薬剤師が職場をすぐ辞めるのは正しい選択?後悔しないための判断基準

ナビナビ
転職

2022-06-09

人間関係や労働環境が理由で、「今すぐ職場を辞めたい」という薬剤師は少なくないでしょう。

しかし、考えなしにすぐ辞めると、あとから「辞めなければ良かった」と後悔する可能性があります。

後悔を防ぐためには、本当に現職を辞めるべきか吟味することが大切。

それでも辞めるしかないと思った場合は、転職先で後悔しないためにも、入念な準備が必要です。

この記事では「現職をすぐ辞めるべきかの判断の仕方」や「転職失敗を防ぐポイント」などについて解説します。

すぐ辞めていいか迷っている方は、後悔しないための判断基準にしてください。

悩んだら転職サイトに相談を!

転職を悩んでいる場合は、一度『転職サイト』に相談してみるのがおすすめです。

ファルマスタッフ」をはじめとした転職サイトでは、転職に精通しているアドバイザーが客観的にアドバイスをしてくれます。

転職サイトの登録・利用は無料なので、ぜひ気軽に相談してみてください。

ファルマスタッフ|基本情報

運営会社株式会社メディカルリソース
公開求人数約60,000件
非公開求人数非公開
対応地域全国
料金無料

(最終更新:22年1月時点)

目次

薬剤師は「入社後すぐ辞める人」が多い!?

こんばんは
いかがお過ごしでしょうか?

今日は久々に大学の友達と話をしました😊

転職活動中の様で
中々大変そうでした🤔

私は入社半年後に転職しました😂

薬局の雰囲気は管理薬剤師で変わってくるのは事実です。

働くもの同士の気持ちを考えながら仕事する大切さを学んだなぁ💭

— 薬局薬剤師りん (@yakuyakupharm) March 6, 2021

薬剤師で初めての職場が日をまたぐとかきついのに給料少なかった→8ヶ月で転職

その頃より早く帰れるのに年収50万くらいUP

実家継ぐための退職者でる、寿退社があり、1人薬剤師へ→大変になる→本気の求人がかかる

入社する薬剤師が年収交渉→つられて僕の年収も80万くらい上がる

運よかった🐼

— ぱんだふる@薬剤師 (@PandafullifeC) March 28, 2022

「入社後にすぐ辞めるのは自分だけ?」という方もいるかもしれませんが、悩んでいるのはあなただけではありません。

薬剤師は、以下のような理由から入職後にすぐ辞める人も少なくありません。

薬剤師が入職後にすぐ辞める理由

  • 人間関係が辛い
  • 職場環境に耐えられない
  • 学びの機会がない
  • 年収が低い
  • 調剤過誤・調剤ミスをした
  • 労働条件が過酷……など

薬剤師の職場は、「閉鎖的な空間」であったり「業務量が多く忙しい」といった環境が多く、人間関係や労働関係への不満を感じるケースも多いです。

ただし、「不満を感じるから辞めよう」とすぐに決めてしまうのは、おすすめできません。

一度立ち止まろう!薬剤師が職場をすぐ辞めるリスク

一度立ち止まろう!薬剤師が職場をすぐ辞めるリスク

決断を早まらないためには、職場をすぐ辞めるリスクを把握しておくことが大切です。

ここからは、薬剤師が職場をすぐに辞めてしまうことによる、主なリスクを3つ紹介します。

薬剤師が職場をすぐ辞めるリスク

リスク1.転職で不利になる可能性がある

現職をすぐに辞めると、いざ次の職場へ転職する際に不利になる可能性があります。

短期間で転職していると、企業側から「採用してもすぐにやめてしまうのでは?」と、悪い印象を持たれやすいためです。

入職した人材がすぐに辞めた場合、企業にとって大きな損失になってしまうため、採用担当者は「長期間勤務してくれるか」を重視します。

そのため、「入職後すぐに辞めた」という事実があると、書類審査の時点で採用を見送られてしまう恐れがあります。

とくに入職後1年未満での退職の場合、採用担当に不信感をもたれやすくなり、希望の職場へ転職できる可能性が低くなるでしょう。

リスク2.短期間で退職した経歴が残ってしまう

現職をすぐに辞めると、短期間で退職した経歴が残ってしまいます。

短期間で退職した経歴は、将来的に転職する際にも悪影響を及ぼす可能性があります。

「不利になるのは直近の転職だけでは?」と思われるかもしれませんが、短期間で退職した経歴は「職歴」としてずっと残ることになるため、5年後、10年後の転職に影響する恐れがあるのです。

また、短期間で退職し、その後すぐに転職をせざるを得ない状況になった場合、転職回数が増えて、採用担当者にネガティブな印象を与える懸念もあります。

安易な退職は、「次の職場への転職」のみならず、「将来の転職活動」にも影響を及ぼす可能性があります。

「短期間での退職」というネガティブな経歴を残さないためにも、慎重に考えて退職しましょう。

転職回数は何回以上あると注意が必要?

転職サイト「リクナビNEXT」が企業の採用担当者に向けて行ったアンケートでは、40%以上が「3回以上の転職回数があると気になる」と回答しています。

「気にならない」という回答も15%ありますが、あまりにも回数が多くなりそうな場合は転職を見送るのも一つの選択です。

リスク3.辞め癖がついてしまう

現職をすぐに辞めると、辞め癖がついてしまう可能性があります。

辞め癖がつくと、少しでも職場に不満を感じた際に「現職で解決策を見出そう」とじっくり検討することなく、衝動的に新しい職場へ転職するようになってしまいます。

現職を辞める決定的な理由がない場合、本当に退職して後悔しないのか、じっくりと再検討することをおすすめします。

現職を辞める決定的な理由がない場合

  • 耐えられないほどではないけれど、何となく現職に不満がある
  • 現職の業務内容に飽きてきた
  • 理不尽なことを言われて一時的に不快な気持ちになった…など

辞め癖がつき短期間での退職を繰り返すと、採用企業側から「性格に問題があるのでは?」と思われ、採用されづらくなる恐れがあるため、注意が必要です。

すぐ辞めて大丈夫?薬剤師の退職判断基準

すぐ辞めて大丈夫?薬剤師の退職判断基準

状況によっては、退職せずに不満を解消できる可能性があるので、まずは「本当に辞めるべきなのか」考えてみましょう。

以下に、「どういった場合は現職を続けるべきなのか」「どういった場合は退職を検討したほうが良いのか」をまとめたので、参考にしてください。

現職を続けるべきケース
  • 現職に魅力を感じる部分がある
  • 一時的な人間関係の不満
  • 上司に相談することで状況改善の見込みがある…など
退職を検討すべきケース
  • モラハラ・パワハラが横行している
  • 労働契約に違反があり、改善される見込みがない
  • 体調の問題で続けるのが難しい…など

人間関係や労働環境に不満がある場合、「一時的な我慢」や「上司への相談」により、現職を続けている間に悩みを解消できる可能性があります。

一方、「改善される見込みのない労働契約違反」や「限度を超えたパワハラやいじめ」が発生している場合、心身に影響をきたす前に退職することも手段です。

一時的な感情で退職するのではなく、一度立ち止まって考え「現職を続けるべきか、退職すべきか」検討しましょう。

【必見】職場を辞める薬剤師がすべきこと

【必見】職場を辞める薬剤師がすべきこと

じっくりと考えた上で「やっぱり辞めたい」「すぐにでも辞めたい」という結論に至る方もいると思います。

「現職を今すぐ辞めたい」という気持ちで転職する場合、急いで転職活動を進めてしまい、「内定がもらえない」「ミスマッチな職場に転職してしまう」といった失敗が生じやすいので、入念な準備が必要です。

ここからは、職場を辞める薬剤師が退職前にすべきことを4つ紹介します。

職場を辞める薬剤師がすべきこと

①職場を辞める理由を明確にする

現職を辞める前には、「辞める理由」を明確にすることが大切です。

現職を辞める理由が明確になっていると、転職先に求める条件が自ずと見えてくるため、自分にマッチした転職先を見つけやすくなります。

辞める理由→転職先に求める条件

  • 残業時間が長い→定時で帰宅できる職場
  • 年収が低い→年収600万円以上の職場

一方で、原因が分からないモヤモヤした不満から安易に退職すると、求人選びの軸がブレてしまい、転職先でも同じような不満を感じる可能性が高いです。

現職に不満を感じて転職する場合は、転職先で確実に解消できるよう、「現職を辞める理由」を明確にしておきましょう。

②退職する前に転職先を決める

現職を辞める決断をした場合は、内定獲得後に退職するようにしましょう。

内定が決まる前に退職日を決定したり、退職してしまうのはおすすめできません。

転職活動を始めたものの、希望の求人がすぐに見つからないケースも多く、転職先が決まらないことによる焦りが生じる可能性があるためです。

金銭的な不安から「労働条件や年収をじっくり検討せずに、現職と同じような待遇の調剤薬局を選んでしまった」といった失敗も少なくありません。

また、焦りが生じると、情報収集や選考対策がおろそかになり、内定をもらいにくくなってしまうリスクもあります。

一方で、現職を退職していなければ、納得できる職場が見つかるまでじっくり転職先を探すことが可能です。

現職の悩みを転職先で確実に解消するためにも、希望の転職先の内定を獲得してから退職するようにしましょう。

③情報収集を入念に行う

現職を辞めるという決意が固まり、気になる職場が見つかったあとは、情報収集を入念に行うことが大切です。

情報が不足していると「労働環境が転職前と変わらない」「転職先でも同じ悩みを抱えてしまう」といった失敗につながる恐れがあります。

少なくとも、現職の不満に関連する点は確実に確認しておきましょう。

とくに以下のような点は、転職の後悔につながりやすいので、ミスマッチを防ぐためにも、入念に情報収集しましょう。

情報収集を入念に行う

  • 有給休暇の取得状況
  • 残業の有無
  • 職場の雰囲気
  • 残業代の計算方法
  • 賞与の支給条件
  • 昇級について……など

ただ、内容によっては、質問することで採用担当者に悪印象を与えてしまう可能性もありますし、「聞きにくい」と感じる場合もあるでしょう。

自力で疑問点を解消するのが難しい場合は、転職サイトのアドバイザーを通して情報を教えてもらうのがおすすめです。

現職と同じ悩みを転職先で抱えないためにも、気になることはしっかり確認しておきましょう。

④選考対策を行う

応募する企業が確定したあとは、入念に選考対策を行いましょう。

短期間で辞めると採用担当からの印象が悪くなりやすいため、ポジティブな印象を与えるためには十分な準備が必要です。

とくに「なぜ転職を決めたのか」「なぜその職場を志望したのか」といった部分は、しっかり答えられるようにしておくことが大切です。

選考対策を行う際は、短期間で辞めたというマイナスイメージを払拭できるよう、以下のような「ポジティブな志望動機」を考えましょう。

前職は、かかりつけ薬剤師として、個人の売り上げが重視されており、お互い協力して仕事をする雰囲気ではありませんでした。
しかし、私は、周囲とコミュニケーションをとりながらお互い高め合い、より良い医療につなげたいという気持ちを持っています。
周囲と協調性を持って仕事をしたいという気持ちが強く、転職を決意しました。

たとえば、人間関係の悪化が原因で前職をすぐに辞めた場合は、「周囲と協調性を持って働きたい」などとポジティブな転職理由を伝えることで、採用担当からの印象が良くなります。

志望動機を作ってみたものの、「この理由で相手が納得してくれるか不安」という場合は転職サイトを利用するのがおすすめです。

薬剤師転職サイトの仕組み

転職サイトとは、無料で転職の相談ができるサービスです。

転職サイトに登録すれば、希望にあった求人を紹介を始め、書類添削や面接対策など選考対策もサポートしてもらえます。

今すぐ職場を辞めたい薬剤師におすすめの転職サイト

今すぐ職場を辞めたい薬剤師におすすめの転職サイト

転職活動を成功させるためには、「薬剤師に特化した転職サイト」を活用することをおすすめします。

転職サイトを利用すれば、転職相談・求人紹介・選考対策など幅広いサポートを受けることが可能。

アドバイザーがあなたに合う求人を紹介してくれるので「現職の不満をしっかり解消したい」という方におすすめです。

ここでは、おすすめの転職サイトを3社ご紹介しますので、ぜひ活用してみてください。

サイト名おすすめの人
ファルマスタッフ
  • 個別にじっくり相談したい人
  • 初めて転職する人
マイナビ薬剤師
  • ドラッグストアへ転職したい人
  • 地方で転職を考えている人
薬キャリ
  • スピーディーに転職したい人
  • 電話のみで素早く求人を紹介してもらいたい人

本記事で紹介する3社は「【2022年最新】薬剤師転職サイトおすすめ10選!職場別・雇用形態別」から、さらに厳選した転職サイトです。

その他の転職サイトもチェックしたい方は、ぜひ上記の記事もご覧になってください。

じっくり相談に乗ってもらいたいなら「ファルマスタッフ」

ファルマスタッフ」は、日本調剤のグループ企業が運営している転職サイトです。

個別面談でじっくり相談にのってもらえるので、「初めての転職でどのように転職活動を進めれば良いか分からない」と悩んでいる転職初心者の方にぴったり。

「転職に関する不安を解消できた」「今後の方向性をしっかり考えられた」というケースも多いです。

また、ファルマスタッフのコンサルタントは積極的に紹介先を訪問しており、職場の雰囲気など求人情報だけでは分からない情報を丁寧に教えてくれます。

転職の不安をしっかり解消したい方や、職場の細かな情報を入手したい方は、ぜひファルマスタッフを利用してみてください。

ファルマスタッフ|基本情報

運営会社株式会社メディカルリソース
公開求人数約60,000件
非公開求人数非公開
対応地域全国
料金無料

(最終更新:22年1月時点)

ドラッグストアへ転職するなら「マイナビ薬剤師」

マイナビ薬剤師
(引用元
マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師」は、大手人材会社「マイナビ」グループが運営している転職サイト。

全国15ヶ所に拠点があり、地方在住でも対面面談を行いやすいので、安心です。

また、マイナビ薬剤師は、企業・OTC専門ドラッグストアをはじめとした幅広い業種の求人を保有しています。

たくさんの求人を比較できるので、希望に合う案件を効率良く探すことができるでしょう。

地方で転職を考えている方や、ドラッグストアへ転職したい方は、ぜひマイナビ薬剤師を利用してみてください。

マイナビ薬剤師|基本情報

運営会社株式会社マイナビ
公開求人数約60,000件
非公開求人数非公開
対応地域全国
料金無料

(最終更新:22年1月時点)

できるだけ早く転職したいなら「薬キャリ」

薬キャリ
(引用元
薬キャリ

薬キャリ」は、医療従事者を対象としたサービスを提供する「エムスリー」のグループ企業が運営しているサイト。

医療業界に広くコネクションがあり、他にはない独占求人を保有しています。

また、薬キャリのもうひとつの強みが「転職のスピード感」。

登録後は、電話のやりとりだけで、最短即日最大10件の求人を紹介してくれるため「できるだけ早く転職したい」という方にもおすすめです。

他にはない独占求人をチェックしたい方や、スピード感のある転職を実現したい方は、ぜひ薬キャリに登録してみてください。

薬キャリ|基本情報

運営会社エムスリーキャリア株式会社
公開求人数約40,000件
非公開求人数非公開
対応地域全国
料金無料

(最終更新:22年1月時点)

【補足】薬剤師の仕事を辞めたい人へ

薬剤師の仕事を今すぐ辞めるのはおすすめできません。

「せっかく取得した資格を活かせなくなる」「再び薬剤師に戻る場合、働ける職場が限定される可能性がある」などのデメリットがあるからです。

薬剤師自体は辞めず、職場を変えて問題を解決できるならそれがベターです。

ただし以下のような場合は、薬剤師を辞めた方があなたにとって幸せな選択肢になる可能性があります。

薬剤師自体辞めるのも手段

  • 調剤業務が合わない
  • 薬剤師業務がストレスで心身に支障をきたしている
  • どうしても別職種で働きたい理由がある

薬剤師業務自体が苦痛で心身に支障をきたしている場合は、無理せず業務から離れることをおすすめします。

また、「薬剤師のメイン業務である調剤業務が合わない」といった場合は、薬剤師を辞めることを視野に入れるのもありでしょう。

薬剤師を辞める場合は「総合転職エージェント」を利用しよう

薬剤師以外の職業に転職する場合は、総合転職エージェントを利用するのがおすすめです。

特におすすめなのは約10万件の求人を保有しており、転職者満足度No.1と評価(※電通バズリサーチ調べ)されている「doda」です。

doda
(引用元
doda

「doda」は、アドバイザーの質が高く、親身なサポートで定評があります。

求職者のキャリアや将来を考えた上でアドバイスをしてくれるので、本当に薬剤師を辞めていいか悩んでいる方は気軽に相談してみてください。

doda|基本情報

運営会社パーソルキャリア株式会社
公開求人数約117,100件
非公開求人数約32,700件
対応地域全国+海外
料金無料

(最終更新:22年1月時点)

まとめ

現職に不満を感じる方は多いですが、「すぐに辞める」と決断を早まるのは、おすすめできません。

不満を感じている場合は、まず現職を辞めずに解決する方法がないかを考え、難しい場合に転職を検討すると良いでしょう。

その上で「やっぱり転職しよう」と決めた場合は、以下のよう入念な準備をすることが大切です。

入念な準備をすることが大切

  • 職場を辞める理由を明確にする
  • 退職する前に転職先を決める
  • 情報収集を入念に行う
  • 選考対策を行う

また、転職の失敗を防ぐためには、求人紹介や選考対策を行ってくれる「転職サイト」の利用をおすすめします。

以下の3社は「転職活動を手厚くサポートしてくれる」と評判なので、ぜひ利用してみてください。

本記事で紹介した薬剤師転職サイト

ファルマスタッフ
  • 初めての転職におすすめ
  • 対面でじっくり相談に乗ってくれる
マイナビ薬剤師
  • 地方の求人が豊富
  • 幅広い業種の求人をチェックできる
薬キャリ
  • スピーディーに転職したい人におすすめ
  • 電話のみで気軽に相談可能

関連記事