飲食業界の人に選ばれている転職エージェント5選

ナビナビ
転職

2022-06-22

現在飲食業界で働いている方は、「開業資金を貯めるために年収を上げたい」「スキルアップしたい」などの理由で転職を考えている方も多いのではないでしょうか?

今後のキャリアプランを考えて転職を検討しているなら、飲食業界に特化した転職エージェントの利用がおすすめです。

本記事では、飲食業界の転職におすすめの転職エージェントを紹介しています。

転職先選びで失敗しないための注意点や、今後飲食業界で独立・開業するための方法まで詳しく解説していきます。

自分に合った転職エージェントを利用して、新しい環境で働くための一歩を踏み出しましょう。

目次

飲食業界に強い転職エージェントを選ぶコツ

飲食に強い転職エージェントを選ぶコツ

飲食業界で転職を検討しているなら、業界に強い転職エージェントを選ぶことが大切です。

転職活動を始めてから「こんなはずじゃなかった」「全然うまくいかない」と後悔しないように、転職エージェントを選ぶ際のコツを確認しておきましょう。

保有求人数が多い転職エージェントを選ぶ

転職エージェントを選ぶなら、保有している求人数が多い転職エージェントを選びましょう。

飲食業界への転職に利用するなら、飲食業界の求人をより多く保有している「特化型の転職エージェント」を選ぶのがおすすめです。

たくさんの求人をチェックできれば、探し求めていた条件の転職先を見つけられる確率がアップします。

飲食業界の人に選ばれている転職エージェント5選」では、飲食業界に特化した転職エージェントをまとめているので、参考にしてみてください。

サポートの充実度を重視する

転職エージェントを選ぶ際は、サポートの充実度も確認しておきましょう。

転職活動では、求人検索・書類の作成・面接日の調整・面接など、やることがたくさんありますが、これらを全て自力で行うにはかなりの工数が必要です。

転職エージェントを利用すれば、キャリアアドバイザーが面接対策や企業とのやりとりを代行してくれます。

ただし、サポート内容は転職エージェントによって異なるため、よりサポートの充実しているエージェントを選ぶのがおすすめです。

現場の情報に精通している転職エージェントを選ぶ

求人票に記載されている内容だけでは、実際の職場の雰囲気や労働環境まではわかりません。

リサーチ不足のまま転職すると、「ブラック企業に入社してしまった」「スキルアップが見込めない」などの問題が出てきて、結果的に転職失敗となってしまいます。

そうならないためにも、企業のリアルな情報に詳しい転職エージェントや、実際に応募先の企業とやり取りをしている転職エージェントを選ぶと安心です。

転職支援実績が豊富かどうかを重視する

転職エージェントを選ぶときは、転職支援実績が豊富かどうかを重視しましょう。

転職支援実績が少ない転職エージェントでは、十分なサポートを受けられない可能性があります。

また、求人数が少なく、希望に合う求人が見つからない可能性も高いです。

それに比べて飲食業界への転職支援実績が多い転職エージェントなら、安心して利用できるでしょう。

失敗しない転職エージェントの選び方を詳しく知りたい方は、以下の記事も参考にしてみてください。

飲食業界の転職者に選ばれている転職エージェント5選

ここでは、飲食業界の転職者に選ばれている転職エージェントを5つ紹介します。

それぞれに特徴が異なるので、自分に合った転職エージェント選びましょう。

①個人店のミカタjob

体験入社が可能でミスマッチを防げる!

個人店のミカタjobのおすすめポイント

  • 飲食店総合支援会社フードコネクションが運営
  • 一日体験入店が可能。お試し入社で現場とのミスマッチを未然に防げる
  • 独立支援・ノウハウ習得を支援

「個人店のミカタjob」では、のれん分けや社内独立制度のある求人を多数紹介しています。

実際に、これらの制度を活用して独立に成功した方もいるようです。

求人数自体は大手と比べると少なめですが、今後個人で独立を目指している方は登録しておいて損はありません。

②クックビズ

任せて安心!顧客満足度96%の実績

クックビズのおすすめポイント

  • 2020年度上半期のGOOD AGENT RANKING販売・サービス部門で第1位(※株式会社リクルート調べ)
  • 多忙な方でも利用しやすいスカウト制度がある
    飲食求人約28,000件(2022年2月時点)

「クックビズ」は、求人掲載数が業界トップクラスの飲食業界向け転職エージェントです。

スカウト制度があるので、忙しくて転職活動をする時間がないという方にもおすすめです。

※クックビズでは入社が決まった方全員にお祝い金を渡していましたが、法改正に伴い、お祝い金プレゼントサービスは終了しました。

③食べるんだ

食べるんだ
(引用元
食べるんだ

まずはLINEで気軽に相談可能!

食べるんだのおすすめポイント

  • 求人情報だけでなく、食に関する最新トレンドやお役立ちコンテンツを発信している
  • LINEから気軽に相談可能!
    ※求人数約1,200件(2022年2月時点)

「食べるんだ」は、優良な飲食求人の情報と食に関する情報コンテンツを一つにまとめた飲食業界初のアグリゲート型(まとめ)サイトです。

このサイトだけで、飲食業界のさまざまな情報をチェックできるので、ぜひ利用してみてください。

④ジョブレストラン

飲食業界では日本最大手!充実のサービス

ジョブレストランのおすすめポイント

  • 関東圏を中心に大手企業の求人多数掲載
  • 出張面談や本番の面接同行にも対応!
  • サポート体制が手厚く、転職初心者におすすめ
    ※求人数約1,800件(2022年2月時点)

「ジョブレストラン」は、首都圏の求人を多数保有している飲食業界専門の転職エージェントです。

ジョブレストランに登録すれば、書類作成のサポートや待遇交渉など、手厚いサポートを受けられます

飲食業界での転職が初めてで不安がある方でも、安心して転職活動を進められます。

⑤フーズラボエージェント

飲食店スタッフが選ぶナンバーワン転職エージェント

フーズラボエージェントのおすすめポイント

  • 飲食業界の転職エージェント満足度・信頼度No1
  • 業界最大級の紹介求人数50,000件以上(非公開求人・限定求人紹介数No.1)
  • 年間相談20,000名以上の実績

「フーズラボエージェント」は転職実績や求人数が豊富で、利用者満足度でも高い評価を得ています。

また、店舗視察や従業員のインタビューなどで収集した内部情報を教えてもらえるので、企業の実際の情報を把握しやすいです。

どの転職エージェントにするか迷っている人は、フーズラボエージェントへの登録をおすすめします。

飲食業界への転職で注意すべきポイント

飲食の転職で注意すべきポイント

ここでは、飲食業界への転職を成功させるために注意すべきポイントをまとめました。

以下の3点に気をつけて応募先を選べば、より希望に近い転職先が見つかるでしょう。

休日が少ない・残業時間が多い可能性あり

飲食店は、休日が少ない・残業が多いという特徴があります。

特に、人手不足に陥っている店舗だと一人当たりの負担が大きいので、休日出勤や残業が多くなる可能性があります。

休日数や残業時間が気になる場合は、求人票のチェックに加えて、転職エージェントにも相談しておきましょう。

専門店では専門知識を求められることも

飲食店によってはハイレベルな調理スキルや、専門的な知識を求められる場合があります。

特に、フレンチなどのコース料理を提供している専門店では、相応の経験やスキルが求められる可能性が高いです。

専門知識が必要なのかどうか、応募の時点で事前に確認しておきましょう。

給与・待遇面も必ずチェックしておく

給与などの待遇面は、転職する上で前もって確認しておきたいポイントの一つです。

憧れの飲食店に転職できたとしても、給与や待遇に不満があれば働くモチベーションを保つのは難しいでしょう。

飲食業界の転職では給与額をはじめ、制服の貸与やまかないなどの福利厚生が整っているか、なども転職先を決める判断材料になります。

また、将来的なキャリアアップも視野に入れて転職するなら、店長や管理職などのマネジメント職に就ける可能性があるか、などもしっかりチェックしておきましょう。

【補足】飲食業界で独立・開業する方法

【補足】飲食店を開業・独立する方法

飲食業界で働いている方の中には、「将来的には独立したい」と考えている方も多いでしょう。

しかし、飲食店を開業するにはリスクが伴うので、事前にしっかりと準備しておくことが重要です。

ここでは、飲食店を開業する際に必要な2つのポイントを紹介します。

お店のコンセプトを固める

飲食店を開業するなら、事前にお店のコンセプトをしっかりと固めておきましょう。

具体的には、以下の4つを踏まえて事業計画を練っておく必要があります。

事前にイメージしておくべきこと

  • どんな料理を提供するのか
  • どのような客層をターゲットにするか
  • 客単価はどれくらいか
  • どれくらいの来客・収益が見込めるのか

メニューや客層についてのイメージが固まったら、どれくらいの収益が見込めるのかをある程度予測しておきましょう。

また、お店の場所によって客層や客単価、来客数が異なるので事前のリサーチが必要です。

  • 閑静な住宅街か、駅近くの繁華街か
  • 地方でやるのか、都心にするのか

コンセプトや予想売上がわからなければ、経営戦略を立てることはできません。

独立・開業は自由な働き方のイメージがありますが、実際には転職するよりもリスクが大きく、難易度も高いでしょう。

開業資金に関する計算を行う

資金面に関する計算をしっかり行っておくことも大切です。

想定よりも出費が増える場合が多いので、開業資金は余裕を持って準備しておきましょう。

個人店を開業する場合、小規模でも開業資金はおよそ1,000万円前後必要になります。

開業に必要な資金の内訳は、おもに以下の通りです。

開業に必要な資金

  • 物件取得費用(物件の取得に必要)
  • 店舗投資費用(店舗の内装や設備投資として必要)
  • 運転資金(売上が安定するまでの赤字補填)
  • 生活費(売上が安定するまでの生活費)

しかし、すべて貯金で賄うのは難しいため、「自己負担が3割、融資などによる借入が7割程度」が一般的です。

たとえ資金に余裕があっても、独学ですぐに成功できるほど飲食店の経営は甘いものではありません。

独立・開業を目指すなら、経営感覚を身につけるために、まずはノウハウを学べる職場への転職を検討しましょう。

総合型転職エージェントのリクルートエージェントもおすすめ

なるべく多くの求人を比較したい」「条件の良い求人を漏れなくチェックしたい」という方には、業界トップの求人数を誇るリクルートエージェントの利用をおすすめします。

調理スタッフから店長候補まで幅広い求人を取り扱っているので、職種問わずたくさんの求人を見たい人におすすめです。

非公開求人も多数保有しているため、他の転職エージェントでは見つからなかった求人に出会えるチャンスもあります。

リクルートエージェントは飲食業界以外の求人も取り扱う「総合型転職エージェント」なので、他業界・他職種も検討してみたいという方にもピッタリです。

たくさんの求人を見て転職先を選びたい方は、リクルートエージェントに登録しておきましょう。

リクルートエージェント

運営会社株式会社リクルート
公開求人数約148,400件
非公開求人数約203,000件
対応地域全国+海外
料金すべて無料

(最終更新:22年1月時点)

まとめ

飲食業界で転職するなら、飲食業界に特化した転職エージェントの利用がおすすめです。

複数の転職エージェントを併用することで、転職成功率がアップするでしょう。

おすすめの転職エージェント特徴
個人店のミカタjob体験入社も可能でミスマッチも防げる!
クックビズ任せて安心!顧客満足度96%の実績
食べるんだまずはLINEで気軽に相談可能!
ジョブレストラン飲食業界では日本最大手!充実のサービス
フーズラボエージェント飲食店スタッフが選ぶナンバーワン転職エージェント

また、業界トップクラスの求人数を保有している「リクルートエージェント」にも登録しておくことをおすすめします。

たくさんの求人を比較することで、自分に合った転職先を見つけられるでしょう。

転職エージェントを上手に活用し、飲食業界への転職を成功させてください。

関連記事