Operated by Ateam Inc.

イーデス

リクルートエージェントの電話はしつこい?頻繁に連絡がくる理由と対処法

最終更新日:

リクルートエージェントの評判
提携各社(株式会社リクルート・株式会社マイナビ等)のアフィリエイト広告を含みます
イーデス』は、複数の企業と提携し情報を提供しており、当サイトを経由して商品への申込みがあった場合には、各企業から報酬を受け取ることがあります。ただし当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無が影響を及ぼすことはございません。
また当サイトで得た収益は、サイトを訪れる皆様により役立つコンテンツを提供するために、情報の品質向上・ランキング精度の向上等に還元しております。※提携機関一覧
この記事は有料職業紹介許可番号:23-ユ-302788)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社エイチームライフデザインが制作しています。

リクルートエージェントの0120-07-0585からの電話がしつこいという声がよく聞かれます。

電話がしつこいと感じる場合、担当者が求職者の転職の意向を正確に汲み取れていない可能性があるので注意が必要です。

本記事では、リクルートエージェントが電話をかけてくる理由と、しつこい電話への対処法について解説します。

リクルートエージェントの基本情報

リクルートエージェントは、業界No.1の求人数を誇る転職エージェントです。

業界・職種問わず豊富な求人があるので、希望条件にマッチする案件を効率良く見つけられます。

また、キャリアアドバイザーが丁寧に転職を支援してくれるので、安心して転職活動を進められるでしょう。

リクルートエージェント|基本情報

運営会社株式会社リクルート
公開求人数

約394,000件

非公開求人数約219,000件
対応地域全国+海外
料金すべて無料
公式サイトhttps://www.r-agent.com/

(最終更新:24年5月時点)

    気になる内容をタップ

    リクルートエージェントから頻繁に電話がかかってくる2つの理由

    リクルートエージェントから頻繁に電話がかかってくる2つの理由

    何度も電話がくると「しつこい」と感じますが、なかには転職サポートを受けるうえで、欠かせない電話もあります。

    以下のタイミングでかかってくる電話は非常に重要なので、リクルートエージェントのサポートを受けるなら把握しておきましょう。

    リクルートエージェントのサポートを受けるうえで必要不可欠な連絡

    • 登録の面談調整とき
    • 求職者の希望に合う求人があったとき
    • 求人に応募したあと(面接日の調整や対策の連絡など)
    • 選考後(選考の結果が伝えられる)

    上記はしつこいと思わずに対応することをおすすめします。

    ただし、利用者のなかには、上記以外のタイミングで電話がかかってきて「しつこい」と感じている人も少なくありません

    では、リクルートエージェントはどのようなときに求職者に電話をかけるのでしょうか?

    リクルートエージェントから電話が頻繁にかかってくる理由は、大きく分けて2つあります。

    リクルートエージェントから電話が頻繁にかかってくる理由

    理由1.転職を支援して売上を上げるため

    リクルートエージェントからしつこく電話がかかってくる理由は、「売上を上げるため」です。

    リクルートエージェントをはじめとした転職エージェントは、求職者の転職を成功させることで、求人企業から報酬を得ています。

    転職エージェントの仕組み

    「求職者の転職成功」=「売上が上がる」という仕組みなので、売上を上げるために頻繁に電話をしてくることがあります。

    とくに、転職が決まりそうな求職者や、転職市場価値が高い求職者は、売上につながる可能性が高いため電話が頻繁にかかってくるでしょう。

    また、以下の理由で電話が多くなるケースもあります。

    電話が多くなるケース

    • 他社より先に求職者の転職を決めたい
    • 求人企業から紹介を急かされている

    転職エージェントは売上を上げることが目的なので、電話が多くかかってくるのは仕方がない部分もあります。

    理由2.担当者が求職者の意向を汲み取れていない

    「しつこい」と感じるほど電話がかかってくる場合は、担当者が求職者の転職の意向を正確に汲み取れてない可能性が高いです。

    担当者が求職者の意向を把握していない場合、転職を急いでいないにもかかわらず電話がかかってくることがあります。

    以下に挙げた認識違いがあると、頻繁に電話がかかってくる可能性が高いです。

    転職の意思「確定しているのか」「検討中なのか」で、認識違いが生じている
    転職の時期「3ヶ月後の転職を目指す」など、具体的な転職時期の認識がずれている
    転職の希望条件業種・職種・年収などの希望条件の認識がずれている

    面談時のヒアリングによって求職者の要望を把握するため、上記のような認識違いが起こる可能性はそこまで高くありません。

    しかし、面談で希望がうまく伝わらなかった場合や、担当者が変わった場合には認識違いが生じやすいため、電話がしつこくかかってくることもあります。

    「検討中にもかかわらず、頻繁に電話がかかってくる」「希望とずれた求人紹介の電話が多い」という場合は、認識違いが生じている可能性が高いです。

    【注意】電話がしつこくても無視しない

    リクルートエージェントからの電話がしつこく感じる場合、「無視してしまいたい…」と思うでしょう。

    しかし、電話を無視するのはおすすめできません。

    もし無視すれば、以下のデメリットが生じます。

    電話を無視するデメリット

    • 応募や選考がスムーズに進まなくなる
    • 優先的に求人を紹介してもらえなくなる
    • 意思が伝わらないため、状況が変わることなく電話がかかってくる

    リクルートエージェントからの電話には、「面談日の調整」「選考の結果通知」など必要不可欠な連絡もあるので、求人に応募中は必ず対応しましょう。

    また、電話に出ない回数が増えると「転職意思が低い」と判断され、優先的に求人を紹介してもらえなくなる可能性があるため、注意が必要です。

    転職意思がある程度固まっているなら、チャンスを逃さないためにも、なるべく電話に出ることをおすすめします。

    また、「まだ転職するかどうか決めていない」という場合でも、電話を無視するのはおすすめできません。

    「電話を控えて欲しい」という意思を担当者に伝えたうえで、それでもしつこく電話がかかってくる場合は対応を考えましょう。

    もし、転職活動を一時的に中断したいなら、その旨を担当者に伝えるのがおすすめです。

    リクルートエージェントの電話がしつこいと感じた場合の対処法

    リクルートエージェントの電話がしつこいと感じた場合の対処法

    リクルートエージェントからの電話は、なるべく無視せず対応するのがおすすめです。

    ただし、あまりにもしつこく電話がかかってくると、対応するのが大変しょう。

    電話が多すぎると感じる場合は、担当者が求職者の意思を汲み取れていない可能性が高いので、あらためて転職の方向性を伝えてみてください

    ここでは、担当者にあらためて伝えるべき内容や、その他の解決法について詳しく解説します。

    リクルートエージェントの電話がしつこいと感じた場合の対処法

    対処法1.連絡可能な時間帯を伝える

    不都合な時間帯に電話がかかってきて「しつこい」と感じる場合は、電話を受けられる時間帯を伝えましょう。

    電話に出られる曜日・時間帯を具体的に伝えておけば、忙しい時間帯に電話がかかってくることはなくなります。

    仕事や家庭の都合がありますので、電話をかけていただくのは、平日18:00~20:00の間にしていただきたいです。

    もし、平日の対応が難しい場合は「連絡は土日にして欲しい」と伝えておくことも手段です。

    対応可能な時間帯を明確に伝えるとすれ違いもなくなるので、転職活動もスムーズに進みます。

    電話がしつこいと感じる場合は、「電話に出られる時間」を担当者に伝えておきましょう。

    対処法2.連絡手段をメールに変更してもらう

    電話が苦手だったり、電話に出る時間がなかったりする場合は、連絡手段をメールに変更してもらいましょう。

    メールなら仕事で忙しい時間帯に着信があっても、対応に困ることはありません。

    ただし、メールを頻繁に確認する習慣がない人は、注意が必要です。

    好条件の求人が出た場合や、非公開求人が出たときに確認が遅れてしまうと、応募枠が埋まってしまう可能性があります。

    電話がしつこく感じる場合に連絡手段をメールに変更するのは有効な手段ですが、見逃しがないように小まめにチェックしましょう。

    重要な用件は電話がかかってくることも…

    「連絡はメールで…」と伝えた場合でも、重要な用件がある場合は、話がかかってくる可能性があります。

    たとえば、応募書類に不備があった場合や、選考の結果通知などです。

    連絡手段をメールにしている場合にかかってくる電話は重要な用件であることが多いので、しっかり対応しましょう。

    対処法3.転職の希望時期を明確に伝える

    転職を促すような電話がしつこいと感じる場合は、転職の希望時期を明確に伝えましょう。

    本来なら面談時に具体的な転職希望時期をヒアリングするため、担当者は求職者の転職の意向を汲み
    取っているはずです。

    しかし、求職者と担当者間で転職時期の認識がずれてしまうと、電話がしつこくかかってくる場合があります。

    じっくり検討して決めるつもりでも、伝え方によっては担当者に誤解を与えてしまう場合もあるので気をつけましょう。

    しつこい電話をなくすために対策したいなら、今一度、担当者に転職希望時期を伝えてみてください。

    いつもお世話になっております。
    転職の希望時期についてですが、認識の相違があるかもしれません。
    私としては、4ヶ月後の3月を目標に転職をしたいと考えております。
    大変恐れ入りますが、今一度ご確認していただけますと幸いです。

    「できるだけ早く転職したい」という曖昧な表現は避け、「〇ヶ月後に転職したい」「〇月中に転職したい」など、具体的に伝えることが大切です。

    対処法4.転職の希望条件を追加する

    求人紹介がしつこいと感じる場合は、転職の希望条件を追加することも手段です。

    頻繁に求人紹介の電話がくる場合、希望条件の幅が広く、マッチする求人が多すぎる可能性があります。

    新たに希望条件を追加すれば、マッチする求人が少なくなり、厳選して求人を紹介してくれるはずです。

    もし、「年収」「業種」「職種」「勤務地」などの必要最低限の希望条件しか設定していないなら、以下の条件も追加してみましょう。

    転職の希望条件

    • 通勤時間
    • 福利厚生
    • 賞与の有無や回数
    • 年間休日日数
    • 働き方(フレックス、テレワークの可否)…など

    電話がしつこいと感じる場合は、「転職の希望条件の幅が広すぎないか」を確認してみてください。

    対処法5.担当者を変更してもらう

    転職の意思をあらためて伝えても電話がしつこくかかってくる場合は、担当者との相性が合っていない可能性があります。

    担当者との相性が合わない場合は、リクルートエージェントに連絡して担当を変更してもらいましょう。

    その際は、担当者を批判をするのではなく、丁重に変更を申し出ることが大切です。

    いつもお世話になっております。
    現在担当の○○様にとても丁寧にサポートをしていただいているのですが、少々価値観や考え方のズレを感じております。
    もし可能であれば、一度他の担当者の方にもご相談させていただけますと幸いです。
    大変お手数をおかけしますが、ご検討のほどよろしくお願いいたします。

    求職者の意思を正確に汲み取ってくれるアドバイザーが担当になれば、やり取りがスムーズになり、しつこく電話がかかってくることもなくなります。

    さらに、相性も合う担当者なら、有益な情報を得られる可能性もあるでしょう。

    業界No.1の求人数を誇るリクルートエージェントは、上手に活用すれば転職の強い味方になってくれます。

    担当者と上手に付き合いながら、転職活動をサポートしてもらいましょう。

    別の転職エージェントに変えることも検討しよう

    対策を行っても担当者との相性が合わず、しつこい電話がなくならない場合は、別の転職エージェントを利用することも検討してみましょう。

    別の転職エージェントを利用すれば、ストレスなく転職活動を進められる可能性があります。

    「また別の転職エージェントに登録するのは面倒…」と思うかもしれませんが、登録手続きは3分程度で完了するので手間はかかりません。

    転職エージェントは1社のみを利用するより、複数利用したほうが転職の成功確率が上がるのでおすすめです。

    転職エージェントを複数利用すべき理由

    相性の合う担当者と出会う可能性を高めるためにも、ぜひ複数のエージェントを利用しましょう。

    次の見出しでは、リクルートエージェントの他におすすめの転職エージェントを3社ご紹介します。

    リクルートエージェント以外でおすすめの転職サービス3選

    リクルートエージェントからの電話がしつこく、対策をしても解決しない場合は、他の転職サービスも利用してみましょう。

    自分に合った転職サービスを利用すれば、より効率的に転職活動を進められます。

    ここでは、おすすめの転職サービスを3社厳選して紹介しているので、ぜひ複数に登録してみてください。

    おすすめの転職サービス特徴
    doda
    • 転職サイトとしても利用できる
    • 業界トップクラスの求人数を保有
    マイナビエージェント
    • 若手の転職に強い
    • 無期限でサポートを受けられる
    ビズリーチ
    • 高年収の求人が多い
    • ヘッドハンティング型の転職サービス

    本記事で紹介する3社は「転職エージェントおすすめ8選!現役キャリアアドバイザーが選び方を徹底解説」から、厳選した転職サービスです。

    他の転職サービスもチェックしたい方は、ぜひご覧ください。

    転職サイトとしても利用できる「doda」

    doda
    (引用元
    doda

    doda」は、人材業界大手の「パーソルキャリア」が運営する転職サービスです。

    転職エージェントとして利用できるだけでなく、「転職サイト」としても活用できるので、自分のペースで転職活動を進められます

    使いやすいアプリがあり、簡単に求人を検索できるので、スキマ時間を有効活用できるでしょう。

    また、業界トップクラスの求人数を誇り、幅広い業界・職種の求人を保有していることも強みの1つです。

    他にはない非公開求人も多く保有しているので、「好条件の転職先を見つけたい」という方はぜひ利用してみてください。

    マイペースに転職活動を進めたい方や、たくさんの求人を比較検討したい方は、以下より登録してみましょう。

    doda|基本情報

    運営会社パーソルキャリア株式会社
    求人数

    200,000件以上(非公開求人を含む)

    対応地域全国+海外
    料金無料

    (最終更新:24年5月時点)

    若手の転職に強い「マイナビエージェント」

    マイナビエージェント」は、20代・第二新卒などの若手の転職に強みを持つエージェントです。

    各業界の転職市場に精通したキャリアアドバイザーが在籍しているので、希望業界・職種に特化したサービスを受けられます。

    また、一般的な転職エージェントのサポート期間が3ヶ月であるのに対し、マイナビエージェントは無期限でサポートしてくれるのもメリットです。

    そのため、転職が初めての人でも、じっくり相談しながら自分のペースで転職活動を進められるでしょう。

    若手の方や転職に不安のある方は、ぜひマイナビエージェントを利用してみてください。

    マイナビエージェント|基本情報

    運営会社株式会社マイナビ
    公開求人数非公開
    非公開求人数非公開
    対応地域全国
    料金無料

    (最終更新:24年5月時点)

    ハイキャリア・ミドル層向けの求人が多い「ビズリーチ」

    ビズリーチ
    (引用元
    ビズリーチ

    ビズリーチ」は、ヘッドハンティング型のハイクラス・ハイキャリア向け転職サービスです。

    ビズリーチに登録すると、条件に合った企業の人事担当者や、ビズリーチのヘッドハンターからスカウトが届きます。

    「スカウトを待つ」という活動方法のため、忙しい方でも無理なく転職活動を進められるでしょう。

    また、年収600万以上の求人が多いため、キャリアアップを目指している30~40代に最適です。

    キャリアアップを考えている方や、好条件の求人に出会いたい方は、ぜひ利用してみてください。

    ビズリーチ|基本情報

    運営会社株式会社ビズリーチ
    公開求人数約114,000件
    非公開求人数非公開
    対応地域全国+海外
    料金

    登録無料
    【プレミアムステージへのアップグレード(有料)】
    ●Web版から(Web決済)
    30日間コース :5,478円(税込)
    ●アプリから(App Store決済)
    月額 :5,500円(税込)

    (最終更新:24年5月時点)

    まとめ

    リクルートエージェントの電話がしつこいと感じる場合、担当者が求職者の意思を正確に汲み取れていない可能性があります。

    電話の回数が多すぎると感じる場合は、以下の対処法を実践してみてください。

    電話の回数が多すぎると感じる場合の対処法

    • 連絡可能な時間帯を伝える
    • 連絡手段をメールに変更してもらう
    • 転職の希望時期を明確に伝える
    • 転職の希望条件を追加する

    担当者と転職の方向性をしっかり共有できれば、リクルートエージェントは転職の強い味方になってくれるはずです。

    担当者と上手に付き合いながら、転職をサポートしてもらいましょう。

    なお、本記事で紹介した対策を行っても電話がしつこい場合は、他の転職エージェントを利用することもおすすめです。

    以下に、おすすめのエージェントをまとめたので、ぜひ利用してみてください。

    おすすめ転職エージェント

    doda
    • 転職サイトとしても利用できる
    • 業界トップクラスの求人数を保有
    マイナビエージェント
    • 若手の転職に強い
    • 無期限でサポートを受けられる
    ビズリーチ
    • 高年収の求人が多い
    • ヘッドハンティング型の転職サービス

    リクルートエージェントの評判の関連記事

    リクルートエージェントとリクナビNEXTの違いを徹底解説!
    リクルートエージェントの評判

    リクルートエージェントとリクナビNEXTの違いを徹底解説!

    2024年5月9日

    イーデス編集部

    イーデス編集部

    リクルートエージェントの企業スカウトは転職に有利?面接確約と応募歓迎の違いとは
    リクルートエージェントの評判

    リクルートエージェントの企業スカウトは転職に有利?面接確約と応募歓迎の違いとは

    2024年4月4日

    イーデス編集部

    イーデス編集部

    リクルートエージェントの費用は無料!求職者の支払いが不要な仕組みと理由
    リクルートエージェントの評判

    リクルートエージェントの費用は無料!求職者の支払いが不要な仕組みと理由

    2024年4月4日

    イーデス編集部

    イーデス編集部

    リクルートエージェントを再開する方法と再登録の手順・注意点
    リクルートエージェントの評判

    リクルートエージェントを再開する方法と再登録の手順・注意点

    2024年4月4日

    イーデス編集部

    イーデス編集部

    リクルートエージェントのアプリの使い方・ログインや登録のトラブル解消方法
    リクルートエージェントの評判

    リクルートエージェントのアプリの使い方・ログインや登録のトラブル解消方法

    2024年4月4日

    イーデス編集部

    イーデス編集部

    • Facebook
    • x
    • LINE