【稼ぎたい看護師必見!】年収600万円以上稼ぐ方法や具体的な仕事も解説!

ナビナビ
転職

2022-06-08

「看護師としてもっと稼ぎたい…」
「年収が高い看護師はどんな仕事をしているんだろう?」

看護職の中には、年収600万円以上の方もいれば、なかには1000万円以上の高給を稼ぐ人もいます。

この記事では、看護師が年収を上げる方法や、稼げる転職先、年収の高い地域ランキングなど、稼ぐためのポイントを解説していきます。

最後まで目を通すことで、どうしたら看護師として稼げるのかわかるはずなので、ぜひご一読ください。

\看護師転職サイトおすすめ3選/
看護roo!ナース人材バンク看護のお仕事

kangoroo

公開求人数
約60,000件

nursejinzaibank

公開求人数
約43,000件

kangonooshigoto

公開求人数
約50,000件(常勤のみ)

※参考|公式サイトより(2022年1月時点)
ダシルヴァ石田牧子さん
ダシルヴァ石田牧子さん

バイリンガル看護師

米国と日本で免許を持つバイリンガル看護師。外国人診療の看護師、医療英語の大学教員、精神保健分野の研究員など、多分野での勤務経験がある。2021年にフリーランス・ナースとして独立し、コンサルティング、ライティング、講師、医療翻訳などの仕事に従事。順天堂大学医学部大学院および国際教養学部で医療コミュニケーション分野のゲスト講師を務める。看護師として「子育てしながら在宅でパラレルキャリアを積む」ことに挑戦中の2児のママ。

周田 佳介さん
周田 佳介さん

現役訪問看護師

現役の訪問看護師として活動中。 過去には急性期病院、慢性期病院、特養、グループホーム、ホームヘルパーと多岐にわたって経験している。経験を生かし、看護介護系記事の執筆や研修講師など引き受けている。

目次

看護師が稼ぐための具体的な方法

まずは、看護職として年収を上げるための具体的な方法を4つ紹介します。

稼げる看護師になるために、ぜひチェックしてみてください。

認定看護師の資格を取得する

認定看護師を取得すると、資格手当が支給されます。

資格手当ては高くないものの、知識や経験をアピールするための武器としては有効なので、転職する際に有利です。

認定看護師になるには、以下の条件があります。

認定看護師になるための条件

  • 5年以上の実務経験
  • 認定看護師教育機関での研修
  • 筆記試験

実務経験と筆記試験による知識が問われるので、取得することで、経験と知識をアピールできるでしょう。

スペシャリスト・ジェネラリストを目指す

高収入を目指すなら、スキルアップの方向性を決めるのがおすすめです。

どのような方向性を目指すかにより、学ぶべき知識や経験は異なってきます。

目指すべき方向性の例

  • 「がん」を専門とする「がん看護」で、スペシャリストを目指す
  • 幅広い知識であらゆる看護の現場に対応できる、ジェネラリストを目指す

スキルアップのためにも、どのような看護師を目指すのかを明らかにし、学ぶことが重要です。

監修者

監修者

経験を積むにつれて、自分の強みが生かせる分野が少しずつ分かってきます。
今後のキャリアを長期的に見据えて、身につけるスキルを取捨選択し、効率良くスキルアップを目指しましょう。

看護師長・看護部長を目指す

現職で評価されて、役職のあるポジションへ出世することも稼ぐための手段の一つです。

日本看護協会が行ったアンケートによると、看護師長、看護部長クラスで1000万円以上の収入を得ている方もいます。(参考:2012 年 病院勤務の看護職の賃金に関する調査 |日本看護協会

看護師長、看護部長の具体的な仕事内容は以下の通りです。

役職仕事内容
看護師長
  • 病棟内の管理者として看護主任も含めて全体を取りまとめる
  • 一般のナースの指導や相談に乗るなど、職場環境全体の改善や向上にも責任を負う
  • 高い管理能力が求められる
看護部長
  • 経営者の1人として看護部門の全体の責任を負う
  • 現場の業務はあまりなく全体のマネジメント業務が主な仕事
  • 医療業界全体の知識や財務会計の知識、問題解決などの高度なスキルが必要

特に看護部長は経営に関わるポジションなので、大幅な給料アップが期待できます。

稼げる職場へ転職

状況によっては、もっと稼ぐために転職するのがベストな場合もあります。

例えば、現職が小さな施設で出世しても収入アップが見込めないような場合、転職を検討した方が良いでしょう。

収入アップのために転職するのであれば、転職サイトを活用すると、自分では聞きにくい賞与実績や給与アップの交渉をしてもらえます。

以下は、「転職サイトのアドバイザーの交渉によって、手当を上乗せしてもらえた」という口コミです。

転職サイト利用者の口コミ

40代/女性(看護師)

求人票には掲載されていなかった、経験年数や、看護の専門分野の手当を上乗せしていただけることになり、マイナビ担当者さんが人事に交渉して下さり、有り難かったです。

(引用:ナビナビ調査)

記事後半では「看護師として稼ぐための転職におすすめの転職サイト」を紹介しているので、参考にしてみてください。

看護師が年収600万円以上稼ぐために必要なスキル

看護師が年収600万円以上稼ぐために必要なスキル

看護の仕事で年収600万円を得ている人はどのくらいいるのか、日本看護協会による年収額の割合で確認してみましょう。

年収額割合
100万円〜200万円未満1.0%
200万円〜300万円未満3.8%
300万円〜400万円未満10.9%
400万円〜500万円未満23.5%
500万円〜600万円未満22.9%
600万円〜700万円未満15.0%
700万円〜800万円未満10.3%
800万円〜900万円未満3.8%
900万円〜1000万円未満1.1%
1000万円以上0.2%
(参考
2012年 病院勤務の看護職の賃金に関する調査報告書|日本看護協会

看護の仕事で年収600万円を得ている人は15.0%いるので、決して手の届かない金額ではありません。

年収600万円クラスの看護師になるために、必要なスキルを3つ紹介します。

年収アップを目指すために、ぜひチェックしてみて下さい。

現場をまとめるマネジメント力

現場をまとめられるマネジメント力は高く評価されるため、収入アップが見込めます。

看護主任や看護師長など、現場を管理するポジションでは、マネジメント力が必須です。

特に中堅看護師には、以下のようなスキルが求められます。

中堅看護師に求められるマネジメントスキル

  • 新人への指導力
  • チームをまとめるリーダーシップ
  • 冷静な判断力

マネジメント力が評価されることで、上位のポジションへ昇進できる可能性も高まるので、意識しておくと良いでしょう。

医師や他のスタッフと連携できるコミュニケーション力

他のスタッフや医師としっかり連携を図るためのコミュニケーション力も、高年収を得るために必要なスキルの一つです。

一人だけでは対応できない状況も、他のスタッフを頼ることで対応できる場合があるため、医療従事者同士の連携は必須です。

高いコミュニケーション力は、スタッフ間の信頼関係を高め、チームワークを高めることにもつながります。

その結果、高い評価を得ることができ、報酬アップにつながるでしょう。

大きく稼ぐには経験と実績が必要

看護の仕事で高い評価を得るには、経験と実績も必要です。

災害医療や救急救命など、幅広い経験があるほど経験が評価されて、収入アップに繋がる可能性があります。

また、転職市場においても、経験と実績は重要な採用基準です。

状況に応じた冷静な判断力や柔軟な対応力などは、看護経験と実績に裏付けられるものです。

さまざまな経験と実績は、転職活動でも評価され、現職よりも高い年収を実現できるでしょう。

「自分のスキルに見合う年収額がわからない」という方には、転職サイトマイナビ看護師の年収査定がおすすめです。

たった10問に答えるだけで、あなたが狙える年収相場を知ることができます。

年収査定は無料のツールで、登録しなくても利用することができます。

ただ、実際にキャリアアドバイザーの意見を聞くことで、よりリアルな自分の市場価値を理解できるので、無料の転職支援サービスに登録することをおすすめします。

看護師が年収800万円~1000万円を稼ぐならこの仕事

看護師が年収800万円~1000万円を稼ぐならこの仕事

1000万円以上を稼ぐのは、一般看護職では非常に困難ですが、なかには1000万円以上の収入を得ている人もいます。

1000万円以上稼ぐための代表的な仕事を紹介します。

どのような仕事をすれば実現できるのか、詳しく見ていきましょう。

副院長まで出世して稼ぐ

大きな病院で働いているなら、現在の職場で出世し副院長になることで、1000万円台の年収を得られる可能性があります。

出世するためには、スキルや知識、経験だけでは難しく、病院の意向を汲み取り、その病院で評価されるにはどうすれば良いかを常に考えて行動する必要があります。

副院長になるには、実績や経験だけでなく、人間関係や病院内での政治力が重要なので、出世に対する強い意欲が必要でしょう。

給与水準が高い一般企業に転職

医療機器メーカーや製薬会社など、看護の経験が優遇される企業への転職もおすすめです。

特に、外資系企業のCRA(臨床開発モニター)は給与水準が高いため、1000万円近い年収が得られる可能性があります。

ただし、転職で給料を上げるには、看護の経験以外にも、高い英語力やコミュニケーション能力、ITスキルなどの「ビジネススキル」も必要です。

ヤフー知恵袋に「優秀な知人がCRAとして働いている」という投稿が掲載されていました。

まるさん

看護師として数年働いたあと、外資系のCROでCRAとして働いて30代で年収1000万貰っている知人がいます。

看護大学の中でも一番偏差値の良い大学出身かつ、英語が堪能な人でした。
他には医療機器メーカーで働いて、1000万近く貰っている看護師もいますが、ここも外資系で英語はビジネスレベルが必須と言っていました。この方も頭が非常に良く頭の回転がはやく、大学院を出られていました。(後略)

(引用:ヤフー知恵袋

CRAのように高収入の求人は、一般に出回らずに「非公開求人」として転職サイトを介して紹介してもらえることが多いです。

年収の高い一般企業に転職するなら、非公開求人が豊富な看護roo!ナース人材バンクなどを活用するのがよいでしょう。

美容外科クリニックに転職してインセンティブで稼ぐ

美容外科クリニックは、一般的な病院と比較して給与水準が高いという特徴があります。

業績に応じた歩合制をとっているクリニックも多いため、実績を出せば出した分給与に反映されます。

そのため、自分の実力次第でしっかり稼ぐことができ、なかには年収1000万円を超える人もいます。

美容に興味があり、なおかつ稼ぎたいのであれば、美容外科クリニックへの転職がおすすめです。

訪問看護ステーションを開業

訪問看護ステーションを開業するというのも、稼ぐための1つの手段です。

訪問看護ステーションは、開業にあたって特別な資格は必要なく、業績を上げることで年収1000万円も夢ではありません

ただし、実績を上げて経営を軌道に乗せるためにも訪問看護の経験や人脈が必要です。

また、経営者として事業を展開するので、必ずしも成功するとは限りません。

「労働者では終わりたくない!」という強い想いがあるなら、1000万円プレーヤーを目指して開業という選択肢も検討してみてはいかがでしょうか。

看護師で年収2000万以上稼ぐのは不可能?

看護師で年収2000万以上稼ぐのは不可能?

結論から言えば、日本の医療従事者で2000万円を稼げるのは医師クラスで、看護の仕事で年収2000万円を稼ぐのは難しいです。

しかし、看護職の給与水準が高いアメリカであれば、全く不可能な数字ではありません。

上級看護師(ナース・プラクティショナー・NP)の平均年収は、最も高い州で11万ドル(日本円で約1200万円)と言われています。(参考:看護のお仕事)

そのため、NPとして経験を積めば2000万円近く稼げる可能性はあります。

ただし、NPの資格を取るには専門職大学院で必要な学位を取得し、試験に合格する必要があるなど、高い専門知識が必要です。(参考:ナースプラクティショナー|Wikipedia)

英語力に自信があり、専門的なスキルを身に付けて稼ぐなら、渡米してNPを目指すというのも一つの手段です。

看護師の年収が高い地域ランキング トップ10

看護師の年収は、都道府県によって大きな差があります。

転職する地域によっては、「隣の県の方がはるかに年収が高かった」というケースも。

隣接県で転職した方が稼げる可能性もありますので、転職したい地域の平均年収を確認しておくことが大切です。

【正看護師 地域別年収ランキング】

1位青森県540万5,000円
2位岐阜県530万3,000円
3位神奈川県521万8,000円
4位東京都519万1,000円
5位埼玉県515万9,000円
6位秋田県515万4,000円
7位富山県515万3,000円
8位静岡県513万9,000円
9位石川県513万3,000円
10位愛知県510万4,000円
(参考
令和2年賃金構造基本統計調査|厚生労働省)

看護師の小遣い稼ぎにおすすめの副業

看護師の小遣い稼ぎにおすすめの副業

現在の仕事をしながら「副業」をしたい方におすすめなのが、夜間バイトや在宅でできる仕事です。

ただし、勤務先によっては副業が禁止されているケースもあるので、就業規則を確認してから始めるようにしてください。

以下の記事に、おすすめの副業や始める前の注意点をまとめているので、ぜひチェックしてみて下さい。

看護師として稼げる求人の探し方

看護師として稼げる求人の探し方

転職して環境を変えることでも、年収を上げることは可能です。

転職を検討している人は、次のようなポイントを意識して求人を探してみてください

大病院に絞って転職先を探す

転職先を探す際には、規模の大きな病院に絞ることで、待遇の良い転職先を見つけることができます。

日本看護協会のデータによると、病床数の多い規模の大きな病院ほど、月額の給与が高い傾向であることがわかります。

出世して給与アップを狙うなら、給与水準が高い病院や、キャリアアップができる環境の整っている病院への転職が有利でしょう。

経営状態の良い病院・クリニックに転職

経営が安定している病院や施設は、一般的に給料が高い傾向です。

特に、経営状態の良いクリニック、民間の病院、訪問看護ステーションなどは比較的に給料が高い職場が多いため、転職先として狙い目と言えるでしょう。

病院の経営状態をチェックする方法を紹介します。

転職先の経営状況を調べる方法

  • 「病院経営力ランキング」をチェック(参考:病院情報局ナビ)
  • 求人の過去の賞与実績・回数が多いかどうかを見る
  • 口コミサイトで病院の内情をチェック(参考:ナスコミ)

経営状態の良い職場はボーナスの回数が多いため、求人を見る際は月給だけでなく「ボーナスの支給実績、回数」に着目するのがポイントです。

転職先の経営状況を確認して、「ボーナスが支払われずに年収が下がった…」という失敗を防ぎましょう。

夜勤手当ての高い転職先に絞る

夜勤手当の高い職場に絞るのも、稼げる転職先を探すポイントです。

ただし、夜勤手当は医療施設によって大きな差があります。

看護協会のデータによると、一回あたりの平均手当額がもっとも高いのは「二交代制の夜勤」です。

【看護師の夜勤における平均手当額】

平均手当額
三交代制:準夜勤4,141円
三交代制:深夜勤5,033円
二交代制:夜勤11,026円
(参考
2019年病院看護実態調査|日本看護協会

二交代制の病院で、月4回の夜勤を実施した場合、年間の夜勤手当は約53万円です。

夜勤1回 11,026円 × 月4回 × 12ヶ月 = 52万9,248円

夜勤手当で収入アップを狙うなら、二交代制の病院の求人を探してみてください。

監修者

監修者

近年では人員が少ないことから、二交代制を導入する病院や施設が増えています。
二交代制で働ける転職先の幅が広がっているので、こまめに求人を確認しましょう。

転職サイトで「非公開求人」を紹介してもらう

稼げる転職先を探すなら、一般に出回っている求人より好条件な「非公開求人」を狙うのがポイントです。

年収1000万円以上の看護部長の求人などは、現在その病院で働くスタッフへの配慮から、非公開になっているケースが多いです。

登録者だけに非公開求人を紹介する「転職サイト」を有効に活用して、効率よく待遇の良い求人情報を集めましょう。

転職サイトでは、アドバイザーが求人紹介だけでなく、面接対策などのサポートをしてくれます。

看護師転職サイトの仕組み

現職で働きながら効率良く転職活動ができるので、看護師の転職には転職サイトの利用がおすすめです。

看護師として稼ぐための転職におすすめの転職サイト

転職で年収アップを狙うために、おすすめの転職サイトを紹介します。

転職サイトを利用すると、年収の高い「非公開求人」の紹介や、年収アップ交渉もしてもらえるので、ぜひ積極的に活用しましょう。

また、転職サイトを利用する際には、複数の転職サイトの併用がおすすめです。

複数の転職サイトに登録しておけば、仮に質の悪い担当者に当たっても、別のサイトを利用すればいいだけなので、転職活動期間が短縮でき、転職失敗も防げます。

他の転職サイトも併用する

稼げる転職先を見つけるために、おすすめの3つのサイトを紹介するので、2~3社まとめて登録しておきましょう。

【おすすめ看護師転職サイト3選】
転職サイト名公開求人数対応エリア
看護roo!
約6万件

全国
ナース人材バンク
約4.3万件

全国
看護のお仕事
約13万件

全国

(22年4月時点)

求人数・サポート共に充実している『看護roo!』

求人数・サポート共に充実している『看護roo!』
(参考
看護roo!

看護roo!の特徴

  • 転職先や前職との交渉などフォロー体制が整っている
  • 専門知識のあるキャリアパートナーのサポートが心強い

看護roo!は、転職を考える多くの看護師から支持されている転職サイトです。

求人数は業界トップクラスの5万件以上。

面接対策や条件交渉などのサポートも丁寧で、気になる転職先の情報も細かく教えてもらえます。

年収アップ交渉も得意なので、転職先に「もう少し給料を上げてほしい」といった依頼もしてもらえます

求人数とサポートの丁寧さを総合的に判断するならば、看護roo!への登録は外せないと言えるでしょう。

なお、看護roo!は登録者限定に「転職ガイドブック」を配布しています。

転職者に寄り添った配慮がある点も、看護roo!をおすすめできる理由の一つです。

看護職の転職には欠かせないサイトなので、優先的に登録しておくことをおすすめします。

看護roo!|基本情報

運営会社株式会社クイック
公開求人数約60,000件
非公開求人数非公開
対応地域全国
料金すべて無料

(最終更新:22年1月時点)

求人数が多く職場情報も確認できる『ナース人材バンク』

ナース人材バンクの特徴

  • 看護師登録者数No.1※株式会社エス・エム・エス調べ
  • 老舗の看護師転職サイトだからこその安心感
  • 全国幅広く求人を保有

ナース人材バンク』は、年間10万人以上の看護師が利用している「看護師登録者数No.1」の人気転職サイトです。

2005年から運営されている老舗の転職サイトであり、医療機関との繋がりが強く、非公開求人も含めて全国幅広くの求人を保有しています

また、各都道府県ごとに担当のキャリアアドバイザーが在籍しており、職場の雰囲気なども詳細に教えてもらえるのが魅力的です。

実績豊富で求人数も充実しているサービスであるため、看護師の転職には欠かせないサイトの1つと言えます。

全ての看護師におすすめですが、特に20代や30代のサポートに強みを持っているので、該当する人は優先的に登録しておきましょう。

ナース人材バンク|基本情報

運営会社株式会社エス・エム・エス
公開求人数約4.3万件
非公開求人数非公開
対応地域全国
料金無料

(最終更新:22年4月時点)

職場のリアルな情報がわかる『看護のお仕事』

看護のお仕事
(参考
看護のお仕事

看護のお仕事の特徴

  • 公開求人数トップクラス
  • 病院の口コミなど職場のリアルな情報も確認できる

看護のお仕事』は、業界トップクラスの求人数を保有する看護師転職サイトです。

看護のお仕事では年間4,000回以上の職場訪問を行なっており、病院や施設ごとの「医療方針」や「職場の雰囲気」などを詳しくヒアリングしています

求人ページを確認すると、求人ごとのおすすめポイントや、実際に働くスタッフの声などが紹介されているため、応募前にイメージを膨らませやすいのが魅力的です。

求人ページだけでは分からない内容があれば、キャリアアドバイザーが丁寧に情報提供してくれるので、応募先をなかなか決められない人にもおすすめのサービスです。

少しでも多くの求人を見たい人や、職場の雰囲気を事前に詳しく知りたい人は、ぜひ看護のお仕事も活用してみてください。

看護のお仕事|基本情報

運営会社レバレジーズメディカルケア株式会社
公開求人数約50,000件(常勤のみ)
非公開求人数非公開
対応地域全国
料金無料

(最終更新:22年1月時点)

まとめ

年収1000万以上など、看護の仕事で大きく稼ぐためには、一般の看護師のままでは困難です。

看護師が稼ぐためには、以下のような方法があるので、ぜひ実践してみてください。

看護の仕事で稼ぐための具体的な方法

  • 認定看護師資格を取得する
  • スペシャリスト・ジェネラリストを目指す
  • 看護師長、看護部長を目指す
  • 稼げる職場へ転職

また、年収の高い転職先を探すなら、複数の転職サイトを併用すると、好待遇求人の見逃しが防げます。

稼げる転職先を探すためにおすすめの転職サイトは以下の3つです。

【おすすめ看護師転職サイト3選】
転職サイト名公開求人数対応エリア
看護roo!
約6万件

全国
ナース人材バンク
約4.3万件

全国
看護のお仕事
約13万件

全国

(22年4月時点)

監修者

監修者

看護師として収入を上げたいなら、まずは現職で収入アップのためにどのような選択肢があるのかを調べてみましょう。
現職での出世や昇給が現実的ではない場合には、収入アップの手段の一つとして転職を検討することをおすすめします。
転職の際には、年収だけでなく、自分にとってやりがいが感じられる分野なのかの確認も忘れずに。

関連記事