Operated by Ateam Inc.
イーデス専門家相談Q&Aメニュー
専門家専門家
質問検索質問検索
質問する質問するログインログイン
閉じる
生活費・家計

生活費・家計

生活費・節約クレジットカード住宅ローン
開閉
ライフプラン

ライフプラン

同棲・結婚出産・子育て教育資金・学費定年退職・介護・葬儀
開閉
資産運用

資産運用

資産運用の始め方老後資金・年金株式投資信託iDeCoNISA不動産投資FX金(金投資・純金積立)
開閉
税金・公的手当・社会保障

税金・公的手当・社会保障

ふるさと納税年末調整・確定申告住民税・自動車税・固定資産税控除(医療控除・扶養控除・住宅控除など)年金手当・補給金
開閉
閉じる
トップページ投稿ガイドラインよくある質問利用規約プライバシーポリシーセキュリティーポリシー運営者情報お問い合わせ
老後資金・年金投稿 2023-08-14更新 2023-08-29

マンション購入か賃貸に住みつづけるべきかの相談

回答数回答数 1
いいね数いいね 0

男性47会社員未婚/子供なし

相談内容:老後資金の見直し・シミュレーション

現在独身で、今後も結婚の予定はありません。定年退職後もひとり暮らしが続くことを考えてマンションを購入を考えていますが、それだと老後の生活資金が貯められなくなるのではないかと不安です。このまま賃貸に住み続けて、老後は介護施設に入居するための費用としてマンション購入費用を蓄えたほうが良いのでしょうか。

  • URLをコピー

回答一覧

  • 伊藤 亮太のプロフィール画像

    伊藤亮太

    ファイナンシャルプランナー

    伊藤亮太FP事務所

    伊藤 亮太伊藤 亮太

    2023-08-16

    ファイナンシャルプランナーの伊藤亮太です。回答させていただきます。 現在独身で、今後も結婚予定はないとのこと。とはいえ、将来どんなことがあるかわかりません。そのため、マンション購入か賃貸かはじっくり検討すべきです。 ご相談者の資産状況や年収等がわからないため、あくまで一般論でお話しします。仮に今後も結婚の予定がなく、ずっと一か所で住み続ける意向であれば、マンション購入も手段として考えてよろしいと思います。新築であれば40年~50年程度は住むことができます。ご相談者は40代とのことですから、今後一生を暮らす住みかとして購入は検討できます。もちろん、住宅ローンの条件等にもよると思います。今後、金利が上昇する可能性がありますので、購入する場合はどの程度をローンで組むかしっかり検討いただかなければなりません。 一方、購入せずに賃貸でということであれば、働く期間でいかに貯蓄できるかを検討しなければなりません。購入し住宅ローンを完済すれば、あとは管理費用との支払いをしていくだけとなります。一方、賃貸の場合には継続して家賃を支払っていかなければなりません。同じぐらいの家賃、ローン支払いであれば、自宅を資産として持てる購入の方が良いかもしれません。もちろん、介護施設に入るといったことを考慮した場合には、賃貸の方が貯蓄は貯まる可能性もあります。とはいえ、将来どうなるかなど誰もわかりません。もしかしたら元気で100歳を迎えるといったこともあるかもしれません。そのため、今の貯蓄、今後できる貯蓄のシミュレーションをぜひしてみてください。プロである私たちFPに聞くもよし、住宅ローンの相談を兼ねて銀行の担当者に聞くもよし。 1人暮らしのマンションであれば、購入もありかと思います。資産として持ち、場合によっては売却して現金化する。計画的にしっかり貯蓄できるなら賃貸でも良いです。なかなかそれが難しいということであれば、購入を検討してみてはいかがでしょうか。

関連質問

もっとみる>
ユーザー

ユーザー登録する

新規ユーザー登録
東証プライム市場

「イーデス」は、株式会社エイチームライフデザインが運営するサービスです。
株式会社エイチームライフデザインは、株式会社エイチーム(東証プライム市場上場)のグループ企業です。
証券コード:3662

© 2022 Ateam LifeDesign Inc.