Operated by Ateam Inc.

イーデス

リクルートエージェントの面談の流れや必要な準備を解説!実際にどんな感じで臨めばいいの?

最終更新日:

リクルートエージェントの評判
提携各社(株式会社リクルート・株式会社マイナビ等)のアフィリエイト広告を含みます
イーデス』は、複数の企業と提携し情報を提供しており、当サイトを経由して商品への申込みがあった場合には、各企業から報酬を受け取ることがあります。ただし当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無が影響を及ぼすことはございません。
また当サイトで得た収益は、サイトを訪れる皆様により役立つコンテンツを提供するために、情報の品質向上・ランキング精度の向上等に還元しております。※提携機関一覧
この記事は有料職業紹介許可番号:23-ユ-302788)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社エイチームライフデザインが制作しています。

リクルートエージェントのキャリアアドバイザーとの面談ってどんな感じなんだろう」と不安ではありませんか?

服装や持ち物をはじめ、面談会場の雰囲気から所要時間など、わからないことばかりでは身動きが取れなくなってしまいます。

そもそも面談は必要なのかと、疑問を持っている方もいらっしゃるでしょう。

そこで本記事では、リクルートエージェントの面談がどのようにおこなわれ、どんな準備が必要なのか解説します。

最後まで読んでいただき、面談についてのモヤモヤを解消するのに役立ててください。

リクルートエージェントの基本情報

リクルートエージェントは、国内最大級の求人数を保有する転職エージェントです。

業界・業種を問わず豊富な求人をチェックできるため、希望条件に合った求人が見つかる可能性も高いといえます。

また、業界No.1の転職支援実績を持っているのも大きな特徴です。

書類作成や面接対策などのサポートも充実しているので、転職エージェントを利用するのがはじめての方でも安心です。

リクルートエージェント|基本情報

運営会社株式会社リクルート
公開求人数

約383,000件

非公開求人数約213,000件
対応地域全国+海外
料金すべて無料
公式サイトhttps://www.r-agent.com/

(最終更新:24年4月時点)

    気になる内容をタップ

    リクルートエージェントの面談とは

    リクルートエージェントの面談の目的は、転職がうまくいくようにサポートするためのヒアリングです。

    そのため、企業の面接で「この人はわが社にふさわしいのだろうか」と試されるのとはまったく異なります。

    面談では、転職のプロであるキャリアアドバイザーが親身になって話を聞いてくれつつ、人それぞれの状況に合ったアドバイスをしてくれます。

    しかも、面談は無料で転職者には一切費用がかかりません。

    ここでは、面談の流れや質問例を見ていきましょう。

    リクルートエージェントの面談の流れと手順

    面談の時間は30分〜1時間半ほどで、以下のような流れで進みます。

    面談の流れ

    • 自己紹介
    • 職務経験などこれまでのキャリアを伝える
    • なぜ転職したいのかや転職先の希望を伝える
    • 転職活動の進め方などについてキャリアアドバイザーからアドバイス
    • 具体的な求人の紹介
    • 職務経歴書についてのアドバイス

    自分から何を話せばいいのかわからなくても問題ありません。

    キャリアアドバイザーから経歴や転職理由について質問をしてくれるため、それに答えていけば大丈夫です。

    面談ブースの雰囲気

    対面での面談ブースは以下の画像のようなイメージです。

    面談したブース

    外からの音や人の気配も気にならず、プライバシーは守られています。

    リクルートエージェントの面談を受ける際は、可能な限り電話面談ではなく、対面での面談を受けるようにしましょう。

    面談の際に受ける質問例

    面談当日、担当のキャリアアドバイザーから以下のような質問を受けます。

    面談の際に受ける質問例

    • 今の職場で不満なところはありますか?
    • これまでの仕事の経験を活かせる転職先を希望しますか?
    • 転職先を選ぶうえで譲れない「軸」は何ですか?
    • 「大企業で働きたい」といったこだわりはありますか?
    • 希望する仕事内容を優先した場合、年収が今より下がっても構いませんか?
    • プロジェクトリーダーの経験はありますか?
    • 後輩を指導した経験はありますか?
    • 希望から少しズレていても合いそうな求人があったら紹介してもいいですか?

    話をしっかり聞いてからアドバイスがあるため、内容に説得力があります。

    身近な人ではないからこそわかる、性格やこだわりについての客観的な意見もあります。

    また、その場で求人の提案もあり、要望に合わせて求人を探し直してくれるなど対応が丁寧と評判です。

    リクルートエージェントで面談をすることのメリット

    リクルートエージェントの面談を受けると、転職者にはさまざまなメリットがあります。

    代表的なメリットを2つ見ていきましょう。

    面談を受けるメリット

    メリット1.キャリアアドバイザーから転職のアドバイスをもらえる

    リクルートエージェントの面談では、キャリアアドバイザーから転職のアドバイスをもらえます。

    自分の経歴や希望についての話をよく聞いたうえでのアドバイスなので、とても参考になるはずです。

    また、すぐに転職をするという場合でなくても、キャリア相談も受け付けてもらえます。

    いまの仕事をずっと続けるのが不安という場合でも、気軽に相談してみましょう。

    ほかにも、キャリアアドバイザーは自己分析のサポートもしてくれます。

    次の仕事で何をしたいのかわからないと感じている人にも、面談はおすすめです。

    メリット2.希望条件に合う求人をその場でチェックしてもらえる

    リクルートエージェントの面談では、その場で希望に合う求人をチェックして紹介してもらえます。

    求人情報は自分でネットで探すこともできますが、希望に合った求人を探し出すのは時間も手間もかかって大変です。

    その点、キャリアアドバイザーは求人情報を扱うプロです。

    会話をしながら希望条件を伝えれば、キャリアアドバイザーが最適な求人情報を見つけ出して、求人を次々に見せてくれます。

    そのため、自分ひとりでは何時間もかかっていた求人情報の絞り込みが、たった10分で終わるケースもあります

    希望条件に合う求人を効率的に見つけたい方は、ぜひ面談の場を活用しましょう。

    リクルートエージェントの面談前に必要な準備

    リクルートエージェントの面談に必要な準備は4つ!

    リクルートエージェントの面談に必要な準備は、以下の4つです。

    面談に必要な準備

    それでは、順番に詳しく紹介します。

    準備1.履歴書と職務経歴書は事前に送付

    リクルートエージェントの面談の前には、履歴書と職務経歴書を作成して送付しておきます。

    リクルートエージェントのマイページで作成し、そのまま送付できるため、郵送する必要はありません。

    案内に従って情報を入力するだけで完成するので、とても簡単です。

    キャリアアドバイザーは送付された履歴書と職務経歴書をもとに、面談で話す内容を事前に考えたり、求人情報を集めておいたりしてくれます。

    詳しく情報を入力しておけば、その分面談が有意義なものになるので、履歴書と職務経歴書はしっかりと作成しましょう。

    準備2.面談での服装はスーツが安心

    面談での服装には特に決まりはないのですが、スーツで行くのが安心です。

    キャリアアドバイザーの方は、スーツを着て対応します。

    カジュアル過ぎる服装では、キャリアアドバイザーとのバランスが悪くなり、キャリアアドバイザーによっては悪い印象を持つかもしれません。

    スーツを着た相手と大事な話をするということを意識して、それにふさわしい服装で面談に行きましょう。

    準備3.面談に必要な持ち物を揃える

    リクルートエージェントの面談には、以下のものを持っていくことをおすすめします。

    面談の際の持ち物

    • 筆記用具
    • ノートなどメモができるもの
    • 手帳などスケジュールを確認できるもの
    • A4の書類をしまうクリアファイル
    • 書類が入る程度の大きさのカバン
    • その他、キャリアアドバイザーから依頼されたもの

    面談では、自分が提出した履歴書と職務経歴書の写しや求人票など、A4サイズの書類を渡されることが多いです。

    グチャグチャにしないで持ち帰れるように、準備しておきましょう。

    準備4.転職先についての希望は面談前に伝えておく

    転職先についての希望は、面談の前になるべく伝えておきましょう。

    会員登録後の連絡が来た際に電話口で話す、もしくは時間のある時にメールで送っておくことをおすすめします。

    なぜなら、キャリアアドバイザーの求人探しは面談の前にスタートするからです。

    履歴書と職務経歴書の情報だけではうまく伝わらない場合もあるため、面談当日に求人情報を見せられたときに、自分の希望に合わない求人ばかりということにもなりかねません。

    できるiだけ希望に合った求人を紹介してもらうためには、以下にような希望は必ず伝えておいてください。

    事前に伝えておくべき希望条件

    • 年収
    • 業界
    • 職種
    • 勤務地
    • 会社の規模
    • 就業時間
    • 休日 など

    絶対にゆずれない条件があれば、なるべく早めにキャリアアドバイザーに伝えておきましょう。

    リクルートエージェントの面談拠点は全国16ヵ所

    リクルートエージェントの面談は、全国に16ヵ所ある拠点で受けられます。

    面談拠点の住所と交通アクセスは、以下のとおりです。

    拠点住所アクセス
    東京本社

    東京都千代田区丸の内1-9-2 グラントウキョウサウスタワー

    東京メトロ銀座線京橋駅から徒歩5分
    北海道支社

    北海道札幌市中央区北四条西5-1 アスティ45ビル 10階

    JR線 札幌駅より徒歩3分
    東北支社

    宮城県仙台市青葉区一番町1-9-1 仙台トラストタワー 11F

    JR仙台駅西口より徒歩約9分
    宇都宮支社

    栃木県宇都宮市大通り4-1-18 宇都宮大同生命ビル 1F

    JR宇都宮駅より徒歩7分
    さいたま支社

    埼玉県さいたま市大宮区桜木町1-7-5 大宮ソニックシティビル 25階

    JR線大宮駅西口より徒歩5分
    千葉支社

    千葉県千葉市中央区新町1000番地 センシティタワー 7階

    JR線 千葉駅 東口より徒歩1分
    西東京支社

    東京都立川市曙町2-34-7 ファーレイーストビル7F

    多摩モノレール 立川北駅 北口より徒歩5分
    横浜支社

    神奈川県横浜市西区高島2-19-12 スカイビル 16階

    各線横浜駅より直結徒歩3分
    静岡支社

    静岡県静岡市駿河区南町18-1 サウスポット静岡 5階

    JR線静岡駅南口より徒歩1分
    名古屋支社

    愛知県名古屋市中村区名駅1-1-4JRセントラルタワーズ42階、43階

    JR各線、名古屋市営地下鉄東山線・桜通線 名古屋駅、名鉄名古屋駅、近鉄名古屋駅より直結
    京都支社

    京都府京都市下京区四条通室町東入函谷鉾町88 K・I四条ビル 4階

    阪急京都線 烏丸駅 25番出口より徒歩1分
    大阪支社

    大阪府大阪市北区角田町8-1 大阪梅田ツインタワーズ・ノース 31F

    阪急梅田駅より徒歩約3分
    神戸支社

    兵庫県神戸市中央区磯上通8-3-10 井門三宮ビル 4階

    阪急 三宮駅 東改札口より海側徒歩5分
    中四国支社岡山オフィス

    岡山県岡山市北区駅元町1-6 岡山フコク生命駅前ビル4階

    JR線岡山駅東口より徒歩3分
    中四国支社広島オフィス

    広島県広島市中区八丁堀14-4 JEI広島八丁堀ビル 10階

    広島電鉄 八丁堀電停より徒歩1分
    福岡支社

    福岡県福岡市中央区舞鶴1-1-3 リクルート天神ビル 6階

    地下鉄空港線 天神駅 1番出口より徒歩5分

    (参考:拠点一覧|リクルートエージェント

    この拠点の多さは、全国の求人を取り扱う大手エージェントならではのメリットといえます。

    どこで面談を受けるかは指定されるわけではなく、いちばん行きやすい会場を自分で選べるので安心です。

    リクルートエージェントでは電話・オンラインの面談も可能

    リクルートエージェントでは電話・オンライン面談も可能

    リクルートエージェントでは、電話やオンラインでの面談も可能です。

    お住まいのエリアに拠点のない場合には、長時間かけて移動しなくて済むため非常に便利といえます。

    電話面談の対応時間は拠点によって異なる可能性があるため、最寄りのオフィスに問い合わせてみましょう。

    なお、土日祝の面談も受け付けているため、平日に時間がとれない方も安心です。

    SkypeやZoomなどを用いたオンラインのビデオ通話は、相手の顔や表情を見れるため、電話よりも意思疎通がしやすいでしょう。

    本来ならば対面での面談がおすすめ

    リクルートエージェントでは、コロナ禍に限らず、平時でも電話やメールでの相談を受け付けています。

    ただし、「面談会場まで行くのが面倒だから」「電話で済ませたほうが楽だから」という理由で電話面談を選ぶのはおすすめしません。

    なぜなら、直接会って話をするからこそ、キャリアアドバイザーに伝わることが多いからです。

    対面での会話であれば、顔の表情や目の動き、体の姿勢などから微妙なニュアンスが伝わります。

    自分の人柄や熱意も伝わり、キャリアアドバイザーの的確なサポートを最大限に受けることも可能です。

    リクルートエージェントの面談を活用する3つのコツ

    リクルートエージェントの面談をなんとなく受けるだけでは、それほど成果が得られずに終わってしまう可能性もあります。

    面談を最大限に活用するには、転職者の側にも工夫が必要です。

    そこでここでは、面談を最大限に活用するコツを3つご紹介します。

    リクルートエージェントの面談を最大限活用するコツ

    ①面談では転職への思いを素直に伝える

    まず、面談は「面接」ではないということを意識しましょう。

    キャリアアドバイザーに対しては、必要以上に自分をよく見せる必要はありません。

    面談では、キャリアアドバイザーから「今の職場での不満も詳しく教えてほしい」と聞かれるときもあります。

    不満を伝えることで、次の職場で同じことで悩まないで済むように転職先の企業を一緒に探してくれます。

    言いにくい転職の動機などもしっかり伝えて、どのように転職活動に臨めばいいのか、キャリアアドバイザーからアドバイスをもらいましょう。

    ②転職理由や志望動機の伝え方を磨く

    企業に提出する書類や面接で話す場合には、自分の思いを素直に伝えるのは避けてください。

    採用担当者から「この人はウチの会社にふさわしい」「この人を採用したい」と思ってもらえるように、言い方を工夫する必要があります。

    キャリアアドバイザーは、こうした言い方の工夫に豊富なノウハウを持っています。

    例えば、「新しいスキルを身につけたい」という志望動機の場合、キャリアアドバイザーに伝えると、「企業は学校ではないので、どんな価値を提供できるのかも盛り込んだほうがいい」などとアドバイスを受けられます。

    伝え方ひとつで相手が受ける印象を大きく変えられるので、面談では積極的にアドバイスをもらいましょう。

    ③面談で提案された求人も選択肢として考える

    面談では、自分では考えもしなかった求人を紹介されることがあります。

    自分一人で考えていると、勝手なイメージにこだわり、必要以上に希望を絞り込んでしまうケースが多いです。

    そこにキャリアアドバイザーの視点を取り入れることで、自分では見逃していた求人も発見することができるようになります。

    キャリアアドバイザーは転職のプロとして、転職者の状況を理解した上での提案をしてくれるものです。

    一見すると自分と希望と合わないように思える求人でも、キャリアアドバイザーの意図を聞き、選択肢として考えてみましょう。

    リクルートエージェントの面談に関するよくある質問

    最後に、リクルートエージェントの面談に関するよくある悩みをご紹介します。

    Q1.リクルートエージェントの面談を予約する方法は?

    回答

    リクルートエージェントに会員登録した後、待っていれば面談の予約について電話かメールで連絡が来ます。
    担当者と日程を調整しましょう。

    会員登録の手続き後は、自分からアクションを起こさなくても大丈夫です。

    面談は土日でも対応してもらえるので、仕事を続けながらでも日程の調整はしやすいです。

    Q2.リクルートエージェントの面談はキャンセルできる?

    回答

    リクルートエージェントの面談を予約した後に、キャンセルすることができます。
    電話かメールでキャンセルしたい旨と理由を伝えれば大丈夫です。

    キャンセルをする場合、キャリアアドバイザーは時間を確保してくれているため、なるべく早く、遅くとも前日までには連絡するように心がけてください。

    日程変更を希望する場合は、キャンセルの連絡と代わりの候補の日も伝えるようにすると、日程調整がスムーズになります。

    予約をしたのに当日に面談に行かず、連絡もしないで放置するのだけは絶対にやめましょう。

    事前にキャンセルの連絡をするのが社会人として最低限のマナーです。

    Q3.どうしても面談を受けたくない場合はどうしたらいい?

    回答

    どうしても受けたくない場合は、転職エージェントではなく転職サイトの利用を検討しましょう。

    リクルートエージェントを利用して転職活動をおこなうのであれば、面談は必ず必要です。

    面談でキャリアアドバイザーが転職者の話を聞き、それに対してアドバイスをするからこそ、リクルートエージェントを利用する意味があります。

    キャリアアドバイザーとの面談はとても有益なので、経験者としては出来れば受けることをおすすめします。

    ただし、事情があってどうしても面談を受けたくないのであれば、リクルートエージェントにこだわらず、転職サイトを利用するという方法もあります。

    転職サイトなら自分で自由に求人を検索して応募でき、キャリアアドバイザーとの面談は必要ありません。

    リクルートグループには国内最大級の転職サイト「リクナビNEXT」があるので、利用を検討してみてください。

    リクナビNEXTの基本情報をチェック!

    リクナビNEXT
    (引用元
    リクナビNEXT

    リクナビNEXT」は、転職者の8割が利用する定番の転職サイトです。

    転職活用に必要な情報を効率よく集められるため、利用者の満足度が高いサイトとして有名です。

    全国の求人情報をさまざまな条件で検索して、希望に合った求人を見つけられます。

    求人情報以外にも、転職のノウハウや転職活動の体験談など、転職を成功させるためのヒントが満載です。

    リクナビNEXT|基本情報

    運営会社株式会社リクルート
    公開求人数約129,000件
    非公開求人数非公開
    対応地域全国
    料金無料

    (最終更新:24年4月時点)

    まとめ

    リクルートエージェントの面談を受けるなら、面談の場を最大限に活用しましょう。

    面談は面倒だと感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、転職を成功させるためには、キャリアアドバイザーとの面談はとても有効です。

    リクルートエージェントの面談を最大限活用するためには、以下の3つのコツをおさえておきましょう。

    リクルートエージェントの面談を最大限活用するコツ

    • 面談では転職への思いを素直に伝える
    • 転職理由や志望動機の伝え方を磨く
    • 面談で提案された求人も選択肢として考える

    キャリアアドバイザーに協力してもらうことで、自分ひとりの場合とは比べものにならないぐらい質の高い転職活動ができます

    転職活動の最高のスタートダッシュを切るために、ぜひリクルートエージェントの面談を活用してみてください。

    リクルートエージェントの評判の関連記事

    リクルートエージェントの電話はしつこい?頻繁に連絡がくる理由と対処法
    リクルートエージェントの評判

    リクルートエージェントの電話はしつこい?頻繁に連絡がくる理由と対処法

    2024年4月4日

    イーデス編集部

    イーデス編集部

    リクルートエージェントとリクナビNEXTの違いを徹底解説!
    リクルートエージェントの評判

    リクルートエージェントとリクナビNEXTの違いを徹底解説!

    2024年4月4日

    イーデス編集部

    イーデス編集部

    リクルートエージェントの企業スカウトは転職に有利?面接確約と応募歓迎の違いとは
    リクルートエージェントの評判

    リクルートエージェントの企業スカウトは転職に有利?面接確約と応募歓迎の違いとは

    2024年4月4日

    イーデス編集部

    イーデス編集部

    リクルートエージェントの費用は無料!求職者の支払いが不要な仕組みと理由
    リクルートエージェントの評判

    リクルートエージェントの費用は無料!求職者の支払いが不要な仕組みと理由

    2024年4月4日

    イーデス編集部

    イーデス編集部

    リクルートエージェントを再開する方法と再登録の手順・注意点
    リクルートエージェントの評判

    リクルートエージェントを再開する方法と再登録の手順・注意点

    2024年4月4日

    イーデス編集部

    イーデス編集部

    • Facebook
    • x
    • LINE

    © 2022 Ateam LifeDesign Inc.