コラム

2018/09/18

【社員インタビュー】徳島県からIターン就職したエンジニアに聞く、“なぜ、エイチームを選んだのか?”

【社員インタビュー】徳島県からIターン就職したエンジニアに聞く、“なぜ、エイチームを選んだのか?”

前回に続き、Uターン・Iターンでエイチームへ入社した社員を紹介いたします。今回は、徳島県出身のエンジニアM.Kさんにお話を聞きました。なぜ、縁もゆかりもない名古屋が本社のエイチームを選んだのか?その経緯や当時の考え方、Iターンで就職をして感じたこと、今後の目標などについてお話しいただきました。

■M.Kさん
徳島県のIT企業でエンジニア職を経験した後、フリーランスのエンジニアとして活動を開始。2018年3月、さらなる成長の場を求めてエイチームへ入社。現在は、エイチーム引越し侍の技術開発部に所属。バックエンドおよび、インフラエンジニアとして、サービスの安定的な稼働を支えている。

エイチームに入社する前の経歴を教えてください

高校生の頃から趣味でプログラミングをしていたんです。スキルが上がるにつれてどんどん楽しくなり、自分でサービスサイトを制作したりもしました。当時は、ゲームが好きだったこともあり、ゲーム業界に名を残すようなWebサービスを開発したいと考えていました。

高校卒業後、地元徳島県のIT企業に就職。Web開発エンジニアとして働き始めました。でも、なかなか成長を実感できなくてフリーランスで働き始めたんです。とはいえ、ずっとフリーランスで働くつもりはなく、いずれは自分が成長できる会社に転職したいと考えていました。昨年末、その考えが大きくなってきて、本格的な転職活動を開始したんです。

転職活動では何を重視しましたか?

Web開発エンジニアとして楽しんで仕事ができる会社を探していました。重視したのは仕事内容です。開発だけではなく、マーケティングなど幅広い業務に携われる仕事を求めていました。仕事内容を重視していたので、地域は限定せずに全国各地のいろいろな企業をリサーチしました。

そんな中、エンジニア向けの技術情報共有サービス「Qiita」を運営するIncrements株式会社がエイチームに仲間入りしたネットニュースを見てエイチームの存在を知り、エイチームのサイトを見てみたんです。エンジニアの採用情報ページに、「エンジニアも開発だけではなく、幅広い業務を担当してサービスづくりにも携わる」と記載されていました。まさに自分が求めていた仕事内容だったんですね。名古屋というゆかりのない土地ではありましたが、この会社で働きたいと思ってエントリーしたんです。

その他、エイチームに魅かれた点はありましたか?

面接の際に、社員を大切にしている会社であること、人柄や人格を重視していることを感じました。「みんなで幸せになれる会社にすること」という理念にも、同じような印象を受けましたね。また、多様なサービスを展開して、安定的な経営を実践している点にも魅かれました。

名古屋へのIターンに対する不安はありませんでしたか?

「ない」と言えば嘘になりますね(笑)地元を離れることで、それまでに築いてきた人間関係が希薄になってしまいますし、名古屋には縁もゆかりもありませんでしたから。でも、徳島はIT企業が多くないので、エンジニアとして成長するためには県外へ出なければならないとは思っていました。

名古屋で働き始めてまだ日は浅いですけど、来て良かったと思っています。以前とは比較にならないほど、技術を磨く機会が多いのがありがたいですね。社外勉強会も頻繁に開催されます。もちろん、エイチーム社内の勉強会も大いに活用していますよ。社内外の勉強会では多くのエンジニアと接します。他の人が頑張っている姿を見たり、技術が高い人と接したりすると、「自分も頑張ろう!」と気合が入ります。エイチームに来ていなかったら、こんな機会は得られなかったでしょうね。

エンジニアとしてエイチームで働く魅力を教えてください

「こんな仕事がしたい」「こんな道に進みたい」と積極的に発信ができ、熱意が認められれば挑戦させてくれるところです。例えば、現在担当している新サービスの仕組みやインフラ設計。自分でイチから開発したいと手を挙げました。また、今は幅広い業務に携わるより、開発のスキルを究めたいと思っています。そんな自分の考えを理解してくれて、担当業務も考慮してくれます。エイチームは、自分の意見を積極的に発信し、主体的に動けば、進みたい方向へ進んでいける会社だと思います。

また、お互いを尊重し合う風土があり、コミュニケーションが取りやすいところも魅力の一つです。技術力が高い上司や先輩に気軽に相談できるので、新しい技術をどんどん吸収できます。週に1回、上司との30分面談もありますが、そこでも気兼ねなく何でも話せるのでストレスも溜まりにくいですね。

今後の目標を教えてください

お伝えした通り、まずは開発のスキルを究めていきたいです。数年後には、幅広い技術を持ったエンジニアになって、みんなから「最後の砦」と思われるほど信頼される存在になりたい。将来は、新規事業のスタートアップにも携わりたいと思っています。

最後に求職者の方へメッセージを

エンジニアとしてどう生きるか。どう成長していきたいか。一人一人に理想があると思いますが、サービスが豊富にあるエイチームなら、自分のキャリアに応じて様々なことにチャレンジできます。エンジニアとして成長したい方、チャレンジしたい方は、ぜひエイチームへ。名古屋から遠方に住んでいる方も、ぜひ挑戦しにきてください。

エイチームでは、 新しい仲間を募集しています。
詳しくはこちらをご覧ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加