Operated by Ateam Inc.

イーデス

看護師ワーカー(旧:医療ワーカー)の評判は最悪?しつこいと噂の口コミや看護師からの評判を解説

最終更新日:

医療ワーカー
提携各社(株式会社リクルート・株式会社マイナビ等)のアフィリエイト広告を含みます
イーデス』は、複数の企業と提携し情報を提供しており、当サイトを経由して商品への申込みがあった場合には、各企業から報酬を受け取ることがあります。ただし当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無が影響を及ぼすことはございません。
また当サイトで得た収益は、サイトを訪れる皆様により役立つコンテンツを提供するために、情報の品質向上・ランキング精度の向上等に還元しております。※提携機関一覧
この記事は有料職業紹介許可番号:23-ユ-302788)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社エイチームライフデザインが制作しています。

看護師転職サイトの「看護師ワーカー(旧:医療ワーカー)」を利用するなら、事前に利用者の評判を確認しておきたいですよね。

当サイトで利用者の口コミをリサーチしたところ、看護師ワーカー(旧:医療ワーカー)は以下の特徴があることがわかりました。

看護師ワーカー(旧:医療ワーカー)の悪い評判・口コミ

看護師ワーカー(旧:医療ワーカー)の良い評判・口コミ

看護師ワーカー(旧:医療ワーカー)には悪い評判もありますが、コンサルタントの質が高いなど、良い評判の方が多い転職サイトです。

病院以外の職場や応援ナースなど、さまざまな求人を扱っているため、自分の希望やライフスタイルに合う仕事を選べるというメリットも。

特に、以下に当てはまる人にとって、利用価値の高い転職サイトと言えます。

看護師ワーカー(旧:医療ワーカー)の利用がおすすめな看護師

  • 短期で高い給料をもらいたい看護師
  • 希望条件に合わない求人を断れる看護師
  • 地方で働きたい看護師
  • 病院以外で働きたい看護師
  • コンサルタントと面談したい看護師

看護師ワーカー(旧:医療ワーカー)は、今すぐに転職しない人や情報収集だけしたい人も利用できます。

いざ「転職したい!」と思った時に、どんな求人があるのか、転職活動をどのように進めたらいいのかがわかっているとスムーズに動き出せるので、登録だけでもしておくと良いでしょう。

    気になる内容をタップ

    「看護師ワーカー(旧:医療ワーカー)」の悪い評判・口コミ

    まずは、看護師ワーカー(旧:医療ワーカー)利用者の口コミを紹介します。

    「看護師ワーカー(旧:医療ワーカー)」の悪い評判は以下の3つです

    迷惑!看護師ワーカー(旧:医療ワーカー)は連絡がしつこい

    看護師ワーカー(旧:医療ワーカー)の口コミ

    20代/女性(看護師)

    電話がしつこかったです。
    看護師ワーカー(旧:医療ワーカー)さんとしても早く就職して欲しいというのはとてもよく分かりますが、次の就職はきちんとしたい。
    しっかり見定めたいという所を、電話で急かされる感じがしたところはあまり良くなかったと思いました。

    (引用:イーデス調査)

    看護師ワーカー(旧:医療ワーカー)の口コミ

    30代/女性(看護師)

    連絡をもらっても電話に出れなかったら、時間も開けずに何度も着信が入っている
    違う番号からも入っていたりするので、少ししつこさは感じました。
    番号を変えられると、誰からの電話か分からないから、出たくない気持ちもありました。

    (引用:イーデス調査)

    アドバイザーの連絡がしつこかったという口コミです。

    いくら急ぎで連絡を取りたかったとはいえ、何度も電話をかけてこられては、迷惑と感じるのも当然でしょう。

    もし夜勤などで電話が取れない時間がある場合は、連絡しないでほしい時間帯を事前に伝えておきましょう

    それでも約束を守ってもらえない場合は、担当者を変えてもらうことをおすすめします。

    担当者の変更方法は「質の悪い担当スタッフはすぐに変更する」で解説しているので、気になる方はぜひ参考にしてください。

    希望しない求人を紹介される

    看護師ワーカー(旧:医療ワーカー)の口コミ

    20代/女性(看護師)

    病院や介護施設の求人紹介が多く感じました。
    腰痛持ちの私には難しく「日勤」「あまり長い時間、腰に負担がかからない求人にして欲しい」事を話しても「そんな求人は、少ないですね」と言われて、大学病院や介護施設の看護師の求人を紹介されて困りました。

    (引用:イーデス調査)

    「希望していた条件と異なる仕事を紹介された」という口コミも見られました。

    担当者によっては、条件をしっかり精査せずに求人紹介する人もいます

    どの転職サイトでも言えることですが、アドバイザーによっては親身に相談に乗ってくれる人もいれば、対応が雑な人もいます。

    もし自分の担当者に対して不信感を感じたら、すぐに担当を変えてもらうのがおすすめです。

    コンサルタントが地域の情報を知らない

    看護師ワーカー(旧:医療ワーカー)の口コミ

    20代/女性(看護師)

    担当アドバイザーが、県外の方でした。
    自宅近くの職場を探してくれるとはいっても通勤時間や混雑状況、細やかな立地把握は出来ていない状況です。
    県内の方であれば話が通じやすかったような…。

    (引用:イーデス調査)

    看護師ワーカー(旧:医療ワーカー)は、全国の求人を扱う転職サイトですが、全国各地に拠点があるわけではありません。

    そのため、地域によっては他県のアドバイザーが担当につくケースも。

    近場の求人を紹介してもらうなら、「○○市内の求人だけ」「○○駅から○○駅まで」など、紹介してもらう求人を制限すると良いでしょう。

    「看護師ワーカー(旧:医療ワーカー)」の良い評判・口コミ

    「看護師ワーカー(旧:医療ワーカー)」の良い評判を紹介します

    条件のよい非公開求人を扱っている

    看護師ワーカー(旧:医療ワーカー)の口コミ

    20代/女性(看護師)

    非公開求人の取り扱いがあったことが大きかったです。
    ハローワークにはない違う求人情報もありました。(中略)
    また、子供がいるので自宅近くがいいのでは?と提案していただき、自宅付近の職場をたくさん探していただきました。

    (引用:イーデス調査)

    「非公開の条件の良い求人が多かった」という口コミです。

    看護師ワーカー(旧:医療ワーカー)は、登録者のみが紹介してもらえる「非公開求人」を多く扱っています

    医療機関が非公開で求人募集をする理由は、以下の通りです。

    求人を非公開にする理由

    • 好条件の求人が多いため、公開すると応募が殺到して採用担当者に負担がかかる
    • 特に管理職の求人などは、人員が不足していることを周囲に知られたくない

    応募する求人の選択肢を増やすためにも、会員登録をして非公開求人をチェックするとよいでしょう。

    登録方法を含めた看護師ワーカー(旧:医療ワーカー)の利用の流れは、看護師ワーカー(旧:医療ワーカー)の登録方法と内定を得るまでの全流れにて解説しているので参考にしてください。

    コンサルタントが親切

    看護師ワーカー(旧:医療ワーカー)の口コミ

    20代/女性(看護師)

    よく話を聞いて私の気持ちと意思に強く共感してくれました。
    前職の管理職から冷たい視線と言葉がつらい時期だったので、真剣に話を聞いてくれたのがとても嬉しかったです。
    また、希望に沿った病院を紹介してくれたのも良かったです。

    (引用:イーデス調査)

    看護師ワーカー(旧:医療ワーカー)の口コミ

    40代/女性(看護師)

    ふつうの会話の中からも、こちらの希望する働き方や仕事内容を汲み取ろうとしてくださっていたように思います。
    おかげで、構え過ぎることなく、転職に関する自分の考えや希望を伝えることができました。
    また、転職後しばらくしてから、仕事のしやすさを電話で聞いてくださったので、やりっぱなしではないところが良かったです。

    (引用:イーデス調査)

    「担当者が丁寧にヒアリングをして希望に合った求人を紹介してくれた」「入職後も連絡をくれた」という口コミも見られました。

    「希望条件と異なる求人を紹介された」という口コミもありましたが、看護師ワーカー(旧:医療ワーカー)には質の高いコンサルタントも多く在籍しています

    当たりはずれがあるのは事実ですが、よい担当者が見つかれば転職活動の支えとなってくれます。

    質の悪い担当者に当たったらすぐに変更してもらうつもりで、賢く利用するとよいでしょう。

    スタッフの対応がスピーディ

    看護師ワーカー(旧:医療ワーカー)の口コミ

    30代/女性(看護師)

    とにかく対応がスピーディー
    メールをすればその日のうちに返ってくるし、看護師ワーカー(旧:医療ワーカー)に登録した際も正月明けにもかかわらずすぐに電話がかかってきた。
    人を紹介することによって会社が儲かるのでその点はどの担当者も必死にやっているのだと思う。

    (引用:イーデス調査)

    「早く転職したい」と思って転職活動をしているのに、求人紹介が遅いと転職活動自体に支障が出てしまいます。

    看護師ワーカー(旧:医療ワーカー)は対応の早さに定評があり、イーデス調査が実施したアンケートには「対応が遅かった」という口コミが1件も上がっていません。(2021年12月現在)

    そのため、看護師ワーカー(旧:医療ワーカー)は、早く転職したいと考える看護師さんにおすすめの転職サイトと言えます。

    条件の良い職場を紹介してもらえる

    看護師ワーカー(旧:医療ワーカー)の口コミ

    30代/女性(看護師)

    看護師ワーカー(旧:医療ワーカー)からの紹介者が多い介護施設を紹介されました。
    パート勤務でもボーナスが支給されますし、教育サポートが充実していたので満足しています。

    (引用:イーデス調査)

    看護師ワーカー(旧:医療ワーカー)の口コミ

    30代/女性(看護師)

    自分の勤務希望場所や、給料、賞与、休み、などの希望を伝えると、何ヵ所か候補をあげてくれました
    全部当てはまらなくても、近い条件でいくつも候補を出してくれたので、気になっている病院の情報収集もできました。

    (引用:イーデス調査)

    「アドバイザーに提案してもらった求人が魅力的だった」という口コミも多く見られました。

    理想に近い求人を見つけやすいことも、転職サイトを利用する大きなメリットです。

    自分だけでも求人探しは出来ますが、苦労して見つけた求人が自分に合っているのか、客観的な判断をするのは難しいです。

    転職サイトでは、転職のプロの目線で、あなたの希望条件や経歴、過去の転職者のデータと照らし合わせた上で、「あなたに合っているのか」を判断しています。

    そのため、あなたの理想に近い求人を見つけやすいのです。

    「どの求人に応募して良いのか分からない」
    「少しでも理想に近い転職先を見つけたい」

    そう考えている方こそ、キャリアアドバイザーからの求人紹介を受けてみてください。

    看護師ワーカー(旧:医療ワーカー)の基本情報

    看護師ワーカー(旧:医療ワーカー)|基本情報

    運営会社株式会社トライトキャリア
    公開求人数約60,000件
    非公開求人数非公開
    対応地域全国
    料金すべて無料

    (最終更新:24年6月時点)

    「看護師ワーカー(旧:医療ワーカー)」がおすすめな看護師とは?

    看護師ワーカー(旧:医療ワーカー)の良い評判・悪い評判を踏まえ、どんな人に看護師ワーカー(旧:医療ワーカー)の利用がおすすめか」をまとめました

    順に確認していきましょう。

    短期で高い給料をもらいたい看護師

    「看護師ワーカー(旧:医療ワーカー)」には、期間限定で高収入を得ながら働ける「応援看護師制度」があります

    高収入を狙えるだけでなく、職場を変えて心機一転で働ける制度となっており、以下のような人におすすめです。

    応援看護師制度の利用がおすすめな人

    • 都会生活の疲れをいやすために、自然あふれる土地で暮らしたい方
    • 期間限定で、都会での暮らしを楽しみたいという方

    希望条件に合わない求人を断れる看護師

    自分の希望に沿っていない求人を紹介されても断れる看護師は、看護師ワーカー(旧:医療ワーカー)の利用に向いています。

    看護師転職サイトは、求職者の転職成功によって企業から報酬を得るので、希望に合わない求人を紹介してくる可能性があります。

    求人を強引にすすめてくる担当者がつくケースもあるため、はっきりと断れる人は転職サイトを有効活用できるでしょう。

    なお、求人を紹介されたとしても、必ず応募しなければいけない決まりはありません。

    また、担当者に対して不信感を感じた場合は変更することも可能です。

    地方で働きたい看護師

    地方に転職したい看護師にも、看護師ワーカー(旧:医療ワーカー)はおすすめの看護師転職サイトです。

    看護師ワーカー(旧:医療ワーカー)は、大阪に本社、東京都に本部を構えているものの、札幌や福岡などにも拠点を構えています。

    そのため、都市部だけではなく地方の求人も多数取り扱っています

    実際に総求人数対し、岩手県・新潟県・福井県など大都市圏ではない複数のエリアの割合が、ほかの求人サイトより高いです。

    地方に住んでいる看護師や地方で働きたい看護師は、看護師ワーカー(旧:医療ワーカー)で求人を見つけやすいでしょう。

    転職サイト別|都道府県別求人数と全体求人数に対する割合の比較

    看護師ワーカー(旧:医療ワーカー)(総求人数63,644件)看護roo!(総求人数188,313件)マイナビ看護師(総求人数65,793件)ナース人材バンク(総求人数30,109件)レバウェル看護(総求人数155,380件)
    北海道

    2,697

    4.23%

    2,860

    1.52%

    2,488

    3.78%

    608

    2.02%

    6,101

    3.93%

    青森県

    574

    0.90%

    318

    0.17%

    259

    0.39%

    141

    0.47%

    1,097

    0.71%

    岩手県

    678

    1.06%

    281

    0.15%

    370

    0.56%

    179

    0.59%

    1,309

    0.84%

    宮城県

    1,376

    2.16%

    1,147

    0.61%

    1,579

    2.40%

    283

    0.94%

    2,665

    1.72%

    秋田県

    434

    0.68%

    152

    0.08%

    278

    0.42%

    99

    0.33%

    982

    0.63%

    山形県

    596

    0.93%

    246

    0.13%

    352

    0.54%

    155

    0.51%

    1,047

    0.67%

    福島県

    764

    1.20%

    873

    0.46%

    785

    1.19%

    249

    0.83%

    2,059

    1.33%

    茨城県

    1,046

    1.64%

    1,409

    0.75%

    1,319

    2.00%

    338

    1.12%

    2,729

    1.76%

    栃木県

    908

    1.42%

    958

    0.51%

    808

    1.23%

    196

    0.65%

    1,564

    1.01%

    群馬県

    788

    1.24%

    1,048

    0.56%

    918

    1.40%

    152

    0.50%

    2,088

    1.34%

    埼玉県

    3,080

    4.83%

    3,506

    1.86%

    5,055

    7.68%

    963

    3.20%

    7,787

    5.01%

    千葉県

    2,160

    3.39%

    2,991

    1.59%

    2,591

    3.94%

    984

    3.27%

    6,511

    4.19%

    東京都

    6,999

    10.98%

    8,213

    4.36%

    7,224

    10.98%

    2,545

    8.45%

    18,014

    11.59%

    神奈川県

    3,851

    6.04%

    4,827

    2.56%

    4,716

    7.17%

    1,539

    5.11%

    11,002

    7.08%

    新潟県

    1,555

    2.44%

    312

    1.66%

    1,350

    2.05%

    247

    0.82%

    2,772

    1.78%

    富山県

    464

    0.73%

    358

    0.19%

    389

    0.59%

    133

    0.44%

    1,201

    0.77%

    石川県

    423

    0.66%

    234

    0.12%

    556

    0.85%

    127

    0.42%

    1,244

    0.80%

    福井県

    476

    0.75%

    182

    0.10%

    282

    0.43%

    111

    0.37%

    834

    0.54%

    山梨県

    295

    0.46%

    136

    0.07%

    177

    0.27%

    89

    0.30%

    809

    0.52%

    長野県

    1,131

    1.77%

    367

    0.19%

    814

    1.24%

    228

    0.76%

    1,948

    1.25%

    岐阜県

    1,064

    1.67%

    867

    0.46%

    1,591

    2.42%

    227

    0.75%

    2,217

    1.43%

    静岡県

    2,001

    3.14%

    1,748

    0.93%

    2,565

    3.90%

    482

    1.60%

    4,263

    2.74%

    愛知県

    4,860

    7.62%

    4,028

    2.14%

    6,922

    10.52%

    1,504

    5.00%

    9,978

    6.42%

    三重県

    811

    1.27%

    705

    1.40%

    1,046

    1.59%

    260

    0.86%

    1,847

    1.19%

    滋賀県

    833

    1.31%

    449

    0.24%

    674

    1.02%

    131

    0.44%

    1,184

    0.76%

    京都府

    1,551

    2.43%

    1,168

    0.62%

    1,776

    2.70%

    413

    1.37%

    2,697

    1.74%

    大阪府

    5,932

    9.30%

    3,655

    1.94%

    4,511

    6.86%

    1,245

    4.13%

    10,798

    6.95%

    兵庫県

    4,265

    6.69%

    2,075

    1.10%

    3,362

    5.11%

    805

    2.67%

    6,732

    4.33%

    奈良県

    851

    1.33%

    604

    0.32%

    540

    0.82%

    166

    0.55%

    1,446

    0.93%

    和歌山県

    449

    0.70%

    230

    0.12%

    152

    0.23%

    123

    0.41%

    1,045

    0.67%

    鳥取県

    237

    0.37%

    69

    0.04%

    147

    0.22%

    57

    0.19%

    879

    0.57%

    島根県

    342

    0.54%

    80

    0.04%

    192

    0.29%

    99

    0.33%

    1,253

    0.81%

    岡山県

    1,331

    2.09%

    1,191

    0.63%

    1,187

    1.80%

    326

    1.08%

    3,643

    2.34%

    広島県

    1,725

    2.71%

    1,350

    0.72%

    1,769

    2.69%

    378

    1.26%

    4,805

    3.09%

    山口県

    636

    1.00%

    431

    0.23%

    591

    0.90%

    156

    0.52%

    2,219

    1.43%

    徳島県

    244

    0.38%

    240

    0.13%

    269

    0.41%

    123

    0.41%

    1,137

    0.73%

    香川県

    445

    0.70%

    580

    0.31%

    571

    0.87%

    137

    0.46%

    1,574

    1.01%

    愛媛県

    451

    0.71%

    688

    0.37%

    915

    1.39%

    158

    0.52%

    2,048

    1.32%

    高知県

    169

    0.27%

    199

    0.11%

    183

    0.28%

    56

    0.19%

    890

    0.57%

    福岡県

    2,263

    3.55%

    2,678

    1.42%

    1,934

    2.94%

    660

    2.19%

    7,830

    5.04%

    佐賀県

    264

    0.41%

    382

    0.20%

    168

    0.26%

    122

    0.41%

    1,186

    0.76%

    長崎県

    330

    0.52%

    652

    0.35%

    336

    0.51%

    150

    0.50%

    1,826

    1.18%

    熊本県

    936

    1.47%

    1,187

    0.63%

    744

    1.13%

    318

    1.06%

    3,147

    2.03%

    大分県

    355

    0.56%

    430

    0.23%

    332

    0.50%

    197

    0.65%

    1,765

    1.14%

    宮崎県

    210

    0.33%

    277

    0.15%

    243

    0.37%

    102

    0.34%

    1,646

    1.06%

    鹿児島県

    576

    0.90%

    1,156

    0.61%

    843

    1.28%

    297

    0.99%

    2,506

    1.61%

    沖縄県

    330

    0.52%

    708

    0.38%

    257

    0.39%

    199

    0.66%

    1,557

    1.00%

    ※2024年6月時点の求人数
    ※各サイトの総求人数には非公開求人数は含まれていません
    ※レバウェル看護の総求人数には派遣の求人数も含まれています
    ※ナース人材バンクの全体求人数は都道府県別求人数の合計から算出しています

    病院以外で働きたい看護師

    病院ではない施設への転職を考えている人にも看護師ワーカー(旧:医療ワーカー)はおすすめです。

    看護師ワーカー(旧:医療ワーカー)には、以下のように病院以外の求人も多数掲載されています。

    施設求人数
    介護関連施設約26,000件
    クリニック約14,000件
    病院約10,000件
    訪問介護約7,000件
    その他約2,300件
    企業約300件

    (※2024年6月時点)

    病院よりも、介護関連施設やクリニックの求人数が多いため、いずれかの施設で働きたい場合は、仕事が見つけやすいでしょう。

    下記のように、看護師ワーカー(旧:医療ワーカー)では介護関連施設とクリニックの求人数が全体の約7割を占めています。

    【他の看護師転職サイトとの比較表】

    施設看護師ワーカー(旧:医療ワーカー)看護roo!レバウェル看護
    介護関連施設

    約26,000件

    (全体の約40%)

    約32,000件

    (全体の約17%)
    ※介護施設

    約31,000件

    (全体の約20%)
    ※介護施設

    クリニック

    約14,000件

    (全体の約22%)

    約17,000件

    (全体の約0.1%)

    約31,000件

    (全体の約20%)

    病院

    約10,000件

    (全体の約16%)

    約14,000件

    (全体の約0.7%)

    約26,000件

    (全体の約17%)

    (※2024年6月時点)
    ※レバウェル看護の求人数は正社員・パートのみ算出|派遣の求人は含まれていません

    コンサルタントと面談したい看護師

    「看護師ワーカー(旧:医療ワーカー)」は、求職者である看護師さんの人柄をよく知るために、対面での面談が基本です。

    利用者一人ひとりに時間をかけ、電話だけでは分からない人柄や各人のアピールポイントを引き出してくれます。

    また、現在は新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、Web面談を実施しているとのこと。

    Webカウンセリング

    Web面談では、転職の相談だけでなく、履歴書添削や模擬面接もしてもらえます。

    キャリアアドバイザーに、細かなアドバイスを受けてから転職先を決めたい方は、看護師ワーカー(旧:医療ワーカー)の利用がおすすめです。

    看護師ワーカー(旧:医療ワーカー)|基本情報

    運営会社株式会社トライトキャリア
    公開求人数約60,000件
    非公開求人数非公開
    対応地域全国
    料金すべて無料

    (最終更新:24年6月時点)

    看護師ワーカー(旧:医療ワーカー)と他の転職サイトを比較

    転職サイトには、それぞれ得意分野や独占案件などがあるため、自分の転職目的に合った転職サイトを選ぶことが大切です。

    以下は、看護師ワーカー(旧:医療ワーカー)と大手看護師転職サイト3社のサービスを比較した結果です。

    看護師向け転職サイトを比較

    サービス名特徴求人数連絡手段の多さキャリア相談対応エリア拠点数
    看護師ワーカー(旧:医療ワーカー)
    公式サイト
    • 期間限定で高収入が得られる「応援看護師」が人気
    • 地方の求人も豊富
    二重丸約4.6万件二重丸電話・メール・LINE丸二重丸全国二重丸東京・大阪・名古屋・福岡など39か所
    看護roo!
    公式サイト
    • 正社員求人が充実
    • 面接対策と条件交渉に定評がある
    二重丸約5.6万件二重丸電話・メール・LINE丸二重丸全国丸東京・大阪・名古屋・神戸の4か所
    レバウェル看護
    (旧:看護のお仕事)

    公式サイト
    • 業界トップクラスの求人数
    • キャリアプランづくりのサポートに定評がある
    二重丸約8.8万件二重丸電話・メール・LINE丸二重丸全国二重丸東京・大阪・名古屋・福岡など11か所
    ナース人材バンク
    公式サイト
    • 看護師登録者数No.1
    • 2005年から運営の老舗の転職サービス
    丸約1.6万件丸電話・メール丸二重丸全国二重丸東京・大阪・神戸・札幌など14か所

    ※最終更新2024年6月時点|求人数は「常勤のみ」の件数です
    ※求人数は3万件以上を◎と表示しています
    ※拠点数は10か所以上を◎と表示しています

    看護師ワーカー(旧:医療ワーカー)は、常勤の求人だけでも約6万件あり、この他にもパート・アルバイト・派遣・応援看護師の求人を保有しています。

    また、全国39カ所に拠点があり直接面談できるため、アドバイザーにキャリア相談をしながら職場を選択しやすいです。

    しかし、複数のサイトに登録しておけばその分多くの仕事を紹介してもらえるので、理想の職場が見つかる可能性がアップするのも事実。

    看護師ワーカー(旧:医療ワーカー)との併用におすすめの転職サイト3社を紹介するので、気になる転職サイトはまとめて登録しておきましょう。

    看護roo!|求人数・サポート共に充実している

    看護roo!
    (引用
    看護roo!

    看護roo!のおすすめポイント

    • 求人が豊富で仕事を比較検討しやすい
    • 地方でも仕事探しが可能
    • アドバイザーのサポートが心強い

    看護roo!は、求人数の多さとアドバイザーのサポートの質に定評のある転職サイトです

    応募手続きの代行や面接日の調整、提出書類の添削や面接練習などさまざまなサポートが受けられます。

    またサイトのコンテンツも充実していて、現役の看護師へ仕事の質問ができる掲示板があります。

    マイナビ看護師の医療情報記事と併せて、転職後も活用できる点も魅力です。

    良い求人を見逃さないためには、マイナビ看護師と併用して、求人紹介だけでも受けておくことをおすすめします。

    看護roo!|基本情報

    運営会社株式会社クイック
    公開求人数

    約56,000件

    非公開求人数非公開
    対応地域全国
    料金すべて無料

    (最終更新:24年6月時点|公開求人数は「常勤のみ」の件数です)

    レバウェル看護 (旧:看護のお仕事)|職場の内部情報が充実

    レバウェル看護 (旧:看護のお仕事)は、正社員から派遣の求人まで幅広く取り扱う看護師転職サイトです。

    レバウェル看護の最大の特徴は、サイトに記載されている病院情報が、他の看護師転職サイトと比べて充実していることです。

    求人情報だけでなく、病院へのインタビューや、実際に病院を訪問したキャリアパートナーからの一言も掲載されています。

    そのため、働く前に病院の事情を知ることができるので、安心して病院に応募可能です。

    求人サイトとしても使える転職サイトなので、自分でも求人情報を探したい方はぜひレバウェル看護も積極的に活用すると良いでしょう。

    レバウェル看護 (旧:看護のお仕事)|基本情報

    運営会社レバレジーズメディカルケア株式会社
    公開求人数約88,000件
    非公開求人数非公開
    対応地域全国
    料金無料

    (最終更新:24年6月時点|公開求人数は「常勤のみ」の件数です)

    ナース人材バンク|運営歴が長く病院との繋がりが強い

    ナース人材バンクの特徴

    • 看護師登録者数No.1※株式会社エス・エム・エス調べ
    • 老舗の看護師転職サイトだからこその安心感
    • 全国幅広く求人を保有

    ナース人材バンクは、年間10万人以上の看護師が利用している「看護師登録者数No.1」の人気転職サイトです。

    2005年から運営されている老舗の転職サイトであり、医療機関との繋がりが強く、非公開求人も含めて全国幅広くの求人を保有しています

    また、各都道府県ごとに担当のキャリアアドバイザーが在籍しており、職場の雰囲気なども詳細に教えてもらえるのが魅力的です。

    実績豊富で求人数も充実しているサービスであるため、看護師の転職には欠かせないサイトの1つと言えます。

    全ての看護師におすすめですが、特に20代や30代のサポートに強みを持っているので、該当する人は優先的に登録しておきましょう。

    ナース人材バンク|基本情報

    運営会社株式会社エス・エム・エス
    公開求人数約16,000件
    非公開求人数非公開
    対応地域全国
    料金無料

    (最終更新:24年6月時点|公開求人数は「常勤のみ」の件数です)

    転職サイトを使うと採用で不利になるってホント?

    転職サイト経由で採用された場合、病院側が転職サイトに紹介料を払わなければならないため「内定が出にくいのでは?」と考える人も多いでしょう。

    結論からお伝えすると、転職サイトを利用したからといって採用で不利になることはありません

    転職サイト経由で看護師を採用する病院は多く、厚生労働省の調査でも、看護師の採用で最も多いのが人材紹介会社(転職サイトなど)経由での採用となっています。

    採用人数計に占める採用経路別の採用者割合

    採用経路採用者割合
    民間職業紹介事業者(転職サイトなど)38.5%
    直接募集21.5%
    公共職業安定所(ハローワーク)15.0%
    縁故(友人・知人の紹介)4.1%
    インターネットやSNSの求人情報サイト掲載2.6%
    ナースセンター2.4%
    その他(求人情報誌、新聞広告など)15.9%

    (参考:医療・介護分野における職業紹介事業 に関するアンケート調査|厚生労働省

    また同調査によると、医療・介護事業所の約80%が看護師採用の際に転職サイトなどの人材紹介会社を利用しています。

    転職サイト経由での看護師採用が多い理由として、看護師専門の転職サイトを介することで、希望するレベルの経験がある看護師を紹介してもらいやすいことが考えられます。

    求職者としても、キャリアアドバイザーから職場の内情を教えてもらった上で応募できるので、ミスマッチを防げるというメリットがあります。

    看護師転職の際には、レバウェル看護などの看護師転職サイトを積極的に活用していきましょう。

    なぜ看護師から選ばれている?看護師ワーカー(旧:医療ワーカー)が人気な理由

    看護師ワーカー(旧:医療ワーカー)が人気な理由

    看護師ワーカー(旧:医療ワーカー)が多くの看護師に利用されていることには、大きく4つの理由があります。

    それぞれ詳しく見ていきましょう。

    理由1.豊富な情報の中から適切な求人を紹介してくれる

    看護師ワーカー(旧:医療ワーカー)では、豊富な求人から、アドバイザーが求職者一人ひとりにぴったりの求人を紹介してくれます

    求職者に寄り添った対応ができる要因として考えられるのが、「完全担当制」システムです。

    人材業界では、求職者担当と法人担当が分かれているのが一般的ですが、看護師ワーカー(旧:医療ワーカー)では一人のキャリアアドバイザーが求職者と法人の双方を担当し、一元管理しています。

    これにより、的確なマッチングが可能となり、求職者の希望に合う求人紹介につながっています。

    また、今後のキャリアプランや希望条件などが定まっていなくても、アドバイザーが的確なアドバイスをしてくれるので安心です。

    現職に不満を抱いているなら、まずは現在の悩みを相談してみるとよいでしょう。

    理由2.面接対策&面接同行をしてくれる

    看護師ワーカー(旧:医療ワーカー)では面接対策に加えて面接の同行もしてくれます。

    面接の同行では、緊張して思うようにアピールできないという際にアドバイザーがフォローしてくれます。

    また、条件交渉も代わりに行なってくれるため、切り出しづらい年収交渉などもスムーズに進めることが可能です。

    理由3.非公開求人が多い

    看護師ワーカー(旧:医療ワーカー)では、病院や施設のサイト、ハローワークには公開されていない非公開求人も多数扱っています。

    病院や施設が求人を非公開にする理由としてよくあるのが、以下のような事です。

    病院や施設が求人を非公開にする理由

    • 人気がある求人の応募殺到を防ぎたいから
    • 選考に時間をかけられない急募案件だから
    • 現職の看護師に求人条件を知られたくないから

    非公開求人は医療施設の採用担当者から直接依頼を受けて募集を行うため、一般公開されている求人よりも条件が良いものもあります。

    看護師ワーカー(旧:医療ワーカー)に登録すれば、メールや電話で個別に求人を紹介してもらえるので、より良い求人にも出会いやすくなります。

    「非公開求人を見てみたいけど、まだ登録はしたくない」という方は、看護師ワーカー(旧:医療ワーカー)のメルマガにのみ登録するのも手です。

    メルマガ登録フォーム」から登録可能であり、好条件の非公開求人情報をはじめ、新着の求人情報をメールでチェックできるようになります。

    理由4.最短1ヶ月で転職できる

    看護師ワーカー(旧:医療ワーカー)は最短1ヶ月で転職を成功させている実績があります。

    転職するとなると、情報収集、応募、面接、内定獲得・各社比較など、やることが多いため1ヶ月で転職するのは難しいです。

    しかし、看護師ワーカー(旧:医療ワーカー)では希望を伝えれば求人を探して紹介してもらえますし、面接対策や面接の同行もしてもらえます。

    働きながらの転職でも、アドバイザーが求職者のスケジュールを管理しながら進めてくれるので計画的に転職活動を進めることが可能です。

    このような理由から、できるだけ早く転職したいという人に看護師ワーカー(旧:医療ワーカー)は選ばれています。

    登録前に知っておきたい!看護師ワーカー(旧:医療ワーカー)の全注意点

    看護師ワーカー(旧:医療ワーカー)を使う前に

    前章では、看護師ワーカー(旧:医療ワーカー)が人気な理由を解説してきました。

    看護師ワーカー(旧:医療ワーカー)はおすすめの転職サイトですが、利用前に知っておくべき注意点もあります

    事前に問題点を認識した上で、サービスを利用するようにしてください。

    注意点1.募集が終了した求人も掲載されていることがある

    看護師ワーカー(旧:医療ワーカー)には、募集が終了した求人も掲載されていることがあります。

    原因としては、内定者が出た直後で、サイト上から求人が削除できていないことが考えられます

    このような事態は、看護師ワーカー(旧:医療ワーカー)に限らず他の転職サイトでも起きていることです。

    あまりにも同様のことが続いた場合は、担当者に相談したり、他のサイトを使ったりしましょう。

    注意点2.コンサルタントと合わないと感じたらすぐに変更してもらう

    もし看護師ワーカー(旧:医療ワーカー)のアドバイザーと合わないと感じたら、すぐに担当を変更してもらいましょう。

    他の転職サイトでも同様ですが、担当アドバイザーも「人」なので利用者との相性があります

    担当者に不満がある場合は、素直に気持ちを伝えてアドバイザーを変更してもらうことをおすすめします。

    それでも改善されなかったり、あまりにも不快に感じたりしたら、別の転職サイトを利用するようにしましょう。

    看護師ワーカー(旧:医療ワーカー)の登録・ログイン方法と内定を得るまでの全流れ

    ここでは、看護師ワーカー(旧:医療ワーカー)利用の流れを、5つのSTEPに分けて説明していきます。

    いずれも難しいことはありません。

    不明点があっても、担当のキャリアアドバイザーが丁寧に教えてくれるので安心してください。

    では、順番に確認していきましょう。

    ステップ1.会員登録・ログインをする

    まずは、公式サイトの登録フォームに必要な項目を入力します。

    登録フォーム:1ページ目

    • 保有資格:正看護師・准看護師・助産師・保健師・資格取得見込みから選択
    • 希望勤務形態:常勤(夜勤あり)・常勤(日勤のみ)・常勤(夜勤のみ)・期間限定契約(応援看護師)・非常勤(パート)・夜勤バイト・派遣から選択
    • 入職希望時期

    次に、以下の項目を入力します。

    登録フォーム:2ページ目

    • 名前
    • 生年月日
    • メールアドレス(任意)

    メールでの連絡を希望する方は、メールアドレスも入力しておきましょう。

    登録フォーム:3ページ目

    • 郵便番号(任意)
    • 住所
    • 電話番号

    以上の情報を入力すれば、「看護師ワーカー(旧:医療ワーカー)」への登録は完了です。

    任意となりますが、登録完了後にあなたの看護師歴や悩みなどについて簡単なアンケートに答えると、その後のヒアリングや求人紹介がスムーズに行われます。

    看護師ワーカー(旧:医療ワーカー) アンケート

    電話での登録を希望する方は

    フリーダイヤルに電話をして、登録したい旨を伝えましょう。

    0120-704-557(平日:9:00~21:30、土・祝:9:00~19:00)

    看護師ワーカー(旧:医療ワーカー)で保健師の転職を考えている人は…

    保健師への転職を考えている方は、「保健師への方におすすめの転職サイト」を利用した方が納得のいく転職ができるでしょう。

    以下の記事で保健師への転職におすすめの転職サイトを紹介しているので、ぜひ確認してください。

    ステップ2.面談する

    登録をしたら、アドバイザーから連絡が来ます。

    まずは、現在の職場で抱えている悩みなどから相談してみましょう。

    転職に対する希望条件が明確な方は、希望の勤務地や勤務時間、希望収入など、あなたの希望条件をできるだけ具体的に伝えてみてください

    ステップ3.求人紹介

    ヒアリングの内容を元に、担当アドバイザーが希望条件に合った求人を紹介してくれます

    看護師ワーカー(旧:医療ワーカー)が独自に取り扱う非公開求人から紹介してもらえることも多いです。

    キャリアアドバイザーは病院の内部事情にも詳しいので、疑問に思うことがあれば質問してみてください。

    ステップ4.応募・面接

    気に入った求人が見つかれば、すぐに応募しましょう。

    履歴書の作成や面接対策は、経験豊富なキャリアアドバイザーがしっかりとサポートしてくれます

    面接の日程調整などもしてくれるので、働きながらでも時間をかけずに面接の準備ができます。

    ステップ5.内定

    採用の合否は、担当のキャリアアドバイザーから連絡があります。

    採用条件に納得できない場合は、自分では応募先に伝えにくいような内容でも、キャリアアドバイザーが代わりに条件交渉してくれます

    キャリアアドバイザーは給与アップの交渉も得意なので、「給与の交渉をするのは苦手…」という方は、ぜひ看護師ワーカー(旧:医療ワーカー)を活用してください。

    口コミから分析!看護師ワーカー(旧:医療ワーカー)で転職を成功させるポイント

    看護師ワーカー(旧:医療ワーカー)を活用するコツ

    せっかく看護師ワーカー(旧:医療ワーカー)を利用するならば、最大限活用して転職成功につなげましょう

    ここからは、看護師ワーカー(旧:医療ワーカー)を効果的に活用するポイントを6つ紹介していきます。

    どれも大切なポイントなので、転職を成功させるためにしっかり確認しておきましょう。

    ポイント1.良い転職先があればすぐ転職すると伝える

    すぐに転職する予定がなくても、担当者には「希望の転職先が見つかればすぐに転職したい」という意思を伝えておきましょう。

    なぜなら、転職する気がないと担当者に思われてしまうと、求人の紹介が他の転職者より後回しになってしまうからです。

    もちろん、すぐに転職する気がなくても看護師ワーカー(旧:医療ワーカー)に登録すること自体は問題ありません。

    それでも、担当者から「情報収集のためだけに登録した人」と思われないようにすることは大事です。

    ポイント2.担当コンサルタントとこまめに連絡をとる

    担当者にはこまめに連絡を入れて、積極的に転職活動をしている意思を見せましょう。

    担当者に連絡を入れてないと「転職する気がないのかな?」と思われてしまい、求人紹介を後回しにされてしまいます

    仕事が忙しくて連絡が取れない場合でも、せめて1週間に1回は連絡を入れるようにしましょう。

    ポイント3.推薦書を自分でもチェックする

    求人に応募する際に、担当者は企業に向けて「推薦書」を書いてくれます。

    第三者からの推薦となるので、推薦書を見た企業は、あなたに対して良い印象を抱いてくれるでしょう。

    しかし、推薦書を雑に作成する担当者もいます。

    例えば、経歴がそのまま写されただけだったり、誰にでも使い回しできる薄い内容を書かれてしまうことがあるのです

    そのため、推薦書を出してもらう際は「面接時に推薦書の内容とズレがないようにしたい」と伝えて、内容を確認させてもらいましょう。

    ポイント4.質の悪い担当スタッフはすぐに変更する

    もし「この担当者ダメそう…」と思う人に当たってしまったら、早めに変更を申し出てください

    希望条件に合わない企業を紹介されるなど、あなたの転職活動に悪影響がでる恐れがあります。

    「質の悪い担当者って具体的にどんな人?」と疑問に思う場合は、以下の特徴に当てはまらないかチェックしてみてください。

    質の悪い担当者の特徴

    • 連絡が遅く、転職活動がスムーズに進められない
    • あなたの今後のキャリアを考えず、内定しやすい企業ばかり紹介してくる
    • 求人の懸念点を聞いてもうまく答えられない
    • 「他にも求人を紹介してほしい」という要望に応えてくれない
    • 年収交渉などをしてくれない

    もしこのような担当者に当たってしまったら、すぐに担当者変更の依頼をしましょう。

    ポイント5.面接日程を近づけすぎない

    1週間に何回も面接を入れるなど、複数の面接日程を近づけすぎるのはやめましょう。

    面接の日程が近すぎると、余裕を持って企業分析を行えません

    さらに、キャリアアドバイザーとの面接対策の時間も取れなくなるので、一つひとつの面接が疎かになってしまいます。

    対策が不十分で企業にうまくアピールできず、全ての面接で「うまくいかない…」といったことにもなり兼ねません。

    企業分析の自信がある人なら問題ありませんが、そうでなければ、面接は多くて1週間に2回程度に抑えておくのがおすすめです。

    ポイント6.他の転職サイトも併用しよう!料金は完全無料

    記事内でも述べていますが、転職サイトは複数併用してください。

    転職サイトを複数使うことで、失敗のリスクを大きく減らせます。

    転職サイトを併用するメリット

    • 多くの求人数の中から希望の求人を探すことができる
    • 各転職サイトの独占案件もチェックできる
    • 複数の担当者からのアドバイスを受けられる(質の悪い担当者を見分けられる)

    「そんなに登録したら管理しきれない」と思うかもしれませんが、2〜3社程度ならそこまで負担になりません。

    それに、合わない転職サイトはすぐに退会して大丈夫です。

    転職サイトは何社利用しても料金はかからないので、使えるものは全て使い、失敗のリスクを1%でも減らしましょう。

    転職が成功した後は、今後のサポートが不要である旨を各サイトへ連絡するか退会することで、求人の紹介連絡をストップできます。

    ただ、転職サイトからダイレクトメールが届く可能性はあるでしょう。

    個人情報の完全削除を希望する場合、退会手続きを済ませるだけでなく、各サイトの個人情報取り扱い窓口へも一方を入れておきましょう。

    看護師ワーカー(旧:医療ワーカー)の場合、下記のページ内で個人情報の取り扱いや担当窓口について紹介されています。

    看護師ワーカー(旧:医療ワーカー)の個人情報取り扱い窓口掲載先

      看護師ワーカー(旧:医療ワーカー)に関するよくある疑問

      最後に、看護師ワーカー(旧:医療ワーカー)利用前に気になる疑問点をまとめました。

      転職活動を迷いなく進めるためにも、疑問点は全て解消しておいてください。

      Q1.紹介料などの費用はかかる?なぜ無料?成功報酬は?ノルマは?

      看護師ワーカー(旧:医療ワーカー)は厚生労働省から許可を受けて人材サービス業を行っており、病院や施設に求職者を紹介することで、人材紹介手数料を受け取る仕組みです

      看護師転職サイトの仕組み

      そのため、サイト利用者は料金を払う必要がありません。

      厚生労働省でも、求職者側から手数料を受け取ってはいけないとしています。(参考:職業安定法第32条の3第2項|厚生労働省

      また転職サイトに登録して転職が決まったら、登録した転職サイトに成功報酬が病院や施設から支払われますが、その成功報酬やコンサルタントのノルマに関する金額は非公開となっています。

      Q2.ハローワークや求人情報誌との違いは何?

      看護師ワーカー(旧:医療ワーカー)は看護師求人に特化した転職サイトなので、ハローワークや求人情報誌には載っていない非公開求人も数多く保有しています。

      そのほか、看護師転職に特化したコンサルタントから転職サポートを受けられることも、看護師ワーカー(旧:医療ワーカー)を利用するメリットです。

      Q3.看護師ワーカー(旧:医療ワーカー)は登録解除しても再登録できる?

      看護師ワーカー(旧:医療ワーカー)は再登録可能です。

      再登録したい場合は、通常の会員登録と同じ手順で、もう一度登録を進めてください。

      Q4.看護師ワーカー(旧:医療ワーカー)は登録・ログインを断られることがある?

      看護師ワーカー(旧:医療ワーカー)は、会員登録を断られることはありません

      Twitterや口コミサイトで調査しても、登録を断られたという書き込みは見られませんでした。

      ただし、他の転職サイトでは、以下などの理由で登録を断られる人もいます。

      他の転職サイトで多い「登録を断られる理由」

      • 転職回数が多すぎる
      • 正社員経験が無い
      • サービスの拠点から離れている

      看護師ワーカー(旧:医療ワーカー)なら上記のような理由で断られることがないため、安心して利用できるでしょう。

      Q5.看護師ワーカー(旧:医療ワーカー)に登録・ログインしてないけど、求人を見られる?

      看護師ワーカー(旧:医療ワーカー)では、登録前でも公開されている求人を見られます

      地域や職種、施設形態などを絞り込んで求人検索ができます。

      看護師ワーカー(旧:医療ワーカー) 求人検索

      登録する前に、どんな求人があるか確認したい人は、「看護師ワーカー(旧:医療ワーカー)|公開求人を探す」を利用するとよいでしょう。

      Q6.単発やバイト・派遣の求人はある?

      看護師ワーカー(旧:医療ワーカー)には、単発やバイトの求人があります

      パート・アルバイトの求人情報ページもあり、時給1,800円以上の好条件の求人も紹介されています。

      看護師ワーカー(旧:医療ワーカー) パート・アルバイト

      健診や旅行便乗など単発の仕事もあるので、あなたのライフスタイルに合わせた求人を幅広く探すことができるでしょう。

      Q7.看護師ワーカー(旧:医療ワーカー)は転職のお祝い金をもらえる?

      看護師ワーカー(旧:医療ワーカー)はお祝い金の制度がありません

      なお、2021年4月より「就職お祝い金」などの名目で求職者に金銭等を提供して、求職の申し込みの勧奨を行うことが禁止になったため、他の看護師転職サイトも含めて「お祝い金制度」は全て終了しました。

      「お祝い金」その他これに類する名目で、求職者に社会通念上相当と認められる程度を超えて金銭などを提供することで求職の申し込みの勧奨を行ってはいけません。

      引用元
      職業紹介事業者の皆さまへ|厚生労働省

      Q8.看護師ワーカー(旧:医療ワーカー)の問い合わせ先・電話番号は?

      看護師ワーカー(旧:医療ワーカー)へメールでお問い合わせをしたい場合、「お問い合わせフォーム」から連絡可能です。

      電話を希望する場合、番号はフリーダイヤル0120-704-557(平日:9:00~21:30、土・祝:9:00~19:00)です。

      看護師ワーカー(旧:医療ワーカー) 電話番号

      「サポートの詳細を知りたい」「疑問が出てきた」という方は、電話で問い合わせるとスピーディーに疑問を解消できます。

      また、利用登録も電話で対応しています。

      「転職サポートを受けたいけど、Webで入力は苦手」という方もストレスなく利用をスタートできるでしょう。

      Q9.看護師ワーカー(旧:医療ワーカー)の営業時間は?ホームページはある?

      看護師ワーカー(旧:医療ワーカー)の営業時間は、公式ホームページに掲載されている電話受付時間を参考にしてください。

      記載されている情報を見ると、電話受付時間(営業時間)は、平日を9:00〜21:30で、土日祝日は9:00〜19:00です。

      また、看護師ワーカー(旧:医療ワーカー)のホームページはこちらです。

      Q10.内定辞退の連絡は代わりにしてくれる?

      看護師ワーカー(旧:医療ワーカー)はあなたに代わって内定辞退の連絡を応募先にしてくれます。

      内定辞退の連絡は自らしにくいものがありますが、看護師ワーカー(旧:医療ワーカー)に登録することで、代わりに連絡してくれるので、気を遣わずに内定辞退することが可能です。

      Q11.LINEのアカウントはある?

      看護師ワーカー(旧:医療ワーカー)にLINEのアカウントは存在します。

      登録することで優良求人を紹介してくれる可能性があるので、登録しておいて損はないでしょう。

      Q12.厚生労働省から許認可を受けている?

      看護師ワーカー(旧:医療ワーカー)はもちろん、厚生労働省認可の人材サービスであり、医療機関の求人が数多く掲載されています。

      2019年の厚生労働省による各医療機関への調査によると、看護師・准看護師を採用すると答えた機関は約8割にのぼります。

      転職活動を有利に展開するには、「数多くの求人情報を集めること」「複数のアドバイザーから多角的に指導してもらうこと」が大切です。

      昔から存在する職業紹介所であるハローワークやナースセンターの利用もよいですが、看護師ワーカー(旧:医療ワーカー)などの民間の職業初回事業所も併用することで、より有利に転職活動が展開できると考えらえrます。

      まとめ|看護師ワーカー(旧:医療ワーカー)の口コミと評判

      「看護師ワーカー(旧:医療ワーカー)」は、豊富な求人を扱っている看護師のための転職サイトです

      徹底調査の結果、看護師ワーカー(旧:医療ワーカー)の利用をおすすめしたいのは以下の3つのタイプの方々です。

      看護師ワーカー(旧:医療ワーカー)の利用が向いているのは?

      • 豊富な求人の中から転職先を探したい方
      • 短期で高収入を目指したい方
      • キャリアアドバイザーと対面やWeb面談で相談したい方

      ただし、看護師ワーカー(旧:医療ワーカー)だけで転職活動を行うよりも、他の転職サイトを合わせて利用した方が希望の求人が見つかりやすくなります。

      看護師ワーカー(旧:医療ワーカー)との併用をおすすめする転職サイトは、以下の3つです。

      【おすすめ看護師転職サイト3選】

      転職サイト公開求人数対応エリア
      看護roo!約5.6万件全国
      レバウェル看護
      (旧:看護のお仕事)
      約8.8万件全国
      ナース人材バンク約1.6万件全国
      (最終更新
      2024年6月|求人数は「常勤のみ」の件数です)

      【都道府県別】おすすめ看護師転職サイト

      エリア都道府県
      北海道・東北エリア
      北海道(札幌)青森秋田山形岩手宮城福島
      関東エリア
      東京神奈川埼玉千葉栃木茨城群馬
      中部エリア
      愛知岐阜静岡三重新潟山梨長野石川富山福井
      関西エリア
      大阪京都滋賀兵庫奈良和歌山
      中国・四国エリア
      岡山広島鳥取島根山口香川徳島愛媛高知
      九州・沖縄エリア
      福岡佐賀長崎熊本大分宮崎鹿児島沖縄

      ぜひ、複数の転職サイトを併用して、自分に合った求人を探してください。

      医療ワーカーの関連記事

      • Facebook
      • x
      • LINE