経営方針 社長メッセージ 経営方針 社長メッセージ

常に成長する企業を目指して

エイチームは2012年4月、東証マザーズに上場し、同年11月に東証第一部に史上最短での市場変更を行うことができました。「みんなで幸せになれる会社にする」「今から100年続く会社にする」ことを目指し、エイチームは、さらに高い目標を掲げ、信頼性ある企業を目指して、社員や取引先企業のみならず、株主・投資家の皆様からの期待に応えていきたいと思っています。「みんなで幸せになれる会社にすること」は[みんなが]という受動的な意味ではなく[みんなで]幸せを作るという自発的な意味です。当事者意識の持てる人材を確保することで、よりよい組織づくりにつなげています。

エイチームは「エンターテインメント事業」、「ライフスタイルサポート事業」と「EC事業」の異なる3つの事業を並行して手掛けています。
「エンターテインメント事業」においては、スマートフォン・タブレット端末向けにゲームやツールアプリの企画・開発を行い、世界中に提供しており、月商数億円規模のゲームタイトルを複数手掛けています。エンターテインメント事業の強みは「打率の高さ」、リリースしたタイトルが空振りをしないという点です。これは、作りたいものを作るのではなく、市場に受け入れられるものを作るという意識と企画力の高さによるものだと考えます。世界でヒットするタイトルを目指しつつ、また、継続的に新しいタイトルを創出するよう常にチャレンジを続けています。

「ライフスタイルサポート事業」では、人生のイベントや日常生活に密着した様々な比較サイト、情報サイトの企画・開発を行い、主に日本国内の利用者向けにサービスを提供しております。市場環境が大きく変化しにくい安定的な事業の柱を持ちたいと考えて、2006年にエンターテインメント事業が生み出す利益をライフスタイルサポート事業に投資してスタートしました。事業開始から10年余り、インターネット環境もパソコンからスマートフォンに移行するなど、大きく変化しています。こうした歴史の中で、時代に合わせたマーケティングや集客方法をその都度、試行錯誤し答えを出してきました。その経験から得られたノウハウの積み重ねがライフスタイルサポート事業の強さとなっています。これまで投資段階にあった新規サービスも徐々に売上・利益貢献をしだしており、今後安定的・継続的な収益向上が期待できるものと思っています。最近では、引越し比較サイト「引越し侍」の利用者が結婚式場情報サイト「ハナユメ」を利用するといった相互送客が形になり始めました。今後は継続顧客を生み出す仕組みづくりにも取り組んでまいります。

また、2016年8月には自転車通販サイト「cyma -サイマ-」を第3の事業軸「EC事業」として独立させました。自転車という商材は「購入者による組み立て」「割高な配送料」が障壁となり、大手が参入しておらず、また強い競合が存在していませんでした。その点に着目し、課題を解決することで売上とシェアを伸ばし、今回の単独セグメント化につなげております。2年間の売上推移から、より成長が期待できるEC事業は、自転車通販業界でのナンバーワンを目指してまいります。

第三次成長期に入り、成長をさらに加速できる体制が整った今、3つの事業軸をエンジンに、様々な事業にチャレンジし、新たな収益源の創出を目指します。株主の皆様におかれましては、今後とも一層のご指導・ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

2016年03月10日

代表取締役社長

林 高生