コラム

2022/01/06

【内定者インタビュー】誰かに感謝され、必要とされる存在に。エイチームに入社して実現したい夢。

【内定者インタビュー】誰かに感謝され、必要とされる存在に。エイチームに入社して実現したい夢。

今回は、ビジネスプロフェッショナル職で入社予定の2022年度の内定者のC.K.さんにインタビューしました。エイチームを志望した理由から、現在取り組んでいること、仕事や人生における目標に至るまで、過去・現在・未来にわたるお話を語っていただきました。

2022年卒 ビジネスプロフェッショナル内定者 C.K.さん

大阪府出身。神戸市外国語大学 外国語学部 第二部英米学科に在籍中。大学ではアメリカ文化などを学ぶ。1年間、オーストラリアに留学。留学中に、日本でアルバイト経験があった大手カフェチェーンでのアルバイトを経験。チームで働ける会社、のびのびと働ける会社を志望する中でエイチームと出会う。現在は、エイチームフィナジーに内定者アルバイトとして勤務している。

就職活動をする中で定まっていった軸

アメリカ文化、バスケットボール、海外留学

大学のゼミでは、1940〜1960年代のアメリカ文化「ビートジェネレーション」を中心にアメリカ社会を学んできました。勉強以外ではバスケットボールに熱中。そんな大学生活の中で、自分に最も影響を与えたと言えるのがオーストラリアへの留学です。ワインやコーヒーなど様々な文化に触れながら、自分の「好き」を仕事にできるといいなという想いが湧いてきました。現在、エイチームフィナジーで内定者アルバイトをしながら、コーヒーの世界を追究しようと個人の方が経営するカフェでもアルバイトをしています。

大切にしていた就活の軸

就職活動でも、自分の「好き」を仕事にできる会社をあたっていました。でも、就活を進めていく中で軸が定まっていき、最終的には働く環境や、自分がのびのび働ける会社であることを重視するようになりました。その他、バスケットボールの経験からチームで目標に向かって取り組む喜びを実感していたので、チームで働ける会社であることも大事な軸の一つでした。また、社歴の浅いうちから裁量権を持って働ける会社に入社したいとも思っていました。

社員と会話を重ね、エイチームの魅力を実感

オンラインでの会話でエイチームへ湧いた興味

逆求人型のアプリを通して連絡をいただいたのが、エイチームと出会ったきっかけです。その後、オンラインで何度が話をさせていただく機会がありました。会話の内容は、いわゆる会社概要の説明などではなく、私の就活についての悩みを聞いていただいたり、エントリーシート(ES)を添削いただいたり、エイチームの方にはそれまでのキャリアを教えていただいたりなど、お互いに個人として接するような時間でした。とても親切で温かったので、「こんな人たちがいる会社ってどんな会社なんだろう」と興味を持つようになったんです。

経営理念の浸透度を確認するための質問

エイチームの経営理念にも共感できました。「みんなで幸せになれる会社にすること」「今から100年続く会社にすること」を掲げていたところに魅かれました。「みんなで幸せ」を今から永続的に「100年」も続かせるためには、みんなが主体的に取り組み続けなければならない、といったお話を聞いて「なるほど」と納得したんです。私が就活の中で実践しよう決めていたのが、その会社が理念を体現できているかどうか確認すること。エイチームの選考過程でも「理念に『幸せ』とありますが、誰を『幸せ』にしたいとお考えですか」という質問をぶつけました。

チームで働ける会社であることを実感

複数の方に質問したんですが、自分よりも周りの人を幸せにしたいと主張する方ばかりでした。貢献欲が強い会社であることを感じましたし、ちゃんと経営理念を体現していることも理解できました。「家族」と答えた方もいましたが、「一緒に働く仲間」「同じチームの仲間」と答えた方が多かったです。「仲間がのびのびと働ける環境をつくりたい」というお話もあって、ここならチームで働くことができると実感しました。

風通しのよさと「三方よし」のサービス展開

リクルーターの方との面談も印象に残っています。新卒入社2年目のエイチームブライズの方でしたが、イベントの運営やプロモーションをご自身で経験されたという話を伺ったんです。社歴の浅いうちから様々なことにチャレンジしたいと思っていたので「こんな環境で働きたい!」と強く思いました。

また、私は「三方よし」という考え方がもともと好きです。エイチームがそれを実践している会社だったことも、入社の決め手になりました。エイチームはライフイベントに関わる様々な事業で「三方よし」を実践しています。「ライフスタイルに関する事業同士でシナジーも生まれるだろうし、それぞれの事業部で気づきを共有できるだろう。エイチームはライフスタイルに関する一貫したサービスを提供している。それを活性化させたいな」そんな意欲も湧いてきました。

入社するまでの準備、取り組み

社員もアルバイトも関係なく認め合う環境

2021年の2月から、エイチームフィナジーで内定者アルバイトとして働いています。担当は「ナビナビ保険」のSEOマーケティング。仕事を始めた当時は知識がなかったので、まずは基礎的なことを学ぶ研修からスタート。その後、実務を経験しながら知識量を増やしていきました。働いてみて実感しているのが、アルバイトでも積極的に意見を発信できる環境であること。

現在、ある施策を任されていますが、内定者アルバイトの集大成として自ら「やりたいです!」と手を挙げたことがきっかけです。私の申し出に対して、社員の方も「よし、やってみよう。全力でサポートするよ」と言ってくれました。エイチームが大切にする共通の価値観である“Ateam People”にある「お互いを認め合える」文化があることを日々痛感しています。

デザイナーではないけどデザインを勉強

今、Webデザインの勉強をしています。デザイナー職での入社ではないので、自分でデザインを行うことはありません。でも、幅広い知識があったほうがデザイナーやエンジニアともコミュニケーションが取りやすく、仕事がスムーズに進むだろうと考えたんです。

また、マーケティング以外の知識を身につければ、違った角度で物事を捉えられるとも思いました。お互いを認め合うのがエイチームの文化。チームで仕事を進める環境においては、客観的に自分を見たり、いろいろなことを柔軟に吸収できたりしないと成長していけないと考えています。

エイチーム入社後の目標と将来の夢

目指すはマーケティングのエキスパート

入社したら一日でも早く実践できるようになりたいことがあります。それは、自分で施策を講じて、実行して、成果を出すこと。一緒に働いているエイチームフィナジーの社員の方を見て、そんな目標ができました。その方は新卒で入社されて2~3年だと思うんですが、上司の方の指示で動くのではなく、自分で仮説を立てて施策を考え、それが成果に至るまでの道筋について提案していたんです。その姿を見て、自分も早くその域に達したいと思いました。将来的にはマーケティングの領域を究めて、その道の第一人者と認められるまで成長したいです。また、チームを統率する立場としても活躍したいと考えています。

誰かに感謝される人生を歩む

人生は一度きり。自分のやりたいことはやり切ろうと考えています。私は、誰かに感謝されること、手助けをすることに喜びを感じます。それを精一杯やっていきたい。誰かに感謝される人生を、自分がいることで誰かに良い影響をもたらせるような人生を歩んでいきたいと思っています。エイチームでのマーケティングの仕事を通じて、一人でも多くの人の生活を豊かに、幸せにすることが私の目標です。

将来、チャレンジしてみたい分野

具体的に取り組んでみたいこともあります。ダイバーシティ&インクルージョンの領域を推進するような仕事にチャレンジしたいです。例えば、同性の方同士の結婚式など、まだマイノリティと思われているような方々に幸せを提供していきたい。そもそも、マイノリティという概念自体をなくしたいという考えを持っています。仕事を通して、そんなイノベーションを起こしたいという夢も抱いています。

就活生へのメッセージ

社会人一年目からバリバリ働いて実力をつけたい人。チームで働くことが好きな人。IT企業ってなんかカッコイイなと思っている人。以上のうち、どれか一つでも当てはまる人は、ぜひエイチームの会社説明会に参加してみてください。きっと良い出会いになりますよ。

このエントリーをはてなブックマークに追加