看護師が試用期間中に退職する方法は!?辞めたい理由の伝え方も解説!

ナビナビ
転職

2022-06-08

「試用期間中だけど辞めたい…」

「退職したいことをどうやって伝えるの?」

新しい職場に入職したものの自分には合わず、試用期間中に退職を希望する看護師は多いです。

この記事では、看護師が『試用期間中に退職するときのポイント』や『試用期間内の退職の流れ』について紹介します。

引き留められにくい退職理由の伝え方も紹介するので、試用期間中の退職を検討している方はぜひチェックしてみてください。

\看護師転職サイトおすすめ3選/
看護roo!ナース人材バンク看護のお仕事

kangoroo

公開求人数
約60,000件

nursejinzaibank

公開求人数
約43,000件

kangonooshigoto

公開求人数
約50,000件(常勤のみ)

※参考|公式サイトより(2022年1月時点)
ダシルヴァ石田牧子さん
ダシルヴァ石田牧子さん

バイリンガル看護師

米国と日本で免許を持つバイリンガル看護師。外国人診療の看護師、医療英語の大学教員、精神保健分野の研究員など、多分野での勤務経験がある。2021年にフリーランス・ナースとして独立し、コンサルティング、ライティング、講師、医療翻訳などの仕事に従事。順天堂大学医学部大学院および国際教養学部で医療コミュニケーション分野のゲスト講師を務める。看護師として「子育てしながら在宅でパラレルキャリアを積む」ことに挑戦中の2児のママ。

周田 佳介さん
周田 佳介さん

現役訪問看護師

現役の訪問看護師として活動中。 過去には急性期病院、慢性期病院、特養、グループホーム、ホームヘルパーと多岐にわたって経験している。経験を生かし、看護介護系記事の執筆や研修講師など引き受けている。

目次

看護師が試用期間中に退職したくなる原因とは?

試用期間中でも、看護師が退職を希望するケースは多いです。

看護師が試用期間中に退職したくなる原因について、退職者の声とともに紹介するので確認しておきましょう。

試用期間中に退職したくなる原因

原因1.入職してみると条件が違った

看護師が試用期間中に退職したくなる原因に、「入職前に言われていた条件と違った」というものがあります。

求人情報や面接のときの話と、現場の状況にギャップを感じるケースは多いです。

ネット上にも「入職して1週間だが、条件の違いから退職を希望したい」という声がありました。

看護師

新しい個人院に今月5日より入職しましたが、まだ1週間ですが入ったときと条件が違ったり家庭との両立が厳しくと色々あり退職したく思います。

(引用:Yahoo!知恵袋

求めていた労働条件と違うことで、プライベートに支障をきたす場合もあります。

入職後のギャップを防ぐには、入職前の職場見学がおすすめです。

原因2.労働時間が長すぎる

労働時間が長すぎることも、試用期間中に退職したくなる原因の1つです。

看護師は体力勝負の現場が多いため、休息を取ることができなければ、健康を害する恐れもあります。

ヤフー知恵袋には、「夜勤で仮眠や休憩が取れない」という声がありました。

看護師

現在、看護師で試用期間中で1ヶ月近く仕事していますが、職場が自分に合いません、休憩時間も削られ、夜勤では仮眠、休憩時間すら取れてません。
食事休憩がわずかにあるだけです。働きがいも無いと感じてます。

(引用:Yahoo!知恵袋

転職先があまりにもハードな労働環境だった場合、「このまま働き続けていいのだろうか」と不安になるのも無理はありません。

労働時間の長さが原因で辞めたいと考えているならば、残業や夜勤がない職場への転職を検討してみましょう。

原因3.指導を受けられない

看護師が試用期間中に辞めたい理由の1つに、「適切な指導を受けられない」ことがあります。

病院によって使用機器が違ったり、独自ルールが存在するため、先輩スタッフの指導を受けられないと業務を進めるのが難しい場合もあるでしょう。

ネット上には「確認したくてもできない状況のため、辞めたい」という声がありました。

看護師

試用期間中ですが、退職を考えてしまいます。
職場は、忙しくオリエンテーションは渡した紙を読んでおくように言われました。
確認をしたくても、誰に声をかけたらよいかわかりません。当日の勤務内容もわからない状態なのに。。。
私が、もっと声をかけて確認すれば良いことだとわかっていますが「私に聞かれても」と、言われてしまってはどうすることもできません。
何も出来ない自分に涙が出ます。

(引用:Yahoo!知恵袋

わからないことを聞けない環境では、試用期間中であっても辞めたくなるのは当然のこと。

転職の際には、職場の教育体制を事前に確認することが大切です。

試用期間で辞めたい看護師の理由の伝え方3つ

看護師 試用期間 退職

試用期間中に辞める場合、「引き止められたらどうしよう…」という不安もあるでしょう。

以下では、試用期間で辞める時の退職理由の伝え方を紹介するので、「どう伝えたらいいのかわからない…」と悩んでいる方は参考にして下さい。

試用期間内に辞める理由の伝え方

理由1.家庭との両立が難しい

仕事によって家庭へ支障が出ているために退職したい場合、現在どのような状況なのかを具体的に伝えると、上司の理解を得られやすいです。

家庭の事情が理由の例文

突然で申し訳ないのですが、今の状況では家庭と仕事の両立が難しいので、退職させていただきたいと考えております。

家族とよく話し合ってから決めた入職ですが、実際に勤めてみると、思っていた以上に家庭に時間を割けないのが現状です。

主人とも話し合いましたが、私の今の勤務状況では家庭を維持するのは難しいという結論に至りました。

試用期間が始まったばかりで心苦しいのですが、ご理解いただきたいと思います。

「家庭の事情」は、職場側が原因を追求したり、退職を引き止めにくい理由の1つです。

スムーズに承諾してもらえる可能性が高いので、現状を具体的に伝えましょう。

理由2.体調不良が続いている

試用期間中に体調不良になった場合は、「これ以上は働けない」ことを正直に伝えましょう。

病院で診察を受けている場合は、病名や診断された内容を伝えると、理解が得られやすいです

体調不良が理由の例文

試用期間が始まったばかりで申し訳ありませんが、退職を考えています。

入職して少ししてから体調不良が続いており、受診したところ仕事を辞めて休むように言われました。

私自身も、勤務し続けるのは難しいと感じています。

このままでは業務に支障が出てしまうと思いますので、早めに対処したく、伝えさせていただきました。

突然の申し出でご迷惑おかけしますが、退職させていただきたいと思います。

体調不良が理由の場合、休職を勧められる可能性もあります。

「退職したい」という意思が固まっているなら、休職ではなく退職したいという意思をはっきり伝えることが重要です。

理由3.自分には合わなかった

入職した病院の雰囲気や労働時間、人間関係が合わないことはあります。

環境に合わないことを理由とする場合、「自分には」合わなかったという言い方をするのがポイントです。

職場が合わなかった場合の例文

こちらの病院で精一杯貢献したいと思っていましたが、職場のスピード感が自分には合わないと感じています。

せっかく採用いただいたのに、早くに退職することでご迷惑をおかけし、大変申し訳ありません。

私は患者とじっくり関わりたいため、訪問看護ステーションなどで、一人ひとりの利用者とコミュニケーションを取りながら丁寧なケアを行いたいと思っています。

ここでの仕事は最後まで責任を持ち、引き継ぎまでしっかり行いますので、ご理解いただければと思います。

次の職場が具体的に決まっている場合は、転職先がすでに決まっていることを伝えた方が引き止められにくいです。

転職先が決まっていない場合には、今後進みたい分野などを伝えると、上司の了解を得られやすいでしょう。

看護師が試用期間中に退職するときの流れ

看護師 試用期間 退職

試用期間といえども雇用契約を結んでいる以上、簡単には辞められません

退職手続きをどのようなステップで進めればよいのか、確認しておきましょう。

試用期間中の退職の流れ

ステップ1.上司に相談

まずは、 職場をやめたいと考えていることを、理由とともに上司に伝えましょう。

上司と面談の日程が組まれるので、面談の中で、退職日や退職までのスケジュールを決めていきます。

上司に相談する時は、申し訳ない気持ちも伝えつつ、退職への強い意思を持つことがポイントです。

ステップ2.退職日を決定し退職願を出す

面談で退職日を決めたら、退職願を上司に提出します。

人員調整や引き継ぎが行われるため、退職日は、面談1ヶ月後以降に設定されるのが一般的です。

すぐに退職できるわけではないので、退職希望はなるべく早めに伝えておきましょう。

ステップ3.仕事の引き継ぎを行う

退職日が決定したら、担当していた業務内容を引き継ぐ必要があります。

引き継ぎが不十分だと職場に迷惑がかかるため、「もうすぐ退職するから」と気を抜かずに引き継ぐことが大切です。

自分が辞めた後のことまで考えながら、仕事の引き継ぎを行いましょう。

ステップ4.スタッフや患者にあいさつ

退職日には、職場のスタッフや患者にあいさつをします。

お世話になった人達に挨拶をする際は、以下のことを意識しておきましょう。

スタッフや患者への挨拶で気を付けること

  • 院長や看護部長
    ⇒時間帯などを事前に確認しておく
  • 直属の上司である看護師長や主任
    ⇒個別に感謝の気持ちを伝える
  • 同僚スタッフ
    ⇒スタッフ全員が揃う時に、挨拶の時間をもらう
  • 退職日当日に不在のスタッフ
    ⇒最後に顔を合わせる日を確認し、事前にあいさつを済ませる
  • 担当の患者
    ⇒患者・家族が混乱しないよう、後任の担当スタッフを紹介しておく

あいさつの際には、退職理由を端的に伝えるとともに、感謝の気持ちを伝えてください

監修者

監修者

担当患者へのあいさつは、する職場としないように言われる職場があります。
挨拶をしたほうがよいかどうかは、上司に確認しましょう。

看護師が試用期間中に退職するときのポイント3つ

看護師 試用期間 辞める

看護師が試用期間中に退職する際には、トラブルにならないために、最低限押さえておきたいポイントがあります。

試用期間中に退職するときのポイント

ポイントごとに詳しく確認していきましょう。

ポイント1.マナーと責任を意識して行動する

「試用期間」とは、採用側が「適任者かどうか」を判断する期間であり、看護師側が「働きやすい職場かどうか」を判断する期間ではありません。

試用期間中であっても、雇用契約は本採用と同様に結ばれています。

本採用時と同等の責任が求められるため社会人としてのマナーと責任を意識して、退職に向けた行動をしましょう。

ポイント2.退職の意思はできるだけ早めに伝える

試用期間中でも、退職を希望するときは早めに上司に伝えることが望ましいです。

職場では、引き継ぎや人員調整の準備を進める必要があるためです。

以下のように、退職の意思を伝えるのは「退職希望の1ヶ月前」と定められているケースが多い傾向です。

退職の意思は何カ月前に伝えたらいい?

法律上では、期間の定めのない雇用契約の場合は退職2週間前までに退職届を出せば退職できることになっていますが、引継ぎや後任の調整の関係から、退職の意思表示を「希望日の1カ月前」と定めていることが多いようです。
まずは提示されている就業規則を確認してみましょう。

(引用:退職の意思は何カ月前に伝えたらいい?|リクルートエージェント)

職場に迷惑をかけないためにも、辞めたい意思をできるだけ早く伝え、職場側が対応しやすいよう配慮することも必要です。

ポイント3.不当な条件に対応できるよう準備する

看護師が試用期間中に退職すると伝えると、不当な条件を持ち出される可能性があります。

職場側は人手が足りていないことから、「退職を引き止めたい」と考えているケースがあるためです。

職場側が退職の引き止めに使う条件

  • 試用期間中の退職は一部の給与を払えない
  • 試用期間中の退職はクビ扱いになる
  • 試用期間中の退職は違約金が発生する
  • 試用期間中は自主退職はできないと決まっている

不当な条件を示されても対処できるように、求人情報や就業規則・契約書などに予め目を通しておきましょう。

試用期間中の看護師が転職を成功させるコツ

看護師 試用期間 退職

転職を繰り返すと、転職先にマイナスな印象を与えてしまうため、職場探しは慎重に行いましょう。

以下では、試用期間中の看護師が転職を成功させるコツについて詳しく解説していきます。

試用期間中の看護師が転職を成功させるコツ

転職先の口コミをチェック

ナスコミ
(引用元
ナスコミ

ナスコミは、現場で働く看護師のリアルな口コミを知ることができるサイトです。

同じ病院でも、部署によって看護師メンバーの雰囲気が異なることがあるため、事前に職場の雰囲気をリサーチしておくと安心です。

試用期間中の早期退職を避けるためにも、無料登録をしておき、情報収集に役立ててください

試用期間中の退職も履歴書に記入

転職先で雇用保険や厚生年金の手続きが行われる際、前職の経歴は判明します。

試用期間中で退職した経歴を記載しなかった場合、職場の上司やスタッフに不信感を持たれる可能性もあります。

そのため、短期間での退職であったとしても、履歴書にはきちんと記載しましょう。

転職サイトでアドバイスをもらう

試用期間中などの早期退職者は、採用側にあまり良い印象を持たれないため、退職理由の伝え方はとても大切です。

転職サイトを利用することで、転職のプロであるキャリアアドバイザーに、転職理由の伝え方を相談できます

また、前職の退職理由から「どんな職場が合うのか」といったアドバイスももらえます。

「転職相談にはお金がかかるのでは…」と不安に感じるかもしれませんが、以下のような仕組みから転職サイトは無料で利用できます。

転職サイトの仕組み

多くの転職先から自分に合った職場を見つけるためにも、転職サイトに登録し、相談してみてください。

試用期間中に退職する看護師にオススメの転職サイト

おすすめ看護師転職サイト3選

転職活動を効率的に進めるために、看護師向け転職サイトの活用がおすすめです。

転職サイトを使うと、アドバイザーが求人を紹介してくれたり、面接対策を行ってくれます。

また、非公開求人を紹介されたり、職場の人間関係などの内部情報も教えてもらえます。

豊富な求人を扱っている3つの転職サイトについて紹介していくので、転職活動に役立ててください。

【おすすめ看護師転職サイト3選】
転職サイト名公開求人数対応エリア
看護roo!
約6万件

全国
ナース人材バンク
約4.3万件

全国
看護のお仕事
約13万件

全国

(22年4月時点)

求人数・サポート共に充実している『看護roo!』

求人数・サポート共に充実している『看護roo!』
(参考
看護roo!

看護roo!は、利用者満足度の高い看護師向けの転職サイトです。

試用期間での退職理由の伝え方や面接の想定質問などを教えてもらえるため、面接が不安な方も安心です。

公開求人数も約6万件と豊富な上、内部事情にも詳しいのが特徴です。

また、給与や待遇面など、面倒な条件交渉をキャリアアドバイザーに任せられる点も、利用者満足度が高い理由の1つでしょう。

長く働ける職場環境の求人を探すためにも、登録しておくことをおすすめします。

看護roo!|基本情報

運営会社株式会社クイック
公開求人数約60,000件
非公開求人数非公開
対応地域全国
料金すべて無料

(最終更新:22年1月時点)

求人数が多く職場情報も確認できる『ナース人材バンク』

ナース人材バンクの特徴

  • 看護師登録者数No.1※株式会社エス・エム・エス調べ
  • 老舗の看護師転職サイトだからこその安心感
  • 全国幅広く求人を保有

ナース人材バンク』は、年間10万人以上の看護師が利用している「看護師登録者数No.1」の人気転職サイトです。

2005年から運営されている老舗の転職サイトであり、医療機関との繋がりが強く、非公開求人も含めて全国幅広くの求人を保有しています

また、各都道府県ごとに担当のキャリアアドバイザーが在籍しており、職場の雰囲気なども詳細に教えてもらえるのが魅力的です。

実績豊富で求人数も充実しているサービスであるため、看護師の転職には欠かせないサイトの1つと言えます。

全ての看護師におすすめですが、特に20代や30代のサポートに強みを持っているので、該当する人は優先的に登録しておきましょう。

ナース人材バンク|基本情報

運営会社株式会社エス・エム・エス
公開求人数約4.3万件
非公開求人数非公開
対応地域全国
料金無料

(最終更新:22年4月時点)

職場のリアルな情報がわかる『看護のお仕事』

看護のお仕事
(参考
看護のお仕事

看護のお仕事の特徴

  • 公開求人数トップクラス
  • 病院の口コミなど職場のリアルな情報も確認できる

看護のお仕事』は、業界トップクラスの求人数を保有する看護師転職サイトです。

看護のお仕事では年間4,000回以上の職場訪問を行なっており、病院や施設ごとの「医療方針」や「職場の雰囲気」などを詳しくヒアリングしています

求人ページを確認すると、求人ごとのおすすめポイントや、実際に働くスタッフの声などが紹介されているため、応募前にイメージを膨らませやすいのが魅力的です。

求人ページだけでは分からない内容があれば、キャリアアドバイザーが丁寧に情報提供してくれるので、応募先をなかなか決められない人にもおすすめのサービスです。

少しでも多くの求人を見たい人や、職場の雰囲気を事前に詳しく知りたい人は、ぜひ看護のお仕事も活用してみてください。

看護のお仕事|基本情報

運営会社レバレジーズメディカルケア株式会社
公開求人数約50,000件(常勤のみ)
非公開求人数非公開
対応地域全国
料金無料

(最終更新:22年1月時点)

まとめ

試用期間中に退職するなら、退職する時のポイントを押さえてトラブルを避けるようにしましょう。

試用期間中に退職するときのポイント

  • 退職方法は本採用時と同じことを理解する
  • 退職の意思はできるだけ早めに伝える
  • 不当な条件に対応できるよう準備する

また、試用期間中であっても、労働契約が結ばれているため、正規の退職手続きを取る必要があります。

以下のステップに沿って、退職手続きを進めるようにしてください。

試用期間中の退職の流れ

  • 上司に相談
  • 退職日を決定し退職願を出す
  • 仕事の引き継ぎを行う
  • スタッフや患者にあいさつ

退職すると決めたなら、次は長く続けられる職場を探すために情報を集めましょう。

転職サイトを利用すると、「人間関係の良い職場」「残業の少ない職場」など、一般的には集めにくい「病院の内部情報」を教えてもらえます

求人数が豊富で手厚いサポートに定評のある、以下の転職サイトをぜひ活用してみてください。

【おすすめ看護師転職サイト3選】
転職サイト名公開求人数対応エリア
看護roo!
約6万件

全国
ナース人材バンク
約4.3万件

全国
看護のお仕事
約13万件

全国

(22年4月時点)

転職サイトは自分に合ったところを複数登録しておくことで、理想の職場が見つけやすくなります。

この記事で紹介したサービスを活用して、ぜひ納得のいく転職活動にしていただければと思います。

監修者

監修者

看護師が試用期間中に退職することは可能です。
現在の職場には、早めのタイミングで、ポジティブで断りにくい理由を伝え、感謝の気持ちを込めた挨拶をしましょう。
転職を繰り返さないためにも、複数の転職サイトを活用するなどして、求人票だけではわからない口コミや内情も把握しておくことをおすすめします。

関連記事