Operated by Ateam Inc.

イーデス

【看護師の人間関係改善マニュアル】悩みの解消方法6つを徹底解説!

最終更新日:

看護師 おすすめ転職サイト
このページにはPRリンクが含まれています
イーデス』は、複数の企業と提携し情報を提供しており、当サイトを経由して商品への申込みがあった場合には、各企業から報酬を受け取ることがあります。ただし当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無が影響を及ぼすことはございません。
また当サイトで得た収益は、サイトを訪れる皆様により役立つコンテンツを提供するために、情報の品質向上・ランキング精度の向上等に還元しております。※提携機関一覧

人間関係に悩むのがツライ…

閉鎖的な環境で働くことが多い看護師の職場では、上司、先輩、同僚との人間関係に悩む方がたくさんいます。

人間関係の悩みがあると、好きな看護ができる職場だったとしても、仕事が苦痛に感じてしまいますよね

また、人間関係に気を取られすぎると、仕事のミスにもつながりかねません。

この記事では、実際に人間関係に悩む人の体験談や、性格が悪い看護師の特徴と対処法、悩んだとき行動するべきことを、詳しく解説していきます。

「人間関係の悩みを解消して楽しく仕事をしたい!」と考えている方は、ぜひチェックしてみてください。

\看護師転職サイトおすすめ3選/
看護roo!レバウェル看護 (旧:看護のお仕事)ナース人材バンク

kangoroo

公開求人数
約54,000件

サポートが手厚い定番サイト

kangonooshigoto

公開求人数
約86,000件

業界トップクラスの求人数

nursejinzaibank

公開求人数
約36,000件

年間利用者数10万人以上

※最終更新:2024年1月|公開求人数は「常勤のみ」の件数です
  • バイリンガル看護師

    監修者ダシルヴァ石田牧子さん

    ダシルヴァ石田牧子(だしるゔぁいしだまきこ)は、米国と日本で免許を持つバイリンガル看護師。また、外国人診療の看護師、医療英語の大学教員、精神保健分野の研究員など、さまざま分野での勤務経験がある。2021年にフリーランス・ナースとして独立し、コンサルティング、ライティング、講師、医療翻訳などの仕事に従事。順天堂大学医学部および順天堂大学の国際教養学部で医療コミュニケーション分野のゲスト講師を務める。看護師として「子育てしながら在宅でパラレルキャリアを積む」ことに挑戦中の2児のママ。
    ダシルヴァ石田牧子(だしるゔぁいしだまきこ)は、『Medical Explorer』『Medical World Walkabout / 医療の世界を見渡そう』の著者でもある。
    ▼書籍一覧
    ダシルヴァ石田牧子さんの著書一覧

    • 株式会社エイチームライフデザイン

      編集者イーデス編集部

      「ユーザーが信頼して利用できるWEBメディア」を目指す編集部チーム。実際のユーザーの声や業界知識の豊富な専門家の協力を得ながら、コンテンツポリシーに沿ったコンテンツを制作しています。暮らしに関するトピックを中心に、読者の「まよい」を解消し、最適な選択を支援するためのコンテンツを制作中です。

      ■書籍
      初心者でもわかる!お金に関するアレコレの選び方BOOK

      ■保有資格
      KTAA団体シルバー認証マーク(2023.12.20~)

      ■許認可
      有料職業紹介事業(厚生労働大臣許可・許可番号:23-ユ-302788

      • SNS

    気になる内容をタップ

    看護師が人間関係を大切にするべき3つの理由

    病院のような規模の大きい職場で働く場合、特に人間関係は大切にしなければなりません。

    看護師は、1人で業務を進められるような職業ではないためです。

    人間関係が大切な理由

    まずは、看護師にとって人間関係が大切な理由について確認しておきましょう。

    理由1.チームワークが求められるため

    看護師が働く現場は、チームワークが求められます。

    特に患者の急変時の対応など、1人で行えない業務が豊富にあるからです。

    協力し合う必要がある業務の例

    • 急変対応
    • 手術前後の身体管理
    • 重篤な患者の清拭や体位交換、車椅子介助
    • 薬や点滴のダブルチェック

    普段から良好な人間関係が築けている現場では、お互いの動きを理解し合うことができ、チームワークを発揮しやすいです。

    病院などの医療機関は、命を預かる現場であるために、チームワークの良し悪しが仕事に大きな影響を与えます。

    理由2.『報連相』が重要視される現場のため

    看護師が働く医療施設では、『報連相』が重視されます。

    患者の状態に違和感を感じた時、気づいたことをすぐに伝える必要があるためです。

    しかし「あの患者の様子がおかしいな」と思っても、その患者の担当が苦手な先輩であった場合、伝えづらくなってしまいます。

    つまり、人間関係が悪い現場では、患者の状態について報告が遅れてしまう可能性があるのです

    迅速な『報連相』を行うためにも、人間関係を大切にすることは必要不可欠と言えます。

    理由3.ミスが医療事故につながるため

    看護師のミスは、ときにインシデントやアクシデント(医療事故)につながります。

    看護業務では「与薬」や「術後の全身管理」など、命に関わる仕事もあるからです。

    しかし、人間関係の悩みでストレスを抱えると、業務中の注意力が散漫になってしまう可能性が出てきます。

    注意力の低下で少しのミスを積み重ねると、いつか重大なアクシデントを引き起こしかねません

    そのため、人間関係にストレスを抱えないことは、業務中のミスを減らすことにつながります。

    看護師の人間関係が悪化する主な4つの原因

    看護師の人間関係が悪化する主な4つの原因

    看護師は人間関係が悪化しやすい職業です。

    しかし、人間関係がなぜ悪くなるのか分からないと「自分が悪いのでは…」と不安になってしまいます。

    そこで、人間関係が悪化する主な原因を4つ紹介します。

    人間関係が悪化する主な原因

    自分に当てはまる原因を見つけ、問題解決につなげましょう。

    原因1.人員不足のためライフスタイルの変化に対応できない

    医療現場は人員不足であることから、一人の看護師の「体調不良」や「ライフスタイルの変化」が、他のスタッフに与える影響は大きいです。

    特に看護師は、女性が多い職場のため、妊娠・出産などのライフスタイルの変化が激しい傾向です。

    「厚生労働省」の調べを見ても、看護師は圧倒的に女性が多いと分かります。

    男性看護師女性看護師
    就業数 約9万5,000人約112万人
    構成割合7.8%92.2%
    (引用元
    平成30年_衛生行政報告例_就業医療関係者_概況|厚生労働省

    つまり、女性看護師は男性看護師の10倍以上おり、まさに女性の職場といえます。

    忙しい看護の現場では、生理中や妊娠中の体調・気分の変化や、出産前後の休職なども、人間関係のトラブルにつながることがあります。

    女性特有のトラブルの主な例は2点です。

    女性看護師に多いトラブルの例

    • スタッフの急な妊娠報告で、大幅なシフト変更
    • 生理による休暇が多く、他のスタッフに負担がかかっている

    避けられない人間関係の問題も多いため、相談できる同僚や仲のいい人を作りましょう。

    監修者

    本来、結婚・妊娠・出産などはプライベートなことで、職場の都合に合わせる義務はありません。
    ライフスタイルの変化を「不都合」ととらえる雰囲気の職場は、長期的に見て働きやすい職場ではない可能性が高いです。

    原因2.シフト制のためメンバーが変動的

    病棟で働く看護師の多くは、シフト制のため勤務が不規則です。

    そのため、メンバーは変動的となり、いない人の悪口を言いやすい環境と言えます。

    また、前の勤務の人の仕事を引き継ぎ業務を行うため、前任者のミスも目立ちやすいです。

    これらが不満の原因となり、人間関係が悪化するケースもあります。

    ミスや不満を共有できるよう、コミュニケーションを重視することがおすすめです。

    原因3.業務量が多く気を使う余裕がない

    看護師は、業務量が多く「忙しい」職業です。

    一人で複数人の患者さんを担当するため、時間管理が重要といえます。

    看護師の1日の業務例

    • 8:00 出勤後の情報収集
    • 8:30  前任者からの申し送り
    • 9:00  点滴や時間薬の準備
    • 10:00 バイタルチェック
    • 10:30 入浴や清拭などの清潔ケア
    • 11:00 検査出しや手術出しや準備
    • 11:30 血糖値測定
    • 12:00 食事介助と配薬
    • 13:30 カンファレンス
    • 14:00 バイタルサインチェック
    • 15:00 リハビリ
    • 16:00 記録
    • 16:30 申し送り

    タイムスケジュールを立てて動く人が多いため、周りに気を配れないことも多いでしょう。

    質問や相談を受けても、丁寧に対応する余裕はありません。

    冷たい対応を「嫌われている」と捉える人もおり、関係悪化の原因となっています。

    お互いに「忙しくて余裕がない」ことを共有し、相手に対し寛容な対応を心がけましょう。

    原因4.命を預かるという緊張感

    看護師は命を預かる仕事のため、常に緊張感があります。

    緊張感から、ちょっとしたミスを強い口調で訂正され、つらい思いをすることもあるでしょう。

    ただし、強い口調で言われたことを気にするあまり、何を注意されたのかを聞き流してしまうと、再び同じミスを繰り返しかねません

    注意をする側も、命を預かる緊張感から口調がきつくなりやすいため、言い方がきついことに対して深く気にしすぎないことも大切です。

    監修者

    業務中は緊張しすぎないよう、緊張をほぐす方法を知っておくと安心です。
    トイレで一呼吸置いたり、廊下や控え室などで深く深呼吸したりすると緊張をほぐせますよ。

    性格が悪い看護師の特徴と対処法

    性格が悪い看護師の特徴と対処法

    看護師は「性格が悪い」というイメージを持つ方もいらっしゃるでしょう。

    しかし、性格が悪い看護師は、全体の一部にすぎません。

    例として、以下に4つの特徴を挙げました。

    性格が悪い看護師の特徴

    性格が悪い看護師に出会った場合の対処法も解説しますので、確認しておきましょう。

    特徴1.人の悪口を言う看護師

    人の悪口を言う看護師は、どの職場にもいる可能性があります。

    特に職場の環境に慣れた、「中堅~ベテランの看護師」に多いです。

    このタイプの看護師は、わざと大声で悪口を言ったり、根拠のない噂話を広めたりと、悪質な人もいるようです。

    対処法.深く関わらないようにする

    他の人の悪口を言われても、なるべく同調しないようにしましょう。

    同じように悪口を言うと、自分も周りから「性格が悪い人」と思われてしまいます。

    逆に反論してしまうと、相手とトラブルになるため要注意です。

    対処法として、適当な相槌を打ちながら、聞き流す程度に話を聞くことがおすすめです。

    業務に支障がない程度に、一定の距離を保った関係でいましょう。

    特徴2.人によって態度を変える看護師

    性格が悪い人の中には、人によって態度を変える看護師もいます。

    人によって態度を変える看護師の例を、4つ挙げました。

    人によって態度を変える看護師の例

    • 医師や師長にだけ丁寧な対応
    • 新人看護師に冷たい
    • 患者さんの前だけ笑顔
    • 後輩看護師しかいないと、態度が悪い

    このような看護師は、目上の人からの評判がよく、周囲に性格の悪さがあまり理解されません

    人によってうまく立ち回るため、厄介なタイプです。

    対処法.同じ悩みを持つ同僚に相談

    人によって態度を変えるということは、同じ悩みを抱える同僚やメンバーもいるはずです。

    その人たちと悩みを共有し、相談しあうと、性格の悪い人に対するストレスを一緒に減らせます

    また、弱みを握られるとさらに強い態度を取られるため、自分の話をしない方が良いでしょう。

    常に医師や先輩看護師、師長など、その人が強い態度を取れない人の近くにいるのも効果的です。

    特徴3.言い方がきつい看護師

    様々な理由で、言い方がきつくなる看護師は多いです。

    言い方がきつくなる理由

    • 業務が忙しい
    • 元々言い方がきつい
    • せっかちな性格
    • 意地悪してやろうと思っている
    • 相手にイライラしている

    新人時代に、先輩からのきつい口調で心が折れた人も多いでしょう。

    看護師の働く職場は忙しいために、相手の業務が遅いとつい「きつい口調」になりがちです。

    さらに、性格が悪い看護師の場合「意地悪してやろう」「相手にイライラする」などの理由で、わざときつく言ってきます

    対処法.感情的にならず丁寧に対応する

    言い方がきつい看護師に対しては、感情的にならずに丁寧な対応を心がけることが大切です。

    こちらが感情的に対応してしまうと、トラブルに発展しやすいからです。

    トラブルの例

    • 感情的なやり取りから口論に発展する
    • 相手を怒らせ、さらに関係が悪化する
    • 必要なコミュニケーションが取れず、業務に支障をきたす

    きつい言い方をされるときには、こちらが悪いケースもあります。

    なぜきつい言い方をされたのか考え、状況によっては素直に謝罪することも大切です。

    ただし、理不尽にきつい言い方をされることが続くと、パワハラに発展しかねません。

    きつい言い方にストレスを感じる場合は、上司に相談しましょう。

    特徴4.人のミスをあら探しする看護師

    性格が悪い看護師の中には、人の細かなミスを見つけては指摘する「あら探しする看護師」がいます。

    「完璧に業務をこなしたい」と思う中堅の看護師に多く「些細なミス」や「自分とやり方が違うこと」に対して、細かく指摘します。

    さらに、プライドが高く、自分への指摘は耳を貸さないことが多いです。

    相手のあらを一方的に指摘するため、性格が悪く対応も大変なタイプといえます。

    対処法.「指摘してくれる優しい人」と前向きにとらえる

    わざわざ指摘してくれるため、「指摘してくれる優しい人」と前向きにとらえるのがおすすめです。

    ポジティブに解釈すれば、「ここは変えたほうがいいな」と技術の向上につなげられます。

    しかし、理不尽な指摘も多いので、参考にならないことは聞き流すようにしましょう。

    あら探しにストレスを感じる場合は、できるだけ関わらない方がいいでしょう。

    看護師の辛い人間関係あるある3選

    看護師の辛い人間関係あるある3選

    看護師が辛い人間関係に直面するのは、よくあることです。

    そこで、代表的な看護師の、「辛い人間関係あるある」を以下に3つ挙げました。

    辛い人間関係あるある

    看護師にありがちな人間関係のトラブルをチェックして、実生活に活かしましょう。

    質問しても無視されたり嫌がられる

    特に新人時代の看護師にありがちなのが、「質問しても無視される・嫌がられる」ことです。

    先輩との人間関係がうまくいかず、「質問や相談をしても無視される」という辛い経験をお持ちの方もいるでしょう。

    このあるあるには、以下の原因があります。

    質問されても無視されたり嫌がられる原因

    • 質問するタイミングを間違った
    • 先輩のケアを中断させた
    • 患者さんの前で質問してしまった
    • 質問しすぎて嫌われた
    • 相手が高圧的・性格が悪い

    原因を見ると、自分に原因がある場合もあります。

    新人時代以降もこの「あるある」を感じている人は、質問するタイミングが間違っていないか、振り返ってみましょう。

    看護観の違いで意見が食い違い関係悪化

    理想とする看護観が相手と異なり、「意見の食い違いで関係が悪化する」ことは看護師あるあるです。

    特に、看護にプライドを持つ中堅以降の看護師に多くみられます。

    相手の考えや看護観を尊重できれば良いですが、人の意見を尊重できる人ばかりではありません。

    看護観は人それぞれ違うという認識を持つことが、人間関係を悪化させないポイントと言えます

    いない人の悪口で盛り上がる

    看護師はシフトで働くケースが多いため、その場にいない人の悪口を言いやすい環境と言えます。

    仕事が遅い人やミスが多い人に対して、つい愚痴のように悪口を言ってしまうこともあります。

    特に、夜勤は少人数でナースステーションにいる時間も長いため、その場にいないメンバーの悪口につながりやすいです。

    自分は愚痴のつもりでも、相手は悪口だと感じるかもしれません

    いじめにつながらないよう、本人がいない場所での言動には気を付けましょう。

    「もう辞めたい!」看護師の人間関係お悩み体験談

    「もう辞めたい!」看護師の人間関係お悩み体験談

    「辞めたい」と感じるほど、人間関係の悩みは深刻です。

    「いい人間関係を築きたい」と思っても、置かれている環境によっては上手くいきません。

    そこで、実際に人間関係に悩みを抱えている人の体験談を3つ集めました。

    人間関係お悩み体験談

    自分の人間関係の悩みを思い出しながら、詳しく見ていきましょう。

    体験談1.先輩や上司の態度が高圧的

    「高圧的な態度を取られいじめられた」という体験談です。

    特に後輩に対して、中堅以上の看護師が高圧的な態度を取ることは珍しくありません。

    例えば「申し送りを無視される」などのケースは、いじめと言えます。

    先輩看護師が高圧的な態度を取ると、後輩は委縮し本来のスキルを発揮しにくいもの

    このような環境では、「辞めたい」と感じるのも頷けます。

    体験談2.いじめのターゲットにされた

    「いじめの標的にされ、嘘を付かれて責められた」という体験談です。

    このようないじめを受けると、必要な情報をリーダーに伝えられずインシデントを引き起こす原因になります

    看護師はストレスが多い仕事のためか、いじめでストレス発散する人もいるのです。

    体験談3.病棟内の派閥に巻き込まれた

    「看護師の派閥に巻き込まれてストレスが増えた」という体験談です。

    年齢や価値観の違いから派閥が生まれ、不仲になってしまうことがあります。

    派閥争いでは、「自分もどこかに入らないといけないのでは」と悩んでしまいがち

    派閥争いに巻き込まれた結果、ストレスが増え「辞めたい」「異動したい」と考える人も少なくないでしょう。

    「辞めたくても辞められない…」という方は、以下の「今すぐできる転職のコツ」の記事をご覧ください。

    看護師が人間関係の悩みを解消する方法6つ

    看護師が人間関係の悩みを解消するための方法6つ

    看護師が人間関係の悩みを解決する方法はあります。

    性格や悩みの内容によりますが、以下6つの対策を挙げました。

    人間関係の悩みを解消する方法

    今すぐに実践できる内容もありますので、「できる!」と思ったら行動してみましょう

    方法1.苦手だと思う相手でも積極的に絡んでみる

    相手のことを一度でも苦手だと思うと、声をかけるのを躊躇してしまうものです。

    ですが、苦手な相手でも、敬遠するよりは思い切って話しかけてみてください

    例えば、苦手な先輩に指導された内容について、「具体的に勉強した」ということを伝えてみましょう。

    以前〇〇さんに行った処置について、勉強不足で迷惑をおかけしました。家に帰って改めて勉強し直し、メモも取ってきたので、今日も手技の確認をお願いできますか?

    こういった声かけを毎日繰り返すと、苦手な相手に対してコミュニケーションすることに慣れてきます

    また、相手から「やる気がある」という目で見てもらうことができ、やがては信頼されるようにもなるでしょう。

    現場内で信頼を獲得できれば、人間関係に悩む機会も減るはずです。

    監修者

    苦手な相手がいたら、自分から話しかけることで苦手意識を克服する方法を試してみましょう。
    自分から話しかけることで会話の主導権を握れるので、話しかけられるのを待つより実は楽なことが多いです。

    方法2.中立の立場になる

    派閥が生まれたとしても、どちらの話もじっくり聞ける人になること望ましいです。

    偏った考えや人の悪口を言わず、いろんな人に共感できる人は、やがて人に好かれるようになります

    ギスギスした職場では難しいケースもありますが、どちらか一方に深く関わりすぎないことが中立の立場になるポイントです。

    監修者

    派閥争いがある職場でも、派閥に入るかどうかは自分で決められることです。「自分は自分」と割り切って、業務に支障が出ない範囲で周囲のスタッフと距離を保つのも手です。

    方法3.一人で抱え込まず人に話してみる

    人間関係に関して悩みがあるなら、まずは人に相談してみましょう。

    話を聞いてもらったり、愚痴を言い合ったりするだけでも、スッキリすることがあります

    そのため、定期的に話を聞いてもらえる相手を作っておくのが望ましいです。

    【相談すべき相手】

    • 看護師として働く同僚
    • 別の職種の友人・知人
    • 自分の理解者である両親

    ただし、看護師の同僚に相談するときは、特定の誰かの『悪口大会』にしないように気をつけましょう。

    人の悪口を言うと、その人にどんどん嫌悪感を抱くことになってしまいます。

    更に、回り回って本人に伝わる可能性もあります。

    また、人間関係の悩みに関して、他の人の体験談を聞いてみるのも有効です。

    違った事例でも、解決した方法があれば、自分の悩みにも活かすことができます。

    方法4.プライベートでストレスを発散する

    プライベートの時間では、仕事のことをなるべく考えないようにするのも効果的です。

    また、プライベートでは思い切り遊んだり趣味に没頭したりすると、ストレスの発散になります。

    例えば、自宅で1日中映画鑑賞をするだけでも、ストレスを発散することが可能です。

    映画を観ている間は現実から離れることができ、人間関係の悩みで頭を抱える時間を作らずに済みます。

    自分自身の心のケアは、何より大切です。

    仕事の悩みは引きずってしまいがちですが、「仕事は仕事」と割り切り、プライベートは思い切り楽しみましょう。

    方法5.異動ができないか相談してみる

    どうしても人間関係が改善できないのであれば、病院内の他部署への異動を相談してみましょう。

    自身のコンディションが悪いと、患者に影響が出る可能性があるという声がありました。

    看護師

    合う合わないは絶対にあるので業務的な会話さえはばかられるほどであれば異動します。 人間関係でコンディションが悪くて患者さんに影響があったら困るし…。(引用:看護roo!掲示板)

    病棟や部署によって、働くスタッフの雰囲気は全く異なります

    人間関係の悩みでストレスを溜め込むくらいなら思い切って異動し、現状から逃れてみるのも1つの手段です。

    方法6.他の病院や医療施設へ転職する

    人間関係に悩むなら、他の医療機関への転職を検討するのも1つの方法です。

    転職して環境を変えることで、新しい人間関係を築けます。

    しかし、転職先で必ずしも人間関係が上手くいくとは限りません

    人間関係が良い職場を選ぶためにも、十分な下調べや見学を行って転職しましょう。

    人間関係の良い職場を選ぶポイントについては「看護師が人間関係の良い職場を選ぶポイント7つ」でご紹介します。

    人間関係に悩む看護師におすすめの転職先

    人間関係に悩む看護師におすすめの転職先

    人間関係は働く場所によって違ってきます。

    なかには、人間関係にストレスを感じにくい職場もあります

    そこで、人間関係に悩む看護師におすすめの転職先について、主な4つを挙げました。

    人間関係に悩む場合におすすめの転職先

    なぜ人間関係に悩みにくいのか、どういう環境なのか、確認していきましょう。

    病院外来

    病院外来は、病棟に比べて急変や不測の事態が少ないです。

    そのため、仕事が安定しており、心に余裕を持てます。

    その他にも、病院外来で人間関係に悩みにくいポイントの例を挙げました。

    病院外来で人間関係に悩みにくいポイント

    • 土日祝日休みの場合が多い
    • 関わる看護師の人数が少ない
    • 夜勤がない
    • 定時で上がれることも多い

    病院外来は病棟と違う点が多く、ストレスを感じにくい転職先といえます。

    大学病院などの大きな病院であれば、外来に異動できる場合があります。

    「忙しさ」や「余裕のなさ」で人間関係に悩みを持つ人におすすめです。

    クリニック

    クリニックは個人経営のため、少人数のスタッフしかいません。

    関わる人数が少ないため、人間関係のトラブルに発展しにくいです。

    また、診療科によって業務内容はほとんど決まっており、仕事で困ることも少ないでしょう。

    しかし、「経営している医師」や「長く勤めている看護師」がくせ者の場合もあります。

    個人経営している医師やその家族の力も強いため、どのような医師やスタッフがいるのか見極めが大事です。

    その点をクリアすれば、アットホームで良い人間関係を作りたい人におすすめの転職先です。

    監修者

    クリニックは病院と比較して小規模な分、院長や上司の考え方が業務に反映されやすいです。
    「合わない」と思った場合に、個人の努力で状況を変えることは難しい場合がほとんど。
    クリニックへの転職では、給料や勤務時間などの条件だけでなく、口コミをチェックしたり見学したりして職場文化も確認しましょう。

    介護施設

    介護施設は、看護師の数が少なく人間関係の負担が少ない職場です。

    場所によっては、自分だけしか看護師がいない場合もあります。

    そのため、業務で衝突することは少なく、看護師同士の人間関係に悩むことは少ないでしょう。

    しかし、介護士や他のスタッフがメインの職場であるため、多職種との連携が重要です。

    また、病院とは違った幅広い業務内容のため、慣れるまで時間がかかる可能性もあります。

    看護師が少なく自分の力を試せる場所がいい、という方におすすめの転職先です。

    訪問看護

    訪問看護は一人で患者さんを訪問するため、看護師同士の関わりが少ない職場です。

    事業所にいる以外で他の看護師と関りはほとんどありません。

    そのため、人間関係に悩みにくい転職先といえます。

    また、患者さんとじっくり向き合えるため、やりがいも感じられます。

    しかし、一人で終末期の患者さんや重篤な患者さんをケアしたり、ときには、急変の対応も一人で行わなければなりません。

    看護師としての実力を求められるため、新人には不向きでしょう。

    訪問看護は、中堅からベテランの人間関係で悩む人におすすめです。

    監修者

    訪問看護は単独で判断・行動することが比較的多いため、経験が浅い場合には研修制度が充実した求人に絞りましょう。

    看護師が人間関係の良い職場を選ぶポイント7つ

    看護師が人間関係の良い職場を選ぶポイント7つ

    転職を検討している職場が、人間関係が良好かどうか気になる看護師は多いです。

    人間関係の悩みで転職を検討する人が、特にチェックしておきたいポイントを7つ挙げました。

    人間関係の良い職場を選ぶポイント

    見学や面接の際に、職場の様子を見ることが可能ならしっかり確認しておきましょう。

    監修者

    これらのポイントは求人票を見ただけでは分からないことがほとんどです。
    口コミをチェックしたり、積極的に職場見学に行くなどして確認しましょう。

    ポイント1.上司が話しやすい雰囲気

    現場の上司の人柄は、職場の人間関係に大きく影響を与えます。

    上司の雰囲気が良い職場は、スタッフも明るい雰囲気で仕事をしているケースが多いです。

    まず見学や面接時に話す機会が多いのは、その職場の上長です。

    上に立つ人間が、親しみやすく話をしやすい雰囲気の持ち主かどうか、見極めましょう。

    ポイント2.新人教育が行き届いている

    新人教育が行き届いている現場では、職場の雰囲気が殺伐としていないことも多いです。

    新人をじっくり指導することは、それなりに余裕のある職場でないと難しいからです。

    また、既卒で転職する人も、新たに指導を受けることはあります。

    そのため、自身が指導を受ける時に人間関係に悩まないためにも、教育の様子を見極めることは必要です。

    ポイント3.仕事場が散らかっていない

    仕事場が清潔で整頓されていれば、働くスタッフの心に余裕があることが伺えます

    仕事場が散らかっている場合には、業務に追われて精神的・体力的に負担がかかっている可能性があります。

    そのため、職場全体の雰囲気が悪いケースも考えられます。

    見学に行く機会があれば、ひと目でわかるポイントなので、意識して見ておきましょう。

    ポイント4.スタッフ同士が声を掛け合っている

    現場で働く看護師同士が積極的に声を掛け合っていれば、人間関係は良好と言えるでしょう。

    人間関係が悪ければ、そもそもスタッフ同士で話すこともないためです。

    以下に、意識的に看護師を観察できる場面をピックアップしました。

    看護師同士の声掛けを見られる場面

    • 朝・夕の申し送り
    • 患者対応後の報連相
    • 薬などのダブルチェック時
    • ラウンド中のスタッフ同士が話す場面

    現場の看護師の姿をじっくり観察し、コミュニケーションの雰囲気を見極めましょう。

    ポイント5.働いているスタッフに余裕がある

    働いているスタッフに余裕があると、人間関係によるギスギスした雰囲気は少ないと分かります。

    忙しく業務に追われると、スタッフに余裕は生まれません。

    そのため、「適度な業務量」で「一人ひとりの負担はあまり多くない」ともいえるでしょう。

    心に余裕を持った人が多い職場は、人間関係が悪化しにくいです。

    適度な余裕を持ってスタッフが働けているか、職場見学などで確認しておきましょう。

    ポイント6.口コミサイトの評判をチェック

    職場見学や説明会では分からない、裏の評判まで見られるのが口コミサイトの良いところです。

    実際に働いていた人の意見を見られるため、人間関係が良い職場も分かりやすいといえます。

    職場見学に行った上で実際の口コミを確認すれば、職場選びの手助けになるでしょう。

    しかし、口コミサイトによっては、信憑性の乏しい情報もあるため注意が必要です。

    あくまで口コミであることを踏まえ、参考にする程度で利用してみてください。

    ポイント7.転職サイトを活用する

    自分で人間関係の良い職場を選べない場合は、転職サイトを利用するのも一つの方法です。

    転職サイトのアドバイザーは、「人間関係の良い職場」など、求人には載っていない情報を教えてくれます。

    さらに、自分に合う求人の紹介や、履歴書の添削や面接対策など、転職に関する支援を受けることが可能です。

    「転職相談にはお金がかかるのでは…」と不安に感じるかもしれませんが、転職サイトの仕組みは以下のようになっており、求職者に料金の請求が来ることはありません。

    看護師転職サイトの仕組み

    多くの転職先から人間関係の良い職場を見つけるためにも転職サイトに登録し、一度でも実際に相談に行ってみることをオススメします。

    人間関係の悩みで転職する看護師にオススメの転職サイト3選

    おすすめ看護師転職サイト3選

    実際に転職を検討しようとしても、どうしたら理想の職場が見つけられるのか不安な方は多いです。

    転職サイトを使うと、非公開の求人を得られたり、希望する医療施設へ見学の調整を行ってくれることもあります

    ここでは、豊富な求人を扱っている3つの転職サイトについて紹介していくので、転職活動に役立ててください。


    【おすすめ看護師転職サイト3選】
    転職サイト名公開求人数対応エリア
    看護roo!
    約5.4万件

    全国
    レバウェル看護(旧:看護のお仕事)
    約8.6万件

    全国
    ナース人材バンク
    約3.6万件

    全国

    (※最終更新:2024年1月|公開求人数は「常勤のみ」の件数です)

    まず初めの1社を選ぶならば、求人数・サポート共に充実している「看護roo!」がおすすめです。

    しかし、手厚いサポートをしてくれるかは、担当者の良し悪しにも左右されるため「このサイトを使えば安心」と言い切れるサイトはありません。

    相性の良い担当者を見極められるように、転職サイトは2~3社まとめて登録しておくことをおすすめします。

    求人数・サポート共に充実している『看護roo!』

    看護roo!
    (引用
    看護roo!

    看護roo!の特徴

    • 手厚いサポートが受けられ、特に面接対策と条件交渉には定評がある
    • 「利用者満足度」96%以上。高い満足度を誇る
    • 全国的に求人が豊富。特に関東・東海・関西地方の都市部の求人に強い

    看護roo!』は、看護師転職ではお決まりと言えるほど人気の看護師転職サイトです。

    求人数は業界トップクラス13万件以上(※)面接対策や条件交渉などのサポートも丁寧なので、転職が不安な方におすすめです。
    ※雇用形態/勤務形態/職種別 2023年12月1日時点

    また「看護roo!」の求人情報には「キャリアパートナーのオススメポイント」が記載されているため、応募前に職場の雰囲気などをイメージしやすくなっています。

    求人数とサポートの丁寧さを総合的に判断するならば、看護roo!への登録は外せないと言えるでしょう。

    なお、看護rooは登録者限定に「転職ガイドブック」を配布しています。転職者に寄り添った配慮がある点も、看護roo!をおすすめできる理由の一つです。

    看護師の転職には欠かせないサイトですので、優先的に登録しておくことをおすすめします。

    看護roo!|基本情報

    運営会社株式会社クイック
    公開求人数

    約54,000件

    非公開求人数非公開
    対応地域全国
    料金すべて無料

    (最終更新:24年2月時点|公開求人数は「常勤のみ」の件数です)

    職場のリアルな情報がわかる『レバウェル看護(旧:看護のお仕事)』

    レバウェル看護の特徴

    • 公開求人数トップクラス
    • 病院の口コミなど職場のリアルな情報も確認できる

    レバウェル看護(旧:看護のお仕事)』は、業界トップクラスの求人数を保有する看護師転職サイトです。

    レバウェル看護では年間4,000回以上の職場訪問を行なっており、病院や施設ごとの「医療方針」や「職場の雰囲気」などを詳しくヒアリングしています

    求人ページを確認すると、求人ごとのおすすめポイントや、実際に働くスタッフの声などが紹介されているため、応募前にイメージを膨らませやすいのが魅力的です。

    求人ページだけでは分からない内容があれば、キャリアアドバイザーが丁寧に情報提供してくれるので、応募先をなかなか決められない人にもおすすめのサービスです。

    少しでも多くの求人を見たい人や、職場の雰囲気を事前に詳しく知りたい人は、ぜひレバウェル看護も活用してみてください。

    レバウェル看護 (旧:看護のお仕事)|基本情報

    運営会社レバレジーズメディカルケア株式会社
    公開求人数約86,000件
    非公開求人数非公開
    対応地域全国
    料金無料

    (最終更新:24年2月時点|公開求人数は「常勤のみ」の件数です)

    求人数が多く職場情報も確認できる『ナース人材バンク』

    ナース人材バンクの特徴

    • 看護師登録者数No.1※株式会社エス・エム・エス調べ
    • 老舗の看護師転職サイトだからこその安心感
    • 全国幅広く求人を保有

    ナース人材バンク』は、年間10万人以上の看護師が利用している「看護師登録者数No.1」の人気転職サイトです。

    2005年から運営されている老舗の転職サイトであり、医療機関との繋がりが強く、非公開求人も含めて全国幅広くの求人を保有しています

    また、各都道府県ごとに担当のキャリアアドバイザーが在籍しており、職場の雰囲気なども詳細に教えてもらえるのが魅力的です。

    実績豊富で求人数も充実しているサービスであるため、看護師の転職には欠かせないサイトの1つと言えます。

    全ての看護師におすすめですが、特に20代や30代のサポートに強みを持っているので、該当する人は優先的に登録しておきましょう。

    ナース人材バンク|基本情報

    運営会社株式会社エス・エム・エス
    公開求人数約34,000件
    非公開求人数非公開
    対応地域全国
    料金無料

    (最終更新:24年2月時点|公開求人数は「常勤のみ」の件数です)

    看護師転職サイトの登録から転職までの流れ

    看護師転職サイトの登録から転職までの流れ

    ここからは、看護師転職サイトを利用した転職活動の流れを解説します。

    転職活動の流れ

    特に難しいことはありませんので、ざっくりと流れだけでも確認しておいてください。

    ステップ1.利用登録をする

    看護師転職サイトは最初に利用登録を行います。

    メールアドレスや電話番号、希望する働き方など、簡単に入力できる項目なので数分で登録が完了します。

    利用料は無料なので安心してください。

    ステップ2.初回のカウンセリングを受ける

    登録した当日や翌日に、看護師転職サイトのスタッフから電話が入ります。

    この電話でスタッフが仕事の悩み、転職時期、希望する働き方や看護技術の習得レベルなどを詳しく聞いてくれます

    この時点では相談だけなのですが、辛い毎日を過ごしてきた看護師にとって相談できるだけで気持ちが軽くなるものです。

    ステップ3.求人の紹介、求人への応募

    カウンセリング後、希望の条件を満たした求人があると紹介してくれます。

    求人に応募する前には給料、職場の雰囲気など、転職先の病院に直接聞きづらい内容を看護師転職サイトのスタッフが代行して聞いてくれます

    そのため、自分で納得した求人にだけ応募することが可能です。

    実際に応募する時は、履歴書の内容確認や面接の練習を担当者が電話でサポートしてくれます。

    さらに、 病院の面接日程も看護師転職サイトのスタッフが代行してくれるため、自分で日程調整をせずに済みます。

    面接を受けて合格したら新しい就職先の決定です。

    ステップ4.新しい就職先との条件交渉

    面接に合格した後も入社日、給料や勤務の条件交渉など、スタッフが代行してくれるため勤務を開始するまでしっかりサポートしてくれるのです。

    条件交渉が終わり、入社日に出勤して新しい職場で働くこととなります。

    まとめ

    人間関係に悩まず仕事に集中したいなら、考えるだけでなく、まずは行動しましょう。

    人間関係の悩みを解消する方法

    • 苦手だと思う相手でも積極的に絡んでみる
    • 中立の立場になる
    • 一人で抱え込まず人に話してみる
    • プライベートでストレスを発散する
    • 異動ができないか相談してみる
    • 他の病院や医療施設へ転職する

    職場の人間関係がこじれてしまい、どうしても修復不可能なレベルであれば、転職を考えましょう。

    働きやすい、雰囲気が良いと感じる病院の特徴は、人それぞれで異なります。

    自分にとって、働きやすいと感じる条件を満たす職場を選ぶことが大切です。

    あなたの希望条件に合った転職先を効率よく探すためにおすすめなのが、転職サイトの活用です。

    看護師向けのおすすめ転職サイト3つをご紹介しますので、ぜひ活用してみてください。

    \看護師転職サイトおすすめ3選/
    看護roo!レバウェル看護 (旧:看護のお仕事)ナース人材バンク

    kangoroo

    公開求人数
    約54,000件

    サポートが手厚い定番サイト

    kangonooshigoto

    公開求人数
    約86,000件

    業界トップクラスの求人数

    nursejinzaibank

    公開求人数
    約36,000件

    年間利用者数10万人以上

    ※最終更新:2024年1月|公開求人数は「常勤のみ」の件数です

    転職サイトは自分に合ったところを複数登録しておくことで、理想の職場を見つけやすいです。

    存分に活用して、転職を成功させてくださいね!

    監修者

    人間関係の悪い職場は、看護師個人の性格の問題よりも、ネガティブな職場文化や、多忙・人員不足によるストレスなど、職場環境によるところも大きいです。
    自分なりに努力しても人間関係が改善されず、強いストレスを感じているなら、異動や転職を検討しましょう。
    職場文化やスタッフ間のやりとりの様子などは求人票では分からないため、転職サイトから口コミを得たり、職場見学をするのがおすすめです。

    看護師 おすすめ転職サイトの関連記事

    看護師転職サイトおすすめランキング17社!求人数を徹底比較
    看護師 おすすめ転職サイト

    看護師転職サイトおすすめランキング17社!求人数を徹底比較

    2024年2月20日

    イーデス編集部

    イーデス編集部

    保健師向け転職サイト・転職エージェントおすすめ比較ランキング
    看護師 おすすめ転職サイト

    保健師向け転職サイト・転職エージェントおすすめ比較ランキング

    2024年2月22日

    イーデス編集部

    イーデス編集部

    【大分でおすすめの看護師転職サイト3選】人気求人も紹介!
    看護師 おすすめ転職サイト

    【大分でおすすめの看護師転職サイト3選】人気求人も紹介!

    2024年2月14日

    イーデス編集部

    イーデス編集部

    奈良でおすすめの看護師転職サイト3選!失敗しない転職のコツも徹底解説!
    看護師 おすすめ転職サイト

    奈良でおすすめの看護師転職サイト3選!失敗しない転職のコツも徹底解説!

    2024年2月14日

    イーデス編集部

    イーデス編集部

    看護師副業おすすめ21選!在宅・自宅でできる仕事を紹介
    看護師 おすすめ転職サイト

    看護師副業おすすめ21選!在宅・自宅でできる仕事を紹介

    2024年2月9日

    イーデス編集部

    イーデス編集部

    【ダブルワーク】看護師夜勤バイトおすすめ7選!単発や寝当直も紹介
    看護師 おすすめ転職サイト

    【ダブルワーク】看護師夜勤バイトおすすめ7選!単発や寝当直も紹介

    2024年2月2日

    イーデス編集部

    イーデス編集部

    • Facebook
    • x
    • LINE

    © 2022 Ateam LifeDesign Inc.