ニュース NEWS ニュース NEWS

調査レポート

icon_tag ナビナビ

2022 / 01 / 13

半数以上の人が”贈り物”関連のキャッシュレス化を望んでいない!約9割の人がキャッシュレス決済を利用する中で一体なぜ?~キャッシュレスと日本の贈り物文化に関する意識調査~

半数以上の人が”贈り物”関連のキャッシュレス化を望んでいない!約9割の人がキャッシュレス決済を利用する中で一体なぜ?~キャッシュレスと日本の贈り物文化に関する意識調査~

当社のグループ会社である株式会社エイチームフィナジー(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:林和樹)が運営する「ナビナビクレジットカード」は、20歳以上の男女700名を対象とし「キャッシュレスと日本の贈り物文化に関する意識調査」を実施しました。

約9割の人がキャッシュレス決済を使っている中で、ものによってはキャッシュレス決済ができるようになるのは反対という声も多く見られました。例えばお賽銭や冠婚葬祭費など、古くから現金でやりとりしていたもののキャッシュレス化は、多くの人が望んでいないようです。

こういった、文化に関係のあるようなもののキャッシュレス化については様々な意見があり、望んでいる人、望んでいない人それぞれの思いを聞くことができました。
※お賽銭はお供えものですが、現金を活用する日本文化の代表的なものの一つとして贈り物文化としてまとめさせていただきました。

■調査概要

調査方法 :インターネットによる調査 調査対象 :全国にお住まいの20歳以上の男女
調査期間 :2021年11月26日 調査エリア:全国 サンプル数:700名

調査サマリー
  • 約9割の人がキャッシュレス決済を利用
    そのうち「クレジットカード・デビットカード」決済利用者が最多
  • 半数以上の人が「お賽銭・冠婚葬祭費・お年玉」のキャッシュレス化は望んでいない
    子どもの有無によっては意外性が見られる結果に
  • 一部の人は、お歳暮や内祝いといったその他の贈り物はキャッシュレス対応でも良いと思っている

●約9割の人がキャッシュレス決済を利用
キャッシュレス決済が広まりつつある現代において、「キャッシュレス決済を使っていますか?」と質問したところ、約9割の人がキャッシュレス決済を利用していることがわかりました。
中でも、「クレジットカード・デビットカード」決済を利用している人が大多数を占める結果となりました。

引き続き、”キャッシュレス”への注目度は高まっているようです。

●半数以上の人が「お賽銭・冠婚葬祭費・お年玉」のキャッシュレス化は望んでいない
「お賽銭・冠婚葬祭費・お年玉において、キャッシュレス決済ができるようになってほしいと思いますか?」と質問したところ、いずれも半数以上の人が「あまりそう思わない」「全くそう思わない」と回答しました。

また、「あまりそう思わない」「全くそう思わない」と回答した人の中で、一番多かった理由が「気持ちがこもっていないように感じるから」と、便利さやお得さよりも気持ちの部分を問題に感じている人が多いことがわかりました。
昔から現金でのやり取りが当たり前とされていたこともあり、すぐに気持ちを切り替えるのは難しいのかもしれませんね。

「あまりそう思わない」「全くそう思わない」と回答した人の中で、以下のような理由もありました。
特にお賽銭に関しては、”小銭を入れてジャリジャリと音を立てることで、神様に自分が来たことをお知らせする”という意味もあるようなので、キャッシュレスが浸透しない理由の一つなのかもしれませんね。

■お賽銭
・どうすれば使えるようにできるのかわからないので(50代男性)
・小銭を投げるのが楽しい(50代女性)
■お年玉
・子供にお金の重さを知ってほしいから(40代女性)
・お金のありがたみや使い方を実感してほしいから(40代女性)

調査前に、子どものいる人は「子供への昔からの文化の伝承」への意識が高いと思い、後ろ向きな回答が多いと考えていたのですがそこまで差のない結果となりました。

次に、「非常にそう思う」「ややそう思う」と回答した人の中で、「現金・準備不要で楽だから」「プラスでポイントも貯まるから」といった理由の人が大多数を占めました。
やはり、楽さやお得さにメリットを感じる人が多いようです。

「非常にそう思う」「ややそう思う」と回答した人の中で、以下のような理由もありました。
■冠婚葬祭費
・受け取る側もデータ管理し易いだろうから(70代男性)
・盗難防止に有効(50代男性)

●一部の人は、お歳暮や内祝いといったその他の贈り物はキャッシュレス対応でも良いと思っている
「今後、キャッシュレス決済の対応でも良いと思う贈り物はありますか?」と質問したところ、「その他・特になし」以外は、全て約2割の回答率でした。
また、「特になし」と回答している人が約6割もいることから、贈り物に関連するキャッシュレス化を望む声はあまり多くないことがわかりました。

■専門家からのワンポイントアドバイス

今回の調査結果より、キャッシュレス決済の普及が進む一方で、贈り物関連のキャッシュレス化はあまり望まれていないことがわかりました。

キャッシュレス決済そのものは便利と感じていても、贈り物のような”気持ち”の影響が強いものに関しては、あまり良いイメージを持たれないようです。
今まで現金でのやりとりが当たり前だと思っていたものも多いので、お得だとわかっていながらも良いイメージを持つことができないのも仕方がないでしょう。

また一方で、キャッシュレス化により、「便利になった」や「お得になった」という声もたくさん聞きます。

「贈り物についてのキャッシュレス化が本当に必要なのかどうか」は、今後の議題にも取り上げられるようになってくるのかもしれませんね。

(ナビナビクレジットカード 船戸朔夜)

■エイチームフィナジーについて

エイチームフィナジーは、専門知識がないと難しい金融商品の比較サイトや、日常でかかるお金の負担を減らすための情報を提供するWebサイトなどを展開し、お客さまのお金に対する不安と課題を解決する金融領域を中心に有益なサービスを多数提供しています。
https://finergy.a-tm.co.jp/

サービス一覧