Operated by Ateam Inc.

イーデス

ホテル業界から転職できる?辞めたい理由と異業種への転職成功のコツ

最終更新日:

ホテル業界から転職できる?辞めたい理由と異業種への転職成功のコツ
転職
提携各社(株式会社リクルート・株式会社マイナビ等)のアフィリエイト広告を含みます
イーデス』は、複数の企業と提携し情報を提供しており、当サイトを経由して商品への申込みがあった場合には、各企業から報酬を受け取ることがあります。ただし当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無が影響を及ぼすことはございません。
また当サイトで得た収益は、サイトを訪れる皆様により役立つコンテンツを提供するために、情報の品質向上・ランキング精度の向上等に還元しております。※提携機関一覧
この記事は有料職業紹介許可番号:23-ユ-302788)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社エイチームライフデザインが制作しています。

ホテル業界から転職したいけれど、「未経験で異業種へ転職ってできるの?」と不安に思っている方もいるでしょう。

この記事では、ホテル業界から未経験の異業種へ転職する際おすすめの転職先やコツを詳しく解説していきます。

ホテル業界から転職するために、ぜひ参考にしてください。

ホテル業界からの転職におすすめの転職エージェント

サービス名特徴求人数就職者数
※1 事業者合算
転職先への定着率※2キャリア相談求人の提案スカウト機能
doda公式サイト
  • エージェント機能がある転職サイト
  • 非公開求人が豊富
約22万件
+非公開求人
年間31,414人約94%丸丸丸
リクルートエージェント
公式サイト
  • 業界トップクラスの求人数を誇る
  • 大手企業の求人が多数あり
約447,000件+非公開求人
約327,000件
横棒横棒丸丸丸
マイナビエージェント公式サイト
  • 20代の転職に強い
  • 無期限で利用可能

約5万件
+非公開求人
約2万件

年間24,903人約89%丸丸丸

(※2024年1月時点)

    気になる内容をタップ

    ホテルマンを辞めたい理由

    ホテルマンはやりがいを感じられる職業である一方で、「業務がきつい」「転職したい」と思っている方も多いでしょう。

    ホテル業界は他の業界と比較して、離職率が高いことも事実です。

    ここでは、ホテルマンが辞めたい理由を紹介していきます。

    とくに「ホテルフロント」は辞めたい人が多い

    「ホテルフロント」は辞めたい人が多い職種のひとつです。

    「ホテルフロント」は特にお客様と接する機会が多く、クレームやご要望を受けることも。

    また、基本的に立ち仕事で夜勤も発生するため、精神的にも体力的にも業務がきついと感じ、辞めたいと思う方が多いようです。

    長時間労働で体力的にきつい

    長時間労働で体力的にきつい、というのも理由のひとつです。

    ドアマンやハウスキーピング、調理など体力を使う仕事が多く、さらに休みも不規則で夜勤も発生します。

    そのため特に夜勤が発生する職種は、日勤と夜勤が交互に続くシフト勤務によって自律神経が乱れ、体調を崩す方も出てきます。

    体調を崩した結果「体力的に限界」と転職を考え始める方もいます。

    クレームや無理な要求で精神的にもきつい

    お客様からのクレームや無理な要求で精神的にきついと感じ、辞めたいという方も多いです。

    日々の業務の中で、クレームや無理な要求に対応する時間は比較的多く、たとえ理不尽だと思っても対応しなければいけない辛さがあります。

    お客様対応に対するプレッシャーに疲れてしまい、辞めたいと思う方もいるようです。

    身に付くスキルが限定的になりやすい

    身に付くスキルが限定的になりやすい点も辞めたいと思う理由です。

    自分のスキルを振り返ったときに「スキルアップできているのかな?」「このまま働き続けて大丈夫かな?」と不安に思うホテルマンも少なくありません。

    数字で表せるような実績を残しづらいため、ホテルから転職する際にも、アピールポイントを見つけることが難しいでしょう。

    今後のスキルアップを見据えて、ホテル業界を辞めて転職したいと思うようです。

    未経験でホテルから異業種に転職することは可能?

    実際のところ、未経験でホテルから異業種に転職はできるのでしょうか。

    転職できるのかや活かせるスキル、おすすめの転職先など紹介していきます。

    20代ならホテルから異業種への転職も可能

    20代であれば、ポテンシャル採用という形で未経験でも異業種へ採用されるチャンスがあります。

    しかし、年齢を重ねると難しくなっていくのも事実です。ホテル業界からの転職を考えているなら、1日でも早く動き出すことをおすすめします。

    30代のホテルマンは転職しないほうが良い

    30代のホテルマンは転職をしない、という選択肢も出てきます。

    なぜなら、30代以降は未経験での転職自体が難しいため、転職先がかなり限定される可能性があるからです。

    また30代以降でも未経験OKの職種は、ブラック企業のおそれもあるため、リサーチを行った上で転職は慎重に検討しましょう。

    ホテル業界でのキャリアップ、もしくはホテル業界での転職をおすすめします。

    異業種への転職でもホテルの経験を活かせる

    異業種への転職でも、ホテル業界での経験を活かすことができます。

    転職活動の際に、ホテルでの経験を志望する業界で活かせると具体的に話すことができれば転職成功が見えてきます。

    活かせる経験を見ていきましょう。

    マナーをわきまえた行動ができる

    お客様と接するホテルフロントやドアマンなどは、ビジネスマナーをわきまえた行動ができます。

    身だしなみやマナーがきちんとしている点は、異業種の接客業や営業職に転職する際にはアピールすべきポイントです。

    接客・コミュニケーションスキルが高い

    接客・コミュニケーションスキルが高いことも転職に有利です。

    ホテルの仕事はお客様やスタッフなど、多くの人と関わる業務のため、接客・コミュニケーションスキルが高いことも転職には強みになります。

    特に接客業や営業職に転職する際にはアピールできる経験です。

    マネジメント経験があると転職で有利

    マネジメント経験があると、転職には有利になります。

    ・何人くらいマネジメントしていたのか(規模)

    ・どのようにマネジメントしていたのか(内容)

    を転職する際にアピールできれば、管理職として転職できる可能性があります。

    人手不足の業界なら未経験でも転職可能

    人手不足の業界なら未経験でも転職しやすくなります。

    例えば、IT業界や介護業界、旅行業界などは転職サイトで求人を見かけることも多く、未経験で転職することも可能です。

    転職サイトでどんな業界の求人が出ているのか分析することもおすすめです。

    転職に有利になる資格やスキルを身につける

    転職を考えているなら、転職に有利になる資格やスキルを身につけることも必要です。

    例として3つ、人気の資格・スキルを紹介していきます。

    語学資格(TOEICなど)

    語学は転職市場において重要なスキルのひとつです。

    海外からのお客様も多く、英語で接客する機会も多いホテル業界。実際に業務で使用していた上に、語学資格も持っていると語学が自分の強みになります。

    特TOEICは毎月試験があり、受験しやすく転職にも役立つおすすめの語学資格のひとつです。

    介護職員初任者研修

    高い接客・コミュニケーションスキルを活かして、介護業界への転職へ興味がある場合は「介護職員初任者研修」を受けましょう。

    必須の資格ではありませんが、取得していると転職する際に有利な資格です。

    通信教育でも受講できるので、忙しいホテルマンでも自分のペースで取得まで取り組めそうです。

    プログラミングスクール

    プログラマー、エンジニアも求人が多い職種のひとつです。

    未経験からプログラミングスクールに通い、プログラマーやエンジニアに転職する方も多いです。

    専門的な知識が必要ですが、通学・通信それぞれスクールに通い学ぶことができます。

    スクールによっては就職サポートも行っているので、プログラミングに興味があり転職を考えている方は、就職サポートのあるスクールに通うことをおすすめします。

    テックアカデミー(TechAcademy)」は全てのコースで転職サポートがあり、初心者にもスタートしやすいプログラミングスクールです。

    ホテルからの転職におすすめの転職先

    ホテル業界からの転職におすすめの転職先を紹介していきます。

    接客業

    ホテルマンとして身につけたマナーや接客・コミュニケーションスキルを活かせるのが接客業です。

    ホテル業界で得た接客スキルは、他の業界でも評価されることが多く即戦力として採用されると言われています。

    実際にハイブランドの販売員や高級レストランなど、質の高いサービスを提供する接客業に転職される方も多いのが特徴です。

    営業職

    ビジネスマナーや接客スキルがすでに身についているので、営業職への転職で自分のスキルを活かすことができます。

    また、クレーム対応の経験もあるため、営業職に必要な臨機応変な対応力や折衝スキルも身についていると言えます。

    特に営業職は求人も多いため、目標に向かって頑張れる方には営業職もおすすめです。

    メーカー営業に転職したい方は、以下の記事も参考にしてみてください。

    IT業界

    IT業界は理系のイメージで未経験では転職は難しいという印象があるかもしれません。

    しかし、実際の求人を見ると未経験でも応募できる企業も多いのです。

    なぜならブログラマーやエンジニアは人材不足の職種だからです。

    転職に有利なスキルとしてプログラミングを挙げましたが、転職前にプログラミングのスキルを身につけておくと転職でアピールできるでしょう。

    外資系企業

    外国語に自信があるなら、外資系企業もおすすめです。

    外資系企業への転職は転職条件にTOEICなどの語学資格のスコアを求めている企業が多く、業務で実際に外国語を使用していた経験があればアピールできます。

    未経験の求人は少ないかもしれませんが、高い語学力を活かして挑戦する姿勢をみせると良いでしょう。

    ホテルから異業種への転職を成功させるコツ

    ホテルから異業種へ転職を成功させるコツを3つ紹介していきます。

    自分のスキルに合った仕事を探す

    ホテルからの転職を成功させるには、自分のスキルに合った仕事を探しましょう。

    転職する際には、前職での経験も活かして転職先で何ができるのかを見られます。

    自分のスキルに合っている仕事だとアピールしやすいので、アピールできるスキルを見つけ、スキルを活かせる仕事を探しましょう。

    転職後のキャリアプランを明確にする

    転職を考えたきっかけがホテル業界の労働環境だったとしても、転職前に、転職後のキャリアプランを明確にしておきましょう。

    転職面接では、「キャリアプラン」について質問されることが多いです

    「前職の経験をどう活かせるのか」「転職後のキャリアプランはどう考えているのか」は、とくに深掘りされるポイントです。

    これまでの経験を活かして転職先でどういう仕事がしたいのか、将来どうなっていきたいのかをしっかり準備しておきましょう。

    転職エージェントを利用する

    未経験の異業種への転職は不安がつきもの。

    転職を成功させるには、これまでホテル業界で培ってきたスキルを活かしてどういう風に活躍できるのか、再現性を持ったアピールをする必要があります。

    「再現性を持ったアピールってどうしたらいいのかわからない」「自分ひとりで転職活動して大丈夫かな」と不安に思う方もいるかもしれません。

    そこで、おすすめしたいのが転職エージェントを利用することです。

    転職エージェントを利用するメリット

    転職エージェントのキャリアアドバイザーと面談することで、「自分にはどんな強みがあるのか」「どんな経験をアピールすべきか」など、自分で気がつかなかった長所を指摘してもらえます。

    「アピールポイントはあるけど、どう志望動機をまとめれば良いのか分からない」という場合にも相談に乗ってもらえるでしょう。

    ホテルからの転職におすすめの転職エージェント

    転職を成功させるためには、たくさんの求人の中から「自分の希望とマッチした求人を選ぶこと」が重要です。

    自分のどんなスキルを活かして、どの業界に転職を考えているのかある程度、希望をまとめた上で、転職エージェントを活用しましょう。

    ここでは、未経験からの転職に強い転職エージェントを3社ご紹介します。

    キャリアアドバイザーのサポートが欲しいなら「doda」

    doda
    (引用元
    doda

    doda」は、テレビCMやWEB広告でも見かけることが多い転職エージェントです。

    専門のキャリアアドバイザーが丁寧にヒアリングを行い、求職者に合う求人を提案してくれます。

    転職が初めてで、提出書類の書き方や面接でのアピール方法が分からないという場合にも、丁寧にサポートしてくれるでしょう。

    また、企業ごとの面接対策も詳しく教えてもらえるので、自信を持って面接にいどめます。

    面接の日程交渉や年収の交渉など、個人では話しづらいことも代行してもらえるので、安心して転職活動を進められるでしょう。

    doda|基本情報

    運営会社パーソルキャリア株式会社
    求人数

    200,000件以上(非公開求人を含む)

    対応地域全国+海外
    料金無料

    (最終更新:24年6月時点)

    簡単3分!
    エージェントサービスに登録で非公開求人を確認!

    doda公式サイトで無料登録

    豊富な求人から希望する求人を探したいなら「リクルートエージェント」

    リクルートエージェント」は、転職支援実績No.1の転職エージェント。

    人材派遣業者として企業とのつながりが強く、幅広い業種の求人を20万件以上保有しています。

    どんな業界が向いているかわからないと迷う際も、キャリアアドバイザーに相談をすれば、向いていること、やりたいことからおすすめの業界を提案してくれます。

    また、リクルートエージェントは求人数が多いため、他では見つからない求人が見つかる可能性もあります。

    企業との交渉に強く、内定率も高いので、キャリアアドバイザーに相談すれば希望の転職に近づけるでしょう。

    リクルートエージェント|基本情報

    運営会社

    株式会社リクルート

    公開求人数

    約404,000件

    非公開求人数

    約221,000件

    対応地域全国+海外
    料金すべて無料
    登録免許厚生労働省有料職業紹介事業: 13-ユ-313011
    公式サイトhttps://www.r-agent.com/

    (最終更新:24年6月時点)

    20代・第二新卒の転職なら「マイナビエージェント」

    マイナビエージェント」は、「20代の転職で信頼されている転職エージェントNO.1」を獲得している転職エージェントです。

    担当者が比較的若いこともあり、 転職者の悩みや相談事にも親身になって答えてくれます。

    初めての転職や第二新卒の人は、マイナビエージェントに登録しましょう。

    マイナビエージェント|基本情報

    運営会社株式会社マイナビ
    公開求人数非公開
    非公開求人数非公開
    対応地域全国
    料金無料

    (最終更新:24年6月時点)

    まとめ

    ホテル業界から転職をする際におさえておきたいポイントは、以下の通りです。

    ホテル業界から転職するポイント

    1. 未経験からでもホテル業界から異業種への転職は可能
    2. ホテルでの経験をアピールできるようにすること
    3. ホテル業界での経験が有利な転職先を探す
    4. ホテル業界から転職するには「今後のキャリアプラン」が重要

    ホテル業界から未経験で他業種に転職することは、厳しいのが現実です。

    しかし、ホテル業界での経験をきちんとまとめ、今後のキャリアプランと絡めてアピールできれば「異業種への内定獲得」も不可能ではありません。

    また、内定率を高めるためには、応募書類の添削や面接対策をしてくれる「転職エージェント」を利用することをおすすめします。

    ホテル業界からの転職におすすめの転職エージェント

    サービス名特徴求人数就職者数
    ※1 事業者合算
    転職先への定着率※2キャリア相談求人の提案スカウト機能
    doda公式サイト
    • エージェント機能がある転職サイト
    • 非公開求人が豊富
    約22万件
    +非公開求人
    年間31,414人約94%丸丸丸
    リクルートエージェント
    公式サイト
    • 業界トップクラスの求人数を誇る
    • 大手企業の求人が多数あり
    約447,000件+非公開求人
    約327,000件
    横棒横棒丸丸丸
    マイナビエージェント公式サイト
    • 20代の転職に強い
    • 無期限で利用可能

    約5万件+
    非公開求人
    約2万件

    年間24,903人約89%丸丸丸

    (※2024年1月時点)

    転職エージェントを活用し、ホテル業界からの転職を成功させましょう。

    転職の関連記事

    • Facebook
    • x
    • LINE