【退職できない看護師向け】自由を勝ち取るコツを徹底解説!

ナビナビ
転職

2022-06-08

「退職願を出したのに、看護師長(部長)や主任に話を聞いてもらえない…」

看護師は常に人手不足の業種であり、簡単に辞めさせてくれないケースも少なくありません。

この記事では、看護師が円満退職するコツをはじめ、引き止められにくい退職理由、どうしても辞められない時の最終手段についても解説します。

次のステージに向けて第一歩を踏み出すために、ぜひ参考にして下さい。

\看護師転職サイトおすすめ3選/
看護roo!ナース人材バンク看護のお仕事

kangoroo

公開求人数
約60,000件

nursejinzaibank

公開求人数
約43,000件

kangonooshigoto

公開求人数
約50,000件(常勤のみ)

※参考|公式サイトより(2022年1月時点)
ダシルヴァ石田牧子さん
ダシルヴァ石田牧子さん

バイリンガル看護師

米国と日本で免許を持つバイリンガル看護師。外国人診療の看護師、医療英語の大学教員、精神保健分野の研究員など、多分野での勤務経験がある。2021年にフリーランス・ナースとして独立し、コンサルティング、ライティング、講師、医療翻訳などの仕事に従事。順天堂大学医学部大学院および国際教養学部で医療コミュニケーション分野のゲスト講師を務める。看護師として「子育てしながら在宅でパラレルキャリアを積む」ことに挑戦中の2児のママ。

周田 佳介さん
周田 佳介さん

現役訪問看護師

現役の訪問看護師として活動中。 過去には急性期病院、慢性期病院、特養、グループホーム、ホームヘルパーと多岐にわたって経験している。経験を生かし、看護介護系記事の執筆や研修講師など引き受けている。

目次

看護師が退職できない3つの理由

看護師 退職できない理由

辞めたいのに辞めさせてもらえず、ズルズルと働き続けている看護師は多いです。

看護師が簡単に退職できない主な理由として、以下の3つが挙げられます。

人手不足

看護師は、全体的に人手不足の状況であり、簡単に仕事を辞められない看護師はたくさんいます。

厚生労働省によると、平成30年度の看護師の有効求人倍率は2.28倍、つまり1人の看護師に対して2つ以上の病院や施設などが募集している状況です。

「あなたが辞めるとシフトが回らない」「他のスタッフの負担が増える」などと言われて引き止められるケースもあります。

退職時期の見極めが重要

人手不足の職場をスムーズに辞めるためには、退職する時期の見極めが重要です。

退職しやすい時期についてはスムーズに退職できない時の6つの対処法で解説します。

看護師長としての評価が下がる

看護師長に退職の意思を伝えたのに、強い引き止めにあって退職できないことがあります。

「今辞めるともったいない」「あなたには辞めないでほしい」などと言われることもあるでしょう。

しかし、本当にあなたのことを想って引き止めている場合と、そうではない場合があります。

退職者が出ることで管理職としての評価が下がることを防ぐために、引き止めている可能性もあるのです。

引き止められても、退職する理由を明確に伝えることで、辞める意思の強さを伝えるようにしましょう。

奨学金の返済を求められる

「残りの奨学金の一括返済」や「違約金の支払い」などを求められて、退職をあきらめる人もいます。

しかし、奨学金制度を盾に退職を認めないことは、法律違反の可能性があります。

奨学金は返済する必要がありますが、別の病院で働いて返済することも可能です。

職場によって異なるので、まずは契約内容を確認してみてください。

監修者

監修者

奨学金の残額については、退職を相談する前に必ず確認しておきましょう。
退職の話をしてから確認をしようとすると、避けられる場合があり、退職までに時間がかかってしまうケースがあります。

看護師が円満退職するための流れ

看護師 退職できない理由

これまでお世話になった職場を円満退職するために、退職の流れをおさえておきましょう。

基本的な退職の流れ

  • 就業規則で退職の申し出の期日を確認
  • 看護師長に退職の意思を伝える
  • 退職願を提出する
  • 退職日の決定
  • 退職届の作成・提出
  • 業務の引き継ぎ
  • スタッフにお礼を伝える
  • 退職

円満退職するためのコツを押さえて、スムーズに手続きを進めることも大切です。

押さえておくべき3つのコツを紹介するので、参考にしてみてください。

円満退職するためのコツ

退職の意思を早めに伝える

退職することを決意したら、まずは看護師長に退職意思を伝えます。

退職を申し出る時期は、就業規則によって決まっている場合もあるため、就業規則を確認しておきましょう。

職場によって、1ヶ月〜3ヶ月と差があるので注意が必要です。

退職すると決めたら、なるべく早い段階で看護師長に話を通しておくことが、円満退社への最初のステップです。

退職までに引継ぎを漏れなく終わらせる

自分の仕事は中途半端に引継がず、漏れなく終わらせるようにしましょう。

中途半端な引継ぎだと、他のスタッフに迷惑がかかるだけでなく、患者さんにも影響を及ぼす危険性があります。

業務を引き継ぐスタッフと密に連携し、確認や情報共有をしながら進めるようにしましょう。

スタッフに感謝を伝える

退職することが決まったら、同僚の看護師にお礼の言葉を伝えます。

感謝していること、勉強させてもらったことを伝えると、気持ちよく送り出してくれるでしょう。

看護師は狭い業界なので、元同僚と別の職場で働く可能性もあります。

良い人間関係を維持する意味でも、感謝の気持ちを伝えて退職するようにしてください。

スムーズに退職できない時の6つの対処法

看護師 退職できない理由

引き止められて退職できない場合に、試してほしい対処法を紹介します。

退職の意思を伝えてもスムーズに退職できない場合は、以下の6つの対処法を試してみてください。

対策1.退職の時期を工夫する

退職には、退職しやすい時期と退職しにくい時期があります

以下の時期は、引き止められる可能性が高いので避けた方が良いでしょう。

退職しにくい時期

  • 年末年始、夏季休暇の時期
  • 産休に入る看護師がいる時
  • 委員会や看護研究の活動をしている時

退職しやすい時期は以下の3つです。

退職しやすい時期

  • 年度末(3月末)
    →職場の負担が少なく円満退職しやすいから
  • 求人が出る時期(1月から2月、7月)
    →求人案件が増えて転職先が決まりやすいから
  • ボーナスを受け取った後(7月中旬から下旬、1月)
    →生活費に余裕が出るから
  • 看護研究などの活動がひと段落した後
    →チームの人に迷惑をかけなくて済むから

年度末は病院の組織内で、異動や定年退職者が決定する時期なので、最もおすすめの退職時期です。

次年度に向けて看護師の編成を考える時期でもあり、あなたの退職を前提にチームを組むことができます。

スムーズに退職するためにも、退職しやすい時期を選ぶことがポイントです。

対策2.相談ではなく決定事項として伝える

退職の意思を伝える際に「辞めようか迷ってて…」という曖昧な表現で伝えると、引き止められやすいです。

何を言われても「退職します」と気持ちが固まってる姿勢を見せましょう

具体的な退職時期まで伝えると、退職の意思の強さがアピールできます。

監修者

監修者

「退職を考えている」と相談した場合、引き留められる可能性が高いです。
「退職するので時期の相談をしたい」のほうが、退職の意思が固まっていることが伝わりやすいです。

対策3.引き止められにくい退職理由を伝える

退職理由を伝える際には、引き止められにくい理由を伝えるのがポイントです。

以下のような退職理由を伝えると、引き止められにくいでしょう。

引き止められにくい理由

  • 他の分野で経験を積みたい
  • 転職先が決まっている
  • 家庭の介護のため
  • 夫の転勤についていくため
  • 体調不良のため
  • 留学するため

スキルアップを目的とした理由や、止むを得ない理由であれば、引き止められる可能性は低くなります。

以下のように、職場に対する不満を理由にすると、引き止められやすいので注意が必要です。

引き止められやすい理由

  • 人間関係の不満
  • 待遇の不満
  • 勤務条件の不満

職場に対する不満を伝えてしまうと、あなたの印象も悪くなり退職日まで働きにくくなります。

職場への不満が本当の理由だとしても、直接伝えないことが円満退職のポイントです。

監修者

監修者

現在の職場への不満が退職理由であっても、それをそのまま退職理由として伝えるのはデメリットが大きい場合がほとんど。
感謝を伝えた上で、ポジティブかつ断りにくい理由を伝えましょう。

対策4.伝える相手を変える

退職の手続きがなかなか進まない場合、看護師長で話が止まってる可能性があります。

看護師長に進捗具合を確認しても、曖昧な返答しかもらえない場合は、看護部長に伝えてみましょう

看護部長が納得すれば、師長も納得せざるをえません。

しかし、いきなり部長へ相談しに行くと、師長との関係が悪化する恐れがあります。

師長に退職の意思を伝えても退職手続きが進まない場合のみ、部長に相談するようにしましょう。

対策5.次の就職先の入職日を決める

退職日までに、次の就職先と入職日を決めてしまうことも対策の一つです。

次の就職先や入職日が決まっていれば、病院側も「それなら仕方ない」と納得しやすくなります。

また、入職日から逆算して計画的に退職手続きを進めることができます。

就職先と入職日を決めると、病院側が引き止めにくいので、退職がスムーズに運ぶ可能性が高いです。

対策6.転職サイトで相談する

退職できずに悩んでいる人は、転職サイトのキャリアアドバイザーに相談するのも有効な方法です。

転職サイトとは、求人紹介から応募書類の添削、面接対策などの転職サポートが受けられるサービスです。

退職時のアドバイスや、退職時期・入職時期の調整もしてくれます。

転職サイトは以下のようなしくみのため、さまざまなサポートが無料で受けられるのも魅力です。

転職サイト 仕組み

おすすめの転職サイトは、【転職先選びに失敗したくない人向け】おすすめの看護師転職サイトで紹介します。

どうしても退職できない場合の3つの最終手段

看護師 退職できない理由

これまで紹介した方法でも退職できないケースがあるかもしれません。

そこで、確実に退職できる方法を3つ紹介します。

あくまで最終手段で強制的な方法なので、円満退職を望んでいる人にはおすすめの方法ではありません

どうしても辞めさせてもらえない場合のみに有効な手段なので、慎重に検討してみてください。

法律を持ち出す

退職は、労働者に与えられた法律上の正当な権利です。

労働基準法では、二週間前に退職届を出せば退職できると定められています

期間の定めのない雇用の解約の申入れ

第六百二十七条 当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。

この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。

(引用:民法|e-Gov法令検索

余裕を持って数ヶ月前から退職日を決めるのが理想ですが、どうしてもという場合は法律を持ち出す方法も一つの手です。

法的な根拠をもって退職を申し出るのが不安な場合は、弁護士事務所等に相談してみると良いでしょう。

退職届を内容証明で送る

退職届は手渡しするのが基本ですが、受け取ってもらえない場合は退職届を郵送する方法もあります。

郵送方法は、内容証明郵便を利用すると、病院が退職届を受け取ったことを郵便局が証明してくれます

退職届が病院に届いた日の2週間後に法的に退職が成立します。

退職代行を使う

上司と一切連絡を取らずに辞めたい人には、退職代行の活用がおすすめです。

退職代行ガーディアンは、退職の手続きをすべて代行してくれるサービスです。

「もう職場には行きたくない…」「上司・同僚と顔を合わせたくない…」など、どんな退職理由でも構いません。

サービスに申し込んだ時点で、退職の手続きを全て代わりに行ってくれるので、職場に一切出向かずに辞めることができます

退職代行ガーディアンは、退職成功率100%の実績があるためほぼ確実に辞められます。

追加料金は一切かからないので、どうしても退職できずに悩んでいるならば活用してみてください。

退職代行を使うなら運営元をチェック

退職代行サービスはたくさんありますが、運営元が怪しい業者も多いので注意が必要です。

その点、退職代行ガーディアンは労働組合が運営しており、安心してサポートを任せられます

価格もトップクラスに安いため、「なるべく安い方が良い…」という人にもおすすめです。

退職代行ガーディアン|基本情報

料金29,800円(税込)
追加料金なし
労働組合名東京労働経済組合
対応エリア全国
相談方法LINE・電話
支払方法クレジットカード
銀行振込
(最終更新
2022年1月時点)

【転職先選びに失敗したくない人向け】おすすめの看護師転職サイト

おすすめ看護師転職サイト3選

上司からの無理な引き止めや、人間関係の不信感から、転職に不安を抱く人も多いです。

二度と転職先選びを失敗しないために、転職サイトの活用がおすすめです。

手厚いサポートが受けられるので、初めての転職で不安という人も安心して転職活動に臨めます。

求人数が多く手厚いサポートが受けられる、おすすめの看護師転職サイトを3つ紹介します。

【おすすめ看護師転職サイト3選】
転職サイト名公開求人数対応エリア
看護roo!
約6万件

全国
ナース人材バンク
約4.3万件

全国
看護のお仕事
約13万件

全国

(22年4月時点)

まず初めの1社を選ぶならば、求人数・サポート共に充実している「看護roo!」がおすすめです。

しかし、手厚いサポートをしてくれるかは、担当者の良し悪しにも左右されるため「このサイトを使えば安心」と言い切れるサイトはありません。

そのため、質の悪い担当者に当たっても大丈夫なように、転職サイトは複数登録しておくことをおすすめします。

転職サイト メリット

仮に一つのサイトで質の悪い担当者に当たってしまっても、別のサイトを利用すれば良いので、失敗のリスクも減らせるでしょう。

気になっているサイトは2~3社まとめて登録しておきましょう。

求人数・サポート共に充実している『看護roo!』

求人数・サポート共に充実している『看護roo!』
(参考
看護roo!

看護roo!の特徴

  • 手厚いサポートが受けられ、特に面接対策と条件交渉には定評がある
  • 「利用者満足度」96%以上。高い満足度を誇る
  • 全国的に求人が豊富。特に関東・東海・関西地方の都市部の求人に強い

看護roo!』は、看護師転職ではお決まりと言えるほど人気の看護師転職サイトです。

求人数は業界トップクラスの5万件以上。面接対策や条件交渉などのサポートも丁寧なので、転職が不安な方におすすめです。

また「看護roo!」の求人情報には「キャリアパートナーのオススメポイント」が記載されているため、応募前に職場の雰囲気などをイメージしやすくなっています。

求人数とサポートの丁寧さを総合的に判断するならば、看護roo!への登録は外せないと言えるでしょう。

なお、看護rooは登録者限定に「転職ガイドブック」を配布しています。転職者に寄り添った配慮がある点も、看護roo!をおすすめできる理由の一つです。

看護師の転職には欠かせないサイトですので、優先的に登録しておくことをおすすめします。

看護roo!|基本情報

運営会社株式会社クイック
公開求人数約60,000件
非公開求人数非公開
対応地域全国
料金すべて無料

(最終更新:22年1月時点)

求人数が多く職場情報も確認できる『ナース人材バンク』

ナース人材バンクの特徴

  • 看護師登録者数No.1※株式会社エス・エム・エス調べ
  • 老舗の看護師転職サイトだからこその安心感
  • 全国幅広く求人を保有

ナース人材バンク』は、年間10万人以上の看護師が利用している「看護師登録者数No.1」の人気転職サイトです。

2005年から運営されている老舗の転職サイトであり、医療機関との繋がりが強く、非公開求人も含めて全国幅広くの求人を保有しています

また、各都道府県ごとに担当のキャリアアドバイザーが在籍しており、職場の雰囲気なども詳細に教えてもらえるのが魅力的です。

実績豊富で求人数も充実しているサービスであるため、看護師の転職には欠かせないサイトの1つと言えます。

全ての看護師におすすめですが、特に20代や30代のサポートに強みを持っているので、該当する人は優先的に登録しておきましょう。

ナース人材バンク|基本情報

運営会社株式会社エス・エム・エス
公開求人数約4.3万件
非公開求人数非公開
対応地域全国
料金無料

(最終更新:22年4月時点)

職場のリアルな情報がわかる『看護のお仕事』

看護のお仕事
(参考
看護のお仕事

看護のお仕事の特徴

  • 公開求人数トップクラス
  • 病院の口コミなど職場のリアルな情報も確認できる

看護のお仕事』は、業界トップクラスの求人数を保有する看護師転職サイトです。

看護のお仕事では年間4,000回以上の職場訪問を行なっており、病院や施設ごとの「医療方針」や「職場の雰囲気」などを詳しくヒアリングしています

求人ページを確認すると、求人ごとのおすすめポイントや、実際に働くスタッフの声などが紹介されているため、応募前にイメージを膨らませやすいのが魅力的です。

求人ページだけでは分からない内容があれば、キャリアアドバイザーが丁寧に情報提供してくれるので、応募先をなかなか決められない人にもおすすめのサービスです。

少しでも多くの求人を見たい人や、職場の雰囲気を事前に詳しく知りたい人は、ぜひ看護のお仕事も活用してみてください。

看護のお仕事|基本情報

運営会社レバレジーズメディカルケア株式会社
公開求人数約50,000件(常勤のみ)
非公開求人数非公開
対応地域全国
料金無料

(最終更新:22年1月時点)

看護師転職サイトの登録から転職までの流れ

看護師 退職できない理由

看護師転職サイトを利用した転職活動の流れを解説します。

初めて転職サイトを利用する場合には、利用イメージをつかむための参考にしてみてください

転職活動の流れ

特に難しいことはありませんので、全体の流れを確認していきましょう。

ステップ1.利用登録をする

看護師転職サイトは最初に利用登録を行います。

メールアドレスや電話番号、希望する働き方など、簡単に入力できる項目なので数分で登録が完了します。

利用料は無料なので安心してください。

ステップ2.初回のカウンセリングを受ける

登録した当日や翌日に、看護師転職サイトのスタッフから電話が入ります。

スタッフが、仕事の悩みや転職時期、希望する働き方や看護技術の習得レベルなどを確認します。

電話で伝えた条件などをもとに、キャリアアドバイザーが求人紹介してくれるので、希望の条件を具体的に伝えましょう

ステップ3.求人の紹介、求人への応募

求人を紹介されたら、応募する前の情報収集が大切です。

残業時間の多さや職場の雰囲気など、 求職者から聞きづらい内容もキャリアアドバイザーが確認してくれます

また、専任アドバイザーが履歴書の書き方や面接のコツを教えてくれるので安心です。

病院との面接日時も看護師転職サイトのスタッフが調整してくれます。

面接を受けて合格したら新しい就職先の決定です。

ステップ4.新しい就職先との条件交渉

内定後は、入社日や給料、勤務条件などの交渉をキャリアアドバイザーが代行してくれます。

勤務を開始するまでに必要な手続きは、全てサポートしてくれるので安心です。

転職サイトによっては入職後もサポートしてくれるので、職場環境や労働条件などで不安に感じることがあれば、遠慮なく相談してください。

使える転職サービスは全て使って、転職を成功させましょう。

まとめ

職場を辞めさせてもらえず、悩んでいる看護師は大勢います。

退職には基本的な流れがあり、以下の流れで進めることで円満退職しやすくなるでしょう。

  • 就業規則で退職の申し出の期日を確認
  • 看護師長に退職の意思を伝える
  • 退職願を提出する
  • 退職日の決定
  • 退職届の作成・提出
  • 業務の引き継ぎ
  • スタッフにお礼を伝える
  • 退職

しかし、退職の流れに従って進めても引き止められることもあります。

強く引き止められそうな場合は、以下の方法を試してみてください。

  • 退職の時期を工夫する
  • 相談ではなく決定事項として伝える
  • 引き止められにくい退職理由を伝える
  • 伝える相手を変える
  • 次の就職先の入職日を決める
  • 転職サイトで相談する

上司からの無理な引き止めや人間関係の不信感から、転職に不安を抱く人も多いです。

職場選びに失敗しないためにも、転職サイトを活用して自分に合う職場を探しましょう

求人数が豊富で丁寧なサポートが受けられる、おすすめの転職サイト3社を紹介します。

【おすすめ看護師転職サイト3選】
転職サイト名公開求人数対応エリア
看護roo!
約6万件

全国
ナース人材バンク
約4.3万件

全国
看護のお仕事
約13万件

全国

(22年4月時点)

転職サイトは併用可能なので、3社全て登録して利用すると求人のチェック漏れが防げます。

各社のアドバイザーの意見を聴けるので、偏りのない意見を聞きたい方も、ぜひ併用してみてください。

監修者

監修者

看護師は常に不足しているため、退職を引き止められるケースは多いです。
「転職先の入職日を先に決める」「退職の時期を考慮する」「引き止められにくい理由を用意する」などは、スムーズに退職する上で重要な要素。
転職先探しと同様に、退職についても戦略的に進めましょう。

関連記事