登録前に確認!エンエージェントの気になる評判と利用前の注意点

ナビナビ
転職

2022-06-22

エンエージェント」は、20年以上にわたり人材紹介に携わってきた「エン・ジャパン株式会社」が、2013年に設立した転職エージェントです。

20代後半から30代前半の求職者に人気があり、2020年のオリコン顧客満足度調査では、紹介案件部門において1位を獲得しています。

ただ、実際に利用するとなると、利用者の評判や口コミが気になるところかと思います。

「希望通りの転職先が見つかる?」
「本当に質の良いサポートを受けられる?」

転職活動に失敗しないためには、このような疑問を全て解消しておくべきです。

そこで本記事では、エンエージェント利用者の口コミを元に、利用するメリットや登録前の注意点を詳しく解説していきます。

【まず確認】転職成功を目指すなら、自分に合った転職エージェントを選ぶべき!

エンエージェントは、20年以上にわたり人材紹介に携わってきた「エン・ジャパン株式会社」が、2013年に設立した転職エージェント。

初めての転職活動を強くサポートしてくれるため、20~30代におすすめです。

ただし、人によっては他のサービスの方が相性がいい場合もあるため、利用者の評判も踏まえてエンエージェントのおすすめ度をまとめました。

▼エンエージェントはこんな人におすすめ

エンエージェントの評価コメント
既卒・第二新卒の
おすすめ度
★★★★☆
エンエージェントは第二新卒向け求人も保有しているが、特化しているわけではない。初めての転職活動なら、第二新卒に特化した「マイナビジョブ20’s(マイナビ が運営する第二新卒向けエージェント)」なども併用するのがおすすめ。
20代の
おすすめ度
★★★★☆
エンエージェントは20代の転職実績が豊富なため、間違いなくおすすめできる。ただし、求人数は他の大手エージェントより少なめなので「doda」などと併用するのがおすすめ。
30代の
おすすめ度
★★★★☆
エンエージェントは30代の転職実績も豊富。ただし、他の大手エージェントと比べると、求人数は少ない。幅広く求人を確認するためにも、「doda」など大手エージェントの求人も入念に確認しておきたい。
外資系転職の
おすすめ度
★★★☆☆
エンエージェントは外資系の求人はそこまで多いと言えない。外資系転職を希望するなら、外資系の転職に強みを持つ「JACリクルートメント」の利用がおすすめ。
IT・Web業界への
おすすめ度
★★★☆☆
エンエージェントはIT・Web業界の求人も保有しているため、利用して損はない。より多くの求人を比較したい場合は「ワークポート」もあわせて利用するのがおすすめ。
女性への
おすすめ度
★★★☆☆
エンエージェントは女性にもおすすめだが、特に目立った女性向けサービスはない。女性に人気の事務職や販売などの案件は限られてしまうので、求人数業界トップクラスの「リクルートエージェント」などと併用するのがおすすめ。

エンエージェントの求人数は他の大手エージェントと比べると少なめなので「リクルートエージェント」なども併用し、幅広く求人紹介を受けておくと良いでしょう。

サービス名公開求人数(21年7月)
リクルートエージェント約116,500件
doda約88,400件
エンエージェント約2,200件

転職エージェントはどれも無料ですし、合わない場合はすぐ退会できます。

Web面談も対応しており、拠点に出向く必要もないため、ぜひ気軽に利用してみてください。

目次

エンエージェントの評判・口コミ一覧

エンエージェント 利用者満足度調査

(満足度調査と口コミの概要は記事末に記載)

エンエージェントの良い評判

エンエージェントの良い口コミ

40代/男性

転職を手厚くサポートしてくれた

キャリアアドバイザーのサポートの良かったところはお世辞抜きに全てでした。

担当になったキャリアアドバイザーの方はヒアリングから最終面接まで非常に親身になって手厚いサポートをしてくれました。

おかげさまで終始比較的スムーズに転職活動を進める事が出来ました。

(ナビナビ調査)

エンエージェントの良い口コミ

40代/男性

希望に合う求人を紹介してくれた

大手、中堅問わず、当方の期待に沿った新規事業に携わるような案件を多くご紹介いただきました。

エージェントの方と密に連絡を取ることができ、そのおかげで個々人の希望をよく理解したうえでとても上質な情報を提供していただいたと感じました。

(ナビナビ調査)

エンエージェントの良い口コミ

20代/女性

転職のノウハウを丁寧に教えてくれた

数回転職しているので、数回利用しています。

その中で熱心な方にあたることが出来たときは、履歴書や職務経歴書を添削してくれました。

経歴のアピールの仕方や、書類の構成の仕方、面接での書類の渡し方等まで指導してくれました。

(ナビナビ調査)

エンエージェントの良い口コミ

20代/女性

深い部分まで相談にのってくれた

希望条件や希望勤務地だけでなく、将来どうなっていたいかなど深い部分までヒアリングしてくださったのでこの人に紹介していただけるならお話をお伺いしたいなと感じました。

(ナビナビ調査)

エンエージェントの良い口コミ

20代/女性

なかなか出会えない求人を紹介してくれた

普通に転職活動をしていると出会わない中小企業を紹介してくれた点です。

私は管理部門の人間で、人事や営業事務などを狙っていましたがあまり求人に巡り会わなかったので
いい経験になりました。

(ナビナビ調査)

エンエージェントの悪い評判

エンエージェントの悪い口コミ

40代/男性

条件の悪い求人も紹介された

紹介された求人の悪かったところは求人の条件が非常に悪い求人まで紹介された事でした。

私が見た限りでは質の良い求人も数多くありましたが逆に質の悪い求人も数多く目に付いたので、必然的に良く見て時間をかけて求人を見分けなきゃいけないなと思いました。

(ナビナビ調査)

エンエージェントの悪い口コミ

20代/女性

ヒアリングが不十分に感じた

希望勤務地、希望職種などの条件だけ確認をして特に理由等のヒアリングはなく面談が終了した際には本当に自分にあった職場を紹介していただけるのかと不安になりました。

(ナビナビ調査)

エンエージェントの悪い口コミ

20代/女性

大企業の求人が少なかったヒアリングが不十分に感じた

エンエージェントを利用している企業は大手よりも中小企業やベンチャー企業の紹介が多いので、社会的な知名度が低い企業が多く、安定した企業を志望していたわたしにとっては希望する条件の企業が少なく、選択肢が少なく感じたのは悪い点でした。

(ナビナビ調査)

エンエージェントの悪い口コミ

40代/男性

職種によっては求人が少なかった

エンエージェントで紹介された求人の悪かった点は特にありませんでした。

しかし職業職種によって求人数の多い少ないはありました。

(ナビナビ調査)

エンエージェントの悪い口コミ

20代/男性

年収の低い案件が多かった

現年収ベースで考えると、条件が下がる求人が非常に多い印象を受けました。

また、年収レンジが想定よりも広く、350万円~700万円など「いったいいくらで着地するのか、受けてみないとわからない」という不安を感じる求人を多く紹介されました。

(ナビナビ調査)

エンエージェントの気になる口コミをピックアップ

エンエージェントには様々な口コミが見られますが、断片的な口コミだけではサービスの特徴を掴みにくいかと思います。

そこでここからは、エンエージェントに多く見られた「良い評判」と「悪い評判」の実態をお伝えしていきます

エンエージェントによくある良い評判

エンエージェントの良い評判

初めての転職のサポートを安心して任せられた!

エンエージェントの良い口コミ

(前略)転職は初めてで分からない事も多く、また自分の方向性も決まってない段階でしたが、優しく自分に向いた職種の相談にのってくれました。

おかげで方向性が見えてきましたし、転職への意欲もわいてきました。(中略)

自分自身に対応してくれる時間を長めにとってもらえるのがうれしいですし、何でも聞きやすい雰囲気がありました。(後略)

(引用:BEST WORK

「初めての転職活動を丁寧にサポートしてもらった」という口コミです。

エンエージェントは、初めての転職にありがちな下記のような悩みを一緒に解決してくれるため、転職活動の強い味方となってくれます。

また、エンエージェントの利用者の多くは、20代後半から30代前半となっています。

【エンエージェント|利用者の年代別割合】

年代割合
20代後半33%
30代前半29%
20代前半14%
30代後半12%
40代以上12%

さらに、これまでの転職経験が0~1回という転職初心者の方が全体の約6割を占めます。

【エンエージェント|利用者の転職回数】

転職回数割合
1回32%
0回30%
2回 18%
3回以上11%

(引用元
エンエージェント

エンエージェントのキャリアパートナーは、転職初心者をサポートしてきた多くの実績があるため、安心してサポートを任せられるでしょう。

キャリアパートナーのサポートに満足!

エンエージェントの良い口コミ

転職エージェントは2社使っていましたが、プロ意識やコミュニケーション能力で圧倒的に質が高いのは、エンエージェントでした。

常に有益な情報を提供しよう、二人三脚になって転職を成功に導こうという姿勢が終始一貫していました。

こちらのモチベーションが落ちそうな時に、自分の希望する条件にぴったりの求人を探し出してくれ、常に希望を持ちながら前向きな気持ちで転職活動を最後まで続ける事が出来ました。(後略)

(引用:BEST WORK

エンエージェントの良い口コミ

(前略)希望の求人を数十件ほど紹介して頂きました。

面接対策は聞かれやすい質問や、何を意識して臨んだらいいのかなどを教えて頂き、面接直前には『頑張ってきてください!』と背中を押して頂き、より一層気合を入れ面接に臨めるようサポートいただきました。(後略)

(引用:BEST WORK

「キャリアパートナーの質が高い」「面接対策が充実していた」という口コミです。

エンエージェントに登録すると、専任のキャリアパートナーがあなたの転職活動を1から10までサポートしてくれます。

些細な疑問にも丁寧に対応してくれるので、初めての転職でも安心です。

また、キャリアパートナーは応募企業と直接やり取りをしており、あなたが応募する企業の採用ポイントを詳しく把握しています。

面接対策の際には「面接で聞かれそうな質問」なども詳しく教えてくれるので、内定率を高められるでしょう。

適性診断が役立った

エンエージェントの良い口コミ

(前略)面談の前に適性試験のようなものを受けます。

それをもとに自分の本当の適性が分かるので非常に助かりました。

自分の気が付かない能力も発見する事が出来ました。(後略)

(引用:BEST WORK

「適性診断のおかげで自分でも気づいていなかった能力を発見できた」という口コミです。

エンエージェントでは、初回面談時に「3E-p」という独自の性格価値観診断テスト(所要時間:約15分)が行われます。

▼診断結果サンプル▼

診断では以下の項目における偏差値が測定され、あなたの強みや弱みが明確になります。

3E-pの診断項目

  • 性格特性
    • 主体性
    • 変革性
    • 外向性
    • 持続性
    • 協調性
  • 創造的思考性
    • 発送性(拡散思考)
    • 論理性(収束思考)
  • コミュニケーション力
    • 意思伝達力
    • 論理的表現力
    • タレントマインド
    • 対人調和力
  • エネルギー量
    • 行動性
    • 競争性
    • 野心性
    • 決断性
  • 職務適性
    • 他の人と接し、サービスする
    • 他者と連携・協調していく
    • 専門性を身につけ、活かす
    • 正確かつ着実に進める
    • 新しいアイデアを生み出す

診断結果からは、「自分の長所を生かしやすい仕事」や「どんなキャリアを歩んでいくべきか」が見えてきます。

診断結果を活用し、キャリアパートナーと今後のキャリアプランを立ててみるだけでも、エンエージェントを利用する価値があるでしょう。

エンエージェントによくある悪い評判

エンエージェントの悪い評判

他社に比べて求人数が少ない

エンエージェントの悪い口コミ

(前略)転職活動のサポートやきめ細かいサービスは魅力ですが、他の大手転職サイトに比べると求人数が少ないのが気になりました。(中略)

これまでのキャリアや希望する転職先・職種によっては、エンエージェントでは十分な求人数はないかもしれません。(後略)

(引用:BEST WORK

エンエージェントの悪い口コミ

エンエージェントを利用している企業は、大手よりも中小企業やベンチャー企業の紹介が多いです。

社会的な知名度が低い企業が多いため、安定した企業を志望していたわたしにとっては選択肢が少なく感じました。

(ナビナビ調査)

「他の大手転職エージェントに比べると求人数が少ない」「中小企業やベンチャー企業の求人が多く、大手企業の求人は少ない」という口コミです。

確かに他のエージェントと比較してみると、エンエージェントの求人数は少なめです。

サービス名公開求人数(21年7月)
リクルートエージェント約116,500件
doda約88,400件
エンエージェント約2,200件

(最終更新
2021年7月時点)

エンエージェントの公式サイトには「非公開求人が1万5千件ある」と記載されていますが、公開求人数で比較すると、かなりの差があることがわかります。

また、大手企業の公開求人数については全体の2割程度なので、物足りなく感じる方も多いようです。

とはいえ、エンエージェントは独占求人や非公開の優良求人も保有しているため、ひとまず登録して求人紹介を受ける価値は十分にあるでしょう。

出来るだけ多くの求人情報をチェックしたいなら大手転職エージェントがおすすめ!

選択肢を増やすためにも、求人数の豊富な「リクルートエージェント」と「doda」の求人情報は必ずチェックしておくことをおすすめします。

また、大手・有名企業の求人は、大手の転職エージェントに集まりやすい傾向にあるので、上記2社を活用して情報を集めましょう。

求人が東京に集中している

エンエージェントの悪い口コミ

千葉県での仕事を探していると伝えたが「東京に出るかはないか」としつこく聞かれました。

出れなくはないが県内の方がと伝えると「千葉県内で紹介できる求人はありません」ときっぱり。

「東京じゃないならハローワーク行くか地元の求人誌を見てください」とのことでした。

東京に特化してるのはわかりましたが、話を聞くまで千葉の求人がないことすらわからなかったです。(後略)

(引用:BEST WORK

「地元の求人は無いと言われ、東京で働くことを勧められた」という口コミです。

エンエージェントは全国の求人を保有していますが、7割近くが関東エリア、特に東京の求人です。

【エンエージェント|エリア別公開求人数】

地域公開求人数
全体約2,200件
関東約1,480件
(内、東京は1,200件)
東海約320件
関西約440件

(最終更新
2021年7月時点)

求人が関東に集中している現状を踏まえると、地方での転職にエンエージェントの利用は不向きと言えるでしょう。

地方での転職を希望するなら大手エージェントの利用がおすすめ

エンエージェントの取り扱う求人はエリアが限られているため、地方での転職を希望する方にはおすすめできません。

地方の求人を探している方は、全国の求人をバランス良く取り扱う「リクルートエージェント」や「doda」のような大手エージェントを利用しましょう。

キャリアパートナーの対応が悪かった

エンエージェントの悪い口コミ

コロナの影響で選考が進まず、苦労していた事もあり相談。

アドバイスも多少あるものの根本になっているのは、

◆私の評価を上げるために求人には即座に応募しろ(あなたは紹介したらすぐに応募しないと受かりません。)

◆得意分野の職種で応募しろ
(やりたい事は関係ない、得意分野に合わせろ)(中略)

私がどうなろうと自分が企業から評価されればそれでいいという対応と紹介内容でした。(後略)

(引用:BEST WORK

エンエージェントの悪い口コミ

(前略)これまで転職回数が若干多かったためか、面談の際に担当者から「ハローワークの方がいいんじゃないですか?」と馬鹿にしたような口調で半笑いで言われまた。

この時点で信じられないのですが、正社員を希望していたのにも関わらず契約社員の求人など、採用されやすそうな求人ばかり紹介してきました。(後略)

(引用:BEST WORK

「一方的で強引な対応をされた」「担当者から馬鹿にされた」という口コミです。

本来キャリアパートナーは、求職者の気持ちに寄り添った対応をするべきです。

しかし、中には求職者のことを雑に扱ったり、強引に転職を勧めてくるキャリアパートナーもいるため、注意が必要です。

キャリアパートナーの対応に疑問を感じたり、不満がある場合は、早めに担当者の変更を申し出ることをおすすめします。

もちろん、自分に合わないと感じる場合は退会しても全く問題ありません。

担当者の変更はお問い合せフォームから!

キャリアパートナーを変更したいけど、担当者に直接伝えづらい…という場合は、問い合わせフォームを利用しましょう。

問い合わせフォーム

サポートが不十分だった

エンエージェントの悪い口コミ

ネットの評判で『親身に相談してくれる』ところと評判があったので期待してましたが、私の場合この真逆でした。

最初にメールや電話などで相談に乗ってくれた方は、優しい雰囲気でしたが、私が職務経歴書を記入して提出した後、なぜか担当が変わりました。(中略)

初の面談でいきなり希望も聞いていないのに求人の紹介でした。しかもその求人(20社)くらい一つひとつ見せて応募するかしないか聞いてくる始末。(中略)

書いた履歴書・職務経歴書も一切添削してくれず応募。結果は、当然のごとく全て見送りでした。(後略)

(引用:BEST WORK

エンエージェントの悪い口コミ

何度も面談するようにメールや電話がきていたので、話を聞きたいと思い、面談予約を入れると朝連絡したのに夜になって「予約の際に,『6ヶ月以内の転職はできない』を選択していたため面談はできない」と断りのメールが来た。

また転職できるようになってから連絡しろとのこと。(後略)

(引用:BEST WORK

「希望も聞かずに求人を紹介された」「すぐに転職しないとサポートが受けられなかった」という口コミも挙がっていました。

「強引に転職を勧められる」という悪い評判は、エンエージェントに限らずどのエージェントでも一定数見受けられます。

キャリアパートナーが強引に求人を紹介してくる原因には、「転職エージェントが報酬を得る仕組み」が大きく関わっています。

転職エージェントの仕組み

一般的に、転職エージェントは企業に求職者を紹介し、入社が決定すると企業からエージェントに対して報酬が支払われます。

このような背景から、報酬を得たいがために、求人への応募を無理強いするようなケースが起こりやすくなるのです。

また「すぐに転職するつもりはない」と伝えた場合、「売り上げにつながらない」と判断され、転職のサポートを後回しされることもあるようです。

もしエンエージェントのサポートに不満を感じることが多ければ、退会して別の転職エージェントを利用しましょう。

【結論】エンエージェントはこんな人におすすめ!

エンエージェントは、初めての転職活動を手厚くサポートしてくれるので、転職に不安がある20~30代の方におすすめです。

ただし、人によっては他のサービスの方が相性がいい場合もあるため、利用者の評判も踏まえてエンエージェントのおすすめ度をまとめました。

▼エンエージェントはこんな人におすすめ

エンエージェントの評価コメント
既卒・第二新卒の
おすすめ度
★★★★☆
エンエージェントは第二新卒向け求人も保有しているが、特化しているわけではない。初めての転職活動なら、第二新卒に特化した「マイナビジョブ20’s(マイナビ が運営する第二新卒向けエージェント)」なども併用するのがおすすめ。
20代の
おすすめ度
★★★★☆
エンエージェントは20代の転職実績が豊富なため、間違いなくおすすめできる。ただし、求人数は他の大手エージェントより少なめなので「doda」などと併用するのがおすすめ。
30代の
おすすめ度
★★★★☆
エンエージェントは30代の転職実績も豊富。ただし、他の大手エージェントと比べると、求人数は少ない。幅広く求人を確認するためにも、「doda」など大手エージェントの求人も入念に確認しておきたい。
外資系転職の
おすすめ度
★★★☆☆
エンエージェントは外資系の求人はそこまで多いと言えない。外資系転職を希望するなら、外資系の転職に強みを持つ「JACリクルートメント」の利用がおすすめ。
IT・Web業界への
おすすめ度
★★★☆☆
エンエージェントはIT・Web業界の求人も保有しているため、利用して損はない。より多くの求人を比較したい場合は「ワークポート」もあわせて利用するのがおすすめ。
女性への
おすすめ度
★★★☆☆
エンエージェントは女性にもおすすめだが、特に目立った女性向けサービスはない。女性に人気の事務職や販売などの案件は限られてしまうので、求人数業界トップクラスの「リクルートエージェント」などと併用するのがおすすめ。

結論として、エンエージェントは下記の特徴に当てはまる方におすすめの転職エージェントですので、ぜひ登録して求人をチェックしてみてください。

エンエージェントはこんな人におすすめ

  • 20~30代の方
  • 希望勤務地が東京の方
  • 初めての転職に不安を感じている方
  • 2度目の転職に失敗したくない方

エンエージェント|基本情報(21年7月時点)

運営会社エン・ジャパン株式会社en-japan inc.
公開求人数約2,200件
非公開求人数非公開
対応地域全国+海外
料金すべて無料

エンエージェント以外のエージェントも併用しよう

エンエージェントは、20~30代の求職者に最適な求人を保有していますが、確認できる求人には限りがあります。

そのため、本格的に転職活動を行うならば、エンエージェントの他にも3~4社の転職エージェントを併用するべきです。

では、具体的にどのように転職エージェントを併用するべきか。

以下に、失敗しにくい転職エージェント選びの方法をまとめました。

失敗しない転職エージェントの選び方

上記の方法ならば、求人を漏れなく確認できるため、求人探しで失敗を防ぎやすくなります。

なお、良い求人を紹介されなかったらすぐ退会すれば良いので、気軽に登録して大丈夫です。

まずは自分の希望する求人が見つかるかを確認して、合わなければ別のエージェントに切り替えるという使い方で、転職エージェントを最大限活用してください。

<おすすめの転職サービス>

サービス名特徴
リクルートエージェント
  • 大手では業界No.1の求人数
  • 大量の求人に目を通せる
    ⇒すべての求職者におすすめ
doda
  • リクルートエージェントに次いで求人数が多い
  • 面接確約オファーも受けられる
    ⇒すべての求職者におすすめ
マイナビジョブ20’s
  • 第二新卒の転職に特化
  • 初めての転職でも親身にサポートしてくれる
    ⇒20〜30代前半におすすめ
マイナビエージェント
  • 20代向けの求人が充実している
  • 中小企業やベンチャー企業も多い
    ⇒20〜30代前半におすすめ
ハタラクティブ
  • 経歴が浅い求職者の転職を支援
  • 未経験者向けの求人を中心に保有している
    ⇒フリーター・ニートにおすすめ
ワークポート
  • 総求人の6割はIT・ゲーム業界
  • IT系に精通したアドバイザーのサポートを受けられる
    ⇒IT業界への転職におすすめ
JACリクルートメント
  • 海外支部もあり、外資系企業への転職に強い
  • 会社の内部情報に詳しいコンサルタントが多い
    ⇒外資系企業への転職におすすめ
ビズリーチ
  • 年収800万円以上のハイクラス求人が多い
  • ヘッドハンティング型としては国内最大規模
    ⇒ハイキャリアにおすすめ

※こちらの転職エージェントは、全60以上のエージェントから厳選したエージェントです。

『【転職のプロに聞いた【本当におすすめの転職エージェント】と失敗しない選び方』の記事では、転職エージェントの選び方をさらに詳しく解説しているので、気になる人はこちらもご確認ください。

なぜ選ばれるのか?エンエージェントが人気な3つの理由

エンエージェントは、20~30代の転職支援実績が豊富であり、2020年のオリコン顧客満足度調査では紹介案件部門において1位に選ばれています。

エンエージェントが多くの人に利用されている理由としては、主に以下の3つが挙げられます。

エンエージェントが選ばれる理由

それでは、順に確認していきましょう。

理由1.初めての転職でも安心して利用できる

エンエージェントは、初めての転職に対するサポートに注力しているエージェントです。

登録後は、丁寧なヒアリングと適性診断「3E-p」であなたを徹底分析した上で、手厚い転職サポートを行ってくれます。

転職経験の無い方はもちろん、転職が2~3度目の方の転職実績も多いため「今度こそ失敗したくない」という方も、ぜひ利用してみてください。

異業種転職にもおすすめ

エンエージェントは、取り扱う求人の業種が幅広いため「転職先の選択肢を増やしたい方」「異業種への転職に挑戦したい方」にもおすすめです。

理由2.詳しい企業情報が入社後のミスマッチを防いでくれる

エンエージェントのキャリアパートナーは、それぞれいくつかの専門領域を持っています。

キャリアパートナーの専門領域

  • 営業・マーケティング系
  • 事務・管理系
  • 経営・経営企画・事業企画系
  • コンサルタント系
  • 技術系(IT・Web・通信系)
  • 技術系(電気・電子・半導体)
  • 技術系(機械・メカトロ・自動車)
  • 技術系(化学・素材・食品)
  • 技術系(建築・設備・土木・プラント)
  • 技術・専門職系(メディカル)
  • 不動産系専門職
  • サービス・流通系
  • 金融系
  • クリエイティブ系

エンエージェントでは、各業界・職種を熟知したキャリアパートナーが、求人企業の良い点もそうでない点も、正直に伝えてくれます。

そのため、入職後の「こんなはずじゃなかった…」という後悔や、転職のミスマッチを事前に防ぎやすいです。

気になる求人については、キャリアパートナーから出来るだけ多くの情報を教えてもらいましょう。

エンエージェントのサービス実績

エンエージェントは、下記のように様々な業種の転職を支援してきた実績があります。

▼クリックすると画像を拡大できます▼

幅広い業種の転職をサポートしてきた経験があるため、安心して転職サポートを任せられるでしょう。

理由3.エンエージェント独自の非公開求人を紹介してもらえる

エンエージェントでは、約2,200件の公開求人の他に、約1万5千件の非公開求人を保有しています。(2021年7月時点)

非公開求人には、応募が殺到してしまう可能性の高い優良案件が多いですが、紹介してもらうためには、エンエージェントへの登録が必須です。

転職の可能性を広げるためにも、ぜひ一度エンエージェントの求人紹介を受けてみることをおすすめします。

利用前に知っておきたい!エンエージェントの全注意点

5.利用前に知っておきたい!エンエージェントの全注意点

エンエージェントがおすすめのサービスであることに変わりはありませんが、利用前に知っておくべき注意点もあるので、以下の3点はよく確認しておいてください。

エンエージェントの注意点

注意点1.キャリアパートナーの専門性が低い場合がある

エンエージェントの各キャリアパートナーには専門領域があり、業界の知識や転職事情などにも詳しい場合がほとんどです。

しかし、中には経験の浅いキャリアパートナーもいるため、場合によっては担当者のサポートが役に立たない可能性があります。

「担当者の業界知識が乏しいかもしれない…」と感じた場合は、キャリアパートナーの変更を申し出ましょう。

業界特化のエージェントを利用するのもおすすめ

転職したい業種が決まっている場合は、その業種に特化しているエージェントを併用することも選択肢のひとつです。

例えば、IT・Web業界への転職を目指す場合、IT系の転職支援に強い「ワークポート」を活用するなど、複数の転職エージェントを併用することをおすすめします。

注意点2.地方での転職には不向き

エンエージェントは全国の求人に対応していますが、保有求人のほとんどは関東エリア、特に東京の求人です。

【エンエージェント|エリア別公開求人数】

地域公開求人数
全体約2,200件
関東約1,480件
(内、東京は1,200件)
東海約320件
関西約440件
(最終更新
2021年7月時点)

求人が関東に集中している事情を踏まえると、地方での転職にエンエージェントの利用はおすすめできません。

関東・東海・関西の都市部以外で転職したい場合は、求人数が多い大手エージェントの利用を優先するのが良いでしょう。

地方での転職に強い転職エージェントを探すには?

首都圏以外のエリアで就職・転職したいなら、全国の求人をバランスよく扱う大手エージェント「リクルートエージェント」や「doda」の利用がおすすめです。

注意点3.企業名が求人票上に公開されていない

多くの転職エージェントでは、求人票上に企業名が記載されています。

一方、エンエージェントでは会員にならないと、求人の企業名を確認することができません。

そのため、「登録前にまずは求人を確認したい!」という方には不向きなエージェントと言えるでしょう。

自分のペースで転職活動を進めたいなら転職サイトもおすすめ!

自分で求人を選んで応募したい方や、転職活動を自分一人で進められる自信のある方には、転職サイトの併用がおすすめです。

転職サイトでは、応募書類の添削・面接対策などエージェントのような手厚いサポートを受けることはできませんが、自分のペースで転職活動を行えます。

例えば「リクナビNEXT」には、5万件を超える案件が掲載されており、気になる求人があればすぐに応募できます。

エージェントと一緒に利用することも可能なので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

エンエージェントの登録から入社までの全5ステップ

エンエージェントの登録から入社までの全5ステップ

ここでは、エンエージェントに登録して入社するまでの流れを、画像付きで詳しくご紹介していきます。

エンエージェントを利用する流れ

それでは、順に確認していきましょう。

ステップ1.会員登録(所要時間:約1分)

まずは、エンエージェントの公式サイトから会員登録(無料)を行います。

トップページの『転職支援サービスに申し込む』というオレンジのボタンをクリックすると、以下のような以下のようなプロフィール入力画面が現れます。

次に、学歴を入力します。

登録が完了すると、1~3営業日以内にエンエージェントから電話もしくはメールにて連絡がきます。

初回面談の日程について聞かれますので、スケジュールを確認しておきましょう。

ステップ2.キャリアパートナーとの面談・適性診断

キャリアパートナーとのカウンセリングは、東京・名古屋・大阪・福岡の4ヶ所で行われます。

面談の所要時間は、60~90分間です。

面談では、専任のキャリアパートナーがあなたの経歴をヒアリングしたり、適正診断を行い、強みや特性を明確にしていきます。

転職に関する不安や疑問を解消する良い機会ですので、遠慮せず何でも気軽に質問してみましょう。

<面談拠点の所在地>

オフィス所在地
東京オフィス東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー35F
0120-953-607
名古屋第2オフィス愛知県名古屋市中区錦3-16-27 栄パークサイドプレイス10F
0120-953-607
大阪オフィス大阪府大阪市北区中崎西2-4-12 梅田センタービル9F
0120-953-607
福岡第2オフィス福岡県福岡市博多区博多駅東2-2-2 博多東ハニービル3F
092-686-1250

※2021年7月現在エンエージェントでは、新型コロナウィルスの感染拡大を防止するため、対面面談を行っていません。

面談は「電話」もしくは「Web」となるので、把握しておきましょう。

ステップ3.求人紹介・応募

あなたの希望に合う求人がある場合は、面談中に求人が紹介されます。

また、希望の求人の他に、キャリアパートナーからあなたの適性・強みを活かせる求人が提案される場合もあります。

紹介された求人は、面談当日に応募することも可能ですし、後日でも問題ありません。

応募の際には、キャリアパートナーが書類に添削をしてくれたり、推薦文を書いてくれるため、書類選考の通過率を高めることができます。

ステップ4.面接対策・面接

書類選考に通過したら、次はいよいよ面接です。

面接の日程調整は、キャリアパートナーが行ってくれます。

面接に合格するためには、ポイントを押さえた面接対策を行うことが大切です。

エンエージェントでは、転職に精通したキャリアパートナーがあなたの特性に合わせて面接対策を行ってくれるため、自信を持って本番に臨めるはずです。

面接当日は練習の成果を出せるよう、落ち着いて質問に答えていきましょう。

ステップ5.内定・入社

内定が出た後は、キャリアパートナーが企業とあなたの間に立って、入社に向けての調整をしてくれます。

入社手続きや、前職の退社手続きなどで心配なことがあれば、何でもキャリアパートナーに相談しましょう。

また、エンエージェントでは、入社後のアフターフォローも充実しています。

入社後、2週間・1ヶ月・2ヶ月・6ヶ月・1年・1.5年・2年・2.5年・3年のタイミングで、キャリアパートナーから連絡が来るため、困っていることがあれば気軽に相談してみてください(参考:エンエージェント)。

エンエージェントを最大限活用するためのポイント

エンエージェントを最大限活用するためのポイント

せっかくエンエージェントを利用して転職活動を行うなら、最大限活用する方法を知っておきましょう。

ここでは、エンエージェントを効果的に利用するための3つのポイントをご紹介するので、ぜひ参考にしてください。

エンエージェントを活用するポイント

ポイント1.転職に関する悩みは遠慮なく相談する

エンエージェントのキャリアパートナーは、転職に関する悩みを一緒に解決してくれます。

自信を持って転職活動を進めるためには、「こんな初歩的なこと聞いたら笑われるかも…」といった心配はせず、キャリアパートナーに何でも相談して助言をもらうことをおすすめします。

エンエージェントが教えてくれること

  • 転職活動の進め方
  • 転職活動の準備
  • あなたの強みやアピールポイント
  • あなたにマッチする企業選びの基準
  • あなたの転職市場価値
  • 異業種への転職方法

ポイント2.エージェントからの信頼を失うような行為はしない

質の良いサービスを受けるためには、転職エージェントからの信頼を失うような行為は絶対に避けましょう。

たとえば、以下のような行動は信頼を失ってしまう可能性が高いので、注意が必要です。

担当者からの信頼を失う行為

  • 担当者からの連絡を無視する
  • 面談時に経歴・スキルなどを偽って報告する
  • 複数のエージェントを通して同じ企業に応募する

エージェントからの信頼を失ってしまった場合、転職支援を受けられなくなったり、エージェントの登録解除につながる恐れもあります。

特に、複数のエージェントから同じ企業に応募してしまうと、エージェントだけでなく、その企業からの信頼も失ってしまうため注意しましょう。

ポイント3.一社に絞らず複数の転職エージェントを併用する

エンエージェントは初めての転職にもおすすめのエージェントですが、求人数が少なめだったり、地方の転職に弱いという弱点もあります。

このような弱点をカバーするためには、エンエージェントだけでなく、他の転職エージェントも併用するのがおすすめです。

転職エージェントの複数利用には、以下のようなたくさんのメリットがあります。

転職エージェントを複数利用するメリット

  • 多くの求人を比較・検討できる
  • 各転職エージェントの独占案件をチェックできる
  • 複数の担当者からのアドバイスを受けられる
  • 相性の合う担当者を見分けられるようになる
  • 一社では足りない企業の情報・転職ノウハウなどを補える

「そんなに登録したら管理しきれなくなるのでは?」と思うかもしれませんが、サービスに満足できないエージェントは、すぐに退会してしまっても大丈夫です。

転職エージェントは何社利用しても料金はかからないので、できれば3〜4社利用して、エージェント選びでの失敗がないようにしておきましょう。

迷った場合は「doda」がおすすめ

転職エージェントは数が多いので、「他にどのエージェントを利用するか」迷ってしまいますよね。

複数利用するエージェント選びに迷った場合は、「doda」の利用をおすすめします。

doda
(引用元
doda

doda」は、業界トップクラスの求人数を誇る転職エージェント。

首都圏はもちろん、全国の求人を保有しているので、地方で転職したい場合にも活用できます。

また、dodaは「転職サイト」として利用できることも特徴で、登録後はアドバイザーに相談できるほか、サイト上で自分で求人を検索することも可能です。

状況に応じて使い分けることができるので、「マイペースに転職活動を進めたい」「自分でも求人を探したい」という方は、ぜひ利用してみてください。

doda|基本情報(22年1月時点)

運営会社パーソルキャリア株式会社
公開求人数約117,100件
非公開求人数約32,700件
対応地域全国+海外
料金すべて無料

【Q&A】エンエージェントのよくある質問

8.【Q&A】エンエージェントのよくある質問

最後に、エンエージェントについてよくある疑問点をまとました。

疑問をしっかり解消した上で、エンエージェントに登録してください。

エンエージェントに関するQ&A

Q1.エンエージェントは40代以上でも利用できる?

答え.

  • 利用可能です。ただし、求人数は少ない可能性があります。

記事中盤でお伝えしたとおり、エンエージェントの40代の利用者は1割程度であるため、ミドル層向けの求人はあまり多くないと推測できます。

とはいえ、40代向きの求人を保有している可能性もゼロではないため、一度求人紹介を受けてみても良いでしょう。

また、同じく「エン・ジャパン株式会社」が運営する転職サイト「enミドルの転職」では、30代から40代向けのハイクラス求人をチェックできるので、併せて利用するのもおすすめです。

※ 40代が利用するべき転職エージェントを知りたい方は、『【転職のプロに聞く】40代におすすめの転職エージェント・サイト|女性向けも紹介』も参考にしてください。

Q2.エンエージェントは「エン転職」と何が違うの?

答え.

  • エンエージェントは「転職エージェント」、エン転職は「転職サイト」に分類されます。

エンエージェントの運営元「エン・ジャパン株式会社」は、転職サイト「エン転職」も運営しています。

エン転職
(引用元
エン転職

なお、転職サイトでは求人をチェックすることはできますが、転職エージェントのような手厚い支援は受けられません。

基本的に求人探しから応募・選考対策まで自力で行う必要があるため、転職活動に不安のある方は、転職エージェントのサポートを受けることをおすすめします。

Q3.エンエージェントの退会方法は?

答え.

  • 担当者に直接伝える、もしくはエンエージェントの窓口に連絡をしましょう。

エンエージェントの退会方法は、以下の3つから選択してください。

  • 担当者に直接伝える
  • 問い合わせフォームを利用する
  • 利用中のオフィスに電話で連絡をする
    ・東京:0120-953-607
    ・名古屋:0120-953-607
    ・大阪:0120-953-607
    ・福岡:092-686-1250

まとめ

エンエージェントは、初めての転職活動を強くサポートしてくれる転職エージェントです。

専任のキャリアパートナーが転職に関する悩みを一緒に解決してくれるため、安心して転職活動を進められます。

とくに下記の特徴に当てはまる方にはぴったりの転職エージェントですので、ぜひ求人をチェックしてみてください。

エンエージェントがおすすめな人

  • 20~30代の方
  • 希望勤務地が東京の方
  • 初めての転職に不安を感じている方
  • 2度目の転職に失敗したくない方

ただし、エンエージェントには「他の大手エージェントと比べて求人数が少ない」「求人が東京に集中している」というデメリットがあります。

もし求人数やサービスに物足りなさを感じる場合は、複数の転職エージェントを併用することをおすすめします。

ぜひ複数のエージェントを活用して、万全の状態で転職活動を乗り切ってください。

今回紹介した転職エージェントまとめ

エンエージェント利用者満足度調査

調査方法:インターネット調査
調査対象:エンエージェント利用経験がある20歳以上の男女
調査地域:全国
調査期間:2021年5月18日~2021年5月19日
調査人数:149人
調査機関:Fastask

【エンエージェントに関する口コミ・体験談について】

エンエージェントの口コミ体験談は、主にインターネットでのアンケートを元に収集しております。

【画像引用サイト】

エンエージェント

関連記事