Operated by Ateam Inc.

イーデス

経理向けおすすめ転職エージェントランキング!バックオフィスの求人に強い転職サイトを比較

最終更新日:

転職エージェント おすすめランキング
提携各社(株式会社リクルート・株式会社マイナビ等)のアフィリエイト広告を含みます
イーデス』は、複数の企業と提携し情報を提供しており、当サイトを経由して商品への申込みがあった場合には、各企業から報酬を受け取ることがあります。ただし当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無が影響を及ぼすことはございません。
また当サイトで得た収益は、サイトを訪れる皆様により役立つコンテンツを提供するために、情報の品質向上・ランキング精度の向上等に還元しております。※提携機関一覧
この記事は有料職業紹介許可番号:23-ユ-302788)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社エイチームライフデザインが制作しています。

経理の転職におすすめの転職エージェントや、転職活動を成功させるためのポイントについて解説します。

経理におすすめの
転職エージェント
TOP3


1

MS-Japan

1位 MS-Japan

管理部門・士業の転職決定率No.1。

女性の転職支援に力を入れているエージェント

2

JUSNET CAREER

2位 ジャスネットキャリア

バックオフィス系の求人に強みを持つ転職エージェント。

3

リクルートエージェント

3位 リクルートエージェント

業界トップクラスの求人数から幅広く探せる。

転職活動を考える時には、まずは転職エージェントのキャリアアドバイザーに相談してみることをおすすめします。

すぐに転職するつもりが無くても、転職エージェントはキャリア相談に対応してくれます。

転職市場の動向やあなたの市場価値を知る良い機会ですから、積極的にアドバイスを求めると良いでしょう。

    気になる内容をタップ

    経理におすすめの転職エージェントランキング

    転職活動を本格的に始めようと思ったら、まずは転職エージェントに登録しましょう。

    数あるエージェントの中から、特に経理職の転職支援に強い4社を厳選してご紹介します。

    経理におすすめの転職エージェント

    MS-Japan|管理部門の転職支援に特化したエージェント

    MSJapan
    (引用元
    MSJapan

    MS-Japan(MS-Agent)」は、管理部門・士業の転職に強みを持つエージェントです。

    外部調査により管理部門・士業の転職決定率No.1にも選ばれており、「経理」「人事」などの求人を探しているならば、優先的に活用することをおすすめします。

    また、女性の転職支援にも力を入れているため、管理部門・士業でキャリアアップしたい女性やキャリアと家庭を上手く両立したい女性にもおすすめです。

    MSJapan|基本情報

    運営会社株式会社MS-Japan
    公開求人数約10,000件
    非公開求人数非公開
    対応地域全国+海外
    料金無料

    (最終更新:24年6月時点)

    ジャスネットキャリア|上場準備中の企業・ベンチャーで活躍したい人におすすめ

    ジャスネットキャリア」は、経理や財務といったバックオフィス系の職種に強みを持つ転職エージェントです。

    ジャスネットキャリアが保有する非公開求人の中には、上場準備中である企業の経理の求人もあります。

    上場するためには、厳しい会計検査をクリアするために経理の即戦力を欲しがります。

    そのような企業で働けるチャンスを広げるためにも、ぜひジャスネットキャリアの求人紹介を受けておくことをおすすめします。

    ジャスネットキャリア|基本情報

    運営会社ジャスネットコミュニケーションズ株式会社
    公開求人数

    約4,200件

    非公開求人数非公開
    対応地域全国+海外
    料金無料

    (最終更新:24年6月時点)

    リクルートエージェント|業界トップクラスの求人数から幅広く探せる

    リクルートエージェント」は、求人数業界トップクラスの大手転職エージェントです。

    年代や業界を問わず幅広く求人を揃えているため、登録後は希望に近い求人をまとめて提案してもらえます。

    どのような企業に応募するべきか具体的なイメージが湧いていない人は、実際に多くの求人を提案してもらうことで、希望条件をより明確にイメージできるようになるでしょう。

    幅広く求人を提案してもらいたい場合は、ぜひ活用してください。

    リクルートエージェント|基本情報

    運営会社

    株式会社リクルート

    公開求人数

    約404,000件

    非公開求人数

    約221,000件

    対応地域全国+海外
    料金すべて無料
    登録免許厚生労働省有料職業紹介事業: 13-ユ-313011
    公式サイトhttps://www.r-agent.com/

    (最終更新:24年6月時点)

    パソナキャリア|経理経験者のキャリアアップ転職におすすめ

    パソナキャリアハイキャリア
    (引用元
    パソナキャリア

    パソナキャリア」は、管理職などハイクラスに強い総合型の転職エージェントです。

    年収800万円以上の求人をメインに保有しているため、さらなるキャリアアップを狙うミドル層やハイキャリア層におすすめと言えます。

    また、各業界や市場動向に精通したコンサルタントが豊富な情報提供や面接対策、年収交渉まで行ってくれるので、親身な転職サポートを受けることができます。

    他の転職エージェントでは取り扱っていない求人を見つけたい方は、登録しておきましょう。

    パソナキャリア|基本情報

    運営会社株式会社パソナ
    公開求人数約38,000件
    非公開求人数非公開
    対応地域全国+海外
    料金無料

    (最終更新:24年6月時点)

    経理職に強い転職エージェントの選び方

    転職を成功させるためには、複数の転職エージェントに登録することをおすすめします。

    複数のエージェントに登録することで、多くの求人を網羅することが可能です。

    転職活動を有利に進めるためには、数多くの情報を収集することが大切ですので、複数の転職エージェントに登録し、多くの求人を確認しながら有利に進めてください。

    また、経理職へ転職したい場合は、経理職特化型の転職エージェントがおすすめです。
    経理職特化型であれば、経理職だけの求人を見ることができます。

    経理職の転職に強い転職エージェントに登録する場合は、複数の転職エージェントを比較しましょう。
    比較すべきポイントは、以下の3つです。

    転職エージェントの比較ポイント

    経理職に特化している転職エージェントか

    経理職に特化している転職エージェントか確認して、登録しましょう。

    経理職は多くの企業で募集されているため、総合型の転職エージェントでも求人はあります。

    しかし、経理職に転職したいと決めているのであれば、他の職業が紹介されない経理職特化型のエージェントに登録するのがおすすめです。

    ほかの求人が多く紹介されても経理職への転職活動が進まないため、効率よく進めるためにも特化型を選びましょう。

    サポート体制は整っているか

    登録することで得られるサポートが、整っているかを確認しましょう。

    たとえば、履歴書の添削や面談練習などのサポートが整っていれば、転職活動も効率よく進められます。

    転職活動は、情報収集が肝です。

    使えるサポートが多ければ多いほど、有利に進められます。

    登録する際は、どんなサポートがあるのか比較検討しながら、登録するとよいです。

    キャリアアドバイザーとの相性はよいか

    担当となるキャリアアドバイザーとの相性が悪いと、転職活動が進みません。

    性格が合うかどうかで決めることも大切です。

    会社によっては、担当となったキャリアアドバイザーの変更ができないこともあります。

    自分には合わない人が担当となったときのことを考えて、担当者の変更ができるエージェントに登録するのもおすすめです。

    経理職が転職エージェントを利用するメリット

    経理職の転職をする際に、転職エージェントを利用すると以下のメリットがあります。

    経理職がエージェントを利用するメリット

    転職エージェントを利用することで転職活動が有利に進むことも多いです。

    メリットを確認し、登録すべきかどうか検討してください。

    非公開の求人を紹介してもらえる

    転職エージェントに登録することで、非公開の求人を紹介してもらえるため有利に転職活動が進められます。

    公開している求人は競争率が高く、選考も突破しにくいです。

    しかし、非公開求人は担当者が選んで紹介してくれる分競争率が低く、さらにマッチしている可能性が高まります。

    より多くの求人を見ることで転職活動は進みやすくなるため、有利に進められるでしょう。

    企業内の情報を教えてもらえる

    転職エージェントに在籍しているキャリアコンサルタントは、企業の情報を保有しています。

    そのため、企業がどのような人材を求めているのか、どんな面接をおこなっているのかなど詳細な情報を教えてくれるでしょう。

    転職活動を有利に進めるためには、企業の情報を得ることが大切です。

    転職エージェントに登録し、企業の情報を教えてもらい、転職活動を進めましょう。

    担当者と転職活動を進めることができる

    転職エージェントに登録することで、キャリアコンサルタントが担当になります。

    担当者とは二人三脚で転職活動が進められるため、安心して転職活動ができるでしょう。

    一人で転職活動を進めるのは孤独です。

    転職の情報なども一人で集めなければならず、効率よく進めるのが困難な場合もあります。

    一方、担当者がいれば一緒に転職活動が進められるため、孤独になりにくいです。

    担当者がついていることで、仲間がいるという意識も芽生えるため、転職活動が進めやすくなるでしょう。

    相談相手がいる

    転職エージェントに登録することで、担当者に転職に関する悩みが相談しやすくなります。

    転職活動はどうしても一人で行動することが増えるため、悩みがあっても解決することが困難です。

    しかし、担当となるキャリアコンサルタントは転職活動のプロであり、詳しい情報を知っています。

    転職活動につまずきそうになったときは相談できるため、安心して進めることができるでしょう。

    経理職が転職エージェントを利用するデメリット

    経理職の転職をする際に、転職エージェントを利用するデメリットは、以下3つがあります。

    利用するデメリット

    デメリットについても確認し、自分は転職エージェントが合っているのか判断してください。

    キャリアアドバイザーとの定期的なやり取りが必要

    転職エージェントに登録すると、担当となるキャリアアドバイザーとの定期的なやり取りが必要となります。

    仕事を続けている場合は、仕事終わりに面談が発生したり、毎日連絡を確認しなければなりません。

    自分一人で転職活動を進めなくてもよい分、連携が必要となるため、人によっては煩雑に感じることもあるでしょう。

    自分のペースで転職活動を進めたいと考えている人こそ、転職エージェントはデメリットになります。

    紹介された求人があっていないこともある

    転職エージェントに登録することで非公開求人などを紹介してもらえますが、担当者との関係性によっては自分にあっていない求人を紹介されることもあります。

    自分で探したほうが、興味のある求人が見つかることもあるかもしれません。

    担当者のなかには、登録者の職務経歴やスキルを考えずに紹介できる求人を多く紹介してくる人もいます。

    自分の経歴を考えずに紹介された求人は合わないため、転職エージェントに登録する場合は担当者と関係性を築き上げることが大切です。

    合わない担当アドバイザーにあたる場合がある

    転職エージェントに登録することで、キャリアアドバイザーが担当者となります。

    担当者も人なので、性格などが合わないこともあるでしょう。

    ゆっくり転職活動を進めたいのに、多くの求人を紹介してくるコンサルタントが担当となると、転職活動もうまく進みません。

    担当者が自分に合っていないと、転職活動がストレスになってしまう可能性も高いです。

    人によっては、担当者がデメリットとなることもあります。

    未経験から経理職への転職を成功させるポイント

    未経験から経理に挑戦したいという方もいると思います。

    経験が浅い中で経理への転職を目指すためにするべきことを解説します。

    未経験から経理を目指すためのポイント

    転職時期を選ぶ

    経理職の転職時期で最適なのは、1月〜2月です。

    この時期になると、3月の決算期に合わせて採用数を増やそうと考えている企業が、4月や5月の繁忙期に合わせて4月入社を想定した募集を出すようになります。

    そのため、転職を考えてる場合は1月〜2月に動くとよいでしょう。

    また、6月にも求人が増えるため、年度末を越えてからの転職を考えている場合は6月もおすすめです。

    6月であれば、入社してすぐに繁忙期に直面せず済みます。

    ベンチャー企業を狙う

    経理職は、未経験からでも応募することが可能です。

    しかし、未経験の場合は実務経験がないため、採用されないケースもあります。

    未経験から経理職への転職を考えている場合は、ベンチャー企業を狙うとよいでしょう。
    ベンチャー企業の経理職であれば、未経験からでも応募しやすいです。

    正社員以外の雇用形態も応募してみる

    経理職は実務経験があるキャリアを求めていることが多いです。
    そのため、未経験の場合正社員として転職するのが困難な場合もあります。

    正社員での応募が難しい場合は、正社員以外の雇用形態も考慮して応募しましょう。
    パート・契約社員・派遣などで実務経験を積むことで、次の採用もスムーズに進みやすいです。

    正社員以外での雇用形態だとしても、実務経験にカウントされるため、次の転職で正社員に転職することもできます。

    また、会社によっては契約社員から正社員へ昇格する可能性もあるため、ほかの雇用形態を考えるのもおすすめです。

    実務未経験の場合は資格を取得する

    未経験から経理を目指すのであれば、資格の取得は非常に有効です。

    特に今まで一度も経理の仕事に携わったことがない方は、日商簿記検定試験への挑戦をおすすめします。

    簿記資格は転職市場で評価されるので、転職活動する際の武器として非常に有効であり、一般的には簿記2級から評価する企業が多いです。

    簿記3級は独学でも合格することは可能ですが、間違った理解をしないためには資格スクールに通うことをおすすめします。

    正社員以外の雇用形態も検討する

    職歴が浅く正社員の仕事を見つけにくい場合には、派遣の仕事から挑戦してみるなど、正社員以外の選択肢も検討することをおすすめします。

    派遣には「紹介予定派遣制度」という制度もあり、正社員・契約社員になることを前提に、最長6ヶ月間ほど派遣スタッフとして就業し、その後に正社員として雇用してもらう働き方もあります

    派遣スタッフとしてまず経験を積み、その後に正社員へステップアップする道も選択肢の一つとして考えておくとよいでしょう。

    なお、経理の転職に強い「ジャスネットキャリア」は、「ジャスネットスタッフ」という派遣サービスも運営しております。

    ジャスネットキャリアで面談を受ければ、キャリアアドバイザーから、正社員だけでなく派遣の選択肢も含めて最適な求人を提案していただけます。

    これから経理として活躍していきたいと考えているならば、優先的にジャスネットキャリアを活用してみるのがおすすめです。

    経理職への転職で評価されるスキル

    経理職への転職で評価されるスキルには、以下5つのスキルがあります。

    評価されるスキル

    これらのスキルがなければ経理職になれないわけではありませんが、スキルがあると重宝されます。

    パソコンやエクセルなどの基礎的なスキル

    経理職は、エクセルを使用した計算がメインの業務です。

    そのため、パソコンの基礎的スキルであるエクセルが使いこなせる人は、経理職として活躍できます。

    しかし、経理職は税金などの計算も必要となるため、単純な計算だけではなく統計的な計算も必要となるでしょう。

    基礎だけではなく応用的な計算もできれば、さらに活躍できます。

    プレゼン資料やパワポ資料作成のスキル

    経理職は、決算期や株主総会での売り上げの発表をおこなうこともあります。

    そのため、プレゼン資料を作る機会が多いです。

    決算などの売り上げの情報は、経理職のように会計に詳しい人であれば理解されやすいですが、知識がない人が資料を見ても詳細を理解することは困難です。

    そのため、誰が見てもわかるようなプレゼン資料を作成することが求められます。

    プレゼン資料やパワーポイントを使用した資料作成ができる人であれば、転職する際にも評価されるでしょう。

    コミュニケーション能力

    経理職は、会計や計算をするだけではなくコミュニケーションをとって業務を進めることもあります。

    たとえば、従業員が持ってきた経費についての確認や説明をするときなどは、分かりやすい言葉を使うことが大切です。

    計算だけしても、業務が円滑に進まなければ意味がありません。

    そのため、経理職にもコミュニケーション能力は必要であり、コミュニケーション能力が高い人は転職でも評価されやすいです。

    仕事に対する姿勢

    転職をする際に見られることは、前職での仕事への向かい方です。

    経理職が未経験だとしても、仕事に対する姿勢や考え方が会社の理念と同じであれば、評価されるでしょう。

    たとえば、業務を効率よく進めたいのか、自分のペースで進めたいのか、仕事の進め方などについてマッチしていれば採用されることもあります。

    転職活動では、経験値も評価に入りますが、入社後のイメージができるかどうかも大切です。

    そのため、仕事に対する姿勢を意識して伝えることで、評価されやすくなります。

    ビジネス英語力

    経理職でも、ビジネス英語を使うことがあるでしょう。

    現代において、英語のスキルはどの職業でも重宝されます。

    そのため、ビジネス英語が使えることをアピールすれば、それだけで評価は高いです。

    海外支店がある会社であれば、さらに重宝されます。

    経理職の転職を有利にできる資格

    経理職の転職をさらに有利にするためには、以下の資格を取得することをおすすめします。

    おすすめの資格

    日商簿記

    日商簿記は、会計知識を身に着けることができる資格です。

    知名度も高いため、知っている人も多いでしょう。

    実務でも利用できる資格なので、経理職が未経験だとしても資格を所有しているだけで、通過率を上げることが可能です。

    日商簿記には1級から3級まであり、実務レベルで使えるのは2級からです。 転職で評価されやすいのは2級以上のため、2級取得を目指してみましょう。

    公認会計士

    公認会計士は、国家資格の1つです。

    簿記あ監査論など、高度な知識が求められるため難易度も高く、合格率も高くありません。

    しかし、試験に合格すれば開業も可能な資格です。

    経理職では、高度な知識が求められることもあるため、公認会計士の資格を保有しているだけで採用率も上がるでしょう。

    税理士

    税理士も、公認会計士と同様に国家資格の1つです。

    税理士は、会計と税法に関する知識が求められ、資格を取得すれば開業することも可能です。

    資格を取得するだけで、税金に関する知識が豊富と判断されるため経理職への転職もハードルが低くなるでしょう。

    しかし、税法など法律に関する問題も多いため、法律に詳しくない人が資格取得を目指す場合は、時間がかかることもあります。

    TOEIC

    英語のスキルを簡単にアピールするためには、TOEICを受験するとよいです。

    経理職でもビジネス英語のスキルがあれば評価に繋がるため、採用のハードルを下げるためにもTOEICの受験をしましょう。

    転職を有利に進めるためには、最低でも600点以上は必要です。

    英語が得意な人は、TOEICの受験も検討してみてください。

    FP技能検定

    経理職の業務に限らず、お金全般の知識が学べる資格です。

    税金やローン、相続など業務以外のお金にまつわる知識を学べます。

    実務に直接関連するわけではなく、どちらかというと啓蒙のための資格です。

    しかし、お金に関する知識を多く学べるため、経理職を目指している人にもおすすめできます。

    経理職の転職事情

    経理職の転職事情について、以下3つを説明します。

    経理職の内情

    経理職の平均年収

    求人ボックスによると、経理職の平均年収は382万円です。

    日本の平均年収と比較すると低い傾向ですが、勤務先によって年収は異なります。

    また、年齢が上がるにつれて年収も上がる傾向にあるため、キャリアを積み重ねることで年収を上げることが可能です。

    30代になると、スキルや経験値も増えるため昇給もできます。 未経験者が年収を上げるためには、資格取得が年収アップの近道です。

    経理職の需要

    経理職は、多くの企業が求めてる職種のため、求人は豊富にあります。

    そのため、将来性も高く需要がなくなることはないでしょう。

    しかし、近年はAIの発達により単純作業が減っているため、他部署との連携やAIではできない業務を任されることが多いです。

    今後は、単純な計算能力だけではなく、円滑に業務を進めるためのスキルが必要となるため、経理職の需要を高めるためにもスキルアップが求められます。

    経理職の平均的な転職回数

    MSAgentによると、経理職の転職希望者による転職回数は、10回がもっとも多いとされています。

    転職を希望していても、実際に転職を実行している人は少ないです。

    一方、課長クラス以上の経験者は、転職回数が2~3回と多く、キャリアアップやスキルアップを考えている人こそ転職をしていることがわかります。

    キャリアを考える上で転職は有効的です。

    しかし、転職回数が多すぎると、不信感を抱かれることもあるため、2~3回程度に収めるのがよいでしょう。

    経理職転職に関するよくある質問

    よくある質問

    経理職の転職に有利な時期はありますか?

    経理職は、1月~2月、もしくは6月が転職に有利な時期とされています。

    1月~2月に転職活動すると、4月入社となり、繁忙期である5月を迎えることになるため大変です。

    そのため、未経験者が4月入社するのは向いていないかもしれません。

    6月の転職であれば繁忙期を避けて入社できるため、比較的仕事を覚えながら業務を進めることができます。

    未経験から経理職へ転職は可能?

    未経験からでも経理職への転職は可能です。

    経理職は人気の職業なので、未経験から応募できる求人も豊富にあります。

    しかし、未経験から転職する場合は、数字に強かったり、コミュニケーション能力が高いアピールも必要となるでしょう。

    日商簿記などの資格を取得し、未経験からでも経理職として働けることをアピールすることが大切です。

    まとめ

    経理への転職では、以下の転職エージェントを活用するのがおすすめです。

    本記事で紹介した転職エージェント

    MS-Japan管理部門・士業の転職に特化
    ジャスネットキャリアバックオフィス系の職種に強みを持つ
    リクルートエージェント求人数が多く、幅広く求人を提案してもらえる
    パソナキャリア管理職などハイクラス転職におすすめ

    また、転職エージェントを利用する際は、以下のポイントを押さえると失敗を起こしにくいでしょう。

    転職エージェントとの付き合い方

    • 転職活動の軸を持つ
    • 1つの転職エージェントに固執しない
    • 合わないキャリアアドバイザーは変えてもらう

    転職活動は不安なことも多いですが、信頼できるキャリアアドバイザーを見つけることで、迷いなく転職活動を進められるようになります。

    ぜひ複数の転職エージェントを活用して、自身にあった転職エージェントを見つけていただければと思います。

    転職エージェント おすすめランキングの関連記事

    証券会社への転職におすすめの転職エージェントランキング!未経験向け転職サイトの選び方
    転職エージェント おすすめランキング

    証券会社への転職におすすめの転職エージェントランキング!未経験向け転職サイトの選び方

    2024年6月14日

    イーデス編集部

    イーデス編集部

    不動産業界に強い転職エージェント・転職サイトおすすめ比較ランキング!転職成功のコツも解説
    転職エージェント おすすめランキング

    不動産業界に強い転職エージェント・転職サイトおすすめ比較ランキング!転職成功のコツも解説

    2024年6月14日

    イーデス編集部

    イーデス編集部

    法務職に強いおすすめ転職エージェントランキング!転職サイトの比較方法・選び方
    転職エージェント おすすめランキング

    法務職に強いおすすめ転職エージェントランキング!転職サイトの比較方法・選び方

    2024年6月13日

    イーデス編集部

    イーデス編集部

    出版業界におすすめの転職サイト・転職エージェントランキング!出版社の中途採用求人も紹介
    転職エージェント おすすめランキング

    出版業界におすすめの転職サイト・転職エージェントランキング!出版社の中途採用求人も紹介

    2024年6月13日

    イーデス編集部

    イーデス編集部

    弁護士におすすめの転職エージェント比較ランキング!リーガル系に強い転職サイトの選び方
    転職エージェント おすすめランキング

    弁護士におすすめの転職エージェント比較ランキング!リーガル系に強い転職サイトの選び方

    2024年6月13日

    イーデス編集部

    イーデス編集部

    ゲーム業界に強い転職サイト・エージェント!未経験におすすめの職種も紹介
    転職エージェント おすすめランキング

    ゲーム業界に強い転職サイト・エージェント!未経験におすすめの職種も紹介

    2024年6月12日

    イーデス編集部

    イーデス編集部

    • Facebook
    • x
    • LINE