転職アプリおすすめ17選!人気で評判の良いものを種類別に紹介

ナビナビ
転職

2022-08-05

転職アプリを活用すれば、スキマ時間を使って求人を探したり履歴書を作成できるため、転職活動を効率良く進められます。

ただ「転職アプリってなにを選べばいいの?」「転職アプリで具体的にどんなことができるの?」など疑問に思うことも多いでしょう。

そこで本記事では、数ある転職アプリの中で編集部がおすすめする17種類のアプリについて、アプリごとの特徴をまとめました。

自分に合ったアプリを見つけていただき、ぜひ転職活動にお役立てください。


\これだけは登録しておきたい/
おすすめ転職アプリ3選
リクナビNEXTミイダスビズリーチ
リクナビNEXTバナーミイダスバナービズリーチバナー

求人検索系

転職者の8割が利用する転職サイトの王道。スカウト機能は現状把握に最適

詳細はコチラ

スカウト系

簡単な質問に答えるだけで、自分の市場価値がわかる。スカウト機能あり

詳細はコチラ

スカウト系

ハイクラス向けのスカウト型転職サイト。受け身で転職活動を進められる

詳細はコチラ

目次

おすすめの転職アプリ一覧

この記事で紹介する転職アプリは、大きく分けて以下の4種類です。

  • 求人検索系
    ⇒スキマ時間に気軽に求人をチェックできるアプリ
  • スカウト系
    ⇒企業からのスカウトを受け取れるアプリ
    ※スカウト・オファーは、「求人検索型」のアプリに機能として入ってるものもあります
  • 情報収集・便利系
    ⇒転職に役立つ情報を入手できるなど、転職活動中に役立つアプリ
  • 履歴書・職務経歴書系
    ⇒履歴書や証明写真を簡単に作成できるアプリ

下記に種類別のおすすめアプリをまとめたので、まずは気になるアプリがないかチェックしてみましょう。

※アプリ名をクリックすると、各アプリの詳細にジャンプします。

【求人検索系】

アプリ名おすすめな人
リクナビNEXTたくさんの求人が見たい
マイナビ転職未経験から転職したい
エン転職経歴に自信がない
とらばーゆ女性で転職を成功させたい
はたらいく地方で求人を探したい
ジョブクル転職転職のプロにチャットで相談したい
Glit(グリット)※レコメンド型求人を検索するのが面倒

【スカウト系】

アプリ名おすすめな人
ミイダス市場価値を判定したい
キャリトレ20代でスカウトアプリを使いたい
ビズリーチ高年収求人をスカウト機能で見つけたい
VIEW適職や受けられる企業を診断したい

【情報収集・便利系】

アプリ名おすすめな人
NOKIZAL企業情報を検索したい
Wantedly社員に話を聞きたい
News Picks経済ニュースをチェックしたい
電話帳ナビ面接先などの電話番号の管理がしたい

【履歴書・職務経歴書系】

アプリ名おすすめな人
レジュメ手軽に履歴書の作成がしたい
履歴書カメラスマホで証明写真を撮りたい

それでは、求人検索系アプリから順に紹介していきます。

【求人検索系】転職アプリ7選

まずは、求人検索系のアプリ7選を紹介します。

ここからは各アプリの詳細を紹介するので、「役立ちそう」と思ったアプリは気軽に活用してみてください。

①たくさん求人を見たいなら「リクナビNEXT」

リクナビNEXT
(引用元
リクナビNEXT
  • 求人数:約60,000件(2022年4月時点)
  • スカウト機能:有り
  • 利用者の年齢層:20〜50代
  • 利用料金:無料

リクナビNEXTは、人材紹介業界で有名なリクルートが運営する転職サービスです。

国内トップクラスの求人数を誇っており、「転職者の約8割が使用している」と言われています。

またスカウト機能では、企業や転職エージェントからのオファーを受け取ることも可能です。

場合によっては非公開求人の紹介オファーを受け取ることもできるので、転職の幅を広げられるでしょう。

アプリのダウンロード

②未経験から転職したいなら「マイナビ転職」

マイナビ転職
(引用元
マイナビ転職
  • 求人数:-
  • スカウト機能:有り
  • 利用者の年齢層:20〜30代前半
  • 利用料金:無料

マイナビ転職は、大手転職サービス「マイナビ」が運営している転職サイトです。

マイナビだけの限定求人や未経験者歓迎の求人も扱っているので、異業種転職したい人にもおすすめです。

またスカウト機能も提供しており、職務経歴と希望条件を登録しておけば、あなたに興味をもった企業や転職エージェントからスカウトが届きます。

アプリ版限定の機能「イチオシ機能」では、プロフィールを入力しておくと、あなたにあった求人を自動的にピックアップしてくれるので、ぜひ利用してみてください。

アプリのダウンロード

③経歴に自信がないなら「エン転職」

エン転職
(引用元
エン転職
  • 求人数:約6,600件(2022年4月時点)
  • スカウト機能:有り
  • 利用者の年齢層:20〜50代
  • 利用料金:無料

エン転職は、20代〜30代の若手をメインにした転職サイトです。

学歴不問の求人や第二新卒応募可能な求人が多く、経歴に自信のない人や第二新卒の人も仕事を探しやすいことが特徴です。

掲載されている求人の中には独占求人もあるため、エン転職に登録することで思わぬ企業との出会いにも期待できるでしょう。

また、求人情報には「企業で働いている人の口コミ」や「企業の面接対策レポート」が記載されており、企業研究や面接対策にも役立ちます。

アプリのダウンロード

④女性のための転職アプリ「とらばーゆ」

とらばーゆ
(引用元
とらばーゆ
  • 求人数:約2,100件(2022年4月時点)
  • スカウト機能:無し
  • 利用者の年齢層:20〜30代女性
  • 利用料金:無料

とらばーゆは、リクルートグループが提供している女性向けの転職サイトです。

女性の正社員事務の求人が豊富で、その他アパレル系・医療系・美容系まで女性に人気の求人を多数掲載しています。

検索では「産休・育休取得実績あり」「子育てママ在籍中」「髪型自由」など女性が気になる検索条件で求人を探せるので、転職活動中の女性はぜひ使ってみてください。

アプリのダウンロード

⑤地方で求人を探すなら「はたらいく」

はたらいく
(引用元
はたらいく
  • 求人数:約2,500件(2022年4月時点)
  • スカウト機能:無し
  • 利用者の年齢層:20〜30代
  • 利用料金:無料

はたらいくは、リクナビNEXTと同じくリクルートグループが提供している転職サービスです。

リクナビNEXTが大企業や中堅企業の求人を多く掲載するのに対し、はたらいくは地方の中小企業の求人が多いことが特徴です。

また「らいくサービス」というシステムがあり、「らいくレジュメ」を介して、企業と事前にコミュニケーションを取ることが可能です。(※正式な応募書類ではありません)

レジュメには「休日の過ごし方やマイブーム」「頑張っていること」など、あなたのエピソードを記載し企業がその内容に興味や関心を抱いた場合はメッセージを返してくれます。

そのほか「せきらら求人」という企業の悪いところも包み隠さず掲載しているユニークな求人もあります。

アプリのダウンロード

⑥転職のプロにチャットで相談したいなら「ジョブクル転職」

ジョブクル転職
(引用元
ジョブクル転職
  • 求人数:公開無し
  • スカウト機能:有り
  • 利用者の年齢層:20〜30代
  • 利用料金:無料

ジョブクル転職は、転職のプロであるキャリアアドバイザーにチャットで相談できるアプリです。

「転職活動は何から始めればいい?」「どうやったら年収アップできる?」など基本的なことも気軽に相談できます。

求人紹介から履歴書の添削、面接対策までしてくれるので、企業との面接以外はジョブクル転職ひとつで済ませることが可能です。

プロフィールを登録しておけば、企業や転職エージェントからスカウトが自動的に届くので、時間がない人の転職活動にもおすすめです。

アプリのダウンロード

⑦求人検索が面倒なら「Glit(グリット)」

サンプル
(参考
GLIT
  • スカウト機能:無し
  • 利用者の年齢層:20〜30代
  • 利用料金:無料

GLIT(グリット)」は、日本初のAI(人工知能)転職マッチングアプリで、30サイト以上と提携し、50万件以上 の求人をまとめて見ることができます。(※2022年4月現在)

一般的な求人アプリとは異なり、「検索不要」であることが最大の特徴です。

おすすめされた求人を「興味あり」なら右に「なし」なら左にスワイプするだけで、あとはAIがあなたにおすすめの求人を紹介してくれます。

使えば使うほど、あなたにあった求人を提案してくれるようになるので、ぜひ使い続けてみてください。

【スカウト系】転職アプリ4選

スカウト系アプリは自身の経歴やスキルなどの情報を登録しておくことで、おすすめ求人」や「企業からのオファー」を受け取れる転職アプリです。

時間があまり確保できない方や、どのような企業が自分を欲しているのか知りたい方はスカウト系のアプリがおすすめです。

ここからは下記3つのスカウト系転職アプリを紹介していきます。

①自分の市場価値を知りたいなら「ミイダス」

ミイダス
(引用元
ミイダス
  • 求人数:非公開
  • スカウト機能:有り
  • 利用者の年齢層:10〜40代
  • 利用料金:無料

ミイダスは、 自分の市場価値を確認しながら、企業からのスカウトを受けられる転職アプリです。

求人を探していると「どれくらいの年収の企業に転職できるんだろう?」と気になることも多いでしょう。

ミイダスでは簡単な質問事項に答えていくだけで自分の市場価値を測ることができ、転職後の年収目安がわかります。

さらに、あなたの経歴や市場価値にマッチした企業から「面接確約オファー」をもらえるため、市場価値を確認しながら転職活動を進められます。

②20代向けスカウトアプリなら「キャリトレ」

(参考
キャリトレ
  • 求人数:非公開
  • スカウト機能:有り
  • 利用者の年齢層:20代
  • 利用料金:無料

キャリトレは、20代向けのスカウト系サービス。

興味がある求人を振り分けるだけで、目的に合った求人を毎日レコメンドしてくれます。

レコメンドされた求人に対して「興味がある」ボタンを押すと、求人掲載企業やヘッドハンターに情報が届きます。

その後、相手からスカウトメールが届けばマッチング成立となり、マッチング後はチャットで企業と直接やり取りが可能です。

企業側からオファーを出してくれるため、スムーズに転職活動を進めることができます。

アプリのダウンロード

③ハイクラス向けスカウトを利用したいなら「ビズリーチ」

ビズリーチ
(引用元
ビズリーチ
  • 求人数:約72,000件(2022年4月時点)
  • スカウト機能:有り
  • 利用者の年齢層:30〜40代
  • 利用料金:一部有料

ビズリーチは、年収800万円以上の求人を多く取り揃えた、ハイクラス向けの転職サービスです。

ヘッドハンティング型の転職サービスのため、経歴を登録しておけば、後はヘッドハンター(コンサルタント)が条件に合う求人を紹介してくれます。

受け身で転職活動を進められるので、忙しい方にもおすすめです。

一部サービスは有料ですが、無料会員でもスカウトを受け取ることは可能なので、ぜひ利用してみてください。

アプリのダウンロード

④若手ハイクラス特化の転職サイトなら「VIEW」

サンプル
(参考
VIEW
  • 求人数:非公開
  • スカウト機能:有り
  • 利用者の年齢層:20〜30代
  • 利用料金:無料

VIEWは20代〜30代の若手ハイクラスに特化したスカウト型転職アプリです。

登録するだけで、若手ハイクラスに特化した転職エージェントからスカウトが届きます。

また日本初となるAIによるキャリアシミュレーションが特徴的で、経歴や価値観などからAIが一人ひとりの適職を診断してくれます。

面倒な登録は必要なく、3分ほどで診断できる点も嬉しいポイントです。

キャリアアップや収入アップを目指している若手の方は、ぜひ利用してみてはいかがでしょうか。

アプリのダウンロード

【情報収集・便利系】転職アプリ4選

ここでは、企業の情報収集ができたり、電話番号を管理できる便利なアプリを4つ紹介します。

企業の情報をより詳しく知りたい方や、実際に社員と会ってみたいという方は下記のアプリを活用しましょう。

①企業情報を検索したいなら「NOKIZAL」

NOKIZAL
(参考
NOKIZAL
  • 登録不要でダウンロード後すぐに使える
  • 企業の口コミや関連ニュースを確認できる

NOKIZAL(ノキザル)は、 企業情報やクチコミをまとめて確認することができる無料アプリ(一部有料)です。

登録不要で気になる企業を検索でき、その企業の「業績」「ニュース」「企業の口コミ」をまとめて確認できます。

また、有料ですが一社600円で「業種別売上高ランキング」や「利益率」を見ることもできます。

アプリのダウンロード

②社員の話を聞きたいなら「Wantedly」

wantedly
(引用元
wantedly
  • 大手からベンチャーまで様々な求人を紹介(ベンチャー多め)
  • 気になる企業に話を聞きに行ける
  • スカウト機能あり

Wantedly(ウォンテッドリー)は求人探し系アプリの一種ですが、気になる企業を訪問して直接社員の話を聞くことが可能です。

実際に働いている社員の仕事ぶりや、社風を確認してから転職するかどうか決められるので、転職のミスマッチを防止できるでしょう。

また、スカウト機能もあるので、スカウトアプリとして使うこともできます。

ベンチャー系の求人が多いので、ベンチャー企業への転職を考えている人に特におすすめです。

アプリのダウンロード

③経済ニュースをチェックしたいなら「News Picks」

サンプル
(参考
News Picks
  • 国内外の最先端経済ニュースをチェックできる
  • 業界の専門家や著名人の解説コメントが読める

News Picks(ニューズピックス)は、300万人以上が使っているソーシャル系経済ニュースアプリで、90以上のメディアから国内外のニュースが厳選されて掲載されています。

内容は「ビジネス」「テクノロジー」「政治・経済」「金融・マーケット」「教育」「スポーツ」など、幅広いトピックを網羅しているので、「面接で時事問題を聞かれそう」という人におすすめです。

無料で利用可能ですが、有料購読オプションに加入すると編集者オリジナルコンテンツや有料経済メディアの記事も読むことができます。

7日間の無料トライアル期間があるので、気になる方はまずそちらを試してみると良いでしょう。

アプリのダウンロード

④面接先企業の電話番号を管理したいなら「電話帳ナビ」

電話帳ナビ
(参考
電話帳ナビ
  • 電話の発信元を検索できる
  • 過去の着信履歴から相手を判別できる

電話帳ナビは、企業からの電話が一目でわかるアプリです。

転職活動中は、知らない番号から着信があると身構えてしまうこともあるでしょう。

電話帳ナビを使うと、電話帳に登録していない電話番号から連絡があったときに、誰が電話をかけてきたかわかります。

例えば「選考中の企業」や「転職エージェント」など、電話帳に登録していない番号から着信があった場合、過去の着信履歴から瞬時に検索し、相手が誰かを教えてくれます。

「うっかり大事な企業からの連絡を無視してしまった…」なんて事態を防止するためにも、ぜひ電話帳ナビを活用してみましょう。

アプリのダウンロード

【履歴書・職務経歴書系】転職アプリ2選

ここでは、履歴書作成・証明写真の撮影などができるアプリを紹介します。

アプリをインストールしておけば、出先や移動中に履歴書を作成することも可能です。

作成した履歴書は変更もできるため、万が一の際にも安心です。

①履歴書を作成したいなら「レジュメ」

(参考
レジュメ
  • 例文が豊富
  • スマホで顔写真を撮影して履歴書に貼り付け可能

レジュメは、履歴書や職務経歴書をスマホで手軽に作成できるアプリです。

「生年月日」を入力すると、「学歴の入学年度」や「卒業年度」が自動入力されるので、思い出したり計算する必要がありません。

また「営業」「事務・企画」「サービス販売」「クリエイティブ」「建築・土木」など、幅広いカテゴリの要約例文が用意されているので、自分の職種にあった例文を確認しながら履歴書を作成可能です。

入力した履歴書・職務経歴書はコンビニで印刷できるので、面接直前に持っていないことに気づいても慌てずに済みます。

アプリのダウンロード

②スマホで証明写真を撮りたいなら「履歴書カメラ」

(引用元
履歴書カメラ
  • アプリで手軽に撮影・加工できる
  • 撮影した写真は自宅やコンビニで印刷可能

履歴書カメラは、履歴書や免許証などの各種証明書の撮影や印刷が無料でできるアプリです。

肌補正やクマ消し機能がついているので、綺麗な写真を撮影できます。

撮影後はコンビニや自宅のプリンターで印刷するだけなので、30〜60円で証明写真が用意することが可能です。

履歴書作成アプリの「レジュメ」とセットで使うのも良いでしょう。

アプリのダウンロード

どのアプリを入れておくべきか迷った時は?

ここまで、様々な転職アプリを紹介しました。

どのアプリを入れるか迷った場合は、まずリクナビNEXTNOKIZALをインストールして併用するのがオススメです。

転職アプリ名特徴
リクナビNEXT求人数・操作性・転職に役立つコンテンツの充実度など、総合的に優れている転職アプリ。
年齢や職種問わず、転職を考えている全ての人にオススメです。
NOKIZAL企業名を検索すると、企業情報や口コミをまとめて見ることができる転職アプリ。
企業研究や面接対策に役立ちます。

まずは、リクナビNEXTで転職の流れやポイントを確認しながら自分の希望する求人を探しましょう。

それと並行して、NOKIZALで気になった企業の情報を詳しく調べてみてください。

求人探しと企業研究を同時に行うことで、効率的に転職活動を進められます。

リクナビNEXTのダウンロード

NOKIZALのダウンロード

一人で転職を進めるのが不安なら「転職エージェント」を使おう!

記事をご覧の方の中には「転職はわからないことが多いし、一人で進めるのは不安…」と感じる方も多いでしょう。

そんな方には、 転職を手厚くサポートしてくれる「転職エージェント」の利用をおすすめします。

リクナビNEXT」のような転職サイトと違い、アドバイザーが付くのでわからないことがあれば相談できます。

転職サイトと転職エージェントの違い

「一人で転職を進めるのは不安…」「転職の悩みを相談できる相手が欲しい…」という方は、転職エージェントを利用しましょう。

ここからはおすすめのエージェントを3社紹介していきます。

転職エージェントは複数利用が基本

転職エージェントは求人数、得意分野、サービス内容が異なるので、2〜3社登録しておくのがおすすめです。

多くの求人を見た方が希望に合った転職先が見つかりやすいですし、相性の良いアドバイザーに出会える確率も高くなります。

ここで紹介する3社は全て無料で利用可能なので、気になるエージェントは全て登録しておきましょう。

サポートの質で選ぶなら「doda」

doda
(引用元
doda

サポートの質を重視する方には「doda」がおすすめです。

dodaは「企業を意識した面接対策を行ってくれる」「カウンセリングが丁寧!」など、サポートが手厚いことで定評があります。

またdodaは転職エージェントとしてだけでなく、転職サイトとして利用できることも特徴です。

登録後は自分で求人を検索して応募することも可能なので、臨機応変な使い方ができます。

「親身にサポートしてもらいたい」「自分でも積極的に求人を探したい」という方は、ぜひ利用してみてください。

doda|基本情報

運営会社パーソルキャリア株式会社
公開求人数約150,000件
非公開求人数非公開
対応地域全国+海外
料金無料

(最終更新:22年8月時点)

たくさんの求人をチェックするなら「リクルートエージェント」

リクルートエージェント」は、豊富な求人数や多くの転職実績を持つ転職エージェントです。

2022年4月現在では40万件を超える求人を保有しており、豊富な実績を備えたアドバイザーが内定までしっかり支援してくれます。

書類添削や面接対策だけでなく、年収交渉なども代行してくれるため、安心して転職活動を進められるでしょう。

たくさんの求人を比較できるので、ぜひ優先的に登録してみてください。

リクルートエージェント

運営会社株式会社リクルート
公開求人数約258,000件
非公開求人数約288,000件
対応地域全国+海外
料金すべて無料

(最終更新:22年8月時点)

IT・Web業界で転職するなら「レバテックキャリア」

レバテックキャリアエンジニアやデザイナーに特化した転職エージェントです。

IT業界全般の求人を扱っており、エンジニアからデザイナーをはじめ、事務やコンサルなど、幅広い職種の求人を保有しています。

おすすめする1番の理由は、担当アドバイザーの業界知識の深さ。

年間3,000回以上も各企業に対してヒアリングを行なっており、現場感を知っています。

企業対策や面接対策時に準備する細かい対策を相談できるのは大きなメリットになります。

経験者も未経験者もまず転職先の現場感を知るという意味で相談してみることをおすすめします。

レバテックキャリア|基本情報

運営会社レバテック株式会社
公開求人数約17,000件
非公開求人数非公開
対応地域関東(東京・千葉・埼玉・神奈川)・関西(大阪・京都・兵庫・滋賀・奈良・和歌山)・九州(福岡)・東海(愛知県・三重県・岐阜県)
料金無料

(最終更新:22年8月時点)

まとめ

本記事で紹介した転職に役立つアプリは、下記のとおりです。

【求人検索系】

アプリ名おすすめな人
リクナビNEXTたくさんの求人が見たい
マイナビ転職未経験から転職したい
エン転職経歴に自信がない
とらばーゆ女性で転職を成功させたい
はたらいく地方で求人を探したい
ジョブクル転職転職のプロにチャットで相談したい
Glit(グリット)※レコメンド型求人を検索するのが面倒

【スカウト系】

アプリ名おすすめな人
ミイダス 市場価値を判定したい
キャリトレ20代でスカウトアプリを使いたい
ビズリーチ高年収求人をスカウト機能で見つけたい
VIEW適職や受けられる企業を診断したい

【情報収集・便利系】

アプリ名おすすめな人
NOKIZAL企業情報を検索したい
Wantedly社員に話を聞きたい
News Picks経済ニュースをチェックしたい
電話帳ナビ面接先などの電話番号の管理がしたい

【履歴書・職務経歴書系】

アプリ名おすすめな人
レジュメ手軽に履歴書の作成がしたい
履歴書カメラスマホで証明写真を撮りたい

アプリはそれぞれ特徴が異なるので、1つに絞らず3〜4種を併用するのがおすすめです。

また、使ってみて「合わないかも…」と感じる場合は、他のアプリを試してみてください。

転職アプリを活用して、効率よく転職活動を進めましょう。

転職の関連記事