Operated by Ateam Inc.
イーデス専門家相談Q&Aメニュー
専門家専門家
質問検索質問検索
質問する質問するログインログイン
閉じる
生活費・家計

生活費・家計

生活費・節約クレジットカード住宅ローン
開閉
ライフプラン

ライフプラン

同棲・結婚出産・子育て教育資金・学費定年退職・介護・葬儀
開閉
資産運用

資産運用

資産運用の始め方老後資金・年金株式投資信託iDeCoNISA不動産投資FX金(金投資・純金積立)
開閉
税金・公的手当・社会保障

税金・公的手当・社会保障

ふるさと納税年末調整・確定申告住民税・自動車税・固定資産税控除(医療控除・扶養控除・住宅控除など)年金手当・補給金
開閉
閉じる
トップページ投稿ガイドラインよくある質問利用規約プライバシーポリシーセキュリティーポリシー運営者情報お問い合わせ
住宅ローン投稿 2023-11-09更新 2023-11-20

住宅ローンの審査で、転職間もなく在籍期間が短い場合マイナスでしょうか?

回答数回答数 1
いいね数いいね 0

男性32契約社員・派遣社員未婚/子供なし

年収:500万円

相談内容:審査

【背景】3社目を迎えるタイミングで3~4年で転職をしている、転職間もないタイミングです。 【質問】住宅ローンを借りる際に勤務先の在籍年数などを聞かれるかと思うが、借入有無や借入金額などにどれくらい影響があるのでしょうか?

  • URLをコピー

回答一覧

  • 八木 陽子のプロフィール画像

    八木陽子

    ファイナンシャルプランナー

    株式会社イー・カンパニー

    八木 陽子八木 陽子

    2023-11-20

    亀さん、ご質問ありがとうございます。 転職後間もないタイミングでの住宅ローンが可能かどうかのご質問ですね。 国土交通省の調査結果(令和4年度)によると、「勤続年数」は93.2%の金融機関が審査項目に入れています。 (参考:https://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/house/content/001597868.pdf) ただし、「勤続年数が何年以上か」という問いに関しては、「3年以上」より「1年以上」のほうが上回っており、必ずしも長い期間が必要というわけではないようです。 勤続年数の面だけで見ると、安定した収入があって返済能力があるとみなされれば通るかもしれません。実際に、同業種でのキャリアアップによる転職や、より安定した企業に転職する場合などではプラスに働く場合もあるようですので、金融機関と相談してみてください。 とはいえ転職直後に融資を申込むと勤続年数の点でデメリットが生じるリスクがあるので、できれば数年たってからのほうがスムーズかもしれません。正社員になるタイミングなどが決まっていれば、そのほうがよいでしょう。 なお、どうしても転職直後に住宅ローンを組む必要があるのであれば、フラット35を選択肢に入れても良いと思います。住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)と民間金融機関が提携して提供する住宅ローンで、ほかのローンと比較して勤続年数の条件が緩やかです。 また、多くの金融機関は借入時・完済時の年齢、年収、返済負担率、担保評価、健康状態、連帯保証なども重視しており、他にもたくさんの項目があります。 各金融機関とも住宅ローンが通らない理由は公表されていないため、実際に住宅ローンが借りられるかどうかは「金融機関による」となります。 まずは、メインバンクや住宅購入先の提携金融機関などに相談してみましょう。

関連質問

もっとみる>
ユーザー

ユーザー登録する

新規ユーザー登録
東証プライム市場

「イーデス」は、株式会社エイチームライフデザインが運営するサービスです。
株式会社エイチームライフデザインは、株式会社エイチーム(東証プライム市場上場)のグループ企業です。
証券コード:3662

© 2022 Ateam LifeDesign Inc.