Operated by Ateam Inc.
イーデス専門家相談Q&Aメニュー
専門家専門家
質問検索質問検索
質問する質問するログインログイン
閉じる
生活費・家計

生活費・家計

生活費・節約クレジットカード住宅ローン
開閉
ライフプラン

ライフプラン

同棲・結婚出産・子育て教育資金・学費定年退職・介護・葬儀
開閉
資産運用

資産運用

資産運用の始め方老後資金・年金株式投資信託iDeCoNISA不動産投資FX金(金投資・純金積立)
開閉
税金・公的手当・社会保障

税金・公的手当・社会保障

ふるさと納税年末調整・確定申告住民税・自動車税・固定資産税控除(医療控除・扶養控除・住宅控除など)年金手当・補給金
開閉
閉じる
トップページ投稿ガイドラインよくある質問利用規約プライバシーポリシーセキュリティーポリシー運営者情報お問い合わせ
老後資金・年金投稿 2023-07-21更新 2023-08-11

老後の為の最適な資産運用方法について

回答数回答数 1
いいね数いいね 0

男性53会社員既婚/子供あり

相談内容:老後資金の資産運用

政府の発表でも老後30年間で2000万円ぐらいの貯蓄が必要とありますように、私自身も貯蓄を今以上効率的に増やしていきたいと考えております。 現在の資産は500万円に満たないぐらいと小額なのですが、現在の私の年齢が55歳で定年までの10年の間に現在の資産を運用しながら少しでも効率良く資産を増やすにはどのような方法があるのかお教えいただけますでしょうか?宜しくお願い致します。

  • URLをコピー

回答一覧

  • 新井 智美のプロフィール画像

    新井智美

    ファイナンシャルプランナー

    トータルマネーコンサルタント

    新井 智美新井 智美

    2023-08-11

    ファイナンシャルプランナーの新井智美です。ご質問に回答させていただきます。 確かに老後2000万問題でも取り上げられたように、年金だけでは生活資金が不足するケースが想定されます。 相談者様の現在の資金は500万円程度とのことで、65歳定年時までの10年間に効率よく資金を貯める方法としては、非課税制度を味方に付けたNISAやiDeCoの活用がおすすめです。特にiDeCoは企業型確定拠出年金との併用が認められており、掛金も所得控除の対象となるなどのメリットがありますので、可能であれば併用してみてはどうでしょうか。 もし、これまでに投資の経験がないなら、積立投資がおすすめです。毎月1万円など小額からはじめ、慣れたら増額して資金を増やしていきましょう。 証券会社によっては、クレジットカードでの積立投資を提供しているところもあり、合わせてポイントを貯めることもできます。 運用商品としては基本的に投資信託で始めていくこととなりますが、その際には銘柄選びも大切です。高リターンが期待できる外国株式と合わせ、リスクを低減させるための債券を取り入れた資産配分で行うことをおすすめします。銘柄選びに迷った際には効率よく分散投資のできるバランス型のファンドを選ぶことを考えてみてください。

関連質問

もっとみる>
ユーザー

ユーザー登録する

新規ユーザー登録
東証プライム市場

「イーデス」は、株式会社エイチームライフデザインが運営するサービスです。
株式会社エイチームライフデザインは、株式会社エイチーム(東証プライム市場上場)のグループ企業です。
証券コード:3662

© 2022 Ateam LifeDesign Inc.