コラム

2019/04/23

【休暇制度】「A-LOHAS(長期休暇取得制度)」の過ごし方をエイチーム社員に聞いてみた

【休暇制度】「A-LOHAS(長期休暇取得制度)」の過ごし方をエイチーム社員に聞いてみた

エイチームは社員が心身ともに健康で長く楽しく働ける職場環境づくりに力を入れています。今回は、エイチームグループの休暇制度である「A-LOHAS(エーロハス)」についてご紹介します。さらに、エイチーム社員に、「A-LOHAS」の過ごし方について聞いてみました。

「A-LOHAS(連続5営業日の長期休暇取得制度)」とは

「A-LOHAS」は、エイチーム社員のみなさんが長期休暇を取りやすい環境を作ることを目的とした休暇制度です。年次有給休暇を消費し、連続5営業日の長期休暇(土日祝日などをはさむことも可)を必ず取得できる制度です。

「A-LOHAS」導入の目的

「有給休暇を取得するのは申し訳ない」「まだ新人だから取りづらい」など、周囲に遠慮することなく全員が休暇の取得を可能にすることで、業務を離れてリフレッシュし、オン・オフのメリハリをつけて働いてほしいという想いが込められています。

エイチーム社員の休暇の過ごし方を一挙公開!

「A-LOHAS」を活用し、海外旅行や遠方への帰省、資格の取得、家族や大切な人との時間を過ごすなど、有意義に過ごしてもらっています。社員68名に「A-LOHAS」の過ごし方のアンケートを実施。中でもユニークな過ごし方をしている7名をご紹介します。

海外旅行編:ゲームの舞台のような街並みに感動!海外1人旅

スコットランド首都「エディンバラ」の観光名所「アーサーズ・シート」

「A-LOHAS」は海外旅行に行くことが多いと語るのは、エンターテインメント事業でグラフィックデザイナーとして働くH.A.さん。2018年は、スコットランドの首都エディンバラや大都市グラスゴー、イギリスで最も自然が美しいと言われる湖水地方、フィンランドやエストニア(タリン)など北欧の国へ行きました。まるで映画やゲームの舞台のような歴史ある街並みに感動したそうです。海外旅行では、世界的に有名な歴史的建造物や美術館が多数あるため、デザイナーとしても非常に有意義な経験だったと語っていました。

趣味編:家族と一緒に全国各地の桜の名所めぐり!

全国各地の桜の名所をめぐりました

写真撮影が趣味で、その技術はプロ顔負けとエイチーム内でも名高いインフラ・サーバエンジニアとして働くY.S.さん。「A-LOHAS」は、家族と過ごすことが多いそうです。昨年は、桜の開花時期に合わせて、1週間かけて全国各地の桜の名所をめぐりました。Y.S.さんが撮影した桜の写真は惚れ惚れするほど美しいです。

海外帰省編:海外帰省をする外国人社員!家族との時間を大切に

家族と一緒にイギリスに帰省

母国イギリスから離れ、エンターテインメント事業のグローバルビジネスグループで働くM.K.さん。「A-LOHAS」は家族と一緒にイギリスへ帰国するそうです。グローバル展開に力を入れるエイチームでは、多くのグローバルスタッフが活躍しています。日本から遠く離れた海外に故郷がある社員にとって、帰省は一苦労。お盆やGWなどの大型連休を外して休暇を取得できるため、渡航費や宿泊費が抑えられ、経済的負担少なく帰省することができるのも魅力のようです。

資格取得編:沖縄でダイビングのライセンスを取得

コバルトブルーが美しい沖縄の海。ライセンス取得に挑戦

エイチームは20~30代の若手社員が多く、プライベートでも仲がよいです。エイチーム引越し侍に所属する同期入社の社員たちは、沖縄で「アドバンスオープンウォーター」と呼ばれる水深30メートルまで潜れるダイビングのライセンス資格を取得したそうです。今では国内外のダイビングスポットをめぐり、次の「A-LOHAS」はニューカレドニアか、石垣島でマンタと一緒に泳ぎたいと話していました。

世界大会編:ルービックキューブの世界大会に日本代表として出場

「A-LOHAS」を利用して世界各国の大会に出場。試合後は観光を楽しむんだそうです

エンターテインメント事業のゲームプログラマS.A.さんは、なんとルービックキューブ世界3位の実力の持ち主。エイチームに入社してからは、ニューヨーク(アメリカ)、サンパウロ(ブラジル)、プラハ(チェコ)、パリ(フランス)、チュニジア(アフリカ)、メルボルン(オーストラリア)で世界大会に出場。入賞を目指し戦うだけでなく、現地でさまざまな国の人と交流したり、観光をするなどして、新しい感動を覚えるなど、海外での休暇を楽しんでいると語っていました。

ゲーム編:「A-LOHAS」中、ぶっ通しでボードゲーム三昧!

ボードゲームをたくさん所有。こちらはそのコレクションの一部

「ゲームをしている時が一番幸せ」と熱く語るのはエンターテインメント事業でゲームプランナーとして働くM.Sさん。「A-LOHAS」中には、全国から友人たちが集まり、泊り込みでボードゲームを楽しむんだそうです。さまざまなゲームの中でも、特にボードゲームは友人たちと交流を深めながら楽しむことができる最高のコミュニケーションツールだとのこと。また、いろいろなゲームに触れることが、仕事にも活かせているそうです。

勉強編:大学院の修士号取得に向けて研究を頑張る

今年は最終学年 気合を入れて修士論文の作成に時間を当てる予定

「引越し侍」を運営するエイチーム引越し侍マーケティング部のマネージャーのM.M.さん。彼女はビジネスパーソンとしてのスキルアップのため、数年前から仕事と学業を両立しながら、大学院の修士課程で経営学(会計)を専攻しているそう。今年度は最終学年のため、気合をいれて修士論文の制作に取り組む予定だそうです。

「家族との時間」「自宅でゆっくり休む」といった声が多かった

旅行や故郷へ帰省する社員の他に、「A-LOHAS」の過ごし方として多かった回答は、家族との時間を大切にしたり、自宅でゆっくり休んで過ごす、といったものでした。大掃除や引越し、新生活の準備をするといった活用も。プログラミングやデザインの勉強、資格取得に向けた勉強など、自身のスキルアップに努める社員もいます。「A-LOHAS」の過ごし方は社員によってさまざまです。

「A-LOHAS」によって、働き方は変わった?社員の声を集めました

心身ともにリフレッシュができ、お休み明けにスタートダッシュを切ることができた。仕事に対してさらに集中して取り組むことができる。

同僚と一緒に旅行に行ったことで仲が深まり、業務での連携や業務外での付き合いもより多くなったように思います。

1週間の休みがあるので、普段のお休みではいけない場所に出かけたり、趣味に没頭する時間が長く取ることができた。さまざまな体験や発見に触れることで、新しい価値観や物の見方をインプットし、仕事でのアウトプットを増やすことができると感じている。

年度の変わり目に、子どもの進級で学級と先生が変わりました。不安定になる時期にサポートができ、安定して通えるようになりました。子どもが安定して通えたので、仕事にも集中できるようになりました。

「A-LOHAS」中のメンバーへの引継ぎのために、業務のマニュアル化や業務効率を意識するようになった。期初に取得時期をチーム内で確認するなどの事前準備をしているため、安心して休暇を楽しむことができています。

エイチームでは、「A-LOHAS」などの休暇制度を通じ、社員が安心して長く働ける職場環境を目指してまいります。

このエントリーをはてなブックマークに追加