Operated by Ateam Inc.

イーデス

単発の派遣薬剤師は高時給!働ける条件や求人探しのポイントを徹底解説

最終更新日:

薬剤師 おすすめ転職サイト
このページにはPRリンクが含まれています
イーデス』は、複数の企業と提携し情報を提供しており、当サイトを経由して商品への申込みがあった場合には、各企業から報酬を受け取ることがあります。ただし当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無が影響を及ぼすことはございません。
また当サイトで得た収益は、サイトを訪れる皆様により役立つコンテンツを提供するために、情報の品質向上・ランキング精度の向上等に還元しております。※提携機関一覧

「スキマ時間に単発派遣で稼ぎたい」とお考えの薬剤師は多いと思います。

薬剤師の単発派遣は高時給であるケースが多いため、短期間で高収入を稼ぐことも可能です。

ただし、単発派遣薬剤師として働くためには、一定の条件を満たしている必要があります。

また、単発派遣の案件数は少ないため、探し方に工夫が必要です。

そこで本記事では、単発派遣薬剤師として働く条件や求人探しのポイントについて解説します。

本記事を読めば、効率良く高時給の求人を探せるはずです。

注意

新型コロナウイルスの影響を受け、単発派遣の求人数は減少傾向にあります。

勤務地や条件によっては、なかなか求人が見つからないこともあるので、短期・長期派遣も視野に入れることをおすすめします。

ファルマスタッフ」には、約1,400件の派遣求人が掲載されているので、ぜひチェックしてみてください。(※2022年10月時点)

気になる内容をタップ

単発派遣の魅力は「効率的に稼げること」

まずは、単発派遣がどのような働き方なのか確認していきましょう。

単発派遣(スポット、日雇い)とは、おおむね1ヶ月以内の雇用期間で働くことを指します。

以下に、「単発派遣」「派遣」「パート(アルバイト)」「正社員」との違いをまとめたので、参考にしてください。

項目雇用主雇用期間福利厚生賞与
単発派遣派遣会社有期雇用
(30日以内)
派遣会社の制度
に準ずる
基本的になし
短期派遣有期雇用
(原則最長3年)
長期派遣
パート勤務会社有期雇用
(原則最長3年)
勤務会社の制度
に準ずる
就業規則による
正社員原則無期雇用
(※
派遣やパートの労働契約が5年を超えた場合は、無期転換ルールにより「無期労働契約」への転換も可能です。)
(参考
有期契約労働者の無期転換サイト|厚生労働省

単発派遣とその他の派遣との違いは、「雇用期間」にあります。

一般的に「長期派遣」は3ヶ月以上、「短期派遣」は3ヶ月以内の契約を指しますが、「単発派遣」は数日から数週間のスポットでの契約となることが多いです。

また、単発派遣は、他の雇用形態に比べ時給が高いというメリットがあります。

【薬剤師|雇用形態別の平均時給】

単発派遣約2,800円
短期派遣 約2,600円
長期派遣約2,300円
パート約2,000円
(※
複数の求人サイトから無作為に選んだ10件の案件の最低時給を平均した結果|2023年10月時点)

単発派遣は、緊急性の高い募集であることも多く、他と比較して時給が高い傾向にあります。

場合によっては、2~3日のスポットで働けるため、スキマ時間を有効活用できるでしょう。

単発派遣には高時給であること以外にも様々なメリットがあるので、次章にて詳しくご紹介します。

単発派遣として働くためには、いくつかの条件があります。

詳しくは「単発派遣に関する法律と就労可能な条件」にて解説しています。

単発派遣薬剤師として働く5つのメリット

単発派遣薬剤師のメリット5つ

単発派遣は、高時給以外にも「空いた時間を活用できる」「自由度が高い」といったメリットもあります。

ここでは、単発派遣薬剤師として働くメリットを5つ紹介するので、働き始める際の参考にしてください。

単発派遣薬剤師として働くメリット

メリット1.高時給の求人が多い

記事冒頭でお伝えしたとおり、一般的に単発派遣薬剤師の時給は高額であることが多いです。

単発派遣は、基本的に「今すぐ薬剤師が必要な職場への派遣」であり、忙しい職場や緊急性の高い現場が多いため、高時給に設定される傾向にあります。

以下のように「時給3,000円」を超える高時給求人もあるので、効率的に収入を増やすことも可能です。

▼「ファルマスタッフ」の単発派遣求人例

単発派遣は、「短期間・高時給で効率良く収入を得たい」と考える方におすすめの働き方と言えるでしょう。

メリット2.スキマ時間を活用して働ける

単発派遣は、数日間という短い期間で働けます。

以下のように「1日から相談可能」といった記載のある求人は、とくにスキマ時間を活用しやすいでしょう。

▼「ファルマスタッフ」の単発派遣求人例

求人によっては「転職先が決まるまでの期間だけ」「引越しする前の期間だけ」など、あなたの状況に合わせて働く日を調整することも可能です。

単発派遣薬剤師であれば、空き時間を効率的に活用して収入を増やせるでしょう。

メリット3.働き方の自由度が高い

自由度の高さは、単発派遣薬剤師の働き方における大きな魅力です。

単発派遣薬剤師は、雇用期間が短く、希望日に勤務するため、自分の都合に合わせて働き方を調整できます。

たとえば、以下のような条件で働くことも可能です。

単発派遣薬剤師の働き方の一例

  • 平日3日間だけ働きたい
  • 土日だけ働きたい
  • 本業が休みの日だけ働きたい
  • 夜間だけ働きたい…など

本業のスキマ時間を活用し、単発派遣を「副業」としているケースも少なくありません。

単発派遣薬剤師の働き方は、空いた時間を有効活用したい方や、自分のペースで働きたいと考えている方に最適です。

薬剤師の副業については、以下の記事にて詳しく解説しています。

メリット4.人間関係に悩みにくい

単発派遣は、長期的に同じ環境で働く場合と比べて、「人間関係の悩みが生じにくい」と言われています。

単発派遣薬剤師の派遣期間は、数日から数週間と短期であるため、他の薬剤師と密に関わることが少なく、人間関係のトラブルが起こりにくいです。

また、たとえ人間関係で悩みを抱えても、「派遣期間だけの我慢」と割り切れます。

「単発派遣であれば、数日間なので合わない人がいても我慢できる」「合わない人がいたけれど、単発派遣が終了して人間関係をリセットできた」という方も多いです。

煩わしい人間関係が無いことも、派遣薬剤師として働くメリットの一つと言えるでしょう。

メリット5.短期間に多くの職場で働ける

単発派遣薬剤師は、派遣期間が短いため、年間を通して複数の職場で働くことが可能です。

同じ薬局であっても、職場によって「業務システム」「服薬指導ルール」「労働条件」など労働環境は千差万別なので、色々な職場での経験を積むことで適応力を高められるでしょう。

また、「ドラッグストアへの短期派遣で、OTC医薬品に関する知識を深めたい」「調剤薬局への短期派遣で、調剤スキルを高めたい」など目的意識を持って働けば、スキルアップにもつながります。

「たくさんの職場を見てみたい」「視野を広げたい」という方は、単発派遣薬剤師という働き方を検討してみてはいかがでしょうか。

【注意】単発派遣薬剤師のデメリット

【注意】単発派遣薬剤師のデメリット

単発派遣薬剤師には、メリットのみならず、いくつかのデメリットがあります。

勤務後に「業務についていけない」「こんなはずでは…」と後悔しないためには、あらかじめデメリットを把握しておくことが大切です。

ここでは、単発派遣薬剤師のデメリットをご紹介します。

単発派遣薬剤師のデメリット

デメリット1.忙しい職場が多い

単発派遣は忙しい職場が多い、ということを把握しておく必要があります。

単発派遣薬剤師を募集する背景には、「仕事量が多くて人手が足りない」「欠員が出て人を補充したい」など、人手不足という切実な事情を抱えていることが多いためです。

一人あたり30枚以上の処方箋を担当しなければならない現場や、ひっきりなしに患者さんの対応に追われる現場にあたる可能性もあります。

単発派遣として働く場合は、体力的な負担が大きくなることも覚悟しておいた方が良いでしょう。

即戦力が必須

人手不足の現場に派遣されることが多い単発派遣は、必然的に即戦力が求められます。

「早く正確に調剤するスキル」「スムーズに服薬指導するスキル」などのスキルは必須となるでしょう。

デメリット2.希望に合う求人が見つかりにくい

働き方の自由度が高く、高時給の単発派遣ですが、希望に合う求人を見つけるのは簡単ではありません。

単発派遣の求人は数が少なく、希望の日時・期間に合う案件を見つけることが難しいのが現状です。

とくに近年は、新型コロナウイルスの影響を受け、単発派遣の求人はさらに減少傾向にあります。

単発派遣を扱っている派遣会社にも影響が及んでおり、昨今では「単発派遣求人は数件のみ、もしくは0件」というところも少なくありません。

また、求人の数が少なくなると、そのぶん競争率が高くなります。

単発派遣の求人を探す際は、求人探しの難易度が高いことを考慮し、「条件を妥協する」「短期の派遣も検討する」などの対応も検討した方が良いでしょう。

単発派遣の求人を見つけるポイント

数少ない単発派遣の求人を効率的に探すためには、いくつかのポイント押さえておく必要があります。

記事後半「【必見】効率的に単発派遣求人を見つけるポイント」では、求人の探し方を詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてください。

デメリット3.キャリアアップしにくい

単発派遣は実績が残りにくく、働く期間も短いため、キャリアとしては軽視される傾向にあります。

「求人を見つけるまでのつなぎで単発派遣で働く」といった働き方としては良いですが、キャリアアップにつなげたい方には向いていません。

キャリアアップするためには、勤務年数やそれに伴うスキルへの評価が必要です。

キャリアとして認められる働き方をしたいのであれば、派遣ではなく正社員や長期のパートなどの雇用形態を検討することをおすすめします。

単発派遣薬剤師に向いているのはこんな人!

単発派遣薬剤師に向いているのはこんな人!

ここまで、単発派遣薬剤師のメリット・デメリットを説明しました。

一長一短があるので「単発派遣薬剤師として勤務するか迷ってしまう」という方も多いでしょう。

そこで、ここではメリット・デメリットを踏まえた上で、どのような人が単発派遣薬剤師に向いているのかまとめました。

向いている人
  • 短期間だけ稼ぎたい人
  • 高時給で稼ぎたい人
  • 自分のペースで働きたい人
  • 様々な職場を経験したい人
  • 人間関係に悩みたくない人
向いていない人
  • 調剤未経験の人
  • 長期間ブランクがある人
  • キャリアアップを目指す人
  • 環境の変化が苦手な人
  • 安定して働きたい人

短期間・高時給で効率良く収入を得られる「単発派遣薬剤師」ですが、忙しい職場が多く、業務に関しては負担が大きくなる可能性が高いです。

そのため、スキルに自信が無い方には、あまりおすすめできません。

一方で、「短期間で稼ぎたい」「スキマ時間を有効活用したい」という場合は、単発派遣薬剤師として働くことを視野に入れてみるのも手段です。

ただ、単発派遣として働くためには、いくつかの条件を満たしている必要があります。

次章では、単発派遣に関する法律について解説するので、「自分が単発派遣で働けるのか」確認してみてください。

単発派遣に関する法律と就労可能な条件

単発派遣に関する法律と就労可能な条件

単発の派遣薬剤師は「日雇い」に該当するため、労働者派遣法によって働き方が規制されています。

就労可能な条件も定められているので、単発派遣として働きたいのであれば「あらかじめ条件に合致するか」確認しておきましょう。

ここでは、「単発派遣に関する法律と就労可能な条件」について解説します。

単発派遣に関する法律と就労可能な条件

日雇い派遣は原則禁止されている

労働者派遣法により、原則として30日以内の期間を定めて雇用する「日雇い派遣」は禁止されています。

日雇派遣(日々又は30日以内の期間を定めて雇用する労働者派遣)の原則禁止(適正な雇用管理に支障を及ぼすおそれがないと認められる業務の場合、雇用機会の確保が特に困難な場合等は例外)

引用元
改正労働者派遣法|厚生労働省

ただ、条件を満たすことで単発(日雇い)派遣の薬剤師として働くことは可能です。

単発派遣として働ける人の条件

あなたが下記の条件のどれか一つに該当する場合は、単発の派遣薬剤師として働くことが可能です。

単発派遣として働ける人の条件

  • 60歳以上
  • 雇用保険の適用を受けない昼間学生
  • 本業の年間収入の額が500万円以上
  • 主たる生計者ではなく、世帯の年間収入額が500万円以上

(参考:労働者派遣法改正に関するQ&A|厚生労働省

薬剤師の単発派遣の場合は、本業の年間収入が500万円以上かどうかが判断基準のひとつです。

もし主婦の方であれば、夫の年収が500万円以上なら単発派遣として働けます。

単発派遣を副業にする場合の注意

会社によっては、就業規則で副業が禁止されている場合もあります。

単発派遣薬剤師を副業にしたい場合は、事前に就業規則を確認しましょう。

【必見】効率的に単発派遣求人を見つけるポイント

【必見】効率的に単発派遣求人を見つけるポイント

ここまでご覧になり「単発派遣として働いてみたい」と感じた方もいらっしゃるでしょう。

ただ、単発派遣の求人は非常に数が少ないため、求人を見つけるためには工夫が必要です。

ここでは、「効率的に単発派遣求人を見つけるポイント」について解説します。

効率的に単発派遣求人を見つけるポイント

ポイント1.単発派遣求人を取り扱っている派遣会社に登録する

単発派遣で働きたいのであれば、まず「単発派遣求人を取り扱っている派遣会社」を探しましょう。

単発派遣の求人数は非常に限られており、派遣会社によってはほぼ求人が無い場合もあるため、事前に「単発派遣の取り扱いがあるか」確認しておくことが大切です。

現在は新型コロナウイルスの影響もあり、単発の求人は少なめですが、以下の派遣会社(転職サイト)ではいくつかの単発派遣が掲載されていました。

サイト名単発派遣の求人数
ファルマスタッフ16件
ファル・メイト6件
雇用形態「派遣」×フリーワード「単発」で検索した結果|2022年10月時点

現状は求人数が多いとは言えませんが、今後は増加する可能性もあるので、登録しておくと良いでしょう。

また、単発派遣薬剤師は派遣期間が短いため、継続して単発派遣として働きたい場合、次々に求人を探す必要があります。

単発派遣はすぐに募集枠が埋まってしまう場合も多いため、こまめに求人をチェックすることをおすすめします。

ポイント2.単発以外の派遣を含めて探す

求人探しの際は「1~3ヶ月の短期派遣」や「3ヶ月以上の長期派遣」も視野に入れることをおすすめします。

というのも、就労期間を伸ばすだけで、ヒットする求人案件が増えるからです。

サイト名派遣全体の求人数
ファルマスタッフ約1,400件
ファル・メイト約4,400件
(最終更新
2022年10月時点)

派遣期間に幅を持たせて探すことで、希望の求人に出会いやすくなります。

「単発じゃないと働きづらそう」と感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、短期派遣・長期派遣でも働き方を考慮して調整してくれる職場は多くあります。

たとえば、「土日のみ」「夜間のみ」といった条件で働くことも不可能ではありません。

単発派遣は求人数が少ないことを考慮し、求人を幅広くチェックするよう意識しましょう。

ポイント3.アドバイザーとこまめに連絡をとる

効率的に単発派遣の求人に出会うためには、登録した派遣会社のアドバイザーとこまめに連絡をとることが大切です。

単発派遣の求人数は非常に少ないので、タイミングを逃すと求人に出会えない可能性があるためです。

アドバイザーとのやりとりが遅れ、「好条件の単発派遣求人を逃してしまった」「単発派遣の求人が締め切りになってしまった」という失敗も少なくありません。

また、アドバイザーとこまめに連絡をとると、就労意欲が高いと判断され、手厚いサポートを受けられたり好条件の求人を紹介してもらえる可能性が高くなります。

アドバイザーとのやりとりは億劫に感じることも多いですが、数少ない単発派遣の求人に出会うためにも、アドバイザーとはできるだけ頻繁に連絡をとりましょう。

ポイント4.複数の派遣会社に登録する

単発派遣を求人を効率的に見つけるには、複数の派遣会社(転職サイト)に登録するのがおすすめです。

単発派遣は求人数が少ないですが、複数の派遣会社に登録することで求人を幅広くチェックできるため、希望にマッチする求人が見つかりやすくなります

派遣会社を1社しか利用しない場合、「単発派遣の求人がいつまでたっても見つからない」というケースも多いです。

「複数社に登録して大丈夫なの?」と心配になるかもしれませんが、複数利用は一般的なことなので、まったく問題ありません。

単発派遣として働きたい場合は、1社に絞らず複数の派遣会社に登録し、効率的に求人を探しましょう。

【補足】登録する派遣会社のサポート内容も要確認

単発派遣として働く際は、登録する派遣会社のサポート内容も確認するようにしましょう。

たとえ単発であっても、トラブルが生じる可能性はあるので「サポート体制が整っているか」は重要です。

とくに以下のような点は、しっかりと確認しておきましょう。

派遣会社に確認しておくべきポイント

  • 賠償責任保険の有無
  • 派遣スタッフの教育体制
  • 入社後のフォロー体制…など

派遣先とのトラブルを回避するためには、入職後のフォローが充実している派遣会社を選ぶことをおすすめします。

求人が充実!おすすめの派遣会社3社

求人が充実!おすすめの派遣会社3社

記事中盤でお伝えしたとおり、単発派遣の求人は多くなく、派遣会社によっては単発派遣の取り扱いが無いケースもあります。

そのため、派遣求人は「1~3ヶ月の短期派遣」や「3ヶ月以上の長期派遣」を含めて探すことをおすすめします。

ここからは、派遣薬剤師の求人探しにおすすめの派遣会社(転職サイト)を紹介するので、ぜひ利用してみてください。

サイト名おすすめの人
ファルマスタッフ
  • 対面で手厚くサポートしてもらいたい人
  • 初めて派遣ではたらく人
薬キャリAGENT
  • スピーディーに求人を紹介してもらいたい人
  • 就労後のフォロー体制を重視する人
ファル・メイト
  • 関西・関東エリアで働きたい人
  • 時給2,800円以上を狙いたい人

初めて派遣で働くなら「ファルマスタッフ」

ファルマスタッフ」は、大手薬局「日本調剤」のグループ企業が運営している転職サイトです。

日本調剤株式会社ならではのノウハウを活かした教育体制が充実しており、「初めて派遣薬剤師として働きたい」という方にもおすすめです。

また、ファルマスタッフは求人数が多く、派遣求人にも強みを持っているので、希望に合う派遣先が見つかりやすいでしょう。

「多くの求人を比較し、じっくり自分に合った派遣先を見つけたい」という方は、ぜひファルマスタッフを利用してみてください。

ファルマスタッフ|基本情報

運営会社株式会社メディカルリソース
公開求人数約50,000件
非公開求人数非公開
対応地域全国
料金無料

(最終更新:24年2月時点)

できるだけ早く求人を見つけたいなら「薬キャリAGENT」

薬キャリAGENT」は、医療従事者を対象としたサービスを提供する「エムスリー」グループ企業が運営している転職サイトです。

薬キャリAGENTには、求人紹介のスピードが非常に早いという強みがあります。

登録後は、電話のやりとりだけで最短即日最大10件の求人を紹介してくれるため、できるだけ早く派遣先を見つけたいという方にもおすすめです。

また、派遣担当のコンサルタントが、派遣に特化した情報を教えてくれるので、初めて派遣薬剤師として働く場合にも安心できるでしょう。

スピーディーに派遣求人を探したい方は、ぜひ薬キャリAGENTを利用してみてください。

薬キャリAGENT|基本情報

運営会社エムスリーキャリア株式会社
公開求人数約35,000件
非公開求人数非公開
対応地域全国
料金無料

(最終更新:24年2月時点)

関西・関東エリアで働くなら「ファル・メイト」

ファルメイト
(引用元
ファルメイト

ファル・メイト」は、株式会社ファル・メイトが運営している薬剤師専門の転職支援サービスです。

高額な派遣求人に強みを持っており、関東・関西地域では時給2,800円以上の高時給が保証されています。(※一部地域を除く)

高時給の求人を効率的に探せるるため、関西・関東エリアで勤務したい方は優先的に登録しておくと良いでしょう。

また、1日だけの単発派遣の場合でも賠償責任保険が適用されるなど、派遣のサポートが充実していることも魅力のひとつです。

高時給の派遣求人を見つけたい方や、充実したサポートを受けたい方は、ぜひファル・メイトを利用してみてください。

ファルメイト|基本情報

運営会社株式会社ファル・メイト
公開求人数約16,000件
非公開求人数非公開
対応地域全国
料金無料

(最終更新:24年2月時点)

単発派遣薬剤師に関するQ&A

単発派遣薬剤師に関するQ&A

最後に、単発派遣薬剤師に関するQ&Aをまとめました。

単発派遣を検討している場合は、ぜひ参考にしてください。

単発派遣薬剤師に関するQ&A

Q1.単発派遣薬剤師に福利厚生はある?

回答

内容は派遣会社によって異なりますが、契約期間中は派遣会社が設けている福利厚生を受けられます

単発派遣薬剤師の福利厚生

  • 社会保険
  • 薬剤師賠償保険
  • 産休・育休制度…など

ただし、正社員のような手厚い福利厚生が無い場合も多いです。

福利厚生については派遣会社によって違いがあるので、就労前に確認してみてください。

Q2.同じ職場に複数回単発で勤務することは可能?

回答

求人があれば、同じ職場に複数回単発で勤務できます。

勤務について希望がある場合は、派遣会社に伝えておくとスムーズです。

Q3.単発派遣薬剤師はボーナスをもらえる?

回答

基本的に、単発派遣薬剤師にボーナスはありません。

ボーナスを希望するのであれば、正規雇用での就労をおすすめします。

Q4.単発派遣は日払いも可能?

回答

派遣会社によって給与支払いの方法が異なりますが、日払いに対応している場合もあります。

単発派遣薬剤師に給与を支払うのは、勤務先ではなく派遣会社です。

Q5.ドラッグストアの単発派遣はある?

回答

ドラッグストアの単発派遣もありますが、大半は調剤薬局です。

実際に、「ファルマスタッフ」には単発派遣の求人が33件掲載されていますが、その内32件が調剤薬局の案件でした。(2022年4月時点)

ドラッグストアの単発派遣求人は少なめなので、こまめに求人をチェックすることをおすすめします。

Q6.複数の派遣会社に登録する際の注意点は?

回答

派遣の就労予定が重ならないようにスケジュールを管理しましょう。

また、1年間に複数の派遣会社で勤務した場合は、年末調整にも注意してください。

12月に勤務している派遣会社があれば、その会社がまとめて年末調整を行ってくれることもありますが、対応してもらえない場合は確定申告が必要です。

年末調整等の対応については、あらかじめ派遣会社に確認しておくと良いでしょう。

まとめ

単発派遣薬剤師の働き方にはメリットもありますが、人によって向き不向きがあるので、あなたに向いている働き方かどうかをよく考える必要があります。

以下の特徴に当てはまる場合は、単発派遣で働くことに向いていると言えるでしょう。

単発派遣薬剤師に向いているのはこんな人

  • 高時給で稼ぎたい人
  • 自分のリズムで働きたい人
  • 短期間だけ稼ぎたい人
  • 様々な職場を経験したい人

ただし、現在は新型コロナウイルスの影響もあり、単発の求人は少なめなので、「短期派遣」や「長期派遣」も視野に入れることをおすすめします。

以下の3社は、どれも派遣薬剤師の転職支援に強いので、ぜひ利用してみてください。

本記事で紹介した薬剤師転職サイト

ファルマスタッフ
  • 対面でじっくり相談に乗ってくれる
  • 初めての派遣におすすめ
薬キャリAGENT
  • 最短即日最大5件の派遣求人を紹介
  • スピーディーに転職したい人におすすめ
ファル・メイト
  • 高額な派遣求人が多い(とくに関東・関西エリア)
  • 派遣のサポートが充実している

薬剤師 おすすめ転職サイトの関連記事

MRにおすすめの転職サイト・転職エージェントを比較!選び方・注意点も解説
薬剤師 おすすめ転職サイト

MRにおすすめの転職サイト・転職エージェントを比較!選び方・注意点も解説

2024年2月21日

イーデス編集部

イーデス編集部

製薬会社の転職におすすめの転職サイト・エージェント!業界求人や年収も紹介
薬剤師 おすすめ転職サイト

製薬会社の転職におすすめの転職サイト・エージェント!業界求人や年収も紹介

2024年2月14日

イーデス編集部

イーデス編集部

定年後の60代薬剤師におすすめの再就職先!求人の見つけ方も解説
薬剤師 おすすめ転職サイト

定年後の60代薬剤師におすすめの再就職先!求人の見つけ方も解説

2024年2月6日

イーデス編集部

イーデス編集部

薬剤師が職場をすぐ辞めるのは正しい選択?後悔しないための判断基準
薬剤師 おすすめ転職サイト

薬剤師が職場をすぐ辞めるのは正しい選択?後悔しないための判断基準

2024年1月30日

イーデス編集部

イーデス編集部

失敗を防ぐ薬剤師転職サイトの選び方|登録したいおすすめ6社を厳選
薬剤師 おすすめ転職サイト

失敗を防ぐ薬剤師転職サイトの選び方|登録したいおすすめ6社を厳選

2024年1月30日

イーデス編集部

イーデス編集部

社会人や主婦が未経験から薬剤師になるには?最短ルートや必要条件を解説
薬剤師 おすすめ転職サイト

社会人や主婦が未経験から薬剤師になるには?最短ルートや必要条件を解説

2023年12月8日

イーデス編集部

イーデス編集部

  • Facebook
  • x
  • LINE

© 2022 Ateam LifeDesign Inc.