出版社におすすめの転職サイト・転職エージェント!中途採用求人も紹介

ナビナビ
転職

2022-05-17

出版社への転職を成功させるには、どの転職サイトを利用すれば良いのか迷いますよね。

出版社は新卒・転職ともに人気のある業界のため、転職難易度は高くなりがちです。

そのため、転職を成功させるには、転職サイト選びから慎重に行う必要があるでしょう。

そこで本記事では、さまざまな転職サイトのなかから、出版社への転職に強い転職サイトをご紹介します。

中途採用の求人や転職成功のコツも紹介しているので、出版社への転職を考えている人は、ぜひ参考にしてみてください。

出版社への転職を成功させるならdoda!

doda
(引用元
doda

未経験から出版業界に転職する人も、出版業界でキャリアアップ・年収アップを狙っている人にもおすすめの転職サイトが「doda」です。

dodaは業界トップクラスの求人数を保有しているため、条件に合った求人が見つかりやすいです。

dodaには求人だけでなく、適正年収がわかる「年収査定」や、人気企業に転職できるかがわかる「合格診断」などのさまざまなコンテンツがあります。

今すぐ転職しない人も、事前リサーチとして登録しておくと便利です。

転職に不安がある人は、キャリアアドバイザーに相談すれば無料で転職サポートをしてくれます。

出版業界への転職を検討している人は、まずはdodaに登録してみましょう。

目次

出版社への転職に利用したい大手転職サイト・転職エージェント

出版社への転職に利用したい大手転職サイト・転職エージェント

出版社に転職するなら、転職サイト・転職エージェントを活用するのがおすすめです。

転職サイトは自分のペースで求人探しができるので便利ですが、難易度の高い出版社を目指すなら転職エージェントを利用しましょう。

ここでは、出版社の転職に利用したい大手転職サイト・転職エージェントを4社ご紹介します。

転職エージェントの活用方法については「出版社の転職成功のための転職エージェント活用ポイント」で紹介しているので参考にしてみてください。

サイト・エージェント名こんな人におすすめ
リクルートエージェント
  • たくさんの求人の中から選びたい
  • 企業からスカウトを受けたい
マイナビエージェント
  • 業界未経験でも転職したい
  • 夜間や土曜に相談したい
doda
  • 転職サイトとしても活用したい
  • 手厚い書類添削や面接対策などを受けたい
リクナビNEXT
  • 自分のペースで転職活動を行いたい
  • トップクラスの求人数を誇る転職サイトを利用したい

豊富な求人数から選びたいなら「リクルートエージェント」

こんな人におすすめ

  • たくさんの求人の中から選びたい
  • 企業からスカウトを受けたい

リクルートエージェント」は求人数が業界トップクラスの転職エージェントです。

約20万件以上の求人を保有しているため、他の転職エージェントでは見つからない条件でも、リクルートエージェントなら見つかる可能性があります。

条件を明確に伝えれば、希望に合った求人をきっと見つけられるでしょう。

また、リクルートエージェントにはスカウト機能もあり、有名な出版社からスカウトが届く可能性も高まります。

ぜひ「リクルートエージェント」に登録し、豊富な求人とスカウト機能を存分に活用しましょう。

リクルートエージェント

運営会社株式会社リクルート
公開求人数約148,400件
非公開求人数約203,000件
対応地域全国+海外
料金すべて無料

(最終更新:22年1月時点)

業界未経験から出版社に転職したいなら「マイナビエージェント」

こんな人におすすめ

  • 業界未経験でも転職したい
  • 夜間や土曜に相談したい

マイナビエージェント」は、業界未経験者の転職サポートに強い転職エージェントです。

業界や職種の未経験歓迎の求人を多く保有しているほか、応募先とのやりとりを代行してくれたり、書類添削・模擬面接などのサポートを行ってくれます。

また、「マイナビエージェント」は平日の夜間や土曜日も転職相談を受け付けています

現職が忙しい人でも、転職活動をスムーズに行えるでしょう。

出版社の業界未経験の人や、日々の業務が忙しい人は、ぜひ「マイナビエージェント」に登録してみてください。

マイナビエージェント|基本情報

運営会社株式会社マイナビ
公開求人数-
非公開求人数-
対応地域全国+海外
料金無料

(最終更新:22年1月時点)

充実した転職サポートを受けたいなら「doda」

doda
(引用元
doda

こんな人におすすめ

  • 転職サイトとしても活用したい
  • 手厚い書類添削や面接対策などを受けたい

doda」は、テレビCMやWeb広告でも見かけることが多い知名度の高い転職エージェントです。

非公開求人の保有数も業界トップクラスと有名ですが、dodaの強みは転職活動のサポートの手厚さにあります。

面接対策が丁寧と評判なので、業界未経験で面接に不安がある人は、「doda」のキャリアアドバイザーに相談してみましょう。

企業との面接日程の調整も行ってくれるので、在職中で忙しい人でも安心して転職活動を進められます。

万全な対策を行ってから選考に臨みたい人は、「doda」に登録しましょう。

doda|基本情報

運営会社パーソルキャリア株式会社
公開求人数約117,100件
非公開求人数約32,700件
対応地域全国+海外
料金無料

(最終更新:22年1月時点)

自分のペースで豊富な求人を探したいなら「リクナビNEXT」

リクナビNEXT
(引用元
リクナビNEXT

こんな人におすすめ

  • 自分のペースで転職活動を行いたい
  • トップクラスの求人数を誇る転職サイトを利用したい

リクナビNEXT」は、「リクルートエージェント」と同じリクルートが運営している転職サイトです。

転職エージェントのようなキャリアアドバイザーによる転職サポートはありませんが、業界トップクラスの求人数を保有しています。

転職エージェントに相談する時間がない人や、自分のペースで転職活動を行いたい人は、「リクナビNEXT」を活用して求人を探してみましょう。

リクナビNEXT|基本情報

運営会社株式会社リクルート
公開求人数約54,200件
非公開求人数非公開
対応地域全国
料金無料

(最終更新:22年1月時点)

出版社へのキャリアアップ転職に強い転職エージェント・求人サイト

出版社へのキャリアアップ転職に強い転職エージェント・求人サイト

出版社への転職は難易度が高く、専門性も高いので業界に特化した転職エージェントも利用するのがおすすめです。

ここでは、出版社への転職に強い転職エージェントを4つ紹介します。

既に出版社や関連する業界に勤めていて、更なる年収アップを狙っている人も、ぜひ参考にしてみてください。

サイト・エージェント名こんな人におすすめ
マスメディアン
  • 広告・メディア系の仕事に就きたい
  • 実践的なアドバイスを貰いたい
出版ドットコム
  • 出版社専門の転職サイトを利用したい
  • 出版業界の基礎知識をつけたい

広告・メディア系の求人なら「マスメディアン」

マスメディアン
(引用元
マスメディアン

こんな人におすすめ

  • 広告・メディア系の仕事に就きたい
  • 実践的なアドバイスを貰いたい

マスメディアン」は、広告系の求人を専門に取り扱っている転職エージェントです。

出版社と広告業界には密接なつながりがあるので、広告業界に強い転職エージェントを選べば、優良な出版社も見つけやすくなります。

「マスメディアン」には、メディア・イベント系の専門知識が豊富なアドバイザーが多数在籍しているので、実践的なアドバイスをもらえます。

専門性が高いエージェントのため、他にはない好条件の求人も見つかるでしょう。

広告・メディア関連の仕事に興味がある人は、ぜひマスメディアンに登録してみてください。

マスメディアン|基本情報

運営会社株式会社マスメディアン
公開求人数約3,700件
非公開求人数非公開
対応地域全国+関東
料金無料

(最終更新:22年1月時点)

出版・印刷業界専門の転職サイトなら「出版ドットコム」

出版・印刷業界専門の転職サイトなら「出版ドットコム」
(引用元
出版ドットコム

こんな人におすすめ

  • 出版社専門の転職サイトを利用したい
  • 出版業界の基礎知識をつけたい

出版ドットコム」は、出版社の求人に特化した転職サイトです。

出版・印刷業界の求人のみが掲載されており、編集・営業・事務・校正などさまざまな職種を網羅しています。

また、サイト内で出版業界の基礎知識を紹介しているページがあるので、業界研究・企業研究にも最適です。

出版社を目指している人は、登録して損はないでしょう。

運営会社株式会社トーハン・コンサルティング
公開求人数61件
対象地域全国
料金無料

スカウトを受け取れる「ヘッドハンティング型サイト」も活用しよう

転職活動を行うならば、登録しておくだけでスカウトを受け取れる「ヘッドハンティグ型」の転職サイトの活用もおすすめです。

受け身で求人を確認できるため、早めに登録を済ませておき、いつでもスカウトを受け取れる状態にしておきましょう。

サイト・エージェント名こんな人におすすめ
ビズリーチ
  • スカウト転職を利用し、受け身で仕事を探したい
  • 有料でもいいから質の高い求人を見つけたい
リクルートダイレクトスカウト
  • 更なるハイクラス求人に出会いたい
  • 年収800~2,000万円を目指したい

ハイクラス出版社からオファーを受けたいなら「ビズリーチ」

ビズリーチ
(引用元
ビズリーチ

こんな人におすすめ

  • 高年収を実現したい
  • 企業からスカウトを受けたい

ビズリーチ」は、年収600万円以上のハイクラス求人を取り扱っている転職サイトです。

企業からスカウトが届く「ヘッドハンティング型」の仕組みを導入しています。

今まで出版社で管理職として活躍してきた人や、今よりも年収アップを狙いたい人は、ビズリーチのスカウトを利用しましょう。

また、ビズリーチは独自の登録審査を設けているため、質の高い企業が豊富に集まっており、本気度の高い企業から直接声をかけてもらえることがメリットです。

出版社でハイクラスのポジションを目指す人は、「ビズリーチ」に登録してみましょう。

ビズリーチ|基本情報

運営会社株式会社ビズリーチ
公開求人数約69,000件
非公開求人数非公開
対応地域全国+海外
料金登録無料(一部有料3,278円〜5,478円)

(最終更新:22年1月時点)

高年収を実現したいなら「リクルートダイレクトスカウト(旧キャリアカーバー)」

こんな人におすすめ

  • 更なるハイクラス求人に出会いたい
  • 年収800~2,000万円を目指したい

リクルートダイレクトスカウト」は、リクルートが運営するハイクラス向けの転職サービスです。

自分の経歴情報を登録しておくとスカウトを受けられる転職サービスで、ヘッドハンターが最適な転職先を見つけてくれます。

年収800万円~2,000万円の求人が多数あり、好条件の求人を紹介してもらえる可能性も高いです。

出版社での経験を活かして、キャリアアップ・年収アップを目指す人は、以下より登録してみましょう。

リクルートダイレクトスカウト|基本情報

運営会社株式会社リクルート
公開求人数約108,800件
非公開求人数非公開
対応地域全国+海外
料金無料

(最終更新:22年1月時点)

出版社の中途採用情報!未経験でも転職できる?

出版社の中途採用情報!未経験でも転職できる?

出版社に転職したいと思っても、「未経験だと無理なのでは?」と気になる人も多いでしょう。

ここでは、出版社の中途採用情報をご紹介します。

未経験から出版社への転職を目指している人も、ぜひ確認してみてください。

未経験から出版社への転職は難しい

出版社は経験者を優遇する求人が多いため、未経験から出版社に転職することは難しいでしょう。

出版社の仕事は、最低限の経験やスキルがないと遂行できない業務が多いからです。

そのため未経験者は、今までの経験やスキルを洗い出し、出版社で役立つことをアピールする必要があります。

まずはスキルや経験を積むことを優先し、徐々にステップアップすることをおすすめします。

契約社員から正社員を目指す方法もある

未経験から出版社に転職したいなら、まずは契約社員として入社し、正社員を目指す方法もあります。

契約社員なら未経験歓迎の求人が多いので、契約社員として実力をつけてから正社員を目指しましょう。

企業によっては、正社員登用の制度がある場合もあります。

転職エージェントに相談して、正社員登用のある企業に応募すると良いでしょう。

出版社のアシスタントなら未経験でも可能

出版社のアシスタントなら、未経験からでも挑戦できる求人があります。

例えば書籍編集の仕事は、スキルや経験がなくてもアシスタントに応募できる可能性があります。

他にも、オフィスの受付や事務作業など、周辺業務から経験するのも良いでしょう。

出版の仕事と直接関連のない仕事でも、業界の知識を得ることは可能です。

 アルバイトから始めるのもアリ

出版社のアシスタント業務は単発の仕事が多いため、アルバイトとして募集しているケースも多いです。

たとえアルバイトでも、出版社の仕事に直接関われるのは貴重な経験になるでしょう。

いろいろな出版社にアルバイトとして参加し、スキルや経験を身につけていくのもおすすめです。

出版社に求められるスキル・経験

出版社に転職するなら、求められるスキルや経験を知っておく必要があります。

今までの経験やスキルを棚卸しして、出版社で役立つかどうか確認してみましょう。

長期的な視野で転職を検討しているなら、どのような経験を積めば出版社に転職できるのか、参考にしてみてください。

ライティングスキル

出版社に転職するなら、高いライティングスキルが求められます。

とくに編集者の場合、書籍やWebを問わず、多くの人に読まれる記事を書けなければなりません。

自分が書くだけでなく、たくさんの文章を校正・チェックすることもあるでしょう。

そのため、文章作成に関する幅広い知識が必要です。

社内外を問わず、多くの人に向けた文章を執筆した経験がある人は、大きなアピールポイントになるでしょう。

情報収集力

出版社に求められるスキルは、情報収集力です。

たくさんの人に読まれる書籍や記事を企画するためには、ネタ探しやトレンド分析などの情報収集が非常に重要になります。

情報収集のためには、自らの足で記事のネタを探すことも大切です。

テレビ・ラジオ・ネットニュースなどのメディアコンテンツに携わったことのある人なら、経験を活かせるでしょう。

コミュニケーション能力

出版社に転職するなら、コミュニケーション能力も必要です。

出版物の企画及び制作をする際には、社内外問わずさまざまな人と接する機会があり、コミュニケーション能力の高さが欠かせないからです。

接客業や法人営業の経験があれば、コミュニケーション能力や交渉力の高さをアピールすることができるでしょう。

出版社の主な職種

出版社の主な職種

実際に出版社にどんな職種があるのかを見ていきましょう。

出版社の仕事はおもに紙媒体が多いですが、最近はWebメディアを運営している企業も増えています。

古い慣習にとらわれず、トレンドに敏感になることが求められるでしょう。

ここでは、出版社の代表的な職種を3つご紹介します。

編集者

出版社に欠かせない職種は、編集者です。

作家との打ち合わせや執筆依頼、スケジュールの管理、原稿の確認などを行います。

出版社と作家との中継役として、出版物を制作するうえで重要な役割を担っている職種です。

漫画や雑誌などの影響で編集者に憧れる人も多く、花形と言える人気の職種です。

しかし、高度なスキルと経験が必要になる職種のため、難易度は高いでしょう。

書店営業

書店営業は、担当しているエリアの書店を回り、自社の書籍を置いてもらえるように営業をかける仕事です。

置いてもらうだけでなく、フェアや販促物作成の提案などをして、書籍の売上を上げるためのプロモーションがおもな仕事です。

書店員とコミュニケーションをとる仕事のため、コミュニケーション能力や交渉力が求められます。

また、プロモーションのための企画力や発想力、提案力も必要となるでしょう。

書店営業は未経験からでも転職しやすい職種のひとつですが、ルート営業の経験がある人は有利になるでしょう。

広告営業

広告営業は、出版物の広告の企画・制作や、広告を掲載したいクライアント・スポンサーを見つける仕事です。

営業職であると同時に、企画・マーケティングの知識も必要な職種です。

広告代理店やテレビ局など、大手メディアと商談をすることもあるため、高度な営業スキルが必要な場面も多々あるでしょう。

営業やマーケティングの経験がある人は、チャレンジしやすい職種です。

出版社の求人情報!大手出版社の中途採用求人も紹介

出版社の求人情報!大手出版社の中途採用求人も紹介

出版社の求人情報をご紹介します。

募集の多い職種の求人や、大手出版社の求人を見ていきましょう。

未経験から転職する人も、キャリアアップを目指して転職する人も、ぜひ参考にしてみてください。

出版社の編集者の求人

2022年4月時点、「doda」では、編集者の求人が212件掲載されていました。

出版社の編集者の求人
(引用元
doda

主に出版社の求人が掲載されていますが、なかには化粧品メーカーや教育業界など、専門性の高い雑誌・広告の編集者の求人もあります。

興味がある人は、以下より確認してみましょう。

出版社の営業職の求人

2022年4月時点、「リクナビNEXT」では、出版業界の営業職の求人が179件掲載されていました。

出版社の営業職の求人
(引用元
リクナビNEXT

興味がある人は、以下よりぜひ確認してみましょう。

出版社の事務職の求人

2022年4月時点、「doda」では、出版社の事務職の求人が42件掲載されていました。

 出版社の事務職の求人
(引用元
doda

出版社の仕事は営業や編集者のイメージが強いですが、管理部門や事務職などのバックオフィス系の職種もあります。

直接的に出版に関わる仕事ではありませんが、会社を支える重要な仕事です。

職種によっては専門知識が不要の場合も多いので、「出版社に興味はあるけど、まずは経験のある事務職に転職したい」という人は、以下より確認してみましょう。

大手出版社の求人

大手出版社を目指す場合は、転職エージェントを活用するのがおすすめです。

大手出版社は転職難易度が高いため、自力で転職活動を進めるよりも、転職エージェントのサポートを受けたほうが有利だからです。

とくに、キャリアアップや年収アップを狙って大手出版社に転職したい人は、転職エージェントのサポートは欠かせないでしょう。

大手出版社は求人が一般公開されることも少ないため、求人にたどり着くことすら難しいです。

転職エージェントに登録すれば、企業の内情や面接でのアピール方法を教えてもらえるだけでなく、大手出版社の非公開求人を紹介してもらえる可能性もあります。

では、大手3社の公開求人情報をご紹介します。

集英社の中途採用求人

2022年4月時点、「リクルートエージェント」では、集英社関連の求人が87件掲載されていました。

集英社は「週刊少年ジャンプ」「non-no」をはじめとした、多くの人気雑誌を刊行している出版社として非常に有名です。

近年ではアプリを活用した電子書籍のリリースも盛んに行われており、常に時代の流れに沿った経営戦略を打ち出しています。

KADOKAWAの中途採用求人

2022年4月時点、「doda」では、KADOKAWA関連の求人が54件掲載されていました。

 KADOKAWAの中途採用求人
(引用元
doda

もともと「角川出版」として設立され、その後「角川文庫」「角川映画」と事業を増やしながら成長していったのがKADOKAWAです。

現在は出版社としての事業以外にも、映画やゲームの製作、ウェブサービスの運営など、さまざまな事業に取り組んでいます。

小学館の中途採用求人

2022年4月時点、「リクルートエージェント」では、小学館関連の求人が36件掲載されていました。

小学館の創業は1922年であり、もう間もなく創業100周年を迎える老舗出版社です。

「小学一年生」などの学年別児童誌の刊行からスタートし、現在も子供たちに親しまれるキャラクターを活用したビジネスが盛んです。

出版社の転職成功のための転職エージェント活用ポイント

出版社の転職成功のための転職エージェント活用ポイント

出版社の転職は難易度が高いため、転職エージェントを活用するのがおすすめです。

転職エージェントは基本無料で使えるので、最大限に活用して転職を成功させましょう。

ここでは、転職エージェントを100%使いこなすコツとして、特に重要なことを6つまとめました。

ポイント1.カウンセリングの前に希望条件をまとめておく

転職エージェントの担当者との初回面談の前に、転職先に求める条件(転職の軸)を自分なりにまとめておくことが大切です。

予め希望条件が決まっていれば、その後の求人紹介で的外れな求人を紹介されにくくなります。

それだけでなく、担当者から見て熱量が高い求職者に見えるため、サポートにも力を入れてもらえます。

希望条件を決める際に大事なことは、「必ず叶えたい条件」と「叶ったら嬉しい条件」を明確に分けておくことです。

希望条件

転職は部屋探しと同じで、全ての希望が叶うことはめったにありません。

「最低限これだけ叶えば問題ない」という条件を事前に決めて、自分の中での優先度を明確にしておきましょう

どうしても転職の軸が定まらない場合は、本当に転職すべきかを含めて担当者に相談してみるのがおすすめです。

転職の軸の例

  • 年収が上がる
  • 経験を積める
  • 専門的なスキルが身に付く
  • 希望の勤務地で働ける
  • 好きな仕事ができる
  • ワークライフバランスが良い
  • リモートワークができる
  • 家賃補助がある 等

ポイント2.良い転職先があればすぐ転職したいと伝える

すぐに転職する予定がなくても、担当者には「希望の転職先が見つかればすぐに転職したい」という意思を伝えておきましょう。

転職する気がない人だと担当者に思われると、求人の紹介が他の転職者より後回しになってしまうからです。

すぐに転職する気が無くても、転職エージェントに登録することは問題ありません。

担当者から「情報収集のためだけに登録した人」と思われないためにも、コツを押さえて利用しましょう。

担当者とこまめに連絡を取ることも大事

担当者にはこまめに連絡を入れて、積極的に転職活動をしている意思を見せましょう。

担当者に連絡を入れないと「転職する気がない?」と思われてしまい、求人紹介を後回しにされてしまいます。

定期的に「新着で良い求人はありませんか?」「この企業の求人は出ていますか?」などの連絡を入れておくと、熱意が伝わりやすくなります。

ポイント3.推薦書を自分でもチェックする

求人に応募する際に、担当者は企業に向けて「推薦書」を書いてくれます。

第三者からの推薦となるので、推薦書を見た企業は、あなたに対して良い印象を抱いてくれるでしょう。

しかし、なかには推薦書を雑に作成する担当者もいます。

たとえば、経歴がそのまま写されただけだったり、誰にでも使い回しできる薄い内容を書かれてしまうケースもあります。

そのため、推薦書を出してもらう際は「面接時に推薦書の内容とズレがないようにしたい」と伝えて、内容を確認させてもらいましょう。

ポイント4.質の悪い担当者はすぐに変更する

もし相性の悪い担当者に当たってしまったら、早めに変更しましょう。

そのまま利用を続けていると、希望条件に合わない企業を紹介されるなど、あなたの転職活動に悪影響が出る恐れがあります。

質の悪い担当者の特徴について以下にまとめましたので、面談を受けた際になどに当てはまるかチェックしてみてください。

質の悪い担当者の特徴

  • 連絡が遅く、転職活動をスムーズに進められない
  • あなたの今後のキャリアを考えず、内定しやすい企業ばかり紹介してくる
  • 求人の懸念点を聞いてもうまく答えられない
  • 「他にも求人を紹介してほしい」という要望に応えてくれない
  • 企業への年収交渉などを行ってくれない

もしこのような担当者に当たってしまったら、直接担当者に変更申請するか、「問い合わせページ」などからすぐに担当者を変更するようにしましょう。

ポイント5.面接日程を近付けすぎない

1週間に何回も面接を入れるなど、複数の面接日程を近づけすぎるのはやめましょう。

面接の日程が近過ぎると、余裕を持った企業分析を行うことができません。

さらに、キャリアアドバイザーとの面接対策の時間も取れなくなるので、ひとつひとつの面接が疎かになってしまいます。

企業分析に自信がある人なら問題ありませんが、そうでなければ面接は多くても1週間に2回程度に抑えておくのがおすすめです。

ポイント6.他の転職エージェントも併用する

転職エージェントは、できれば複数まとめて利用するようにしましょう。

複数の転職エージェントを使うことで、失敗のリスクを大きく減らせます。

転職エージェントを併用するメリット

  • 多くの求人数の中から希望の求人を探すことができる
  • 各転職エージェントの独占案件もチェックできる
  • 複数の担当者からのアドバイスを受けられる(質の悪い担当者を見分けられる)

「そんなに登録したら管理しきれないのでは?」と思うかもしれませんが、2〜3社程度ならそこまで負担になりません。

合わないエージェントはすぐに退会すれば大丈夫なので、安心して利用できます。

転職エージェントは何社利用しても料金がほぼ無料のため、有効活用して転職失敗のリスクを減らしましょう。

転職エージェント登録〜内定までの流れ

転職エージェント登録〜内定までの流れ

転職エージェントをスムーズに利用できるように、さらに詳しく登録してから内定するまでの流れを紹介します。

どのようなサービスを受けられるのか紹介するので、ぜひ確認しておいてください。

ステップ1.申し込み・登録

申し込み・登録

転職エージェントを利用するには、まずは登録を行います。

会社によって登録内容は異なりますが、一般的には以下の内容を入力します。

    • 名前
    • 生年月日
    • メールアドレス
    • 電話番号
    • 職務履歴
    • 勤務先名

(※利用する転職エージェントによって内容が異なります)

入力する情報が多いと面倒ですが、その分マッチングの精度が高くなります。

ステップ2.キャリアアドバイザーとの面談

キャリアアドバイザーと面談

登録が完了すると、転職エージェントから初回面談の日程調整連絡がきます。

2022年4月現在では、社会情勢を踏まえて電話面談を持ちかけられることもあります。

しかし、電話でも対面でも面談内容に違いはないので、それほど気にする必要はありません。

キャリアアドバイザーとの面談では、転職先の希望や悩みなど、転職に関することを何でも相談して構いません。

ステップ3.求人紹介

求人紹介

面談で転職の希望を伝えると、キャリアアドバイザーが希望に合った求人を紹介してくれます。

条件に合った求人を紹介してもらうコツは、希望や不安などをしっかり伝えることです。

少し面倒かもしれませんが、細かく伝えておくことで紹介案件が希望に合いやすくなります。

一般には公開されていない「非公開求人」を紹介してもらえる可能性もあるので、より好条件の求人が見つかる可能性もあります。

また、求人紹介の時には、求人票だけではわからない以下の情報を教えてもらうことも可能です。

  • 転職先の社風・雰囲気
  • 業界の動向・将来性
  • 入社後のキャリアパス
  • 書類選考や面接の難易度

ステップ4.応募

応募

応募企業が決定したら、キャリアアドバイザーが応募手続きを行ってくれます。

転職エージェントによっては、応募書類と一緒に「推薦状」も送ってくれます。

また、書類の選考通過率を上げるために、応募書類の添削も行ってくれるので、初めて転職する人でも安心です。

ステップ5.面接

面接

書類選考に通過したら面接に進みます。

転職エージェントでは、面接の雰囲気に慣れるために模擬面接を行ってくれる場合もあります。

また、企業に合わせたアピールポイントもアドバイスしてくれるので、自信を持って面接に臨めるでしょう。

ステップ6.内定・入社(アフターフォロー)

アフターフォロー

面接を突破して内定・入社が決まった後も、転職エージェントから以下のアフターフォローを受けられます。

  • 勤務開始日の調整
  • 給与などの条件交渉の代行
  • 退職交渉
  • 引き継ぎに関するアドバイス

上記のアフターフォローを受けられるので、次の職場に安心して転職することが可能です。

まとめ

出版社に転職するには、自分に合った転職サイト・転職エージェントに複数社登録し、万全な対策をしたうえで選考に臨むことが大切です。

おすすめの転職サイト・転職エージェントは、以下の通りです。

出版社におすすめの転職サイト・エージェント

転職サイト・転職エージェントを最大限に活用して、出版社への転職を成功させましょう。

関連記事