Operated by Ateam Inc.
イーデス専門家相談Q&Aメニュー
専門家専門家
質問検索質問検索
質問する質問するログインログイン
閉じる
生活費・家計

生活費・家計

生活費・節約クレジットカード住宅ローン
開閉
ライフプラン

ライフプラン

同棲・結婚出産・子育て教育資金・学費定年退職・介護・葬儀
開閉
資産運用

資産運用

資産運用の始め方老後資金・年金株式投資信託iDeCoNISA不動産投資FX金(金投資・純金積立)
開閉
税金・公的手当・社会保障

税金・公的手当・社会保障

ふるさと納税年末調整・確定申告住民税・自動車税・固定資産税控除(医療控除・扶養控除・住宅控除など)年金手当・補給金
開閉
閉じる
トップページ投稿ガイドラインよくある質問利用規約プライバシーポリシーセキュリティーポリシー運営者情報お問い合わせ
老後資金・年金投稿 2022-12-12更新 2022-12-12

老後に必要な資金はいくらか

回答数回答数 1
いいね数いいね 0
解決解決

男性59既婚/子供なし

年収:300万円

貯金・資産:550万円

相談内容:老後資金の見直し・シミュレーション

65歳時点で年金以外にいくら貯金をする必要があるか?

  • URLをコピー

回答一覧

  • 前田 菜緒のプロフィール画像

    前田菜緒

    ファイナンシャルプランナー

    FPオフィスAndAsset

    この質問のベストアンサー
    前田 菜緒前田 菜緒

    2022-12-12

    老後資金を考えるにあたっては、まずは老後にどのような生活を送りたいか想像してみてください。 1ヶ月の生活費はどの程度かかりそうでしょうか? その生活費が95歳まで続くと仮定して、65歳〜95歳の30年分を合計してください。そのほか、住宅ローンの残高やリフォームなど必要であれば、それらの金額も見積もります。 あと、老後に旅行など余暇を楽しむ費用、車を持っているなら車の維持費や今後購入する予定があるなら、購入費も計算しておくと良いでしょう。 次に老後の収入を考えます。老後の収入は主に年金ですから、毎年誕生月に届く「ねんきん定期便」でご夫婦の年金額を確認してください。定期便に記載された金額は、今の収入が60歳まで続いたと仮定した場合の年金額が記載されています。 したがって、60歳以降も働く予定であれば、記載の金額より増えますし、60歳以降働かず、今後、今より収入が減る予定であれば、記載の金額より年金は減ります。まずは、記載された年金額を65歳〜95歳までの30年間受け取ると仮定して、30年分合計してください。これで老後の年金収入と支出のそれぞれの総額が出ました。 ここで、年金収入から支出を差し引きます。黒字になれば年金だけで生活できるということになりますが、赤字ならその赤字額を65歳時点で貯金で備えておく必要があるということになります。 もし、退職金や確定拠出年金などその他収入があれば、老後資金にあてられるでしょう。 また、60歳以降も厚生年金に加入して働くのであれば、その分年金は増えますし、貯蓄もできるかもしれませんね。60歳〜64歳までの資金計画とセットで65歳時点の貯金額を計算してみてください。

関連質問

もっとみる>
ユーザー

ユーザー登録する

新規ユーザー登録
東証プライム市場

「イーデス」は、株式会社エイチームライフデザインが運営するサービスです。
株式会社エイチームライフデザインは、株式会社エイチーム(東証プライム市場上場)のグループ企業です。
証券コード:3662

© 2022 Ateam LifeDesign Inc.