ドライバー・運転手におすすめ転職サイト・エージェント!正社員求人も紹介

ナビナビ
転職

2022-04-26

ドライバー経験者も、業界未経験の人も、転職する際に「転職サイト」を利用する人が多いでしょう。

しかし、転職サイトは数が多いので、どれを利用すれば良いか迷っていませんか?

とくに、未経験からドライバーに転職したい人は「どのような仕事があるのか」「年収はどれくらいなのか」などの疑問も多いはずです。

転職に関する疑問を解決するためには、転職をサポートしてくれる「転職エージェント」の利用がおすすめです。

本記事では、ドライバー・運転手の転職におすすめの転職サイト・転職エージェントをご紹介します。

ドライバーの仕事内容や年収、正社員の求人も紹介しているので、条件の良い転職先を見つけるための参考にしてみてください。

ドライバーへの転職を成功させるならdoda!

doda
(引用元
doda

未経験からドライバーに転職する人も、ドライバーとしてキャリアアップ・年収アップを狙っている人も、dodaがおすすめです。

dodaは業界トップクラスの求人数を保有しているため、きっと条件に合った求人が見つかるでしょう。

dodaには求人だけでなく、適正年収がわかる「年収査定」や、人気企業に転職できるかがわかる「合格診断」などのさまざまなコンテンツがあります。

今すぐ転職しない人も、事前リサーチとして登録しておくと便利です。

転職に不安がある人は、キャリアアドバイザーに相談すれば無料で転職サポートをしてくれます。

ドライバー・運転手への転職を検討している人は、まずはdodaに登録してみましょう。

目次

ドライバー・運転手におすすめの転職サイト・転職エージェント

ドライバー・運転手に転職したい人におすすめの転職サイト・転職エージェントをご紹介します。

以下の3つは、「総合型」の転職サイトと転職エージェントです。

総合型は求人数が多いので、多くの求人を比較検討しやすいのが特徴です。

また、大手が運営している有名な転職サービスなので、業界大手の求人も掲載されている可能性があります。

エージェントのサポートで転職成功を目指すなら「doda」

doda
(引用元
doda

doda」は、業界大手のパーソルキャリアが運営している転職エージェントです。

応募書類の添削や面接対策などの転職サポートが充実していて、キャリアアドバイザーが転職相談に乗ってくれます。

保有している求人数も多く、一般には公開されていない「非公開求人」も多数保有しています。

自分のペースで転職活動をしたい人は、エージェントに相談するのではなく、転職サイトとして活用することもできるのでおすすめです。

目的に合わせて利用できるので、ドライバーへの転職を検討している人は、まずは登録しておきましょう。

doda|基本情報

運営会社パーソルキャリア株式会社
公開求人数約117,100件
非公開求人数約32,700件
対応地域全国+海外
料金無料

(最終更新:22年1月時点)

求人数の多さで選ぶなら「リクナビNEXT」

リクナビNEXT
(引用元
リクナビNEXT

リクナビNEXT」は、株式会社リクルートが運営している転職サイトです。

求人数の多さは、業界内でもトップクラスを誇っています。

そのため、他の転職サイトでは見つからなかった求人が、「リクナビNEXT」なら見つかる可能性があります。

また、転職サイトの中では圧倒的に高い知名度があり、利用者の満足度が高いことでも有名です。

たくさんの求人から転職先を選びたい人は、以下より登録してみましょう。

リクナビNEXT|基本情報

運営会社株式会社リクルート
公開求人数約54,200件
非公開求人数非公開
対応地域全国
料金無料

(最終更新:22年1月時点)

地元の求人を探すなら「はたらいく」

はたらいく
(引用元
はたらいく

はたらいく」は、株式会社リクルートが運営する転職サイトです。

地域別の求人を探しやすいので、地元で働きたい人はぜひチェックしてみましょう。

とくにドライバーへの転職なら、土地勘のある地元のほうが仕事を早く覚えやすいのでおすすめです。

また、「はたらいく」なら他の求人サイトには載っていないような中小企業の求人情報もチェックできます。

企業と事前にコミュニケーションを取れる「らいくサービス」というシステムもあり、応募とは違った形でアピールできるのがポイントです。

スキルではなく「人柄」を登録することで、あなたを気に入った企業から直接メッセージが届く場合もあるでしょう。

はたらいく|基本情報

運営会社株式会社リクルート
公開求人数約5,400件
非公開求人数非公開
対応地域全国
料金無料

(最終更新:22年4月時点)

ドライバー・運転手専門の転職サイト・転職エージェント

ドライバー・運転手専門の転職サイト・求人サイト

ドライバー経験者や、転職したい職種が決まっている人は、特化型の転職サービスの利用もおすすめです。

特化型の転職サイトはドライバーの求人が多いのはもちろん、こだわり条件で検索しやすいのも特徴です。

「トラックの種類」や「ドライバーの職種」などを指定して検索できるので、希望の求人を探しやすいでしょう。

未経験歓迎の求人も多く取り扱っているので、未経験からドライバーに転職したい人にもおすすめです。

多数のドライバー求人を比較検討できる「ドラEVER」

多数のドライバー求人を比較検討できる「ドラEVER」
(引用元
ドラEVER

ドラEVER」は、ドライバー専門の求人サイトです。

業界の中でも求人数が多く、約9,600件(2022年4月時点)のドライバー求人を保有しています。

2022年4月時点、月給30万円以上の求人が2,569件、免許不問の求人が183件ありました。

条件別に検索することも可能なので、希望のワードを入れて検索してみてください。

「ドライバーの求人をたくさん見たい」「比較して決めたい」という人はチェックしてみましょう。

運営会社株式会社ドラEVER
公開求人数約9,600件(2022年4月時点)
対応地域全国
料金無料

こだわり条件から求人を検索しやすい「ドラピタ」

こだわり条件から求人を検索しやすい「ドラピタ」
(引用元
ドラピタ

ドラピタ」は、ドライバー専門の求人サイトです。

運送・物流業専門の求人サイトなので、ドライバーだけでなく、倉庫や配車スタッフの求人も保有しています。

「運転する車」や「輸送する品目」など、こだわり条件から求人を探しやすいのがドラピタの特徴の1つです。

求人の検索ランキングも掲載されているので、他の転職希望者に人気の職種なども確認することが可能です。

また、掲載されている求人情報は具体的でわかりやすく、詳しい情報まで記載されているため、仕事内容や会社の雰囲気をイメージしやすいでしょう。

運営会社株式会社オーサムエージェント
公開求人数非公開
対応地域全国
料金無料

タクシー運転手の求人なら「ドライバーズワーク」

ドライバーズワーク」は、タクシー・ハイヤーの運転手専門の求人サイトです。

転職エージェントが条件に合った求人を紹介してくれるので、転職後のミスマッチが起こりにくいメリットがあります。

普通免許だけ持っていれば応募OKの求人が多いので、未経験からタクシー運転手になりたい人にもおすすめです。

タクシー運転手の求人だけで約1,615件(2022年4月時点)掲載されているので、転職を希望する人はぜひ登録しておきましょう。

運営会社株式会社ミライユ
公開求人数約1,700件(2022年4月時点)
対応地域全国
料金無料

未経験転職なら知っておきたい「ドライバーの仕事の種類」

未経験転職なら知っておきたい「ドライバーの仕事の種類」

ドライバー・運転手といっても、その種類はたくさんあります。

業界未経験から転職を検討している人は、どのような仕事があるのかを知っておくことが大切です。

ドライバーの種類別に、それぞれの仕事内容について解説していきます。

トラックドライバー

トラックドライバー

トラックドライバーは、大型トラックから小型トラックまで、さまざまな大きさのトラックを運転する仕事です。

荷物を輸送することがおもな仕事で、大型トラックは長距離、中型トラックは中距離、小型トラックは街中を運転することが多いです。

トラックの大きさに応じて、「大型自動車免許」が必要になるケースも多いでしょう。

大型トラックの長距離ドライバーは、何時間も運転を続けることになるので、体力が必要です。

一方、小型トラックはおもに荷物の配送ドライバーが多く、顧客に荷物を直接届けることも多いです。

こまめに車を降りることはできますが、荷物の積み下ろしが頻繁にあったり、人と接したり、駐車しにくい都心部を運転したりするため、運転以外のスキルも必要になります。

トラックドライバーは、トラックの大きさに応じて仕事内容が変わるので、事前に確認しておきましょう。

タクシードライバー

タクシードライバー

タクシードライバーは、「第二種運転免許」を取得すれば働ける仕事です。

転職時は免許がなくても、会社が免許取得を支援してくれる場合もあるので求人をチェックしてみてください。

乗用車の運転に慣れている人は、特別なスキルがなくても転職できます。

ただし、お客様の要望に応えて目的地までたどり着くには、土地勘がないと難しいでしょう。

また、さまざまな人を乗せて走るため、コミュニケーション能力も必要です。

なかには泥酔した人や、クレームを言ってくるお客様を乗せることもあるため、ストレス耐性の強い人に向いています。

バスの運転手

バスの運転手

バスの運転手にもさまざまな種類がありますが、ほとんどの場合は「大型二種免許」を取得する必要があります。

バスの大きさ・どこを走るのかによって、バスの運転手は以下の4つに分けられます。

路線バス

路線バスの運転手は、街中を走る一般的なバスなので、毎回同じルートを通ります。

担当エリアが変わる場合もありますが、ルートを覚えてしまえばそれほど難しくはないでしょう。

ただし、街中には歩行者や自転車、バイクや車などがたくさんいるので、安全確認をしっかりしなければいけません。

また、バスを待っている人やバスを降りたい人にも気を配る必要があるため、マルチタスクが得意な人に向いているでしょう。

観光バス

観光バスの運転手は、都心部から観光地まで乗客を運ぶ仕事です。

修学旅行の貸し切りバスや、旅行会社が主催するバスツアーなどの観光バスを運転します。

修学旅行では教師が乗車したり、バスツアーではバスガイドが同乗したりするため、直接乗客と接する機会は少ないでしょう。

ただし、長距離運転になるうえ、トラックドライバーのように自由に休憩を取れないことはデメリットといえます。

高速バス

高速バスの運転手は、おもに空港や遠方の駅まで乗客を輸送する仕事です。

高速道路を運転するケースが多いため、歩行者がいない面で考えれば運転しやすいでしょう。

ただし、高速道路ばかり運転していると景色がほとんど変わらないため、集中力が途切れやすくなるデメリットはあります。

また、観光バスと違って高速バスに乗車する人は寝ている場合も多く、車内が静かなので眠気には注意が必要です。

送迎バス

送迎バスの運転手は、大型バスではなく中型バスを運転するケースが多いでしょう。

一般的な大きさの送迎バスであれば、「普通自動車免許」だけで運転することが可能です。

送迎バスの種類は様々で、スクールバス・病院やショッピングモールへの送迎バス・スイミングスクールや介護施設の送迎バスなどがあります。

勤務の時間帯は、何の送迎バスなのかによって大きく変わります。

自家用車で送迎するドライバーの仕事もありますが、その場合はガソリン代は支払われるのか、などを事前に確認しておきましょう。

ドライバー・運転手の平均年収

ドライバー・運転手の平均年収

ドライバーに転職するなら、どれくらいの年収をもらえるのか気になるはずです。

ここでは、おもなドライバーの職種別に、それぞれの平均年収をご紹介します。

ドライバー職の全体の平均年収をはじめ、以下4つの平均年収を見ていきましょう。

ドライバー・運転手全体の平均年収

ドライバー・運転手の全体の平均年収は、正社員で363万円です(参考:求人ボックス)。

国民の平均年収が436万円(参考:民間給与実態統計調査)なので、それよりも低い年収となっています。

未経験からチャレンジできる職種のため、全体的には低めの年収ですが、ドライバーの種類や経験年数などによって年収は大きく変わります。

バスの運転手の平均年収

バスの運転手の平均年収は、正社員で350万円です(参考:求人ボックス)。

場合によっては公務員になるケースもあり、雇用条件としては安定しているドライバー職といえるでしょう。

最近では女性のバス運転手も活躍しているので、年齢や男女問わず転職のチャンスがある職種です。

タクシードライバーの平均年収

タクシードライバーの平均年収は、正社員で353万円です(参考:求人ボックス)。

正社員のタクシードライバーの場合、ノルマがあるケースもあります。

しかし、会社に属さず個人事業主としてタクシードライバーになることも可能なので、その場合は高年収を稼げる可能性もあるでしょう。

ダンプ運転手の平均年収

大型トラックの1つ、ダンプの運転手の平均年収は、正社員で399万円です(参考:求人ボックス)。

トラックドライバーの場合、大型トラックで長距離運転の仕事のほうが高年収になるケースが多いです。

高年収を稼ぐトラックドライバーの場合は体力が必要だったり、拘束時間が長かったりするので、ワークライフバランスを整えるのは厳しいかもしれません。

介護ドライバーの平均年収

送迎ドライバーの1つ、介護ドライバーの平均年収は、正社員で341万円です(参考:求人ボックス)。

ドライバー・運転手の中でも年収が低い職種ですが、その分体力的に楽なケースが多く、勤務時間も短めでしょう。

とくに介護ドライバーの場合は、介護士やヘルパーが乗車補助をしてくれるので、運転以外にやることはほとんどありません。

移動距離も短く、いつも決まったルートを通るので仕事も覚えやすいでしょう。

ドライバー・運転手に必要なスキル・向いている人

ドライバー・運転手に必要なスキル・向いている人

ドライバー・運転手の仕事内容や年収はわかりましたが、未経験から転職するなら適性を確認しておく必要があります。

ここでは、ドライバー・運転手に必要なスキルと向いている人の特徴をご紹介します。

自分に当てはまるかどうか、転職前にチェックしておきましょう。

スケジュール管理ができる人

ドライバー・運転手に必要なスキルは、スケジュール管理ができることです。

ドライバーは時間通りに荷物や人を届けなければいけないため、所要時間をある程度予測しながら運転する必要があります。

どこで休憩を取るのか、どれくらい休憩を取れるのかなど、事前にシュミレーションしておくことも大切です。

時間ギリギリになると焦って運転するため、事故を起こしてしまうリスクも増えるでしょう。

安全に、そして時間通りに荷物や人を目的地へ届けるためには、スケジュール管理能力が必要です。

運転に集中できる人

ドライバー・運転手に必要なスキルは、集中力を維持できる能力です。

ほとんどのドライバーは、仕事中ずっと運転しているため、運転に集中し続けられる人でなければ勤められません。

一時的な集中力ではなく、持続的な集中力が必要です。

ただでさえ運転は集中力が必要な業務であるうえ、気を抜くと事故を起こしてしまう危険もあるため、つねに集中力を保つ必要があります。

集中力をキープできない人は、ドライバーに向いていないでしょう。

長時間勤務に耐えられる体力がある人

ドライバー・運転手の仕事は、長時間勤務になるケースが多いです。

そのため、長時間勤務に耐えられるだけの体力がある人に向いています。

集中力を保ち続けるのはもちろん、十分な体力がなければ続けられないハードな仕事です。

ドライバーのなかにはベテランの高齢者もいますが、未経験から転職するなら、体力のある若い人のほうが有利です。

職種によってはコミュニケーション能力が必要

ドライバーの仕事は、一人で黙々と運転しているイメージが強いでしょう。

しかし、職種によっては人と接する機会が多く、コミュニケーション能力を必要とする場合もあります。

たとえば、タクシー運転手や配送ドライバーなどは、お客様と接する仕事なのでコミュニケーション能力が必要です。

自分がどの職種に転職したいのかを決める際には、それぞれの職種に必要なスキルをチェックしておきましょう。

ドライバー・運転手の優良求人の探し方

ドライバー・運転手の優良求人の探し方

ドライバー経験者も、業界未経験者も、ドライバーへの転職活動が初めての人は多いでしょう。

ドライバーへの転職の際には、求人探しに注意しなければいけません。

ドライバー職はハードワークで有名ですが、慎重に転職先を選ばないと、ブラック企業に入社してしまう可能性があるからです。

以下の4つのポイントを押さえて求人を探せば、優良求人に出会える可能性が高くなります。

福利厚生が充実しているか

ドライバーを採用している企業は中小企業が多く、福利厚生が十分に整っていない場合もあります。

ドライバーへの転職を検討するなら、福利厚生が充実している転職先を厳選することが大切です。

ドライバー職には必要な資格がいくつかありますが、未経験でも転職後に資格取得をサポートしてくれる企業もあります。

転職したばかりで資格取得の費用を用意したり、学習時間を確保したりするのは大変です。

しかし、会社がサポートしてくれるならスムーズに合格することができ、後々のスキルアップにも役立つでしょう。

勤務時間・休日などワークライフバランスを保てるか

ドライバーは勤務時間が長く、休日も少ないケースが多いです。

そのため、転職先を選ぶ際にはワークライフバランスを保てるかどうかをチェックしておきましょう。

長距離ドライバーの場合は勤務時間が長くなるケースが多いですが、月間の勤務時間の上限が決められているので、意外とワークライフバランスを保てる職種です。

配送関連のルートドライバーは、昨今の宅配需要の高まりによって勤務時間が長くなるケースも多いでしょう。

希望する職種、希望する企業がどのような勤務形態になっているのか、応募前にしっかりと確認することが大切です。

求人の頻度・募集人数をチェック

ドライバー求人を探す際は、その求人が頻繁に出ているかどうかを確認しましょう。

頻繁に求人が出ている場合は、辞める人が多い職場である可能性があります。

入社してもすぐに辞めてしまうのは、ブラック企業である可能性が高いので、事前に確認しておくことが大切です。

また、募集人数が多ければ、それだけ仕事が多く入ってくる会社なので、業績が好調である可能性があります。

一方で、社員が定着せずにすぐ辞めてしまっているケースも考えられるため、離職率などのデータも事前に調査しておくのがおすすめです。

ドライバー・運転手の正社員の求人情報

では、実際にドライバー・運転手の求人には、どのようなものがあるのか見ていきましょう。

業界でもトップクラスの求人数を誇る「doda」から、それぞれの職種の求人をピックアップしました。

正社員で高年収を狙えるドライバー求人も多いので、ぜひチェックしてみてください。

最新の募集状況などは公式サイトにてご確認ください。

安定した環境で働ける「トラックドライバー」の求人

2022年4月時点、「doda」にはトラックドライバーの求人が多数掲載されています。

安定した環境で働ける「トラックドライバー」の求人
(引用元
doda

平均勤続年数が長い企業、月収30万円以上を確保できる企業など、安定して働くことのできる求人が多く掲載されています。

大型トラック・中型トラックなど、運転する車両の選択肢も豊富です。

dodaには他にもトラックドライバーの求人が多数掲載されているので、以下より登録してみましょう。

未経験歓迎の「バスドライバー」の求人

2022年4月時点、「doda」にはバスドライバーの求人が複数掲載されています。

未経験歓迎・女性も活躍中の「バスドライバー」の求人
(引用元
doda

普通自動車免許(MT)を持っていれば応募が可能な求人もありました。

免許取得や研修制度も充実しているので、未経験からでも安心して転職することができます。

バスドライバーは女性が活躍できる求人もあるので、気になる人は以下より登録してみましょう。

女性も活躍中!高年収を狙える「タクシードライバー」の求人

2022年4月時点、「doda」にはタクシードライバーの求人が多数掲載されています。

女性も活躍中!高年収を狙える「タクシードライバー」の求人
(引用元
doda

通常のタクシードライバーだけではなく、介護タクシードライバーやキッズタクシードライバーなど、さまざまな求人が掲載されています。

他のドライバー職と比較して、女性が活躍できる求人も多いです。

タクシードライバーは、40~50代でも活躍している人が多い業界です。

高年収を稼ぐチャンスも多い職種なので、気になる人は以下より登録してみましょう。

まとめ

ドライバー・運転手に転職したい人のために、おすすめの転職サイト・転職エージェントについてご紹介しました。

まずは「総合型の転職サイト・転職エージェント」に登録して、豊富な求人をチェックしてみましょう。

ドライバー・運転手の経験者や、こだわり条件が決まっている人は、より詳しく求人を検索できる「特化型の転職サイト」がおすすめです。

転職を成功させるには、「総合型」と「特化型」両方の転職サイト・エージェントを上手に活用することをおすすめします。

総合型の転職サイト・転職エージェント

  • エージェントのサポートで転職成功を目指すなら「doda
  • 求人数の多さで選ぶなら「リクナビNEXT
  • 地元の求人を探すなら「はたらいく

特化型の転職サイト・求人サイト

自分に合った求人を見つけて、希望通りの転職を成功させましょう。

関連記事