Operated by Ateam Inc.
イーデス専門家相談Q&Aメニュー
専門家専門家
質問検索質問検索
質問する質問するログインログイン
閉じる
生活費・家計

生活費・家計

生活費・節約クレジットカード住宅ローン
開閉
ライフプラン

ライフプラン

同棲・結婚出産・子育て教育資金・学費定年退職・介護・葬儀
開閉
資産運用

資産運用

資産運用の始め方老後資金・年金株式投資信託iDeCoNISA不動産投資FX金(金投資・純金積立)
開閉
税金・公的手当・社会保障

税金・公的手当・社会保障

ふるさと納税年末調整・確定申告住民税・自動車税・固定資産税控除(医療控除・扶養控除・住宅控除など)年金手当・補給金
開閉
閉じる
トップページ投稿ガイドラインよくある質問利用規約プライバシーポリシーセキュリティーポリシー運営者情報お問い合わせ
老後資金・年金投稿 2022-12-12更新 2022-12-12

老後の貯蓄がどのくらい必要か

回答数回答数 1
いいね数いいね 0
解決解決

女性44既婚/子供あり

年収:569万円

相談内容:老後資金の見直し・シミュレーション

シミュレーション、リスクの捉え方、など何を考えなければならないのか分からない。

  • URLをコピー

回答一覧

  • 竹内 美土璃のプロフィール画像

    竹内美土璃

    ファイナンシャルプランナー

    株式会社さくら総合オフィス

    この質問のベストアンサー

    老後の貯蓄がどのくらい必要かというのは永遠のテーマですよね。 老後の貯蓄について考えていただきたいのが、まずは「ウマコさん自身がどのような老後を送りたいか」になります。 そこから、「ウマコさんがなりたい老後を送るために必要なお金」から「受けとることができる年金(ねんきん定期便等を参考)」を差し引いたものが、「ウマコさんの老後に必要な貯蓄」になります。参考までに、公益社団法人生活文化センターによると、最低日常生活費は月額で平均22.1万円となります。ゆとりある老後の生活費は、平均36.1万円です。 また、リスクに関しては、ライフイベントとその時の資産残高でシミュレーションして考えていきます。 例えば、お子さんが学生で教育資金が必要な時は、ご主人に万が一があったら困るので保障厚くしておきます。 お子さんが就職して独り立ちしていったら、ご主人の保障を薄くして、その分老後の貯蓄にまわするなどしていきます。そのために、シミュレーションをしながら、ご家族に合った最適な保障計画をすることをお勧めします。

関連質問

もっとみる>
ユーザー

ユーザー登録する

新規ユーザー登録
東証プライム市場

「イーデス」は、株式会社エイチームライフデザインが運営するサービスです。
株式会社エイチームライフデザインは、株式会社エイチーム(東証プライム市場上場)のグループ企業です。
証券コード:3662

© 2022 Ateam LifeDesign Inc.