「助産師辞めたい…」つらい理由を徹底分析!前向きになれる方法まとめ!

ナビナビ
転職

2022-06-08

「憧れて助産師になったけど、仕事がハードすぎて辞めたい…」

仕事のプレッシャーが大きく、夜勤やオンコール対応も多い助産師を「辞めたい」という人は少なくありません。

しかし、せっかく苦労して助産師の資格を取ったのに、辞めて後悔しないか、不安な助産師も多いです。

この記事では、助産師を辞めたい人に多い理由や悩みの解決方法、助産師が転職に成功するコツなどを紹介します。

「辞めたい…」とモヤモヤした気持ちを解消するために、ぜひ参考にしてみてください。

おすすめの転職サイトを知りたい方は、助産師を辞めたい人におすすめの転職サイトをご確認ください。

ダシルヴァ石田牧子さん
ダシルヴァ石田牧子さん

バイリンガル看護師

米国と日本で免許を持つバイリンガル看護師。外国人診療の看護師、医療英語の大学教員、精神保健分野の研究員など、多分野での勤務経験がある。2021年にフリーランス・ナースとして独立し、コンサルティング、ライティング、講師、医療翻訳などの仕事に従事。順天堂大学医学部大学院および国際教養学部で医療コミュニケーション分野のゲスト講師を務める。看護師として「子育てしながら在宅でパラレルキャリアを積む」ことに挑戦中の2児のママ。

周田 佳介さん
周田 佳介さん

現役訪問看護師

現役の訪問看護師として活動中。 過去には急性期病院、慢性期病院、特養、グループホーム、ホームヘルパーと多岐にわたって経験している。経験を生かし、看護介護系記事の執筆や研修講師など引き受けている。

目次

助産師を辞めたい人に多い4つの理由

助産師を辞めたい人に多い4つの理由

「助産師を辞めたい!」と思う人に多い理由を4つ紹介します。

助産師のリアルな声も併せてチェックできるので、目を通してみてください。

助産師を辞めたい理由

辞めたい理由1.お産の介助に自信がない

助産師を辞めたい人に多い理由のひとつは、お産をうまく介助できないことです。

お産はひとそれぞれ違うので、万全な態勢でのぞんでも、スムーズな介助ができないケースも多いです。

転職サイトのマイナビ看護師にも「お産の介助を思うようにできず自分を責めてしまう」という助産師の記事が紹介されていました。

(前略)母子の命を預かるという責任はとても重いもので、「自分がこうしたら、もうちょっと早く赤ちゃんを出せたかもしれない」などと落ち込んだり、自分のふがいなさを責めたりすることもあります。(後略)

引用元
マイナビ看護師|助産師という仕事

助産師の仕事のメインである、お産の介助に自信を持てないと、「助産師に向いていないのかな…」と辞めたい気持ちになりやすいです。

辞めたい理由2.体力が持たない

助産師の仕事は激務のため、体力面できついと感じて辞めたいと思う人は多いです。

お産が始まる時間を予想するのは難しいため、助産師は残業やオンコール対応が多くなってしまいます。

以下のような、残業が続いてる助産師のツイートも見られました。

激務な上に体力を回復できないと「助産師を辞めたい」と思うのは無理もないでしょう。

辞めたい理由3.精神的にキツイ

お産は順調に進まないケースもあるので、妊婦さんやご家族の心が深く傷ついてしまうこともあります。

ケアをする助産師も、悲しい気持ちから立ち直れずに大きなストレスを抱えることもあるでしょう。

転職サイトの看護roo!にも、助産師はストレスが多い、という記事が掲載されていました。

(前略)そういう意味での『ハードさ』じゃないというか・・・確かに体力は使いますけど、それ以上にストレスを抱える人が多い。だからお酒飲む人も多いんです。私も、帰って一人で飲んだりしてました。それで太っちゃったりして・・・(後略)

引用元
看護roo!|助産師×プロボクサー!憧れナースに会ってきた!

体力だけでなく精神力も求められる仕事に耐えられず、助産師を辞めたいと思ってしまうのです。

辞めたい理由4.人間関係のストレス

助産師は、母親と赤ちゃん2人の命を預かる仕事のため、先輩助産師から厳しく指導されることもあるでしょう。

厳しい指導に対して不満がたまり、人間関係のストレスになることも多いです。

ツイッター上にも、「キツイことを言われて傷つく」というつぶやきも見られました。

経験の浅い助産師は新しい仕事を覚えながら激務をこなすだけでも大きな負担があります。

さらに先輩からのキツイ指導を受けてしまうと、「もう続けられない…」と助産師を辞めたい気持ちになってしまうのです。

「助産師を辞めたい!」から脱け出す3つの方法

「助産師を辞めたい!」から脱け出す3つの方法

「助産師を辞めたい」という気持ちから脱け出すための、3つの方法を紹介します。

辞めようか悩んでモヤモヤする日々から脱出するために、ぜひ参考にしてください。

助産師を辞めたい!から脱け出す方法

方法1.助産師を辞めたい理由を分析

助産師を辞めたいと思ったら、辞めたい理由をはっきりさせましょう。

「同期の助産師よりも仕事ができない」などの理由で辞めてしまうと、後悔する可能性があるからです。

仕事が身につくスピードは個人差があるので、人と比べるのではなく、以前の自分よりスキルアップしているかが大切です。

また、人間関係の悩みで助産師を辞めたいと思っている場合も、「助産師の派閥がキツイ」「医師のクセが強く気を遣う」など、人それぞれストレスを感じる部分は違います。

辞めたいのは今の職場なのか、助産師の仕事なのかを判断するには、辞めたい理由を分析することがポイントです。

方法2.助産師スキルを上げて「辞めたい気持ち」から脱出

助産師のスキルを上げることに集中して、辞めたい気持ちから抜け出す人もいます。

スキルアップを目標に仕事を続ければ、ささいなことが気にならなくなるからです。

また、技術を磨いてスムーズに仕事をこなせるようになると、妊婦さんや同僚からも信頼を得られ、辞めたい気持ちより「やりがい」の方が大きくなるでしょう。

アドバンス助産師などの「資格取得」を目標にするのもおすすめです。

アドバンス助産師とは

アドバンス助産師は、経験と知識、実践能力、研修の受講など、一定の水準を満たした助産師の認証制度です。

認証されると、病院の内外で助産師の技術を客観的にアピールできるメリットがあります。

アドバンス助産師についての詳細が気になる人は、一般財団法人 日本助産評価機構で確認してみましょう。

方法3.どうしても辞めたいなら転職

今の職場で働き続ける限り、悩みが解消されないなら転職を検討しましょう。

転職で悩み解消できるかもしれない助産師

  • パワハラが当たり前のブラックな病院で働いている
  • キツイいじめがあり心身ともに疲弊している

助産師を辞めたい理由は人それぞれなので、最適な職場も人によって異なります

あなたにピッタリの職場を探すには、転職サイトのキャリアアドバイザーに相談して、希望に合う求人を探してもらうのがおすすめです。

転職サイトの詳細は「コツ3.転職サイトを活用」で紹介するので、ぜひ目を通してみてください。

助産師を辞めたい人が転職に成功する3つのコツ

助産師を辞めたい人が転職に成功する3つのコツ

助産師を辞めたい人が、転職を成功させるコツを3つ紹介します。

スムーズに理想の職場に入職するために、ぜひ確認してみましょう。

助産師を辞めたい人向け転職成功のコツ

コツ1.自分に合った職場を選ぶ

助産師を辞めたい人が転職先を選ぶなら、現職で一番ツライことを解消できる職場を選びましょう。

以下で、悩みに合わせたおすすめの転職先を探す一例をご紹介しています。

人間関係で辞めたい→他の産科

「助産師は続けたいけど、今の職場は辞めたい」という人には他の産科がおすすめです。

「人間関係がうまくいかない」「病院の考え方と合わない」といった悩みを解消できます。

以下に転職サイト看護roo!に掲載されていた求人情報を紹介します。

【スキルアップできる産科】

スキルアップを目指したいのなら、最先端の医療に触れられる職場がおすすめです。

「一人ひとりの妊産婦に寄り添いたい」「分娩件数が多い病院でスキルを磨きたい」など、転職を機にあなたの理想の病院を探してみるのもよいでしょう。

上記以外にも、看護roo!には産科の求人が掲載されているので、気になる人は公式ページをチェックしてみてください。

夜勤がイヤで辞めたい→日勤のみの職場

「助産師の仕事は好きだけど、夜勤が多くて体力がもたない」という理由で辞めたいのであれば、日勤のみの病院を選びましょう。

助産師はお産の介助が主な仕事ですが、日勤のみで働ける医療機関もあります

転職サイト看護roo!にも、日勤のみで勤務できる産婦人科クリニックの求人情報が掲載されていました。

【産前産後のケアのみ行うクリニック】

上記のように、分娩は行わずに産前産後のケアをする日勤のみのクリニックもあります。

看護roo!には他にも日勤の助産師求人を掲載しているので、気になる人は公式ページをチェックしてみてください。

助産師にこだわらず、「夜勤がない仕事を知りたい」という人は、下記の記事をご参考ください。

助産師を辞めたい→看護師

「助産師の仕事のプレッシャーに耐えられない…」という人は、看護の仕事がおすすめです。

看護の経験がない助産師さんでも、働きやすい職場はあります

転職サイトナース人材バンクにも、未経験・ブランクある方もOKという求人情報が掲載されていました。

【ブランクOKの看護師】

助産師から看護師への転職を考えているなら、教育体制が整った病院を探してみるとよいでしょう。

ナース人材バンクには他にも、ブランクOKの看護師求人が掲載されているので、気になる人は公式ページをチェックしてみてください。

医療の仕事を辞めたい→一般企業

「助産師や医療の仕事から離れたい…」という人は、一般企業への再就職がおすすめです。

病院でなくても、助産師や看護師資格を活かせる仕事があります

転職サイトのマイナビ看護師にも、資格を活かせる一般企業の求人情報が掲載されていました。

看護師資格を活かせる企業では、資格手当がつくケースもあります。

マイナビ看護師には、他にも資格を活かせる一般企業の求人を掲載しているので、興味のある人はチェックしてみましょう。

コツ2.情報収集を徹底

助産師を辞めたい人が転職に成功するコツは、職場の情報を徹底的に集めることです。

「日勤のみの募集でも人手が足りないときは、夜勤に入る場合があるなんて…」と後悔するケースがあるからです。

以下のような口コミサイトも活用し、実際に病院で働く助産師さんの声もチェックしてみましょう。

ナスコミで助産師さんのリアルな声を入手!

ナスコミ
(引用元
ナスコミ

ナスコミは、助産師さんや看護師さんのリアルな病院の口コミを検索できるサイトです。

求人票だけではわからない、「病棟の雰囲気は良いが忙しい」「施設や物品が新しくてキレイ」などの情報が手に入ります。

事前にチェックしておけば、「土日休みだけど、勉強会が休日にあるなんて…」といった後悔が防ぎやすいです。

しかし、ナスコミは口コミを投稿している人の目線なので、より客観的な情報が欲しいのなら、「転職サイト」の利用がおすすめです。

コツ3.転職サイトを活用

助産師を辞めたい人が転職するなら、転職サイトの活用をおすすめします。

転職のプロであるアドバイザーが、あなたに合う職場探しや、応募書類作成、面接対応のサポートをしてくれるからです。

助産師以外の仕事に就きたい人も、不安なことを相談をしながら応募先を見つけることができます。

転職サイトは以下の図のような仕組みになっているので、助産師のあなたは無料で利用できます。

看護師転職サイトの仕組み

また、転職サイトはそれぞれに独自の案件を持っているので、複数のサイトに登録しておくと勤務先の幅がグッと広がるでしょう。

助産師を辞めたい人におすすめの転職サイト

助産師を辞めたい人におすすめの転職サイトを3つ紹介します。

あなたにピッタリの転職サイトを見つける参考にしてみてください。

迷ったときは、3つ全ての転職サイトを活用して、より多くの求人情報とアドバイスを手に入れるのもよいでしょう。

転職サイト名求人数対応エリア
看護roo!
約6.1万

全国
ナース人材バンク
約4.7万件

全国
看護のお仕事
約13.2万件

全国

看護roo!|求人数・サポート共に充実している

求人数・サポート共に充実している『看護roo!』
(参考
看護roo!

看護roo!は、利用者満足度の高い看護師向けの転職サイトです。

サポートが手厚く、面接対策や条件交渉に定評があるため、特に転職初心者は見逃せません。

また、公開求人数が6万件以上と豊富な上、内部事情にも詳しいのが特徴です。

助産師を辞めたい人も、職場の詳しい情報をふまえて転職先を選べるメリットがあるので、ぜひ登録しておきましょう。

看護roo! の口コミ

20代/女性(看護師)

中途採用者の状況など病院に聞きにくい情報をもらえた

メールで条件に合った病院の情報が送られてきたため考えながら他の病院と比較し検討することが出来ました 。

また 、年収やボーナスなどの金銭面 、残業、同じく中途採用者の状況やどのような病院からの転職が多いかなど病院関係者に聞にくい情報がもらえました

(引用:ナビナビ調査)

看護roo!|基本情報

運営会社株式会社クイック
公開求人数約60,000件
非公開求人数非公開
対応地域全国
料金すべて無料

(最終更新:22年1月時点)

ナース人材バンク|非公開求人も豊富

ナース人材バンクは、2005年から運営している老舗の看護師転職サイトなので、医療機関との繋がりが強く、非公開求人も充実しているのが特徴です。

多くの看護師の転職を長年に渡り支援してきたノウハウを活かして、助産師を辞めたい人の転職活動がスムーズに進むようにサポートしてもらえます。

また、ナース人材バンクは年間10万人以上が利用するので、あなたの年代や経験に近い助産師や看護師の待遇を知ることもできます。

給料や手当といった条件の交渉をしてもらえるので、「月に○万円以上は稼ぎたい」という最低条件がある人も利用価値が高い転職サイトです。

ナース人材バンク の口コミ

30代/女性(看護師)

基本給や手当などの基本情報の他に、私の年代での給料の目安や過去にナース人材バンクを利用して就職した方の給料などについても開示してくれた。

また給料交渉もこちらの希望する最低年収を確認して先方と話をしてくれた。

(引用:ナビナビ調査)

ナース人材バンク|基本情報

運営会社株式会社エス・エム・エス
公開求人数約4.3万件
非公開求人数非公開
対応地域全国
料金無料

(最終更新:22年4月時点)

看護のお仕事|キャリアプランの提案をしてもらえる

看護のお仕事
(参考
看護のお仕事

看護のお仕事は、【ともだちに勧めたいサービスランキング第1位】に選ばれている人気の転職サイトです。

公開求人数は13万件以上と業界最大級なので、多くの求人から、あなたにピッタリの転職先を選べます。

また、看護のお仕事は転職活動のサポートが手厚いことでも定評があります。

助産師を辞めたい人に向けたアドバイス、これまでの経験に沿ったキャリアプランの提案をしてくれるので、初めて転職する人も利用しやすいです。

職場の雰囲気や残業の有無なども教えてくれるので、志望先の内情を把握したうえで転職先を検討できるでしょう。

看護のお仕事 の口コミ

30代/女性(看護師)

こちらの希望に合うような求人についても紹介があったのでよかったです。

また、求人についての情報も細かく教えてもらえました。

もし、求人サイト側が知らない情報については病院側に確認してくれたので知りたい情報を手に入れやすかったです。

(引用:ナビナビ調査)

看護のお仕事|基本情報

運営会社レバレジーズメディカルケア株式会社
公開求人数約50,000件(常勤のみ)
非公開求人数非公開
対応地域全国
料金無料

(最終更新:22年1月時点)

転職サイトの登録から転職までの流れ

転職サイトの登録から転職までの流れ

看護師転職サイトを利用した転職活動の流れを解説します。

「職場の内部情報を聞いてもらえる」「給与や残業といった条件交渉を代行してくれる」など、転職サイトを利用するメリットもわかるので、チェックしてみてください。

転職サイト利用の流れ

ステップ1.利用登録

看護師転職サイトは最初に利用登録を行います。

メールアドレスや電話番号、希望する働き方など、簡単に入力できる項目なので数分で登録が完了します。

利用料は無料なので安心してください。

ステップ2.初回のカウンセリングを受ける

登録した当日や翌日に、転職サイトのスタッフから電話が入ります。

電話では、スタッフが仕事の悩み、転職時期、希望の働き方や看護技術の習得レベルなどを詳しく聞いてくれます

「助産師を辞めたいけど、辞めて後悔しないか不安…」といった相談にも乗ってもらえます。

助産師からの転職に不安がある人にとっては、相談できるだけで気持ちが軽くなるものです。

ステップ3.求人の紹介、応募

カウンセリング後、希望の条件を満たした求人を紹介してくれます。

給料、職場の雰囲気など、 転職先の病院に直接聞きづらい内容を看護師転職サイトのスタッフが代行して聞いてくれるため、自分で納得した求人にだけ応募することが可能です。

応募する時は、履歴書の作成サポートや、施設ごとの面接対策が受けられます。

さらに、 病院の面接日程も看護師転職サイトのスタッフが代行してくれるため、自分で日程調整をせずに済みます。

面接を受けて合格したら新しい就職先の決定です。

ステップ4.新しい就職先との条件交渉

面接に合格した後も入社日、給料や勤務の条件交渉など、スタッフが代行してくれます。

条件交渉が終わり、入社日に出勤して新しい職場で働くこととなります。

まとめ

助産師を辞めたい気持ちから前向きになるには、辞めたい理由をはっきりさせるのがポイントです。

憧れる人が多い助産師の仕事を、衝動的に辞めて後悔しないように、以下に悩みの解決法をまとめました。

助産師を辞めたい悩み|解決法

  • 助産師を辞めたい理由を分析
  • 助産師のスキルアップに集中
  • 助産師を辞めたい「理由」が解決できる仕事に転職
  • 転職サイトを活用して効率よく転職活動を進める

転職を考えているのなら、助産師が転職しやすい職場探しや、応募書類や面接対策のフォローをしてもらえる転職サイトを活用するとよいでしょう。

以下に、助産師を辞めたい人におすすめの転職サイトを3つ紹介します。

転職サイト名求人数対応エリア
看護roo!
約6.1万件

全国
ナース人材バンク
約4.7万件

全国
看護のお仕事
約13.2万件

全国
(最終更新
2022年4月時点)

転職サイトは、まだ転職すると決めていなくても利用できます。

「助産師を辞めたいけど、本当に辞めていいのか…」と悩んでいるのであれば、転職のプロに相談してみてはいかがでしょうか。

ぜひ気軽に登録いただき、前向きになるための第一歩を踏み出してください。

監修者

監修者

「助産師を辞めたい」と考える原因が、現在の職場にあるのなら、転職で解決することもあります。
まずは、「助産師を辞めたいのか、今の職場を辞めたいのか」を整理し、悩みの解決につながる条件が整った求人に絞って転職活動を進めましょう。

関連記事