介護福祉士の転職におすすめの転職サイト!失敗しない選び方や求人例も紹介

ナビナビ
転職

2022-06-22

介護福祉士に転職するなら、転職サイトや転職エージェントの利用がおすすめです。

介護福祉士は職場の人間関係で悩む人が多いので、転職サイトを利用して事前に実際の様子をリサーチしておくことが重要です。

しかし、どの転職サイトや転職エージェントに登録すれば良いか、迷ってしまう人も多いでしょう。

本記事では、介護福祉士の転職におすすめの転職サイトや選び方などをご紹介します。

目次

介護福祉士の転職におすすめの転職サイト【目的別・地域別】

介護福祉士は、職場によって給料や労働条件が大きく異なります。

転職後に「思っていた条件と違う」と感じ、転職を繰り返すこともあるので注意が必要です。

希望通りの転職を成功させるためには、介護福祉士に特化した転職サイトを利用した上で、入念に企業調査を行うと良いでしょう。

ここでは、介護福祉士の転職におすすめの転職サイトを紹介します。

それぞれに特徴が異なるので、自分に合った転職サイトを利用して転職を成功させてください。

手厚いサポートを受けたい人は「きらケア」

おすすめポイント

  • アドバイザーの徹底サポートが魅力
  • 企業のリアルな情報を教えてもらえる

きらケア」は、介護関連の転職に特化した転職サイトです。

専門のアドバイザーが面接に同行してくれたり、条件交渉をしてくれたりするので、初めての転職で不安がある人でも安心して転職活動を進められます。

また、離職率や人間関係に関わるネガティブな情報についてもきちんと教えてもらえます。

転職後のミスマッチを防ぐために、「慎重に転職先を見つけたい」という人は登録しておきましょう。

2022年4月現在、きらケアに介護職の求人が掲載されています。

介護福祉士への転職を検討している人は、「きらケア」を利用してみてください。

きらケア|基本情報

運営会社レバレジーズメディカルケア株式会社
公開求人数約48,606件
非公開求人数非公開
対応地域全国
料金無料

(最終更新:22年4月時点)

質の良い求人を見たい人は「マイナビ介護職」

マイナビ介護職
(引用元
マイナビ介護士

おすすめポイント

  • 優良求人が多数掲載されている
  • 利用者満足度No.1に選ばれた転職エージェント

マイナビ介護職」は、人材業界大手の「マイナビ」が運営している介護職専門の転職エージェントです。

求職者にマッチした転職先の紹介はもちろん、キャリアアドバイザーが応募書類の添削や模擬面接を行ってくれます。

手厚いサポートに定評があるので、介護職の転職エージェント利用者満足度No.1にも選ばれた実績があります。

介護福祉士の資格保有者向けの管理職の求人が多数掲載されているので、キャリアアップや年収アップを狙っている人におすすめです。

マイナビ介護職|基本情報

運営会社株式会社マイナビ
公開求人数-
非公開求人数-
対応地域全国
料金無料

(最終更新:22年1月時点)

高時給の求人を見たい人は「かいご畑」

高時給の求人を見たい人は「かいご畑」
(引用元
かいご畑

おすすめポイント

  • 高時給の求人が豊富
  • 検索機能で細かいこだわり条件を指定できる

かいご畑」は、厚生労働大臣認可の介護就職支援センターです。

正社員・契約社員・派遣・パート・紹介予定派遣など、さまざまな雇用形態の求人を取り扱っています。

「週3〜4日OK」や「短時間(扶養内)」など、細かいこだわり条件を指定して求人を絞り込むことが可能です。

そのため、希望条件通りの求人を見つけやすいでしょう。

2022年4月現在、かいご畑に介護職の求人が掲載されています。

高時給の求人をチェックしたい人は、「かいご畑」に登録してみてください。

運営会社株式会社ニッソーネット
公開求人数約9,752件(2022年4月時点)
非公開求人数非公開
対応地域全国
料金無料

さまざまな求人から選びたい人は「介護ワーカー」

介護ワーカー
(引用元
介護ワーカー

おすすめポイント

  • 約8万件の求人を取り扱っている
  • 地方の求人も豊富

介護ワーカー」は、介護職の転職に特化した転職サイトです。

約8万件の求人を公開していて、首都圏だけでなく地方の求人も幅広く取り扱っています。

地方で転職したい人や、たくさんの求人から転職先を見つけたい人におすすめです。

2022年4月現在、介護ワーカーに介護職の求人が掲載されています。

介護職の求人を幅広くチェックしたい人は、「介護ワーカー」に登録しましょう。

介護ワーカー|基本情報

運営会社株式会社トライト
公開求人数約81,268件
非公開求人数非公開
対応地域全国
料金無料

(最終更新:22年1月時点)

介護福祉士の転職におすすめの総合型転職エージェント

介護福祉士の転職におすすめの転職エージェント

自分のペースで求人を探したい人は、介護職に特化した転職サイトを利用するのも良いでしょう。

しかし、幅広く求人を確認するならば、大手の総合型転職エージェントの利用もおすすめです。

保有求人数の多い総合型の転職エージェントなら、さまざまな求人から希望条件に合った転職先が見つかりやすいでしょう。

ここでは、介護福祉士の転職におすすめの転職エージェントを4つご紹介します。

20代・第二新卒の転職なら「マイナビエージェント」

おすすめポイント

  • 若いキャリアアドバイザーが多いので20代の人が利用しやすい
  • サポートが手厚いと高評価を得ている
  • 第二新卒向けの求人が豊富

マイナビエージェント」は、「20代の転職で信頼されている転職エージェントNo.1」を獲得している転職エージェントです。

担当者が比較的若いこともあり、 転職者の悩みや相談事にも親身になって答えてくれます。

20代の転職で年収アップを実現したい人は、ぜひ利用をおすすめしたい転職エージェントです。

初めての転職で、転職のプロに相談しながら転職活動を進めたい人はマイナビエージェントに登録しましょう。

マイナビエージェント|基本情報

運営会社株式会社マイナビ
公開求人数-
非公開求人数-
対応地域全国+海外
料金無料

(最終更新:22年1月時点)

好条件で転職したいなら「リクルートエージェント」

おすすめポイント

  • 業界トップクラスの公開&非公開求人数
  • サポートの充実度が高い

リクルートエージェント」は、株式会社リクルートが運営する大手の転職エージェントです。

業界大手が運営している転職エージェントなので、他の転職エージェントと比べて非公開求人数、サポートの充実度が高いのが特徴です。

転職エージェント業界でトップラスの求人数を保有しているので、大手企業の求人が見つかる可能性もあります。

2022年4月現在、リクルートエージェントに介護職の求人が掲載されています。

どの転職エージェントを利用するか迷っている人は、まずは「リクルートエージェント」に登録してみましょう。

リクルートエージェント

運営会社株式会社リクルート
公開求人数約148,400件
非公開求人数約203,000件
対応地域全国+海外
料金すべて無料

(最終更新:22年1月時点)

年収アップを目指す人におすすめの「ビズリーチ」

ビズリーチ
(引用元
ビズリーチ

おすすめポイント

  • 企業やヘッドハンターからスカウトが届く
  • ハイクラス求人が豊富

ビズリーチ」は、高収入求人が豊富なハイキャリア向けの転職サービスです。

企業からスカウトが届く「ヘッドハンティング型」のサービスのため、忙しい人でもスムーズに転職活動を進められます。

また、高年収の求人を多く保有しているため、年収アップを目指している人におすすめです。

2022年4月現在、ビズリーチに介護福祉士の求人が掲載されています。

転職して年収アップを狙っている人は、ぜひ「ビズリーチ」を利用してみてください。

ビズリーチ|基本情報

運営会社株式会社ビズリーチ
公開求人数約69,000件
非公開求人数非公開
対応地域全国+海外
料金登録無料(一部有料3,278円〜5,478円)

(最終更新:22年1月時点)

他職種・異業種への転職なら「doda」

doda
(引用元
doda

おすすめポイント

  • 未経験社歓迎の求人多数
  • 面接対策などのサポートが充実している
  • 転職サイトとしても利用できる

doda」は、テレビCMやWeb広告でも見かけることが多い知名度の高い転職エージェントです。

「業種未経験歓迎」や「職種未経験歓迎」の求人保有数が多いので、他の転職サイトにはない求人を見つけられる可能性があります。

さまざまな職種や業界の求人が掲載されているので、介護福祉士を辞めて異業種・他職種への転職を検討している人は登録してみましょう。

2022年4月現在、dodaに職種・業種未経験歓迎の求人が3,263件掲載されています。

dodaは面接対策が丁寧と評判なので、業界・職種未経験で面接に不安があるという人は、キャリアアドバイザーに相談してみてください。

また、自分のペースで転職活動を進めたい人は、キャリアアドバイザーを付けずに転職サイトとして利用することも可能です。

どの転職エージェントを使うか迷っている人は、まずはdodaに登録しましょう。

doda|基本情報

運営会社パーソルキャリア株式会社
公開求人数約117,100件
非公開求人数約32,700件
対応地域全国+海外
料金無料

(最終更新:22年1月時点)

介護福祉士の転職で失敗しないための確認ポイント

介護福祉士の転職で失敗しないための確認ポイント

介護福祉士は、勤務先によって労働環境や条件が大きく異なります。

転職後に「こんなはずではなかった…」と後悔しないためにも、事前にしっかりと確認しておくことが重要です。

ここでは、介護福祉士の転職で失敗しないための確認ポイントを紹介します。

年収アップのチャンスはあるか?

転職先を決めるときは、年収アップのチャンスはあるのかどうかを確認しておきましょう。

転職後に昇進のチャンスはあるのか、年収アップのチャンスはあるのか、は非常に重要です。

求人ボックスによると介護福祉士の平均年収は310万円ですが、年齢や資格の有無によって給与が異なります。

昇給制度の有無も施設によって異なるので、求人票や転職エージェントを通して実際の給与や制度を確認しておきましょう。

【無料】あなたの市場価値を調べてみませんか?

ビズリーチ」は、ヘッドハンターや企業のスカウトを受け取れる転職サービスです。

【無料】あなたの市場価値を調べてみませんか?

実は、約7割のビズリーチ会員が市場価値を確かめるために利用しています。

思いもよらない大手企業や年収が大幅にアップできる企業からのスカウトが直接来ることがあるので、早めの登録が転職を成功させるための鍵になるでしょう。

すでに、あなたの経験やスキルを求めている企業がいるかもしれないので、まずはスカウトを受け取れる状況を作っておくことが重要です。

職歴を入力して待つだけで転職できる受け身型の転職サービスなので、自分の市場価値を確かめるためにも、隙間時間を利用して登録を行っておきましょう。

研修制度や資格取得支援などのサポート体制が整っているか?

介護福祉士がスキルアップするためには、研修に参加したり、資格を取得したりする必要があります。

転職先を選ぶときは、研修制度や資格取得支援などのサポート体制が整っているかチェックしておきましょう。

支援制度が整っている企業なら、勤務時間中に研修に参加させてくれることもあります。

また、外部の研修費用や資格取得の費用を負担してくれる施設もあるので、サポートが整っている企業を選ぶとスキルアップがスムーズに進むでしょう。

介護福祉士のキャリアアップにおすすめの資格は?

介護福祉士のキャリアパスとして、施設のリーダーやケアマネージャーを目指す道もあります。

キャリアアップするためには、「認定介護福祉士」や「ケアマネジャー」の資格取得がおすすめです。

キャリアアップにおすすめの資格

  • 認定介護福祉士…介護福祉士の上位資格。介護に関する実践力を高め、現場リーダーとしての指導力を身につける。
  • ケアマネジャー…介護を必要とする人に向けて、ケアプランの提案や施設との調整を行う。

「ケアマネジャー」の資格は大手資格スクール「ユーキャン」にも講座があるので、チェックしてみてください。

転職前に職場見学はできるか?

転職したい企業が見つかったら、職場見学が可能か確認しましょう。

職場の人間関係や施設の清潔感など、実際に確認してから転職先を選ぶことが大切です。

職員同士の関係が悪かったり、清潔感に問題があったりすると、転職後にすぐに辞めたくなってしまう場合もあるからです。

転職してから後悔しないためにも、職場見学をして実際の様子をしっかりとチェックしておきましょう。

職場見学ができるかどうか、転職エージェントを通して確認してもらうことも可能です。

勤務時間・休日などの労働条件は希望に合っているか?

転職先を決めるときは、勤務時間や休日が希望条件と一致しているかチェックしましょう。

職場によっては24時間体制でサービス提供しているところもあり、夜勤や休日出勤が多い場合もあります。

希望条件に合わない転職先を選んでしまうと、体力的にも精神的にもつらくなる可能性があるので注意しましょう。

理想のワークライフバランスを実現するためにも、労働条件は事前に確認しておいてください。

職場の雰囲気を事前にリサーチしておく

介護福祉士の転職を成功させるには、職場の雰囲気を事前にチェックすることが大切です。

転職後のミスマッチが起きないように、転職すべき職場かどうか事前に見極めておきましょう。

実際の職場の雰囲気を知りたい人は、転職エージェントを通して情報を入手しておくことがおすすめです。

転職エージェントに登録すれば、他にも転職に関するさまざまなサポートを受けられます。

介護福祉士の転職で転職エージェントを利用するメリット

介護福祉士の転職で転職エージェントを利用するメリット

介護福祉士の転職において、転職サイトや転職エージェントを利用することは転職成功への近道です。

ここでは、介護福祉士の転職で「転職エージェント」を利用するメリットについて解説します。

転職エージェントを利用すべきかどうか、事前に確認しておきましょう。

職場の雰囲気や業界事情などの情報を得られる

転職エージェントに登録すると、求人票や企業HPだけではわからない職場の雰囲気や社風などを教えてもらえます。

介護福祉士は人間関係を理由に退職する人が多いため、転職先の雰囲気を事前にチェックしておくことは大切です。

希望の転職先を見学できることもあるので、不安な場合は実際に見学して雰囲気を見ておくと安心でしょう。

また、転職エージェントに登録すれば業界事情などの情報も得られるので、業界研究や企業研究にも役立ちます。

非公開求人をチェックできる

転職エージェントに登録すれば、一般には公開されていない「非公開求人」を見ることができます。

非公開求人には、高年収や高待遇、有名企業などの好条件の求人が多く掲載されている可能性があります。

好条件の求人は、一般公開すると応募が殺到してしまうため、非公開にしているケースが多いです。

非公開求人の紹介を受けるためにも、転職エージェントに登録しておきましょう。

転職に関するサポートを受けられる

転職エージェントに登録すれば、転職に関するあらゆるサポートを受けられることがメリットです。

転職エージェントで受けられるサポートの例

  • 非公開求人の紹介
  • 履歴書などの提出書類の添削
  • 面接の練習
  • 企業との年収交渉 など

転職活動では、求人検索・面接対策・書類の作成・面接日の調整などやることがたくさんあり、これらを全て自力で行うと膨大な時間と労力が必要です。

転職エージェントに登録すれば、キャリアアドバイザーが企業とのやりとりや面接対策などをしてくれます。

転職活動の負担が減るので、仕事を続けながら転職したい人にとって転職エージェントを利用するメリットは大きいでしょう。

また、初めての転職活動で不安がある人でも、キャリアアドバイザーのサポートを受ければ安心です。

転職を成功させる介護福祉士の転職サイト・転職エージェントの選び方

転職を成功させる介護福祉士の転職サイト・転職エージェントの選び方

転職サイトや転職エージェントは、それぞれに強みや特徴が異なります。

そのため、自分に合った転職サイトや転職エージェントを利用することが転職成功のポイントです。

ここでは、転職サイト・転職エージェントの選び方をご紹介します。

転職サイトと転職エージェントの違いを知っておく

転職サイトと転職エージェントの違いを知っておく

転職エージェントも転職サイトも、求人情報を掲載しているという点は同じです。

しかし、転職エージェントはキャリアアドバイザーから転職に関するあらゆるサポートを受けられるメリットがあります。

面接対策や応募書類の作成を自分で行うのは大変ですが、転職エージェントに登録すれば的確なアドバイスをもらえるでしょう。

働きながら転職活動を進めたい人や、初めて転職する人は転職エージェントを利用するのがおすすめです。

「総合型」と「特化型」を併用する

転職サイト・転職エージェントには、大きく分けて「総合型」と「特化型」の2種類あります。

介護福祉士に転職するなら、「総合型」と「特化型」の転職サイト・転職エージェントを併用するのがおすすめです。

それぞれの特徴を紹介するので、違いをチェックしてみましょう。

総合型の特徴

  • 業種・職種問わずさまざまな求人を取り扱っている
  • 全国エリアを対象としていることが多い
  • 保有求人数が多い

特化型の特徴

  • 業界を限定して専門の求人を取り扱っている
  • 業界出身のアドバイザーからサポートを受けられる
  • 総合型と比べると保有求人数は少なめ

数多くの求人を扱う「総合型」と、業界に特化した「特化型」の2種類を併用することで、良い求人を見逃すことなくチェックできます。

本記事内で「総合型」「特化型」のおすすめの転職サイト・転職エージェントを紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

自分の目的に合った転職サイト・転職エージェントを選ぶ

転職サイト・転職エージェントを利用する際は、自分の目的に合ったものを選びましょう。

転職サイトや転職エージェントにはそれぞれ特徴があり、得意とするサポートや取り扱っている求人に違いがあります。

面接対策や書類作成などに関して手厚いサポートを受けたい人は「きらケア」、多くの求人を見たい人は「介護ワーカー」がおすすめです。

質の良い求人や高時給の求人をチェックしたい人は「マイナビ介護職」や「かいご畑」を利用してみてください。

介護福祉士の転職エージェントに関するよくある質問

Q&A|介護福祉士の転職エージェントに関するよくある質問

転職を成功させるためには、転職エージェントを利用することが重要です。

しかし、転職エージェントを利用するうえでわからないこと・疑問に思うことがある人も多いでしょう。

ここでは、介護福祉士の転職エージェントの利用に関してよくある質問を紹介します。

転職エージェントを利用する前にチェックして、上手に活用してみてください。

Q1.なぜ転職エージェントは無料で利用できる?

A.求人を掲載している企業から、求人掲載料を受け取っているからです。

Q1.なぜ転職エージェントは無料で利用できる?

転職希望者が転職エージェントを無料で利用できるのは、転職エージェントが企業から報酬を受け取っているからです。

転職エージェントに求人を掲載するには、企業が掲載料を支払う必要があります。

また、採用が決まった場合は、転職エージェントが成功報酬を追加で受け取ります。

転職エージェントは企業から報酬を受け取っているため、転職希望者は無料で利用できるという仕組みになっています。

Q2.「非公開求人」って何?

A.非公開求人とは、転職エージェントが保有している「一般には公開されていない求人」のことです。

Q2.「非公開求人」って何?

転職エージェントが求人を非公開にしている理由は、以下の通りです。

非公開求人が存在する理由

  • 競合他社にプロジェクトの動向を知られないようにするため
  • 応募の殺到を避けて効率よく採用するため
  • 上層部の人材採用を社内秘で行うため

非公開求人には、全体に公開すると応募が殺到するような有名企業の求人や、年収の高い上役の求人が掲載されている可能性が高いです。

優良求人をたくさん見たい人は、非公開求人を多く保有している転職エージェントを利用しましょう。

Q3.転職の相談だけでも大丈夫?

A.転職エージェントは、相談だけでも利用可能です。

転職相談したからといって、転職を無理に強要されることはないので安心してください。

転職を勧められた場合も、納得できなければ転職する必要はありません。

「転職するかどうか迷っている…」という段階でも、ぜひ気軽に利用してみてください。

Q4.転職エージェントを利用する流れは?

A.転職エージェントに無料登録後、アドバイザーと面談をします。

転職エージェントは、以下の流れで利用します。

Q4.転職エージェントを利用する流れは?

転職先に関することだけでなく、今の会社の退職に関するアドバイスも受けられます。

転職エージェントを利用するうえでわからないことがあっても、アドバイザーが親身になって対応してくれるので、まずは気軽に利用してみてください。

まとめ

介護福祉士に転職するなら、転職サイトや転職エージェントの利用がおすすめです。

さまざまな転職サポートを受けられる転職エージェントや、介護福祉士の転職に特化した転職サイトなどを利用してみてください。

介護福祉士の転職に特化した転職サイト
きらケア
  • 手厚いサポートを受けたい人
  • 職場のリアルな情報を知りたい人
マイナビ介護職
  • 質の良い求人を見たい人
  • キャリアアップを目指している人
かいご畑
  • 高時給の求人を見たい人
  • 細かい希望条件が決まっている人
介護ワーカー
  • さまざまな求人から選びたい人
  • 地方で転職したい人
介護福祉士の転職におすすめの転職エージェント
マイナビエージェント
  • 初めて転職する人
  • 20代・第二新卒の人
リクルートエージェント
  • 好条件で転職したい人
  • たくさんの求人を見たい人
ビズリーチ
  • 年収アップを狙っている人
  • ヘッドハンティング型のサイトを使いたい人
doda
  • 他職種・異業種への転職を検討している人
  • 転職サイトとして利用したい人

転職サイトや転職エージェントを上手に活用し、転職を成功させましょう。

関連記事