ニュース NEWS ニュース NEWS

調査レポート

icon_tag 引越し侍

2020 / 04 / 27

引越し侍が、「緊急事態宣言」発令による引越しへの影響を調査

引越し侍が、「緊急事態宣言」発令による引越しへの影響を調査

株式会社エイチームのグループ会社である株式会社エイチーム引越し侍(本社:愛知県名古屋市、代表取締役社長:熊澤博之)は、同社が運営する引越しの見積もり比較サイト『引越し侍』の提携引越し会社を対象に「緊急事態宣言発令による引越しへの影響」に関するアンケートを実施しました。

https://hikkoshizamurai.jp/report/emergency/

調査サマリー

1. 新型コロナウイルスの影響で、春の引越しは大幅減少

今回の調査では、新型コロナウイルス感染拡大により、3月の転勤減少や最繁忙期(※)の
引越しキャンセル・延期が多くの会社で発生していることが分かった。さらに「緊急事態宣言
発令後に引越し依頼件数に変化はあったか」という質問に対し、90%が「減少した」と答えた。
(※)最繁忙期:3月下旬~4月上旬

2.「緊急事態宣言」発令後の引越し会社の対応状況

現時点では、多くの会社が引越しの見積もりや作業を請け負っている状況。中には、見積もり
をオンラインや動画で実施する予定という会社も見られた。キャンセル料については、
「標準引越運送約款」を原則としながら、何らかの緩和措置を取っている会社が40%だった。

◆調査概要

調査対象:全国
調査方法:引越しの見積もり比較サイトの提携引越し会社を対象に電話アンケートを実施
調査期間:2020年4月13日~4月20日
サンプル数:10件

◆調査結果

1. 新型コロナウイルスの影響で、春の引越しは大幅減少

1-1. 最繁忙期の引越しの依頼でキャンセルや延期があったか

すべての会社で「キャンセルや延期があった」との回答になりました(n=10)。そのうち、キャンセルや延期が発生した割合を尋ねたところ、本来ならば引越しがピークを迎える時期にも関わらず、約60%の会社が1割以上キャンセルや延期が発生したと回答しています(n=8)。

1-2. 3月の転勤引越しに影響があったか

70%の会社が「この3月の転勤引越しが減少した」と回答しています(n=10)。そのうち、どのくらい減少しているかを尋ねたところ、例年よりも2~3割減が60%、大半がキャンセルという回答が40%となり、最繁忙期の引越しキャンセル・延期よりも大きな影響が出ていることがわかりました(n=5)。

1-3. 「緊急事態宣言」発令後に件数に変化はあったか

90%の会社で「緊急事態宣言」発令後に引越しの依頼件数が「減少した」という回答になりました(n=10)。また、どのくらい減少したのか尋ねたところ、全体の40%以上の会社が「例年よりも3割以上」の減少を体感しており、不要・不急の外出自粛要請により、引越し実施も控える傾向にあるようです(n=7)。

2.「緊急事態宣言」発令後の引越し会社の対応状況

2-1. 引越し見積もりや作業の依頼は出来るのか
今回調査を実施した10社は、現時点では、すべての会社で「引越しの見積もりができる」「引越し作業を請け負える」という回答でした。そして、対面での接触が発生する「訪問見積もり」について、一部の会社では「基本的にはネット予約で対応」や「お客様のために訪問を控え、電話と動画での見積もりを実施予定」という回答も見られました。
また、引越し作業時には接触リスクが高いため、すべての会社が「マスク着用」「アルコール除菌」「手洗いうがい」「検温」など何かしらの予防対策を実施していることもわかりました。

2-2. 「緊急事態宣言」発令により引越しのキャンセル料金に影響はあるのか

引越しのキャンセル料金は、国土交通省の「標準引越運送約款」によって定められており、引越し日の2日前からキャンセル料金が発生します。(参考PDF
今回の調査結果では、現在の情勢に鑑みて40%の会社が緩和措置を講じているということがわかりました。しかし、原則は「標準引越運送約款」の規定通りであるため、万が一、延期やキャンセルが発生した場合には、早めに契約している引越し会社へ連絡いただくことをお勧めします。

【『引越し侍』について】


引越し情報を入力するだけで、全国290社以上(2020年4月現在)の引越し会社の中から、お客様の条件にあわせて、料金やサービス、クチコミを簡単に比較し、引越し会社を予約したり、一括で最大10社に見積もりの依頼ができるWebサイトです。引越し会社に、予約・見積もり依頼ができるのはもちろん、海外への引越しやオフィスの引越し、転勤に伴う引越し、ピアノの引越し、ピアノの売却などをサポートするサービスもございます。今後も、引越しをお得&お手軽に実施するためのサービス拡充を目指してまいります。

関連ページ

※文中に記載されている会社名、商品名は各社の商標または、登録商標です。