Operated by Ateam Inc.

イーデス

転職(退職)した方がいい会社の特徴15選!当てはまる場合の対策も解説

最終更新日:

提携各社(株式会社リクルート・株式会社マイナビ等)のアフィリエイト広告を含みます
イーデス』は、複数の企業と提携しており、当サイトを経由して商品への申込みがあった場合、各企業から報酬を受け取ることがあります。ただし、当サイトで紹介する商品・サービスは、イーデスが独自の基準で評価し掲載しております。
また当サイトで得た収益は、サイトを訪れる皆様により役立つコンテンツを提供するために、情報の品質向上・ランキング精度の向上等に還元しております。※提携機関一覧
この記事は有料職業紹介許可番号:23-ユ-302788)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社エイチームライフデザインが制作しています。

「転職した方が良い会社はどんな特徴を持っているんだろう?」

「今の会社を転職した方が良いのかもしれないと感じるが、判断材料がなくてわからない」

現在勤めている会社について、このような悩みを持っている人も多いでしょう。

結論から言うと、これから紹介する転職(退職)した方がいい会社の特徴に現在の会社が当てはまる場合、転職した方がいいと言えます。

転職した方がいい会社の特徴15選

本記事では各項目について、なぜ転職した方がいいかについて解説します。

さらに転職した方がいい会社の特徴に当てはまる場合の対処法や、転職活動を始める際におすすめの転職エージェントについても紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

おすすめの転職エージェント5選
リクルートエージェント
  • 業界最多クラスの求人を保有
  • 各業界に精通したキャリアアドバイザーが在籍
マイナビエージェント
  • キャリアアドバイザーによる一貫した支援を受けられる
  • 業界・職種別に特化したキャリアアドバイザーが在籍
doda
  • 転職サイトとしての機能も持ち合わせている
  • 転職セミナーや転職フェアも定期的に開催
パソナキャリア
  • 年収800万円以上のハイクラス求人
  • ミドルクラス以上のポジションに特化
ビズリーチ
  • 即戦力・ハイクラス人材対象
  • 機能が充実した有料プランもあり

    気になる内容をタップ

    転職(退職)した方がいい会社の特徴15選

    転職(退職)したほうがいい会社の特徴15選

    まずは、転職した方がいい会社の特徴を、以下の4項目にわけて紹介します。

    現在の自身の状況が特徴に当てはまると感じた場合は、転職に向けて動いてみるのがおすすめです。

    社員について

    ともに働く社員に関して以下のような兆候が見られた場合は、自身も転職を検討した方が良い可能性があります。

    具体的にどのような状況であるのかを確認し、当てはまるかどうかを考えてみましょう。

    離職率が高い

    離職率が高い会社は、社内の問題が根深く、職場環境に何らかの欠陥がある可能性が高いため転職した方がいい会社の特徴として挙げられます。

    離職率が高い原因はさまざまであるものの、劣悪な労働条件や不公平な評価制度、人間関係のトラブル、キャリアアップの機会が不足しているなどが原因であることが多いです。

    特に経営陣の離職率が高い会社では、組織運営に深刻な問題を引き起こす可能性があるでしょう。

    厚生労働省の調査によると日本企業の離職率の平均は令和4年で15%となっているため、自身の勤務先がこれ以上の離職率である場合、転職を真剣に考えた方が良いでしょう。

    離職率
    (引用元:厚生労働省|令和4年雇用動向調査結果の概況

    記事後半では業界別の離職率について記載していますので、離職率が高い点が気になる人はぜひ目を通してみてください。

    人手が少ない

    人員不足の状態が続いている会社は、社員一人ひとりにかかる業務負担が増大し、残業や休日出勤が当たり前となる可能性があることから転職した方がいい特徴に当てはまります。

    人手が少ないと、働いている社員のモチベーション低下や疲労の蓄積、さらには健康問題に繋がるリスクが高まるのが理由です。

    また、人手が足りないことで、通常業務に追われて社員自身の成長やスキルアップの機会を持ちにくいため、自己成長の可能性も失われてしまうでしょう。

    人員不足が慢性化されていないか、解消するための会社のサポート体制は機能しているかを確認し、解消の可能性が見いだせない場合は転職を考えるのがおすすめです。

    人員不足も否めないと思われる会社

    人員不足に関しては、スタートアップのベンチャー企業など、これから成長していく段階の会社では仕方ない場合もあります。

    会社の状況を良く見極めて判断するのが大切です。

    パワハラ・セクハラがある

    パワハラ・セクハラがある会社は、転職を強く検討すべき会社の特徴の一つです。

    パワーハラスメントやセクシャルハラスメントは、職場の健康的な環境を損ない、社員の精神的・肉体的な健康に深刻な悪影響を与えます。

    被害に遭った社員は、日々の業務においてストレスを感じ、仕事の意欲や生産性が著しく低下するだけでなく、自己評価やキャリア全体にも悪影響を受ける可能性があるでしょう。

    また、パワハラやセクハラが発生する職場は、会社全体での管理方法や倫理基準の欠如、適切なコンプライアンスの実践不足が疑われます。

    被害に対して会社が真摯に対応しない場合、安心して働く環境とは言いづらいため、健全な職場を見つけるのが重要です。

    陰口・悪口が多い

    職場での陰口や悪口は、職場の雰囲気を悪化させるだけでなく、社員同士の信頼関係を損ないます。

    陰口や悪口が多い環境では健全なコミュニケーションが十分に取れず、社員間の意見交換や協力が難しくなるため、仕事へのモチベーションが下がり、ひいてはチーム全体の生産性も低下します。

    陰口や悪口が横行する背景には、組織全体でのマネジメント不足や、透明性の欠如がある場合が多いです。

    上司や経営層が適切に問題に対処しない、または放置することで、社内の風土がさらに悪化してストレスや精神的な負担も増大するかもしれません。

    このような場合、良好なコミュニケーションが重視される職場に転職することで、安心感を持ちながら仕事に励めます。

    体調不良になる人が多い

    体調不良になる人が多い会社は、過度な残業や不適切な労働環境、過剰なプレッシャーなどが原因で、社員の健康が損なわれている可能性があります。

    一度体調不良になってしまうと健康を取り戻し社会復帰するのに年単位の時間がかかる場合もあるため、周りの人が体調不良を訴えはじめたら、早めに動きはじめるのが吉と出るかもしれません。

    体調不良は身体的なものだけではなく、精神的な不調も含まれます。

    身体的・精神的な体調不良の例

    • 頭痛がする
    • 身体がだるい
    • 夜眠れない
    • 仕事のことを考えるとため息が出る
    • 集中できない
    • 体重が増えた・減った など

    管理職や経営層が社員の健康を軽視し、過度な働き方を容認する会社である場合、転職した方が心身の健康を損なわずに済むでしょう。

    業務内容

    続いて、業務内容に関して以下の特徴がある場合は転職した方がいい会社と言えます。

    専門性・スキルが身につかない

    業務を通して専門性・スキルが身につかない場合は、転職を考えた方が良いでしょう。

    職場で新しい知識やスキルを磨けないと、将来のキャリアにおいて成長が期待できません。

    業務内容が単調で変化に乏しい、または組織全体が成長に対して消極的で教育や研修の機会がない場合、社員は現在のスキルに依存することになり、キャリアの幅を狭めるリスクが高まります。

    さらに、適切なフィードバックがなく、自身の仕事の成果や改善点を認識できないと、自己成長の目標を見失うことにもなるため、自分の目標や理想に合った会社を探すのがおすすめです。

    キャリアアップができない

    社内で昇進の機会が限られている、または役割が固定されている場合、社員がキャリアアップを目指すことが難しくなるため転職を検討するのがおすすめです。

    さらに評価制度があいまいで成果が反映されない場合や、上司や経営層が部下の成長に積極的でない場合も、キャリアアップの阻害要因になるでしょう。

    このような環境では、自己成長の意欲が削がれるだけでなく、キャリアビジョンの実現が難しくなり、長期的な不安を抱えることになります。

    キャリアアップができない会社に長く留まるのは、将来のキャリアの選択肢を狭めるリスクがあるため、自分の理想に合ったキャリアパスを歩むために転職を検討して成長のチャンスが豊富で公平な評価を受けられる会社を選ぶのがおすすめです。

    サービス残業が多すぎる

    サービス残業、つまり賃金が支払われない残業が常態している職場は、労働者の権利を軽視し健全な労働環境を整えていないことを示唆します。

    このような長時間の労働が続く環境では疲労が蓄積しやすく、モチベーションの低下や心身の健康に悪影響を及ぼすリスクが高まるため転職した方がいいでしょう。

    また、労働時間に関しては厚生労働省が定める労働基準法において上限が定められており、違反した場合6カ月以下の懲役または30万円以下の罰金が科される可能性があります。

    使用者が、第三十三条又は前条第一項の規定により労働時間を延長し、又は休日に労働させた場合においては、その時間又はその日の労働については、通常の労働時間又は労働日の賃金の計算額の二割五分以上五割以下の範囲内でそれぞれ政令で定める率以上の率で計算した割増賃金を支払わなければならない。

    (引用元労働基準法第三十七条

    違法性のある行為が横行している会社であれば、残業代が支払われるのを待つよりも透明性のある運営をしている企業へ転職するのがおすすめです。

    新人研修がほぼない

    会社の業務や文化にスムーズに適応し、必要なスキルや知識を習得するために不可欠なプロセスである新人研修がほぼ実施されていない会社も、転職を検討すべき会社の特徴の一つです。

    新人研修がほとんどない、あるいは十分でない場合、新入社員は職務の理解不足で適応に苦労しやすくなり、結果として業務の進行やパフォーマンスに支障が出てストレスや不安が蓄積される可能性があります。

    新人研修の欠如は、組織全体の人材育成に対する意識の低さや、社員の成長を支援する体制の不十分さを意味するでしょう。

    社員のスキルアップやキャリア機会が軽視される環境では長期的なモチベーションの維持が難しくなることもあるため、社員一人ひとりの成長を支援する会社で働けるように転職を検討してみてください。

    制度・賃金等

    会社の制度や賃金などに関して、以下のような状況がある場合、転職を検討すべきでしょう。

    給料が安い・未払いがある

    現在勤務している会社の給料が安い、上がりづらい、または給料の未払いがあったりボーナスが支給されない場合は、転職を検討してみても良いでしょう。

    適切な報酬を得られなければ生活が厳しくなり、仕事へのモチベーションやパフォーマンスに悪影響が出る可能性があります。

    給料の未払いに関しては会社の経営状態や管理体制に問題があるかもしれず、将来的に人件費削減のためいきなり解雇を言いつけられても転職の準備をすぐにできるとは限りません。

    現在の給料に不満がある場合は転職を検討し、自分の価値を正当に評価して報酬を支払ってくれる職場を選ぶと良いでしょう。

    有給が取りづらい

    現在の会社が労働者の権利である有給休暇を取りづらい場合も、転職を検討した方がいいかもしれません。

    有給休暇に関する規定は労働基準法第三十九条七項で定められており、有給休暇取得日数が10日以上の労働者には、基準日から1年以内に5日以上の有給休暇の取得が義務付けられています。

    使用者は、第一項から第三項までの規定による有給休暇(これらの規定により使用者が与えなければならない有給休暇の日数が十労働日以上である労働者に係るものに限る。以下この項及び次項において同じ。)の日数のうち五日については、基準日(継続勤務した期間を六箇月経過日から一年ごとに区分した各期間(最後に一年未満の期間を生じたときは、当該期間)の初日をいう。以下この項において同じ。)から一年以内の期間に、労働者ごとにその時季を定めることにより与えなければならない。

    (引用元労働基準法第三十九条第七項

    有給が取りづらい職場は、社員の休暇を取ることに対する理解が不足しており、職場全体の労働環境やワークライフバランスに問題があるかもしれません。

    適切な休暇を取れないと、社員は過労やストレスを感じ、モチベーションの低下につながるでしょう。

    また、有給休暇の取得を管理職が嫌がったり会社全体で取得を阻止したりといった風潮を持つ会社も存在します。

    自身の健康を守りながらキャリアを築くためにも、転職を考える際には、ワークライフバランスを尊重し有給が取得しやすい会社を選ぶのが重要です。

    福利厚生がない

    給料以外の部分で社員の生活や健康を支援する福利厚生がない会社も、社員の働きやすさや生活の安定を考慮していないことが疑われるため、転職した方がいい会社と言えます。

    福利厚生の例は以下の通りです。

    福利厚生の例

    • 健康保険
    • 退職金制度
    • 育児や介護に関する支援
    • 教育補助
    • 福利施設の利用 など

    福利厚生は会社によってさまざまであるものの、特に健康や家族の状況に合わせた柔軟なサポートが受けられない場合、ストレスや不安が蓄積する可能性があります。

    また会社が社員の成長や福利を軽視していると、キャリアアップのチャンスが制限される恐れも出てくるでしょう。

    転職を考える際には、社員の生活を支える姿勢を持ちしっかりとした福利厚生を提供している会社を選ぶのが重要です。

    経営面

    最後に、経営に関する項目で転職した方がいいケースを見てみましょう。

    トップダウンで進めている

    トップダウンで進めている会社は現場の意見や専門知識が無視されるやすく、現実的ニーズが考慮されず効率的な運営が難しくなる会社といえます。

    トップダウンとは?

    トップダウンとは、組織のトップである社長や役員が会社に関する将来の方針を決定し、その方針が業務命令や指示などのかたちで、一般の従業員へわたる経営のあり方を指します。

    • メリット:意思を統一しやすい、組織全体を一体化させやすい、意思決定から行動までのスピードが早い
    • デメリット:上層部の能力に左右されやすい、現場の意見が反映されにくく従業員の不満が溜まりやすい、従業員の成長につながりにくい

    上記に記載したように、トップダウンのアプローチは社員の意見や提案を取り入れないため、社員の成長につながりにくいというデメリットがあります。

    さらに、全体のビジョンや戦略に共感できない場合、会社に対する信頼感が低下し、長期的なキャリアに対する不安が生まれるでしょう。

    組織内でのコミュニケーション不足や透明性の欠如もトップダウン体制に起因することが多く、社員が安心して働ける環境が損なわれます。

    転職を検討する際には、現場の意見を尊重し、オープンなコミュニケーションを重視する会社を選ぶことで、自分のスキルや知識を生かしながらキャリアを築ける職場が見つかるでしょう。

    ビジョンやミッションがない

    企業のビジョンやミッションは、会社全体の方向性を示し、社員の行動基準や価値観を統一する重要な指針です。

    しかし、それがない会社では日々の業務が短期的な目標や場当たり的な指示に左右され、組織全体での一貫した戦略が欠けがちになるため、目先の業務に追われるばかりで長期的な目標を持って働けなくなります。

    組織全体の方向性が不明確であると自分のキャリアが会社の成長とどう結びつくのかが見えず、モチベーションが低下してしまうでしょう。

    現在の会社に、綺麗すぎなくても中長期先に成し遂げたいことがあるかどうかを確認し、無いと思えば転職を検討した方がいいかもしれません。

    社員一人ひとりが自分の役割に誇りと目的を持って働ける職場を見つけるために、ビジョンやミッションが明確で、組織全体で共有されている会社を選ぶことが重要です。

    取引先に未払いをしている

    取引先に対して未払いをしているほど財務状況が悪い会社は将来の収益が不安定になる可能性が高いため、早めに転職活動をはじめた方がいい可能性があります。

    近い将来社員の給料や福利厚生にも悪影響を及ぼすかもしれず、長期的なキャリアを築くのは難しいでしょう。

    取引先への未払いは信用リスクを増大させ、企業間の信頼関係を損ねる可能性があるため、新たなビジネスチャンスを持てず、会社の経営状況はさらに悪化する恐れもあります。

    安定したビジネス基盤を持ち、取引先との信頼関係を重視する企業に転職するために、企業の財務健全性と信用力を確認するのが不可欠です。

    業界別の離職率

    業界別の離職率

    転職した方がいい会社の特徴として「離職率が高い」を紹介しましたが、離職率は業界ごとに異なります。

    以下は、厚生労働省が実施した令和3年の産業別入職率・離職率を一覧にした図です。

    産業別入職率・離職率
    (引用元:厚生労働省|令和3年雇用動向調査結果の概況

    離職率だけを見てみると、宿泊業・飲食サービス業が25.6%、生活関連サービス業、娯楽業が22.3%、教育、学習支援業が13.5%と高いのが見て取れます。

    もしも現在勤めている会社の離職率が所属する業界の離職率を大きく上回っていた場合、社内の状況が良くないと判断できるでしょう。

    上司や同僚が退職するのが多いと感じる場合は、本表を参考に勤務先の離職率を割り出してみると転職の意思決定の判断材料になるかもしれません。

    転職した方がいい会社の特徴に当てはまる場合の対処法

    転職した方がいい会社の特徴に当てはまる場合の対処法

    転職(退職)した方がいい会社の特徴15選を見て、自分の勤めている会社が転職した方がいい会社の特徴に当てはまったときにできる対処法を3つ紹介します。

    転職した方がいい会社の特徴に当てはまる場合の対処法

    転職した方がいい会社に残り続けてしまうと、自身の将来に悪影響を与える結果となるかもしれません。

    まずは本当に辞めるべきかどうか、信頼をおける人に相談してみた上で、具体的に転職活動を始めるのがおすすめです。

    本当に辞めるべきかどうか判断する

    転職した方がいい会社に勤務先が該当した場合は、まず本当に辞めるべきかを冷静になって判断しましょう。

    感情だけではなく、辞めるべき理由を明確にすることで同じ失敗を繰り返さないための対策が取れます。

    具体的には、会社のなにを不満に感じているのか、解決するための方法を自己分析するのがおすすめです。

    自己分析したあとは、転職先に求める条件を書き出した上で優先順位をつけ、転職の軸をはじめに作っておくことで転職先選びに失敗しづらくなります。

    転職先に求める条件の主な例

    転職先に求める条件は一人ひとりさまざまです。

    どのような条件を決めればいいかわからない人に向けて、以下では主な条件を紹介します。

    • 年収や収入
    • 勤務時間や休日数
    • 勤務地
    • 仕事内容ややりがい
    • 社風や雰囲気
    • 福利厚生
    • 規模や安定性、成長性
    • 雇用形態
    • 経験やスキルが活かせる業界

    上記を参考に、自分が転職先に求める条件を設定してみましょう。

    上司・先輩・友人などに相談する

    転職した方がいい会社の特徴に自身の会社が当てはまっていると知ったため転職しようか悩んだ際は、信頼できる第三者に相談してみるのも良いでしょう。

    悩みを口に出して話をすることで、自分の考えや気持ちが整理できたり、客観視できたりするというメリットがあります。

    ただし、誰が適切な相談先であるかは良く吟味するのが賢明です。

    同じ会社に勤めている上司や先輩であれば悩みや不安を理解してもらえやすいというメリットがある反面、必ずしも転職を応援してくれるとは限らないため、噂が先行して仕事がやりにくくなる可能性があります。

    またや社外の友人は転職に関して理解を得られたとしても、転職活動のプロではなく職場での仕事ぶりを見ているわけでもないため、専門的なアドバイスを求めるには向いていない場合も考えられるでしょう。

    転職活動を始める

    自身の会社が転職した方がいい会社の特徴に当てはまった場合、すぐに転職活動を始めるのも一つの手です。

    転職活動と言ってもすぐに応募や面接に行くのではなく、自己分析や情報収集をはじめておくと、いざというときにスムーズに動けて転職活動が成功しやすくなります。

    転職活動の流れ

    転職活動の流れは、大きく以下にわけられます。

    特に事前準備は時間がかかる場合もあるため、転職を考えはじめたときに進めておくのがおすすめです。

    • 事前準備:自己分析や情報収集
    • 書類作成・応募
    • 面接
    • 内定・退職・入社

    転職活動は、焦りや不安、収入が途絶える経済的リスクを抱えてミスマッチの会社に転職してしまうリスクを最小限に留めるよう、できるだけ在職中に進めておくのがおすすめです。

    求職者は無料で利用できる転職エージェントを利用すれば、キャリアカウンセリングや応募書類の添削、面接対策や条件交渉などの転職支援を受けられるため、まずは相談だけでもしてみてはいかがでしょうか。

    おすすめの転職エージェント

    おすすめの転職エージェント

    転職活動をする際には、転職エージェントを利用すると効果的です。

    転職エージェントは多くの会社があるため、自分のニーズに合ったサービスを提供しているところを選びましょう。

    本章では、おすすめの転職エージェント5社について特徴を解説します。

    リクルートエージェント
    • 業界最多クラスの求人を保有
    • 各業界に精通したキャリアアドバイザーが在籍
    マイナビエージェント
    • キャリアアドバイザーによる一貫した支援を受けられる
    • 業界・職種別に特化したキャリアアドバイザーが在籍
    doda
    • 転職サイトとしての機能も持ち合わせている
    • 転職セミナーや転職フェアも定期的に開催
    パソナキャリア
    • 年収800万円以上のハイクラス求人
    • ミドルクラス以上のポジションに特化
    ビズリーチ
    • 即戦力・ハイクラス人材対象
    • 機能が充実した有料プランもあり

    リクルートエージェント

    リクルートエージェント」は、転職に関する悩みやキャリアの方向性など、各業界に精通したキャリアアドバイザーが幅広い相談に乗ってくれる転職エージェントです。

    自身の会社が転職した方が良い特徴に当てはまるとわかったものの、具体的な転職活動の方法がわからない人は、まず相談することでなにをするべきかがわかるでしょう。

    またリクルートエージェントのキャリアアドバイザーは相談者の話を聞いた上で現時点で転職する必要がないと思われる人には転職を勧めないため、本当に転職するべきか不安を感じている人も、安心して利用可能です。

    相談した上で転職活動をしてみようと決めた場合、リクルートエージェントでは39万件以上の公開求人と非公開求人を保有しているため、自分に合った仕事を見つけるための幅広い選択肢を提供してもらえます。

    リクルートエージェント|基本情報

    運営会社

    株式会社リクルート

    公開求人数

    約419,000件

    非公開求人数

    約221,000件

    対応地域全国+海外
    料金すべて無料
    登録免許厚生労働省有料職業紹介事業: 13-ユ-313011
    公式サイトhttps://www.r-agent.com/

    (最終更新:24年7月時点)

    リクルートエージェントの口コミ

    リクルートエージェント の口コミ

    20代/女性

    仕事をしながら転職活動をしたかったので、書類選考や面接日時調整などをサポートしてもらえる環境が魅力的だったからです。また、新卒就職とは違うのでそのあたりの違いや気を付けるべきこと、PR方法を教えていただきたかったことも理由の一つです。

    (イーデス調査)

    リクルートエージェント の口コミ

    20代/女性

    前職で適応障害になってしまったことを打ち明けた際に、転職活動のペースについてお電話で何度も相談に乗っていただきました。
    完治していないながらも焦って転職活動を始めようとしていたので、ゆっくりと進めることを勧めていただいた時には本当に嬉しかったです。

    (イーデス調査)

    マイナビエージェント

    マイナビエージェント」は、転職活動の疑問に対して一つひとつ丁寧に答えをもらえる転職エージェントです。

    業界ごとに専任のキャリアアドバイザーが在籍しており、さまざまな仕事の転職事情について熟知しているため、自身の希望を伝えることでどのような活動をするべきかを具体的に示してくれます。

    マイナビエージェントは、求職者の中でも特に若手や第二新卒の転職に強みを持つ転職エージェントです。

    新卒で入社した会社が転職するべき会社の特徴に当てはまったときに感じる不安や悩みに対しても真摯に向き合ってもらえるため、はじめて転職活動をしようと考えた人は、ぜひマイナビエージェントに登録してみてください。

    マイナビエージェント|基本情報

    運営会社株式会社マイナビ
    公開求人数非公開
    非公開求人数非公開
    対応地域全国
    料金無料

    (最終更新:24年7月時点)

    マイナビエージェントの口コミ

    マイナビエージェント の口コミ

    20代/女性

    新卒で入社して以来の職場探しかつ異業種への転職だったのでアドバイザーさんとの面談を通して、自分のやりたいことや向いてるところの精査をすることができました。
    また自分の性格を加味してお仕事先をアドバイスしてもらえたのでミスマッチが比較的少ないのがよかった。

    (イーデス調査)

    マイナビエージェント の口コミ

    20代/女性

    もう1つ登録していたエージェントよりも私の思考回路を理解してくれているので、面接対策や添削などがとても分かりすくてジシンにも繋がったから。LINEでのやりとりもあって会わなくても存在を感じることができた。

    (イーデス調査)

    doda

    doda
    (引用元
    doda

    doda」は、転職サイトと転職エージェントの2つの顔を持つ転職サービスです。

    まだ転職するかわからないのに転職エージェントに相談するのは気が引けるという場合は、まずはdodaを転職サイトとして利用して、どのような求人があるかを見てみるのが良いでしょう。

    dodaは公開求人数だけでも23万件を超える求人数を保有しているため、その中から自分の希望を満たす求人がどれだけあるのか絞り込んでみると、将来のキャリアプランが具体的になります。

    求人を見て転職して新たな道に進みたいと思った場合は、求人紹介だけではなく応募書類の添削や面接対策をしてくれる転職エージェントを利用し、自分のニーズに合った企業への転職活動に力を入れましょう。

    doda|基本情報

    運営会社パーソルキャリア株式会社
    求人数

    200,000件以上(非公開求人を含む)

    対応地域全国+海外
    料金無料

    (最終更新:24年7月時点)

    簡単3分!
    エージェントサービスに登録で非公開求人を確認!

    doda公式サイトで無料登録

    dodaの口コミ

    doda の口コミ

    20代/女性

    dodaのキャリアカウンセラーは親身になって相談をしてくださるところです。メールも頻繁に下さり遅い時間になっても電話相談をしてくださいました。相手の意見を親身に聞いてお話しをしてくださりとても良かったです。

    (イーデス調査)

    doda の口コミ

    30代/女性(営業)

    専門的事務所から事業会社への転職を考えていたので、専門的事務所用に作成した職務経歴書では事業会社では通らないとのことで、事業会社用の職務経歴書の作成方法や、注意点、コツなどを丁寧に教えてくれた点がよかったです。

    (イーデス調査)

    パソナキャリア

    パソナキャリア
    (引用元
    パソナキャリア

    パソナキャリア」は、丁寧なカウンセリングを通じた、求職者一人ひとりに合う企業とのマッチング力とサポート体制に強みを持つ転職エージェントです。

    客観的な視点から経験・希望にマッチした求人を提案してもらえるため、自分の状況が転職した方が良いか悩んでいる人も、相談することで意思決定できます。

    パソナキャリアは取り扱う求人の年収帯が600〜1,200万と高い「ハイクラス転職エージェント」として、特に給料やキャリアアップができない点に不満を持つ人におすすめです。

    日本の大手、優良企業の求人が約92%を占めているため、転職後の待遇も期待できるでしょう。

    パソナキャリア|基本情報

    運営会社株式会社パソナ
    公開求人数

    約35,000件

    非公開求人数非公開
    対応地域全国+海外
    料金無料

    (最終更新:24年7月時点)

    パソナキャリアの口コミ

    パソナキャリア の口コミ

    20代/女性

    初めての転職でしたので転職の進め方から教えて頂きました。コロナ渦で面接もWEB面接でしたので、WEB面接で気をつけるべきことも教えて頂きました。また、面接の前には、面接先の企業を担当されている方から連絡をいただき、その企業について話を聞くことができ、質問も答えていただくことができたので、そこがよかったです。
    全く知らない企業を受ける場合、働きながらでは情報収集を十分に行うことは難しいです。その為、エージェントの方からサポートいただけたのはとても助かりました。

    (イーデス調査)

    パソナキャリア の口コミ

    30代/女性

    他の大手エージェント、例えばリクナビやdodaなどと比較すると、量よりも質がとても高い求人が多かったと感じています。また、電話面談でお伝えしたこちらの希望に沿ったものだけではなく、少し幅を広げた捉え方をした場合の求人なども紹介してくれる点は良かったと思いました。

    (イーデス調査)

    ビズリーチ

    ビズリーチ
    (引用元
    ビズリーチ

    ビズリーチ」は、登録した求職者のプロフィールを見た企業からスカウトが届くハイクラス転職サイトです。

    スカウトを受けたからと言って必ず選考に進まなければならないということはないため、まずは登録してみて企業が自分にどのような可能性を感じているのか、またキャリアの選択肢を確認してみましょう。

    ビズリーチは年収1,000万円以上の求人が3分の1以上を占めるなど、経営幹部・管理職などのプロフェッショナル人材向け高年収求人を多数掲載しているのが特徴です。

    スカウトを待つだけでなく、転職のプロフェッショナルであるヘッドハンターに転職相談も可能なため、転職するならハイクラスが良いと思う人は、ぜひビズリーチに登録してみてください。

    ビズリーチ|基本情報

    運営会社株式会社ビズリーチ
    公開求人数約125,000件
    非公開求人数非公開
    対応地域全国+海外
    料金

    登録無料
    【プレミアムステージへのアップグレード(有料)】
    ●Web版から(Web決済)
    30日間コース :5,478円(税込)
    ●アプリから(App Store決済)
    月額 :5,500円(税込)

    (最終更新:24年7月時点)

    ビズリーチの口コミ

    ビズリーチ の口コミ

    40代/男性

    ビズリーチ自体のサポートやアドバイザーのサポートについてのイマイチだと感じた点は何もありませんでした、とにかく私が転職活動をスムーズに行えるように熱心にサポート全般をしてくれましたので素直に良い印象しかありませんでした。

    (イーデス調査)

    ビズリーチ の口コミ

    30代/男性

    転職活動全般の流れやそのために必要な準備などの説明やフォローをして頂きました。こちらで作成した履歴書や経歴書などの添削などをして頂きましたし、転職活動における入り口から出口までの流れを詳しく説明してくれました。

    (イーデス調査)

    転職(退職)した方がいい会社に関するよくある疑問

    転職(退職)した方がいい会社に関する

    最後に、転職した方がいい会社に関するよくある疑問を紹介します。

    自身の勤めている会社が転職した方がいい会社の特徴に該当した場合、さまざまな疑問が頭に浮かぶことでしょう。

    以下の内容を事前にチェックして、少しでも疑問点を減らしておきましょう。

    転職(退職)した方がいい会社に関するよくある疑問

    辞めるべき会社に残り続けるとどうなる?

    回答

    辞めるべき会社に残り続けた場合、以下のような現象が起こると考えられます。

    • 人手不足により残業や休日出勤が常態化する
    • 経営が悪化して倒産する
    • 適切な評価が得られない
    • 仕事に対するモチベーションの低下

    上記は一例ではあるものの、辞めるべき会社に残り続けると、自己成長の機会が減り、スキルの停滞やキャリアの進展が遅れる可能性があります。

    また、長期間にわたるストレスやフラストレーションにより、心身の健康にも悪影響を及ぼすかもしれません。

    会社に残るかどうかを検討する際は、上記のようなリスクを理解し、自分自身にとって何が最善かを考慮するのが重要です。

    転職を判断するタイミングは?

    回答

    個々の状況によって異なるものの、以下のような兆候を基準にすると良いでしょう。

    • 体調不良
    • 眠れない
    • 疲れが取れない
    • 組織体制が頻繁に変わる
    • 優秀な人材が辞めていく
    • 仕事へのモチベーションが上がらない

    転職を判断するタイミングは、さまざまな変化から見極められます。

    まず、日常的なストレスが高まり、仕事の意欲や生産性が著しく低下している場合です。

    また評価が不当であったり、キャリア成長の機会が得られない状況が続く場合も、転職を考えるタイミングと言えます。

    さらに、会社の経営方針や文化が自分の価値観に合わず、将来に対する展望が見えなくなったと感じたら、転職を考える時期かもしれません。

    転職(退職)をしない方がいいケースは?

    回答

    転職しないほうがいいケースとしては、次のようなものがあります。

    • いまの職場環境から逃げたい
    • 転職が目的になっている
    • 転職理由があいまい
    • 感情的になっている
    • 自分のがんばり次第で問題が解決する
    • 転職理由を他責で考えている
    • 採用市場が滞っている業界に未経験での転職を考えている

    転職しない方がいいケースも存在します。

    こちらも個々の状況によって異なるものの、自身が当てはまっていないかを一度チェックし、冷静に考えてみるのがおすすめです。

    転職(退職)しない方がいい会社の特徴は?

    回答

    転職しない方がいい会社の特徴は以下が挙げられます。

    • 社内文化が健康的
    • 社員同士の協力やサポートがある
    • モチベーションが維持されている
    • 上司や経営陣が社員を適切に評価してくれる
    • 成長をサポートする姿勢を持っている
    • 職務内容や福利厚生が自分の目標や生活スタイルに合っている
    • 市場での需要に見合ったスキルを磨ける
    • 自分の意見が尊重される

    転職を考えるほど嫌なことがあったとしても、上記のような特徴に当てはまる会社に勤務している場合は、今一度転職するべきかを考え直すのが良いでしょう。

    まとめ

    現在勤めている会社が転職した方がいい会社の特徴に当てはまる場合、以下の対策を取るのがおすすめです。

    転職した方がいい会社の特徴に当てはまる場合の対処法

    転職活動を始めると決めたら、まずは転職エージェントを利用してみましょう。

    転職エージェントは基本的に無料でプロフェッショナルから転職支援を受けられるため、転職成功の近道となります。

    おすすめの転職エージェントは以下の通りです。

    おすすめの転職エージェント5選
    リクルートエージェント
    • 業界最多クラスの求人を保有
    • 各業界に精通したキャリアアドバイザーが在籍
    マイナビエージェント
    • キャリアアドバイザーによる一貫した支援を受けられる
    • 業界・職種別に特化したキャリアアドバイザーが在籍
    doda
    • 転職サイトとしての機能も持ち合わせている
    • 転職セミナーや転職フェアも定期的に開催
    パソナキャリア
    • 年収800万円以上のハイクラス求人
    • ミドルクラス以上のポジションに特化
    ビズリーチ
    • 即戦力・ハイクラス人材対象
    • 機能が充実した有料プランもあり

    転職エージェントは相談だけでも受け付けているため、本当に自分は転職するべきか迷った場合も、まずは登録して相談するのがおすすめです。

    現在の会社が転職した方がいいとわかったら、将来的な自分のキャリア目標を目指して行動に移しましょう。

    転職の関連記事

    • Facebook
    • x
    • LINE