全員が経営視点に立って考える価値創出をするデザイン組織へ

エイチームライフスタイル クリエイティブ戦略部
Webデザイナー
M.S.

2015年11月 中途入社

事業や職能の壁を超え、連携を図る
チームの成果を最大限に発揮

エイチームでの仕事の様子を聞かせてください

クリエイティブ戦略部のマネージャーとして、主に自動車事業部に携わるチームメンバーのマネジメントをしています。さらに、チームや事業が抱える問題発見と解決、チームの成果を最大限に発揮できるようにサポートをしています。

クリエイティブ戦略部は、複数の事業部を横断するデザイナー組織です。チームを組んで事業部の中で仕事をするため、エンジニアやマーケター、企画営業など他職種とのコミュニケーション力が求められます。各チームが携わる事業に寄り添いながらも、デザイナー同士の横串の連携を図り、ノウハウや成功事例の共有などを行うことで、スキルの底上げや効率化を目指しています。

エイチームではチームを組むことで高いパフォーマンスを発揮できます。「お互いを認め合う」という文化が浸透しているからこそ実現できるものだと思っています。市場シェアが高く規模の大きいプロダクトに関わることができることも魅力のひとつです。

経営理念達成に向け
新しい「価値」を生み出していきたい

次に目指すべき姿・理想とする働き方は?

経営理念を達成するために、一人ひとりが経営視点に立ち自ら「プロクオリティを問う」ことを意識して行動をする。お互いの特性を活かして「背中を託し合う」こと、そして目標に対して「最高を超え続ける」ことが、経営理念達成において不可欠だと考えています。この考え方が一人ひとりの行動の起源となるように導くことが私のミッションでもあります。

最後に、デザインは重要な経営資源の一つであるということを伝え続けていきたいです。専門スキルは目的を達成するための手段の一つであり、手段の選択肢を増やせることが重要だと考えます。常にゼロベースで考え続けることで選択肢が増え、可能性は無限大に広がります。様々な手段を武器に、必要なプロセスをきちんと踏むことによって、成果という形での最大限のアウトプットへ繋げ、他にはない事業やサービスの新しい「価値」を生み出していきたいと思っています。

全員が経営視点を持つ組織で
それぞれのプロクオリティを問う

エイチームに入社して気づいたこと・感じたことは?

入社して感じたことは、経営理念が社員一人ひとりに浸透しており、意思決定や行動が理念に基づいていること。ボトムアップが強く主体性を大切にしながら働くことができます。日々あらゆる場面で改善や提案の意見が飛び交い、誰でもリーダーシップを発揮できる環境です。様々な分野における高い専門性を有したスペシャリストもいるため、学びと成長の機会がたくさんあります。

エイチームでは経営陣だけでなく、社員全員が経営視点を持った上で自分の携わるサービスやプロダクトを考えています。そのため、みんなで目指す方向にブレは生じません。確度の高い意見がぶつかり合い、あらゆる状況で生産性の高い議論が起こります。

デザイナーがプロダクトの企画から運営まで一貫して携わることができるため、目に見える成果物だけではなく、UX設計や事業フェーズに合わせたクオリティの質、スピードが求められます。インハウスデザイナーとして提供できる価値は何か、プロフェッショナルとしての思考・行動を常に自ら問いかけ、より質の高いアウトプットの実現を目指しています。