登録前に確認!パソナキャリアの気になる評判と利用前の全注意点

ナビナビ
転職

2022-05-24

パソナキャリア』を利用するならば、登録前に評判や口コミをよく確認しておきたいですよね。

本当に利用する価値あるの?
良い求人を紹介してもらえるの?

転職エージェント選びでの失敗を避けるためにも、このような疑問は全て解消しておかなければなりません。

そこで本記事では、パソナキャリアの評判や利用前の注意点など、「利用前にここだけは知っておくべき!」というポイントをまとめました。

【まず確認】転職エージェントは自分に合った業者を選ぶのがポイント!

パソナキャリア
(参考元
パソナキャリア

パソナキャリアは、2019~2021年のオリコン顧客満足度1位に選ばれている転職エージェント。

丁寧かつ親身にサポートしてくれるため、転職に不慣れな方や、初めてエージェントを利用する方におすすめです。

ただし、人によっては他のサービスの方が相性がいい場合もあるので、利用者の評判を踏まえてパソナキャリアのおすすめ度をまとめました。

▼パソナキャリアはこんな人におすすめ

パソナキャリアの評価コメント
フリーター・ニートへの
おすすめ度
★★★★☆
パソナキャリアは丁寧に転職活動をサポートしてくれるので、フリーターやニートにもおすすめできる。ただし、経験が浅い人は、フリーターの転職に強みをもつ「ハタラクティブ」のサポートも受けておくのがおすすめ。
20代への
おすすめ度
★★★★☆
パソナキャリアは、20歳〜35歳がメインのターゲット層であり、20代には自信をもっておすすめできる。ただし、求人数はやや少ないため、20代向けの求人も充実している「doda」と併用するのがおすすめ。
30代への
おすすめ度
★★★★☆
パソナキャリアは30代向けの求人も多いため、30代も利用して損はない。ただし、30代向けの求人が多い「doda」も併用した方が失敗しにくい。
40代以上へ
のおすすめ度
★★★★☆
パソナキャリアはシニア層からの評判も良い。ただし、求人数が少し物足りないので、リクルートが運営するハイキャリア向けサイト「リクルートダイレクトスカウト」とあわせて利用するのがおすすめ。
IT・Web業界への
おすすめ度
★★★☆☆
パソナキャリアはIT・Web業界の求人も保有しており、利用して損はない。より多くの求人を比較したい場合は「ワークポート」もあわせて利用するのがおすすめ。
女性への
おすすめ度
★★★☆☆
パソナキャリアは女性でも使って損はない。ただし、求人は少なめなので、業界トップクラスの求人数を誇る「リクルートエージェント」をメインに使うのがおすすめ。

パソナキャリアは丁寧なサポートで人気が高まっているサービスですが、求人数はその他の大手エージェントより少なめです。

そのため、特にこだわりがなければ、「リクルートエージェント」などの大手エージェントをメインに活用し、満足できなければパソナキャリアに登録してみるのがおすすめです。

サービス名求人数(21年7月)
リクルートエージェント約290,000件
(※非公開求人含む)
doda約120,000件
(※非公開求人含む)
パソナキャリア約35,000件

どちらにせよパソナキャリアは無料で利用できますし、合わない場合は退会すれば問題ありません。

Web面談も対応しており、拠点に出向く必要もないため、ぜひ気軽に利用してみてください。

目次

パソナキャリアの評判・口コミ一覧

パソナキャリア 利用満足度調査

(満足度調査と口コミの概要は記事末に記載)

パソナキャリアの良い評判

パソナキャリアの良い評判

30代/女性

質の良い求人が多かった

他の大手エージェント、例えばリクナビやdodaなどと比較すると、量よりも質がとても高い求人が多かったと感じています。

また、電話面談でお伝えしたこちらの希望に沿ったものだけではなく、少し幅を広げた捉え方をした場合の求人なども紹介してくれる点は良かったと思いました。

(ナビナビ調査)

パソナキャリアの良い評判

30代/男性

レスポンスが早かった

とにかく担当の方のサポートが手厚いです。

メールや電話の返事は、他の人材紹介会社と比較して、圧倒的に早かったです。

そのため、安心して転職活動をすることができました。一人一人ときちんと向き合っている印象があります。

(ナビナビ調査)

パソナキャリアの良い評判

50代以上/男性

転職の不安を和らげてくれた

仕事をさがしている時は、「不安、恐怖」かつきまといます。

仕事がきまらない時、「これからどうする」といった悩みに陥りますが、迅速かつ丁寧に連絡をいただき、不安を和らげてくださいました。

連絡もマメにいただき親身に考えてくださいました。

(ナビナビ調査)

パソナキャリアの良い評判

20代/女性

転職活動の進め方を丁寧に教えてくれた

初めての転職でしたので転職の進め方から教えて頂きました。コロナ渦で面接もWEB面接でしたので、WEB面接で気をつけるべきことも教えて頂きました。

また、面接の前には、面接先の企業を担当されている方から連絡をいただき、その企業について話を聞くことができ、質問も答えていただくことができたので、そこがよかったです。

(ナビナビ調査)

パソナキャリアの良い評判

30代/女性

他にはない求人を紹介してくれた

自分に合った社風の会社を紹介してくれました。

大手の人材紹介会社は、だいたいどこも紹介される企業が同じような気がしていましたが、パソナキャリアは他では紹介されないような企業も多くあったので、よかったです。

(ナビナビ調査)

パソナキャリアの悪い評判

パソナキャリアの悪い評判

40代/女性

郊外の求人が少なかった

私は、転職にあたり実家の近くで働きたいという希望がありました。

私の実家は都心部ではありません。最寄り駅につくにもバスで30分程かかります。

ですので、あまり就職できそうな会社は見当たりませんでした。

もう少し、ベットタウン辺りも求人があると良いと思いました。

(ナビナビ調査)

パソナキャリアの悪い評判

30代/女性

大手と比較すると求人の企業規模が小さく感じた

職種面は希望通りで良かったが、給与や福利厚生といった点で見劣りする求人が多かったように思う。

その分他社にはない求人を見ることはできたが、やはり大手に比べると少し求人を取り扱っている企業の規模は小さくなるのかと感じた。

(ナビナビ調査)

パソナキャリアの良い評判

30代/男性

情報量が少ない求人もあった

100件近くあった求人の中で少ないですが、詳細が浅い求人がありました。

また老舗の専門商社や、世間でブラックと言われてる求人もいくつか含まれており、選定基準が曖昧なのかと思いました。

(ナビナビ調査)

パソナキャリアの悪い評判

30代/女性

求人票と実際の業務に違いがあった

紹介された求人はほぼよかったのですが、1社だけ求人票に書いてある仕事内容と、面接時に聞いた仕事内容が大きく違ったことがありました。

そのときには面接で勉強不足だと判断されてしまい、とても残念な思いをしてしまいました。

(ナビナビ調査)

パソナキャリアの悪い評判

20代/女性

スキルに見合わない求人を紹介された

紹介された求人自体は問題なく、自分にとっても入社したいと思える素敵な会社が多かったですが、自分のスキルと合っていない企業の紹介も多かったことが残念でした。

応募しようと思って募集要項を確認した際に、例えば自分の経験のない「○○業務を○年経験していること」や、「TOEIC〇〇点」など、自分が当てはまらないものも紹介された求人の中に含まれていました。

もう少し各個人のスキルを鑑みておすすめの求人を出していただけたらなお良かったと思います。

(ナビナビ調査)

パソナキャリアの気になる口コミをピックアップ

パソナキャリア
(引用元
パソナキャリア

パソナキャリアには様々な口コミが見られますが、断片的な口コミだけでは、いまいちサービスの特徴を掴みにくいかと思います。

そこでここからは、パソナキャリアに多く見られた「良い評判」と「悪い評判」の実態をお伝えしていきます。

パソナキャリアによくある良い評判

業界・職種問わず幅広く求人を紹介してくれた

パソナキャリアに行ってきた!たくさん求人情報もろてきた!

— ぶあっこ (@aaaaakkkkk2525) January 17, 2017

そもそも自分の要求に合う求人がないのだけど、リクルートキャリアだけは絶対に使わないと決めている。前回の転職で「あなたの希望に合う求人なんてありません。現実見てください」って言われたけど、パソナキャリアさんで希望通りの求人見つかったから。
パソナキャリアさんは信頼している。

— にょこ (@nyoko_of_nyoko) September 29, 2018

こちらは「幅広く求人を紹介してもらえた!」という口コミです。

パソナキャリアは35,000件以上の求人を保有しており、業界・職種問わず幅広く求人紹介してくれます

公式サイトを見ても、業種や職種別に求人が細かく分けられており、求職者の様々なニーズに対応している様子がうかがえました。

求人の業種・職種 パソナキャリア
(引用元
パソナキャリア

幅広い中から求人を紹介してくれるので、「これまでの経験を生かして異業種・異職種転職したい」という方にもおすすめです。

質の高い求人が多かった

dodaとリクナビとパソナキャリアのエージェント使ったけど、パソナキャリアが量より質って感じで希望条件のちゃんと紹介してくれてよかったよ〜

— 里予木寸 (@natsumi_nm) May 24, 2021

僕はパソナキャリアで転職したんだけどすごくいい営業さんにあたった。
僕がキャリア転換したいっていったら応募基準満たしてない奴も沢山紹介してくれた。結局そっちでは就職には至らなかったけどいろんな会社見れてすごい勉強になった。

— ドクロ軍曹 (@dokurogunsou) June 15, 2015

パソナキャリアは非常に厳選をしてくれているので求人1つ1つを読む気になるんだよね〜〜

— とうみん (@88Kpar) 2019年6月11日

「質の高い求人が多かった」という声も多く見られました。

パソナキャリアは人材大手の実績と知名度があるため、大手優良企業の案件が集まりやすい傾向にあります。

パソナキャリアだけの独占求人もあるので、「他のエージェントは良い求人が無かったけど、パソナキャリアではたくさん見つかった」ということも多いようです。

女性へのサポートが手厚い!

おススメ転職サイト3選
[1] リクルートエージェント 求人量が豊富!でも激戦!
[2] Doda こちらも求人量多め 未経験でも応募可能
      求人もあり
[3] パソナキャリア 女性向けの求人多め

まずは自分の目で見て確認してみましょう!#転職#副業サラリーマン

— 副業サラリーマンかなこ (@KanakoSideline) March 5, 2020

女性におすすめなのは、特に下記2社かな。
✅リブズキャリア
→女性のキャリアに特化したエージェント
✅パソナキャリア
→女性に特化ではないけど、大手で一番丁寧で女性の社会進出を促進するエージェントhttps://t.co/sWvSq3qhA4

— ワタベー@世界一周中 (@dw19018) September 19, 2018

「女性へのサポートが手厚い」という口コミも見つかりました。

パソナキャリアは、2016年から「女性活躍推進コンサルティングチーム」を社内で発足しており、女性のサポートに力を入れています。

具体的には、女性のキャリアアドバイザーを多く配置したり、女性が働きやすい求人を集めたり、女性が安心して転職するための体制を整えています。

女性のサポートに力を入れているエージェントは少ないので、女性で転職を考えているのであれば、登録して損はありません。

レスポンスが早くて助かる

パソナキャリアの回し者じゃないですけど、今使ってるエージェントの中で一番レスポンス早いのがここなんですよ。メールの返信も早いし、求人応募申請した瞬間電話くれたり。あと電話面談の時に疑問点ある?ってすぐ聞いてくれるから話しやすい。尻叩きがほしいタイプの人には断然おすすめだな〜と。

— みつき (@osrkumum) 2018年7月6日

@creamy_nana 転職サイトに登録して探してもらえますよ。パソナキャリアがいいらしいです。私は今日エージェントの方に会ってきました。対応が早いです。RT @creamy_nana: 転職したい( ・∀・)ノ

— せらの軍曹 (@a_serano) 2010年4月2日

パソナキャリアの良い評判

20代/男性

スピード感があった

コンサルタントのサポートの良かった点は、求人を素早く紹介してくれたこと、面談の日程を早期に決めていただいたことです。

それによって企業の取捨選択、応募までスムーズに行うことができ、早期の転職につながりました。

(ナビナビ調査)

こちらは、「レスポンスが早くて助かる」という口コミです。

当サイトが行ったアンケートでも「他エージェントと比べて返事が早い」「すぐに対応してくれる」といった声は多く挙がっていました。

登録から求人紹介までの流れがスピーディーなので、急ぎの転職もスムーズに進められるでしょう。

担当者が親身に対応してくれた

エージェントにパソナキャリアを利用しているのだけども、担当のKさんが話をよく聞いてくれるし褒めるとこは褒めてくれてとてもありがたい存在になっている。今までエージェントの人でこんなに信頼できる人はいなかったなぁ。訛り強めの癒し系おじさんKさんと走りきりたい。#転職#エージェント

— みーすけ (@oz_yj) 2018年12月18日

パソナキャリアって初めて聞きました…。これはリクナビとは違って親身になってくれそうですね…!情報ありがとうございます!

— ぽやを (@Po_yao) August 31, 2017

パソナキャリアの良い評判

50代以上/男性

親切かつ丁寧に対応してくれた

サポート面など、親切、迅速かつ丁寧に、最後まで面倒をみてくださいました。

どの紹介会社よりも、親身になって探してくださったような気がいたします。

もちろん、面接などでダメな場合でも、次を手配いただくなど、有りがたかったです。

(ナビナビ調査)

「親身になって対応してくれた」という口コミです。

パソナキャリアの対応は丁寧かつきめ細やかなことで定評があり、多くの求職者に支持されています。

応募書類の作成・面接対策などをフォローしてくれることはもちろん、求職者の不安に寄り添って対応してくれるので、初めてでも安心して転職活動を進められるはずです。

転職活動の進め方に自信がない場合は、ぜひパソナキャリアを利用してみましょう。

パソナキャリアによくある悪い評判

パソナキャリアの悪い評判

求人の数が少ない

パソナキャリア登録した
3分で登録っていうのをしただけ
面談はしてない

メールで紹介できる求人はありませんって届いた

— あるみな.crn (@crn_al2o3) September 8, 2020

パソナキャリアに登録したら、紹介できる案件ないって言われたよ。派遣の案件は沢山あるのに、正社員案件はないの?

— あやの@一般派遣からオンサイトにジョブチェンジ (@ayano242424) 2018年11月22日

パソナキャリアの悪い評判

50代以上/男性

地方の求人は少ない

パソナキャリアさまの紹介先はどちらかといえば、都市部向けの内容がおおかったのも確かです。

そのため、地方である私のような人間は、通勤でなやんだことも多々ありました。

(ナビナビ調査)

「パソナキャリアは求人が少ない」という口コミです。

幅広い業種・職種の転職に対応しているパソナキャリアですが、求人数は他の大手エージェントと比べて少なめです。

たとえば、「リクルートエージェント」と「doda」は10万件以上の求人を保有していますが、パソナキャリアの求人数はその半分以下しかありません。

大手転職エージェントの求人数

(参考:各転職サービスの公式サイトより集計|20年1月時点)

そのため、リクルートやdodaと比較すると「求人が少ない…」と感じる人がいることも納得できます。

ただ、「求人数が少ないから…」という理由でパソナキャリアの利用を控えてしまうのは、おすすめできません。

パソナキャリアは、他にはない「独占求人」も保有しているので、他のエージェントを併せて登録しておくことで転職の選択肢を広げられます。

転職エージェントは3~4社併用するのが基本なので、少しでも興味があるのなら、パソナキャリアにも登録しておくのが良いでしょう。

求人数が多いエージェントを利用したいなら…

求人数が多いエージェントを優先して使いたいなら、「リクルートエージェント」や「doda」がおすすめです。

もちろん、パソナキャリアと併用することもOKなので、「どれがいいかな…」と悩んでしまうならば、気になったもの全て登録してしまいましょう。

登録は3分ほどで完了しますし、退会もすぐにできますので、まずはどんな求人があるのか確認してみてください。

・「リクルートエージェント」に登録してみる(総求人数20万以上)

・「doda」に登録してみる(総求人数10万以上)

担当者の対応が悪くて不快だった

そんな私も過去にパソナキャリアから『転職回数多すぎなのであなたに求人案内できないので登録ご遠慮ください』って門前払いされてキレそうになったんだけどw
普通に探せば求人たくさんあるから、自分が否定されてると勘違いしないようにね、と。転職エージェントも求人案件集めるの大変なだけ。

— さつき@複業HRプランナーおどるひと (@satsukishigoto) November 23, 2019

パソナキャリアから電話。

要件としては、
・マイページ登録
・電話面談の日程調整
・職務経歴書の提出
の依頼だったが、
やたら早口でまくしたてるような話っぷりで、なんとも言えない不快感。

もう少し落ち着いてもらいたい。

[email protected] (@ikzk_t) 2019年4月8日

パソナキャリアの悪い評判

30代/男性

面接練習をしてもらえなかった

面接練習などをお願いすると、とりあえずこの資料を読んで欲しいと最初はマニュアルだけ転送された。

そのようなマニュアルが欲しいわけではなかったので、予定を伺い電話での練習をしてもらった。

大手エージェントではしてくれたので、なぜしてくれないのか不満に思った。

(ナビナビ調査)

「求人を紹介してもらえない」「対応が悪い」という口コミも挙がっていました。

丁寧なサポートが評判のパソナキャリアですが、なかには対応が良くない担当者もいます。

これはパソナキャリアに限った話ではありませんが、対応の悪い担当者に当たってしまった場合は、できるだけ早く担当者の変更を行いましょう。

担当者の変更は、担当者に直接申し出るか問い合わせ窓口(0120-222-706)から申し出てください。

中高年向けの求人が少なかった

年齢的な部分もあるんだろうけど、マイナビエージェントとパソナキャリアに求人紹介断られたのは地味にびびった #転職エージェント

— コムっさん(ブログ毎日更新してます) (@kennblog) February 9, 2021

パソナキャリアの面談終わった(-。-; 希望する再就職先の候補をいくつか持って行ったが、年齢の壁を実感(~_~;)

— shin (@shin3nn) December 10, 2012

「中高年向けの求人数が少ない」という口コミも挙がっていました。

たしかに、パソナキャリアは20代〜30代の利用者が多く、どちらかと言うと若い層向けの求人が充実しています。

しかし、パソナキャリアが中高年に不向きということはありません

というのも、パソナキャリアはミドル層向けの求人も多く保有しており、オリコンの「40代を対象とした転職エージェント満足度ランキング」でも1位に選ばれています。

パソナキャリアは中高年の利用者からも高い支持を得ているので、40代以降でも安心して利用することができます。

【結論】パソナキャリアはこんな人におすすめ

利用者からの評判を踏まえ、パソナキャリアの良い点と気になる点をまとめました。


良い点悪い点
・丁寧に面談してくれる
・熱心なサポートを受けられる
・幅広い業種・職種の求人を取り扱っている
・リクルートエージェントやdodaに比べて求人が少ない
・対応の悪い担当者も一部いる
では、結局のところ、パソナキャリアはどんな人におすすめなのでしょうか。

ここからは、利用者の口コミを踏まえて「パソナキャリアがおすすめな人」を紹介していきます

▼パソナキャリアはこんな人におすすめ

パソナキャリアの評価コメント
フリーター・ニートへの
おすすめ度
★★★★☆
パソナキャリアは丁寧に転職活動をサポートしてくれるので、フリーターやニートにもおすすめできる。ただし、経験が浅い人は、フリーターの転職に強みをもつ「ハタラクティブ」のサポートも受けておくのがおすすめ。
20代への
おすすめ度
★★★★☆
パソナキャリアは、20歳〜35歳がメインのターゲット層であり、20代には自信をもっておすすめできる。ただし、求人数はやや少ないため、20代向けの求人も充実している「doda」と併用するのがおすすめ。
30代への
おすすめ度
★★★★☆
パソナキャリアは30代向けの求人も多いため、30代も利用して損はない。ただし、30代向けの求人が多い「doda」も併用した方が失敗しにくい。
40代以上へ
のおすすめ度
★★★★☆
パソナキャリアはシニア層からの評判も良い。ただし、求人数が少し物足りないので、リクルートが運営するハイキャリア向けサイト「リクルートダイレクトスカウト」とあわせて利用するのがおすすめ。
IT・Web業界への
おすすめ度
★★★☆☆
パソナキャリアはIT・Web業界の求人も保有しており、利用して損はない。より多くの求人を比較したい場合は「ワークポート」もあわせて利用するのがおすすめ。
女性への
おすすめ度
★★★☆☆
パソナキャリアは女性でも使って損はない。ただし、求人は少なめなので、業界トップクラスの求人数を誇る「リクルートエージェント」をメインに使うのがおすすめ。

サポートが手厚く、幅広い求人を保有しているパソナキャリアは、特に以下のような方におすすめです。

パソナキャリアはこんな人におすすめ

  • 担当者の手厚いサポートを受けたい人
  • 幅広く求人を確認したい人
  • 女性の転職に理解あるエージェントを利用したい人

パソナキャリア|基本情報(21年7月時点)

運営会社株式会社パソナ
公開求人数約35,000件
非公開求人数求人全体の約80%
対応地域全国+海外
料金すべて無料

ただし、パソナキャリアの求人数はその他大手のエージェントより少なめです。

そのため、特にこだわりがなければ、「リクルートエージェント」などの大手エージェントにも登録した上で、パソナキャリアを利用するのがおすすめです。

サービス名求人数(21年7月)
リクルートエージェント約290,000件
(※非公開求人含む)
doda約120,000件
(※非公開求人含む)
パソナキャリア約35,000件

パソナキャリアと併用すべき転職サービス

パソナキャリアは、幅広い業種・職種の求人を保有していますが、確認できる求人には限りがあります。

そのため、本格的に転職活動を行うならばパソナキャリアだけでなく、3~4社の転職サービスを併用するべきです。

「転職決定者は平均4.2社のエージェントを併用している」というデータもあるので、気になったサービスは求人だけでもチェックしておくと良いでしょう。

では、具体的にどのように転職サービスを併用するべきか。

以下に、失敗しにくい転職エージェントの選び方をまとめました。

失敗しない転職エージェントの選び方

上記の方法ならば、求人を幅広く確認できるので、求人探しで失敗するリスクを軽減できます。

なお、良い求人を紹介されなかった場合はすぐ退会すればいいので、気軽に登録して大丈夫です。

まずは自分の希望する求人が見つかるかを確認して、合わなければ別のエージェントに切り替えるという使い方で、転職エージェントを最大限活用してください。

<おすすめの転職エージェント・サイト>

サービス名特徴
リクルートエージェント
  • 大手では業界No.1の求人数
  • 大量の求人に目を通せる
    ⇒すべての求職者におすすめ
doda
  • リクルートエージェントに次いで求人数が多い
  • 面接確約オファーも受けられる
    ⇒すべての求職者におすすめ
マイナビエージェント
  • 20代向けの求人が充実している
  • 中小企業やベンチャー企業も多い
    ⇒20〜30代前半におすすめ
ハタラクティブ
  • 第二新卒向けの求人が充実
  • 親身な転職サポートが評判
    ⇒第二新卒・フリーターにおすすめ
ビズリーチ
  • 年収800万円以上のハイキャリア求人が多い
  • ヘッドハンティング型としては国内最大規模(一部サービスは有料)
    ⇒ハイキャリアにおすすめ
リクルート
ダイレクトスカウト
  • ヘッドハンターから直接スカウトが届く
  • 完全無料で利用できる
    ⇒ハイキャリアにおすすめ
ワークポート
  • 総求人の6割はIT・ゲーム業界
  • T系に精通したアドバイザーのサポートを受けられる
    ⇒IT業界への転職におすすめ

※こちらの転職エージェントは、全60以上のエージェントから厳選したエージェントです。

『【転職のプロに聞いた【本当におすすめの転職エージェント】と失敗しない選び方』の記事では、転職エージェントの選び方をさらに詳しく解説しているので、気になる人はこちらもご確認ください。

なぜ人気なのか?パソナキャリアが選ばれる4つの理由

なぜ人気なのか?パソナキャリアが選ばれる4つの理由

パソナキャリアには一部悪い評判もありますが、転職エージェントの中ではトップクラスに人気が高いです。

実際に、3,000人以上の転職者を対象として行われた「オリコン顧客満足度調査」でも1位に選ばれており、勢いのある転職エージェントと言えます。

では、なぜここまで利用者から高く評価されているのでしょうか。

その理由としては、主に次の4つが挙げられます。

パソナキャリアが選ばれる理由

それぞれ詳しく見ていきましょう。

理由1.パソナキャリアだけの非公開求人が充実している

パソナキャリアが保有する求人のうち、80%以上は「非公開求人」です。

登録後は、ネットには公開されていない求人も紹介してもらえるので、思いもよらない好条件の求人に出会える可能性があります。

さらに、他エージェントにはない「パソナキャリアだけの独占求人」も保有しているため、転職の選択肢を広げることが可能です。

他エージェントで希望の求人が見つからなかったり、より多くの求人を確認したい場合は、ぜひパソナキャリアを利用してみてはいかがでしょうか?

求人を非公開にしている理由は?

求人が非公開にされている理由は、主に2つあります。

1.応募が殺到するのを避けるため

2.求人を出していることを、他の企業に知られるのを避けるため

非公開求人には、他社に知られたくない重要なポジションの求人が集まっており、「高年収」「管理職」など質の高い求人も多いです。

理由2.求人紹介や面接対策などのサポートが丁寧

オリコン顧客満足度調査で1位に選ばれているパソナキャリアですが、「担当者の対応」「利用のしやすさ」「交渉力」は、とくに高い評価を得ています。

求人紹介の際には、求職者に細かなヒアリングを行い、希望にマッチする求人を的確に提案してくれます。

また、応募書類の作成・面接対策なども1から丁寧に教えてくれるので、初めての転職でも安心です。

実際に「サポートが充実していた」という口コミは多く、Twitterでも以下のような声が多く挙がっていました。

パソナキャリアの人、親切やった。仕事だからだろうが、人に相談できるってのは良いな。

— aoi (@a_oi292941) February 1, 2019

人がよかったのはリクルート
サポートがしっかりしていたのはパソナ
キャリアアップ向け転職はDUDA
マイナビ 20'sは余りオススメはしない

— すみ (@sumikko0010) March 5, 2018

内定後は、求職者の希望にできるだけ近づけるよう企業との年収交渉も代行してくれます。

求人紹介から内定後まで親身にフォローしてくれるので、転職活動をスムーズに進められるでしょう。

パソナキャリアならミスマッチも起こりにくい!

パソナキャリアには、求職者のサポートを行う「キャリアアドバイザー」とは別に、企業にヒアリングを行う「リクルーティングアドバイザー」がいます

リクルーティングアドバイザーは、「企業の雰囲気」や「求めている人物像」を細かく調査して、キャリアアドバイザーに情報を伝えます。

パソナキャリアの人材紹介サービス
(引用元
パソナキャリア

それぞれ分業制にして、求職者と企業のニーズを擦り合わせているので、転職後のミスマッチも起きにくいです。

理由3.ハイキャリア向けの求人も充実している

パソナキャリアでは、若手だけでなく「ハイキャリアの転職支援」にも力を入れています。

人材大手ならではの高い信頼を活かし、他エージェントが保有していない大手企業の求人を集めているので、重要ポジションや高待遇の案件と出会える可能性も高いです。

パソナキャリア 保有求人 一例

紹介される求人の質や、コンサルタントの提案力は他の転職サービスと比べても劣らないので、キャリアアップを狙う転職においても非常におすすめできます。

理由4.交渉力が強く、年収UPが狙いやすい

パソナキャリアは交渉力も強く、利用者の67.1%が年収アップに成功しています。

平成27年に厚生労働省が行った「転職者実態調査」によると、転職者全体で転職後に年収がアップした割合は40.4%であり、比較するとパソナキャリアの年収アップ率がとても高いことが分かります。

利用者の半数以上が年収アップに成功しているのは、転職エージェントを利用する上で非常に心強いです。

企業との交渉に苦手意識がある方は、パソナキャリアにサポートをお願いしてみてはいかがでしょうか?

利用前に知っておきたい!パソナキャリアの注意点

4.利用前に知っておきたい!パソナキャリア利用前の全注意点

パソナキャリアがおすすめのサービスであることに変わりはありませんが、利用前に知っておくべき注意点もあるので、以下の3点はよく確認しておいてください。

パソナキャリアの注意点

それぞれ順番に見ていきましょう。

注意点1.地方は求人数が物足りない

パソナキャリアは、地方の求人数がやや少なめです。

実際に比較するとわかりますが、関東や関西に比べて、その他の地方は求人数が少なくなっています。

パソナキャリア 地域別求人数

(※2020年1月時点)

地域求人数
関東24,928件
関西5,116件
東海4,910件
北信越1,149件
中国・四国1,490件
九州・沖縄1,746件
北海道・東北1,916件

地方で転職活動を行う場合、パソナキャリアだけの利用だと良い求人を見逃してしまう可能性があります。

関東や関西以外で転職を考えているのであれば、「リクルートエージェント」や「doda」など、大手エージェントの求人も必ずチェックしておきましょう。

注意点2.経験の浅い担当者もいる

パソナキャリアは丁寧なサポートで定評のあるエージェントですが、対応が悪い担当者も少なからずいるため、注意が必要です

また、経験が浅い若手のキャリアアドバイザーに当たってしまい、有益なアドバイスをもらえないこともあります。

今回パソナキャリアって転職エージェント使ったけど、こちらの要望を全く聞いてなくて話にならなく結局自分で探した方がよっぽどマシだという、わかりきった結果に至った。まぁこれまで採る側で見ててもエージェント会社って高いだけで全然マッチング悪かったからなぁ。

— シイお cv.吉田有里 (@Shieo_Qbe) October 10, 2016

「担当者と相性が合わない」と感じた場合は、早めにアドバイザーの変更を申し出てください。

担当者の変更は言い出しづらいものですが、「別の担当者のアドバイスも聞いてみたい」と伝えれば、嫌な空気にはなりません

なお、担当者の変更は「問い合わせ窓口(0120-222-706)」からも行えるので、直接伝えるのが難しい場合はこちらを活用してください。

注意点3.希望に合わない求人を紹介されることもある

パソナキャリアでは、アドバイザーがあなたの経歴や希望に合った求人を選んでくれますが、「質が低い」と感じる求人が含まれていることもあります。

具体的には、離職率が高すぎたり、残業時間が多い求人などです。

転職後に後悔しないためには、応募前に求人票に掲載されていない内部情報を確認しておきましょう。

パソナキャリアのアドバイザーは求人票には掲載されていない「社内の雰囲気」「離職率」「業務の実態」なども把握しているので、事前に確認してみてください。

また、「転職会議」などの企業の口コミサイトを利用して、企業の調査を行うことも手段のひとつです。

転職会議
(引用元
転職会議

転職会議では、応募する前に気になる「年収」「社員からの評判」「社風」など、企業の細かい内部情報をチェックすることが可能です。

転職会議 口コミ例
(引用元
転職会議

転職会議のような口コミサイトを上手に利用すれば、よりリアルな情報を入手できるので、ぜひ活用してみてください。

パソナキャリアの登録から応募までの全4ステップ

パソナキャリアに登録して求人に応募するまでの流れ

ここからは、「パソナキャリア」に登録してから求人に応募するまでの流れを、以下4ステップで解説していきます。

パソナキャリアを利用する流れ

いずれも難しいことはありません。

不明点があっても、担当のキャリアアドバイザーが丁寧に教えてくれるので、安心してください。

ステップ1.会員登録をする

まずは、パソナキャリアの公式サイトにアクセスし、「転職サポートお申込み」から必要事項を入力します。

その後、メールにて担当者から登録完了の連絡が届きますので、このタイミングで面談の日程を決定してください。

パソナキャリア 登録メール

面談の日程が決定したあとは、面談日までに「履歴書」「職務経歴書」「PCスキルチェックシート」の3つをマイページにアップロードします。

不明な点は面談の日に直接聞いても良いので、わかる範囲で埋めておきましょう。

なお、直接会って面談することが難しい場合は、Webや電話での面談も可能です。

ステップ2.担当者と面談を行う

パソナキャリアのオフィスに向かい、担当者と実際に話をします。

服装は私服で問題ありませんが、スーツで向かうのが無難です。

面談では、担当者に現在の状況と紹介してほしい求人の希望を伝え、条件にあった求人を紹介してもらいます

面談の流れ

面談の流れ

堅苦しい雰囲気ではありませんので、仕事の悩みなどがあれば、気軽に打ち明けてみてください。

面談の雰囲気は、以下の動画が参考になります。

また、持ち物の指定は特にありませんが、『スケジュール帳』を持っていくことをおすすめします

面談では「いつから面接をスタートできるか?」「経歴書はいつまでに修正できるか?」と細かく日程を確認されるので、自分の予定を把握しておきましょう。

なお、パソナキャリアの拠点所在地は以下の通りなので、面談前に最寄りのオフィスを確認しておきましょう。

拠点所在地
東京(本部)住所:東京都千代田区大手町2-6-2 パソナグループ本部ビル 7階
アクセス:東京メトロ大手町駅 B8a出口(東西線)より徒歩すぐ
TEL:03-3243-1555
大阪支店住所:大阪府大阪市中央区道修町4-1-1 武田御堂筋ビル2F
アクセス:大阪市営地下鉄御堂筋線 本町駅2番出口 徒歩6分
名古屋支店住所:愛知県名古屋市中区栄3-6-1 栄三丁目ビルディング10F
アクセス:市営地下鉄栄駅 西口より徒歩6分
TEL:052-238-3401
静岡支店住所:静岡県静岡市駿河区南町18-1 サウスポット静岡4F
アクセス:JR静岡駅南口より徒歩3分
広島支店住所:広島電鉄本通駅より徒歩1分
アクセス:広島県広島市中区本通7-19 広島ダイヤモンドビル7F
福岡支店住所:福岡市営地下鉄天神駅より徒歩5分
アクセス:福岡県福岡市中央区天神1-6-8 天神ツインビル13F

【カウンセリング実施時間】

平日:10:00~21:00/土曜日:10:00~18:00
※電話面談も可能

(参考:パソナキャリア

ステップ3.求人紹介・応募

面談の場でも求人を紹介してもらえますが、面談終了後に条件に合った求人が見つかった場合は、電話かメールで求人情報を受け取れます。

急な電話や何度もしつこい電話が嫌な場合は、担当者に「求人紹介はメールでお願いします」と伝えてくと良いでしょう

気になる求人が見つかったら応募を行いますが、面接の候補日は全てエージェントが提案してくれるため、希望に合った時間を選ぶだけで大丈夫です。

また、応募書類の作成方法や面接の対策などは担当者が熱心にサポートしてくれるので、安心して転職活動を進められます。

ステップ4.企業と面接を行う

応募が完了したあとは、企業と面接を行います。

パソナキャリアでは、事前にキャリアアドバイザーが面接で聞かれそうな内容を教えてくれるので、不安なく面接に臨めるはずです

また、面接終了後は、エージェント経由で合否の連絡が届きます。

仮に面接に落ちてしまっても、アドバイザーが企業からフィードバックをもらってくれるので、次の面接に失敗を活かすことができます。

パソナキャリアで転職を成功させる5つのポイント

パソナキャリアで転職を成功させる5つのポイント

せっかくパソナキャリアを利用するなら、上手に活用して転職を成功に近づけたいですよね。

そこで、ここからはパソナキャリアを効果的に活用するポイントを5つ紹介していきます。

パソナキャリアを活用するポイント

少し多いですが、どれも大切なポイントなのでよく確認しておきましょう。

ポイント1.良い転職先があればすぐ転職すると伝える

優先的にサポートを受けるためには、転職意欲の高さをアピールしましょう。

転職エージェントは求職者が内定を獲得することで利益を得るため、転職意欲の高さが伝われば、積極的にサポートしてもらえる可能性が高いです。

具体的には、以下のような方法で転職意欲の高さをアピールすると良いでしょう。

  • 具体的な転職希望時期を伝える
  • 担当者からの連絡にすぐに返信する
  • 転職のビジョンを明確に伝える…など

非公開求人などを優先的に紹介してもらうことができれば、転職の可能性を大きく広げられるはずです。

ポイント2.担当者とこまめに連絡をとる

担当者にはこまめに連絡を入れて、積極的に転職活動をしている姿勢を見せましょう。

担当者との連絡が少なくなると「転職する気がないのかな?」と思われ、求人紹介を後回しにされてしまう恐れがあります。

週に1度で良いので、「新着で良い求人はありませんか?」「この企業の求人は出てますか?」など、自分から担当者に連絡を入れるようにしましょう。

ポイント3.推薦書を自分でもチェックする

転職エージェントが作成してくれる推薦書は、必ず自分でもチェックしましょう。

求人に応募する際、アドバイザーはあなたのスキルや強みを記載した推薦書を企業に向けて作成してくれます。

推薦書の内容が良ければ、企業もあなたに対して良い印象を抱いてくれるはずです。

しかし、中には推薦書を雑に作成する担当者もいます。

経歴がそのまま写されただけだったり、誰にでも使い回しできそうな推薦書を出されてしまうこともあるので、注意が必要です。

推薦書を出してもらう際は、「面接時に推薦書の内容とずれがないようにしたい」と伝えて内容を確認させてもらうようにしましょう。

ポイント4.相性が合わない担当者はすぐに変更する

もし「担当アドバイザーと合わない」と感じた場合は、早めに変更を申し出るようにしてください

相性が合わないアドバイザーからサポートを受け続けた場合、希望条件に合わない企業を紹介されるなど、あなたの転職活動に悪影響が生じる恐れがあります。

とくに以下のような場合は、相性が合っていない可能性が高いので、注意が必要です。

担当者を変更すべき例

  • 連絡が遅く、転職活動がスムーズに進められない
  • あなたの今後のキャリアを考えず、内定しやすい企業ばかり紹介してくる
  • 求人を紹介した理由を説明してくれない
  • 「他にも求人を紹介してほしい」という希望に応えてくれない
  • 企業への年収交渉などを行ってくれない

もしこのような担当者に当たってしまった場合は、「別の担当者の意見も参考にしたい」などと伝えて、早めに担当者を変えてもらうようにしてください。

ポイント5.他の転職エージェントも併用する

記事内でも述べていますが、転職エージェントは複数まとめて利用してください。

転職エージェントを複数利用するメリットは多々あります。

転職エージェントを複数利用するメリット

  • 多くの求人数の中から希望の求人を探すことができる
  • 各転職エージェントの独占案件をチェックできる
  • 複数の担当者からのアドバイスを受けられる(相性の合う担当者を見分けられる)

「そんなに登録したら管理しきれない」と思うかもしれませんが、2〜3社程度ならそこまで負担になりませんし、合わないエージェントはすぐに退会して大丈夫です。

転職エージェントは何社利用しても料金はかからないので、使えるものは全て使い、失敗のリスクを1%でも減らしましょう。

迷った場合は「doda」がおすすめ

転職エージェントは数が多いので、「他にどのエージェントを利用するか」迷ってしまいますよね。

複数利用するエージェント選びに迷った場合は、「doda」の利用をおすすめします。

doda
(引用元
doda

doda」は、業界トップクラスの求人数を誇る転職エージェント。

首都圏はもちろん、全国の求人を保有しているので、地方で転職したい場合にも活用できます。

また、dodaは「転職サイト」として利用できることも特徴です。

登録後は、アドバイザーに相談できるほか、サイト上で自分で求人を検索することも可能です。

状況に応じて使い分けることができるので、「マイペースに転職活動を進めたい」「自分でも求人を探したい」という方は、ぜひ利用してみてください。

doda|基本情報(22年1月時点)

運営会社パーソルキャリア株式会社
公開求人数約117,100件
非公開求人数約32,700件
対応地域全国+海外
料金すべて無料

【Q&A】パソナキャリアの気になる疑問点を全て解決!

【Q&A】パソナキャリアの気になる疑問点を全て解決!

最後に、パソナキャリアを利用する前の気になる疑問点についてまとめました。

転職活動を迷いなく進めるためにも、疑問点は全て解消しておいてください。

パソナキャリアに関するQ&A

では、順番にみていきましょう。

Q1.転職サイトと転職エージェントの違いは?

答え.

「転職サイト」が自分1人で転職活動を行うサービスであるのに対し、「転職エージェント」はキャリアアドバイザーのサポートを受けながら転職活動を行えるサービスです。

転職エージェントは、求人の紹介や面接日の調整・面接対策など、あらゆるサポートを無料で受けられるので、転職に不安がある人も安心して転職活動を行えます。

転職サイトと転職エージェントの違い

一方「転職サイト」は自分で求人を探せるので、「自分のペースで気軽に転職活動を行いたい」という人に向いています。

ただし、「転職エージェント」ような手厚いサポートは受けられないので、「サポートを受けながら転職したい」という人は、転職エージェントを使うのが良いでしょう

そのほか、転職サイトと転職エージェントの気になる違いをまとめたので、参考にしてください。

転職エージェントと転職サイトの違い

Q2.パソナキャリアは他のエージェントと何が違う?

答え.

パソナキャリアは「未経験からハイキャリア向けの求人までバランスよく取り扱っている総合型のエージェント」です。

パソナキャリアは、リクルートエージェントやdodaと比べると求人数で劣るものの、業界全体で見ればトップクラスの求人数を保有する大手転職エージェントです。

未経験者向けの求人から、高年収のハイキャリア求人までバランス良く保有しているので、全ての求職者におすすめできます。

Q3.パソナキャリア利用者の年齢層は?

答え.

パソナキャリアは、35歳までの利用者が7割を占めています。

以下に、各年代の利用者の割合をまとめました。

パソナキャリア 利用年齢層
(引用元
パソナキャリア

どちらかと言えば若者の利用者が多いですが、中高年の利用者も1/4以上いるので、30代後半の転職者も問題なく利用できます。

Q4.パソナキャリアの退会方法は?

答え.

パソナキャリアを退会したい場合は、以下いずれかの方法で退会の旨を伝えてください。

・担当のアドバイザーに退会の旨を伝える
・登録完了時に受信したメールアドレスに返信する形で退会の旨を伝える

メールにて退会を伝える場合は、退会の旨のほか、氏名と生年月日を忘れずに記載してください。

【退会を伝えるメールの例文】

お世話になっております。

ここまで転職活動を進めておりましたが、もう少しキャリアを積んでから、改めて転職に挑戦したいという考えに至りました。

そのため、本日でサービスを退会させていただきます。

ここまで大変お世話になったにも関わらず、ご期待に添えず申し訳ありません。

転職活動を再開する際は、ぜひパソナキャリア様をご利用させていただければと思っております。

〇〇(氏名)
生年月日:1991年1月1日

Q5.パソナキャリアは再登録できる?

答え.

パソナキャリアは再登録可能です。

再登録は、通常の会員登録と同じ手順で進めれば問題ありません。

なお、アドバイザーは前回の担当者から変更となる場合が多いです。

Q6.希望と合わない求人を紹介されるときはどうすればいい?

答え.

希望に合わない求人を紹介された場合は、はっきり断って問題ありません。

担当アドバイザーは、断る理由に応じて紹介する求人を調整するので、断る際は「仕事内容に興味が湧かない」「労働条件が自分の希望と合わない」など、具体的な理由も併せて説明しましょう。

Q7.パソナキャリア利用者向けアプリ「転職ナビ」とは?

答え.

転職ナビは、スマートフォンで求人の検索が出来たり、職務経歴書の作成が出来るアプリです。

外出先のスキマ時間に求人のチェックが出来るので、効率良く転職活動を進めるのに役立ちます。

転職ナビ
(引用元
パソナキャリア

転職ナビは以下からダウンロードできるので、ぜひ利用してみてください。

Q8.パソナキャリアに登録を断られることはある?

答え.

登録自体を断られることはありませんが、経験や年齢、希望条件によっては、求人を紹介してもらえない可能性があります。

パソナキャリア、リクナビ、マイナビはあなたに紹介出来る案件が有りませんみたいなメールが来て、担当エージェントすら付いてくれなかった。
その後、退会するまで一度も連絡が来なかった。

— Hear (@Hear_Hinao) 2018年12月25日

とくに転職回数が多すぎたり、正社員経験が一度もない方は注意が必要です。

パソナキャリアで求人を紹介してもらえなかった場合は、「リクルートエージェント」や「doda」など、他のエージェントを活用してみましょう。

まとめ

パソナキャリアは、幅広い業界・職種の求人を保有している転職エージェント。

コンサルタントの親身なサポートを受けたい方や、他の転職エージェントでは扱っていない求人を見つけたい方におすすめです。

ただし、パソナキャリアは「リクルートエージェント」や「doda」と比べると、求人数がやや少なめです。

また、地方の求人もパソナキャリアだけでは物足りない可能性があるので、他のエージェントも活用し、失敗のリスクを減らしましょう。

ぜひ複数のエージェントを併用して、万全の状態で転職活動を乗り切ってください。

今回紹介した転職エージェントまとめ

【パソナキャリア利用者満足度調査】

調査方法:インターネット調査
調査対象:パソナキャリア利用経験がある20歳以上の男女
調査地域:全国
調査期間:2021年5月18日~2021年5月19日
調査人数:330人
調査機関:Fastask

【パソナキャリアに関する口コミ・体験談について】

パソナキャリアの口コミ体験談は、主にインターネットでのアンケートを元に収集しております。

【画像引用】

パソナキャリア

関連記事