Operated by Ateam Inc.
イーデス専門家相談Q&Aメニュー
専門家専門家
質問検索質問検索
質問する質問するログインログイン
閉じる
生活費・家計

生活費・家計

生活費・節約クレジットカード住宅ローン
開閉
ライフプラン

ライフプラン

同棲・結婚出産・子育て教育資金・学費定年退職・介護・葬儀
開閉
資産運用

資産運用

資産運用の始め方老後資金・年金株式投資信託iDeCoNISA不動産投資FX金(金投資・純金積立)
開閉
税金・公的手当・社会保障

税金・公的手当・社会保障

ふるさと納税年末調整・確定申告住民税・自動車税・固定資産税控除(医療控除・扶養控除・住宅控除など)年金手当・補給金
開閉
閉じる
トップページ投稿ガイドラインよくある質問利用規約プライバシーポリシーセキュリティーポリシー運営者情報お問い合わせ
老後資金・年金投稿 2022-12-12更新 2022-12-17

老後生活していける気がしない

回答数回答数 1
いいね数いいね 0

女性43未婚/子供なし

年収:300万円

貯金・資産:50万円

相談内容:老後資金の見直し・シミュレーション

賃金は上がらないのに、物価や税金は上がる一方で、貯金も大してできないし、年金は全くあてにならない、年をとって働けなくなったとき、人並みの生活がおくれる気がしません。今からできる対策があれば教えて欲しいです。

  • URLをコピー

回答一覧

  • 小川 洋平のプロフィール画像

    小川洋平

    ファイナンシャルプランナー

    合同会社clientsbenefit

    小川 洋平小川 洋平

    2022-12-17

    初めまして、ファイナンシャルプランナーの小川と申します。 昨今の物価高、大変ですよね。年金制度についても不安に思われている方は多くいらっしゃいます。 まず、ご安心いただきたい点として、年金制度はアテにしていただけるということです。 たしかに現在年金を受け取っている高齢者の世帯に比べると我々世代は「支給水準」が低減することは見込まれています。 ただし、この「支給水準」とは単に年金額のことを言うのではなく、「所得代替率」というものを言います。 所得代替率の解説についてはこちらをご覧ください。 https://www.mhlw.go.jp/nenkinkenshou/manga/09.html 将来的には所得代替率は現在の62%程度から50%~52%程度に減少すると、公的年金の財政検証結果において報告されており、以前よりも不利な状況になる可能性もありますが決して立ち行かなくなると呼べるような状態になるようなシミュレーションは現在のところありませんのでその点はご安心ください。 また、現在国民年金保険料の納付が65歳までの延長が検討されていますが、仮にこれが決まると所得代替率は58%程度までの低減に抑えられる見込みです。 さて、これを具体的にどのように老後の生活設計に落とし込むかですが、まず現行の制度でご自身が受け取れる公的年金の金額を計算してみましょう。 https://www.nenkin.go.jp/n_net/ こちらで将来受け取れる年金を計算することができますので、まず現時点でご自身がいくら受け取ることができるのかを計算してみます。 使い方がわからなければ、お近くの年金事務所に相談に行っていただくと過去の加入実績から見込み額を計算してもらうこともできますよ。 まずは現状でいくら受け取ることができるかを知ることから始めます。 有難いことに、公的年金制度は基本的には「物価連動型」の年金ですから、物価が上がれば年金も増えてくれる制度になっています。 まず、老後の生活設計の柱の1つは間違いなく公的年金であることをご理解いただき、財政検証結果では特段の問題は指摘されていませんのでご安心いただければと思います。 そして、ご自分が ①毎月いくら使いたいのか?  ②公的年金でいくら受け取れるのか?  ③公的年金だけではいくら不足するのか? ①ー②=③ ですので、具体的に③がいくらになるのかがわかれば、今から貯蓄を始めたり、公的年金の繰り下げ、働く年齢を伸ばすなど、対策は色々考えることができます。 今から貯める方法は、例えば、iDeCoを使って、毎月5,000円ずつでも良いので積立ながらお金を運用してみることも良いでしょう。 iDeCoは60歳まで使えないお金になりますので、iDeCoは毎月少額にして税金を節約しながら、つみたてNISAを中心にして考えてみても良いと思います。 運用はハードルが高いと思われるかもしれませんが、こちらの金融庁の公式ページに考え方が記載されていますのでご参考にしていただくこともできます。 https://www.fsa.go.jp/policy/nisa2/knowledge/basic/index.html 現在は各地で無料のマネーセミナーなども開催されていますので、そういった勉強会に足を運んでみるのも良いでしょう。無料の場合、多くは保険商品の契約に繋げる目的ではありますが、基本となる知識はしっかり教えてくれている場合が多いです。 また、公的年金の繰り下げも有効です。 公的年金の繰り下げは、毎月繰り下げする毎に0.7%年金額が増え、70歳受け取り開始で42%アップ、75歳受け取り開始で84%アップします。 65歳から75歳までの間、好きなタイミングで請求できますので、ご自身の働き方や貯蓄のプランと併せて考えてみることで、ご自身が余裕を持って老後の生活を送るための戦略を考えてみることができます。 特に長生きした場合には公的年金の繰り下げは終身年金ですから、繰り下げして増えてくれるととてもありがたい存在になるかと思います。 他、賃金が上がらないとのことですが、資格を取得してキャリアアップ、転職をしてみるのも良いと思いますし、副業を始めてみるのも良いと思います。 色々な戦略を考えることができ、何が正解かはわかりません。 星の数ほどある選択肢の中で、ご自身の考え方、生き方に合った選択肢をご自分で選んでいただければと思います。

関連質問

もっとみる>
ユーザー

ユーザー登録する

新規ユーザー登録
東証プライム市場

「イーデス」は、株式会社エイチームライフデザインが運営するサービスです。
株式会社エイチームライフデザインは、株式会社エイチーム(東証プライム市場上場)のグループ企業です。
証券コード:3662

© 2022 Ateam LifeDesign Inc.