリアコンサルタント 岡 佳伸さん

社労士 岡さん

転職エージェントは求人企業と強く結びつき、採用関連業務の代行を行っていることがあります。
このようなことから、転職エージェントのみ取り扱う求人や応募できる案件が出てくるわけです。

また、転職エージェントを利用することで、キャリアアドバイザーとの面談を通じて自己分析ができることや、書類の添削を受けられることも大きなメリットになります。

デメリット1.転職活動をすべて自力で進めなければならない

転職エージェントを使わない場合、転職活動をすべて自力で進める必要があります。

転職活動の工程は多く、転職に不慣れな方や、現職が忙しい方がすべて自分でこなすのは大変です。

転職活動のおもな工程

  1. 自己分析・希望条件の決定
  2. 求人探し
  3. 履歴書・職務経歴書の作成
  4. 求人応募
  5. 選考
  6. 内定・入社

転職エージェントを利用すれば、求人探しや企業とのやりとりを代行してもらえますが、使わない場合は求職者自身で行わなければなりません。

状況や条件によっては求人探しに時間がかかることもあり、希望の転職時期に転職できない可能性も考えられます。

そのため、転職活動をスムーズに進めたい方や、負担を減らしたい方は転職エージェントを利用することをおすすめします。

デメリット2.選考対策をサポートしてもらえない

転職エージェントを使わない場合、応募書類の作成や面接対策を自力で行う必要があります。

応募企業別に志望動機を作成したり、想定される質問への回答を考えるのは非常に労力がかかります。

また、ひとりで選考対策をする場合は客観的なアドバイスを受けられないため、対策が不十分になりがちです。

転職に不慣れな方は、応募書類の作成に時間がかかってしまったり、なかなか内定を獲得できないことも考えられるでしょう。

内定の可能性を高めたいのであれば、転職のプロであるキャリアアドバイザーに選考対策をサポートしてもらうのがおすすめです。

企業分析が不十分になることも

転職エージェントを利用すると「求人の採用背景」や「採用傾向」など、企業の深い情報まで教えてもらえます。

一方、自力での転職活動では求人票に記載されている情報や、インターネット上の情報しか把握できません。

企業分析が不十分だと必然的に選考対策の質も下がってしまうため、注意が必要です。

デメリット3.好条件の非公開求人を紹介してもらえない

転職エージェントを使わない場合、非公開求人を紹介してもらうことができません。

非公開求人は高年収であったり好条件の傾向がありますが、紹介を受けられるのは基本的に転職エージェントを利用している人だけです。

非公開求人とは

転職エージェントを使わない場合は非公開求人の紹介を受けられないので、好条件の求人を見逃してしまう可能性があります。

より良い条件で転職したいのであれば、転職エージェントを利用するのがよいでしょう。

デメリット4.第三者視点のアドバイスをもらえない

転職エージェントを利用しない場合、第三者視点のアドバイスをもらうことができません。

基本的にひとりで転職活動を進めることになるため、客観的な視点が不足しやすく、以下のような失敗をしてしまうケースも多いです。

ひとりでの転職活動でよくある失敗

  • 自分の考えに固執して転職の可能性を狭めてしまう
  • 自分の市場価値がわからず、書類選考を通過できない
  • 自己分析が甘く、面接でうまくアピールができない

ひとりでの転職活動は、考えが凝り固まってプラスアルファの選択肢を見逃してしまうことも少なくありません。

また、自分に合う企業に転職するには自身を適切に評価する必要があるため、第三者から客観的なアドバイスをもらうことが重要です。

転職成功の確率を高めたいのであれば、転職エージェントに登録して第三者の立場から意見をもらうことをおすすめします。

転職エージェントを使わない方がいい人の特徴

転職エージェントは求人紹介と転職活動のサポートが前提のサービスであるため、焦らずに転職活動したい人や、応募企業が明確に決まっている人にはおすすめできません。

転職エージェントを使わない方がいい人の特徴

特定社会保険労務士・キャリアコンサルタント 岡 佳伸さん

社労士 岡さん

ニーズの高い業界や職種で、ある程度の実績がある人は特に転職エージェントを利用しなくてもよいでしょう。
その理由は、SNSや紹介者を通じて採用が決まりやすいことや、求人企業からのスカウトなど直接声がかかることも多いからです。

また、費用面など求人企業の負担を考えても転職エージェントを活用するのを控えた方が良いかもしれません。

焦らずに転職活動したい人

転職エージェントは、焦らずゆっくり転職活動したい方には不向きです。

転職エージェントではキャリアアドバイザーと二人三脚で転職活動を進めるため、完全に自分のペースで活動することはできません。

アドバイザーとは定期的に連絡を取る必要があり、状況によっては転職活動を促される場合もあります。

人によっては「急かされている」と感じてしまうこともあるため、報連相が面倒な方や、自分のペースを崩したくない方は転職エージェントを利用しない方がよいでしょう。

応募企業が明確に決まっている人

応募企業が明確に決まっている方は、転職エージェントを使う必要がありません。

転職エージェントは求人紹介が前提のサービスであり、すでに応募企業が明確な場合はサポートを受ける価値が低いためです。

選考対策の支援を受けるために転職エージェント経由で応募する使い方もありますが、エージェントが志望する企業の求人を保有しているとは限りません。

キャリアアドバイザーとのやりとりで余計な手間がかかってしまうこともあるため、応募企業が明確に絞られている場合は求人に直接応募したほうが効率的でしょう。

応募企業が明確に決まっていない場合は転職エージェントの利用がおすすめ

「気になる企業はあるけど、応募企業を決めきれていない」「もう少し求人の選択肢を広げたい」という場合は、転職エージェントを利用する価値があります。

転職エージェントを利用すれば、キャリアアドバイザーに客観的なアドバイスをもらうことができますし、新たな求人を紹介してもらえます。

応募企業がはっきりと決まっていない場合は利用価値があるので、ぜひ転職エージェントへの登録を検討してみてください。

転職エージェントを使わない転職方法

転職エージェントを使わない場合、公開されている求人に直接応募したり、スカウト型転職サイトやハローワークを使って転職するのが一般的です。

転職エージェント以外の転職方法を解説するので、自分に合う方法を検討してみてください。

転職エージェントを使わない転職方法

転職サイトの求人に応募する

転職サイト(求人サイト)は、サイトに掲載されている求人から希望条件に合う求人を探して自由に応募できるサービスです。

キャリアアドバイザーとの面談や報連相は不要なので、転職活動をマイペースに進めることが可能です。

求人に応募するタイミングなども完全に自由なので、今すぐの転職を考えていない方には活用しやすいでしょう。

メリットデメリット
気軽に求人を検索できる転職活動や選考対策をサポートしてもらえない
面談なしですぐにサービスを利用できる企業の内部情報を教えてもらえない
自分のペースで転職活動を進められる企業と直接やりとりする必要がある

気軽に求人をチェックして応募したい方や、焦らず転職活動を進めたい方はぜひ利用してみてください。

自分のペースで求人検索できる転職サイト

転職サイトは、豊富な求人数を保有する以下のサービスがおすすめです。

おすすめ転職サイト特徴
doda
  • 業界トップクラスの求人数
  • 細かな希望条件を設けて求人検索できる
リクナビNEXT
  • 大手リクルートが運営する定番の転職サイト
  • 強みを知れる自己分析ツールグッドポイント診断」を利用できる
マイナビ転職
  • 20代や第二新卒向けの求人が充実
  • 未経験歓迎の求人も豊富

迷ってしまう場合は、業界トップクラスの求人数を保有する「doda」に登録しておくとよいでしょう。

その他の転職サイトもチェックしたい方は、以下の記事をご覧ください。

スカウト型転職サイトでオファーを待つ

スカウト型転職サイトでは、企業やヘッドハンターからのオファーを待つ受け身の姿勢で転職活動を進められます。

職務経歴を登録するだけでマッチする求人のオファーが届くので、現職が忙しい方も活用しやすいでしょう。

メリットデメリット
受け身の姿勢で転職活動を進められるヘッドハンターとのやりとりが必要
高年収の求人が多い必ずしもオファーを受けられるとは限らない
自分の市場価値を確認できる急ぎの転職には不向き

また、スカウト型転職サイトはハイクラス向けのサービスが多く、オファー求人の年収帯が高いことも特徴です。

届くオファーから自分の市場価値を測ることも可能なので、転職の希望条件を検討中の方もぜひ活用してみてください。

スカウト型転職サイトの一例

スカウト型転職サイトは、高年収の求人が多い以下のサービスがおすすめです。

おすすめスカウト型転職サイト特徴
ビズリーチ
  • 年収1,000万円以上の求人が多い
  • 一部有料プランあり
リクルートダイレクトスカウト
  • 大手リクルートが運営するハイクラス向けスカウトサービス
  • 便利なレジュメ作成ツールあり
doda X
  • 人材大手パーソルキャリアが運営するハイクラス向けスカウトサービス
  • 自ら求人に応募することも可能

迷ってしまう場合は、知名度が高い定番サイト「ビズリーチ」に無料登録してどのようなオファーがくるのかチェックしてみるのがおすすめです。

スカウト機能がある転職サイトをさらにチェックしたい方は、以下の記事をご覧ください。

企業サイトから直接応募する

転職サービスを使わず、企業サイトの採用ページから直接応募することも手段のひとつです。

採用コスト削減などの理由から転職サービスに求人を一切掲載していない企業に応募する場合、直接応募一択になります。

メリットデメリット
サービスに登録する手間がない企業と直接電話やメールでやりとりする必要がある
自分のペースで転職活動を進められる企業の内部情報を把握しにくい
転職活動や選考対策をサポートしてもらえない

応募する企業が明確に決まっている場合は、企業サイトから直接応募することも検討するとよいでしょう。

ハローワークを利用する

民間の転職サービスではなく、国が運営するハローワークを利用して転職することも方法のひとつです。

ハローワークは全国に拠点を置き、すべての年代・幅広い層に向けて転職相談や職業紹介を行っています。

メリットデメリット
職業紹介・選考対策などのサポートを受けられる大企業の求人が少なく、ほとんどが中小零細企業の求人
地方の求人を探しやすい求人の質にバラつきがある
条件を満たせば職業訓練を受けられるハローワークに出向く必要がある

また、条件を満たせば月10万円の給付金を受給しながら職業訓練を受けることも可能なので、ブランクがある方にもおすすめです。(参考元:求職者支援制度のご案内|厚生労働省

幅広い層に対応しているため、職歴に自信がない方、希望勤務地や年齢がネックで求人を見つけにくい方もぜひ利用してみてください。

転職エージェントを使わずに転職を成功するポイント

転職エージェントを使わず転職を成功させるためには、自分の市場価値を正確に把握してマッチする求人を見つけることが重要です。

また、第三者からのサポートを受けられない分、能動的に情報収集したり、転職期限の目標を決めて計画的に動くことも大切です。

自力での転職活動において重要なポイントを解説するので、しっかりと確認しておきましょう。

転職エージェントを使わずに転職を成功させるポイント

自分の市場価値を把握する

転職を成功させるためには、自分の転職市場価値をできるだけ正しく把握することが大切です。

自分の市場価値を過大評価して高すぎる希望条件を設けてしまうと、なかなか内定を得られないため注意してください。

ひとりでの転職活動では客観的な視点からアドバイスをもらうことができないため、スカウト型転職サイトや年収査定ツールを活用して市場価値を測るのがおすすめです。

スカウト型転職サイト「ビズリーチ」では、届いたオファーの年収帯を確認することで自分の市場価値を測れます。

また、転職サービス「doda」が提供している「年収査定」では、職務経歴を入力することで適性年収や将来の年収推移を測れるので、ぜひ活用してみてください。

口コミサイトで企業の情報を収集する

ミスマッチのない転職を実現するためには、口コミサイトで企業の情報を収集することをおすすめします。

転職エージェントを使わない転職活動では、キャリアアドバイザーから情報を提供してもらえないため、企業分析が不十分になりがちです。

特に社風や評価制度の実態など求人票に記載されていない情報は調べにくいため、企業の口コミサイトを活用して情報収集しましょう。

企業の口コミサイト「転職会議」や「キャリコネ」には、元社員や現社員のリアルな声が掲載されているので、企業の内情までリサーチできます。

どちらも無料で会員登録できるので、ぜひ活用してみてください。

転職活動の目標期限を決めておく

スムーズに転職するためには、あらかじめ転職の目標期限を決めておくことが大切です。

転職エージェントを使わない転職活動はマイペースに行動できることから、転職活動が長引いてしまうケースも少なくありません。

転職活動を長引かせないためには、「転職したい時期」と「各工程の目標期限」を決めて計画的に行動しましょう。

たとえば、6月に転職活動を始めて9月までに完了させたい場合は、以下のようにスケジュールを立てます。

転職活動計画の一例

転職活動の工程目標期限
自己分析などの事前準備6/1~6/14
(2週間)
求人探し・応募書類の作成

6/14~6/28
(2週間)

応募・選考6/29~7/29
(1ヶ月)
現職の引継ぎ・退職7/30~8/30
(1ヶ月)
入社9/1~

また、年齢が高い方や、経験が浅い場合はなかなか内定を得られないこともあるので、6ヶ月間など長期戦になることを視野に入れて余裕のある計画を立てましょう。

転職エージェントを使った方がいい人の特徴

転職エージェントの利用には大きなメリットがあるため、転職に少しでも不安があるならば、ぜひ使用することをおすすめします。

転職エージェントを使った方がいい人の特徴

  • 転職初心者
  • 現職が忙しくて転職活動に時間をかけられない人
  • 求人の選択肢を広げたい人
  • 選考対策や採用面接に自信がない人
  • 転職したい業種や職種が決まっていない人
  • 第三者に転職の相談をしたい人

転職エージェントに登録すると以下のような手厚いサポートを受けられるため、自力で行うよりもスムーズに転職活動を進められます。

転職エージェントを利用するメリット

転職エージェントは完全無料で利用でき、「合わない」と感じた場合はすぐに退会できるので、ぜひ気軽に登録してみてください。

特定社会保険労務士・キャリアコンサルタント 岡 佳伸さん

社労士 岡さん

転職エージェントを通じて就職活動をすることで、自分自身の市場価値を知ることができます
求人企業は転職エージェントに、応募する人材の最低限のスキルなどを提示することが多いので、その内容によっては応募さえできないケースもあります。
自己分析を行い、冷静に自分自身の市場価値を見極めることも転職を成功させる方法の一つです。

転職エージェントは複数利用がおすすめ

転職エージェントは複数利用することで、相性のよいアドバイザーや好条件の求人と出会える可能性が高まります。

何社利用しても料金は無料なので、ぜひ2~3社の転職エージェントに登録してみてください。

転職エージェント おすすめランキングの関連記事

40代におすすめの転職エージェントランキング!男性・女性・未経験向けを比較
転職エージェント おすすめランキング

40代におすすめの転職エージェントランキング!男性・女性・未経験向けを比較

2024年7月17日

大島愼悟

大島愼悟

イーデス編集部

イーデス編集部

コンサル業界・ポストコンサルに強い転職エージェントおすすめランキング
転職エージェント おすすめランキング

コンサル業界・ポストコンサルに強い転職エージェントおすすめランキング

2024年7月16日

大島愼悟

大島愼悟

イーデス編集部

イーデス編集部

有料の転職エージェントってあるの?転職エージェントの仕組みや費用を解説
転職エージェント おすすめランキング

有料の転職エージェントってあるの?転職エージェントの仕組みや費用を解説

2024年7月12日

イーデス編集部

イーデス編集部

ゲーム業界に強い転職サイト・転職エージェント比較ランキング!未経験におすすめの職種も紹介
転職エージェント おすすめランキング

ゲーム業界に強い転職サイト・転職エージェント比較ランキング!未経験におすすめの職種も紹介

2024年7月12日

イーデス編集部

イーデス編集部

転職エージェントの裏事情と本音を徹底解剖!賢い活用法も紹介
転職エージェント おすすめランキング

転職エージェントの裏事情と本音を徹底解剖!賢い活用法も紹介

2024年7月12日

イーデス編集部

イーデス編集部

広告業界に強い転職サイト・転職エージェントおすすめ比較ランキング
転職エージェント おすすめランキング

広告業界に強い転職サイト・転職エージェントおすすめ比較ランキング

2024年7月12日

イーデス編集部

イーデス編集部

  • Facebook
  • x
  • LINE