Operated by Ateam Inc.
イーデス専門家相談Q&Aメニュー
専門家専門家
質問検索質問検索
質問する質問するログインログイン
閉じる
生活費・家計

生活費・家計

生活費・節約クレジットカード住宅ローン
開閉
ライフプラン

ライフプラン

同棲・結婚出産・子育て教育資金・学費定年退職・介護・葬儀
開閉
資産運用

資産運用

資産運用の始め方老後資金・年金株式投資信託iDeCoNISA不動産投資FX金(金投資・純金積立)
開閉
税金・公的手当・社会保障

税金・公的手当・社会保障

ふるさと納税年末調整・確定申告住民税・自動車税・固定資産税控除(医療控除・扶養控除・住宅控除など)年金手当・補給金
開閉
閉じる
トップページ投稿ガイドラインよくある質問利用規約プライバシーポリシーセキュリティーポリシー運営者情報お問い合わせ
住宅ローン投稿 2024-03-12更新 2024-04-04

住宅ローンの頭金の一般的な相場額とは?

回答数回答数 2
いいね数いいね 0

男性35会社員既婚/子供あり

年収:600万円

貯金・資産:500万円

相談内容:その他

住宅購入資金のことで悩んでいます。 半年前から住宅を探していましたが、先日、とあるマンションのモデルルームが一目で気に入り、立地も良いため、夫婦ともども購入に傾いています。しかし、価格も当初の予算より高めの3780万円。完成する1年後までに用意できるのは500万円が限度。世間でよく言う「頭金は2割」ということだととても買えないということになりますが、この目安、本当のところはどうなのでしょうか?

  • URLをコピー

回答一覧

  • 新井 智美のプロフィール画像

    新井智美

    ファイナンシャルプランナー

    トータルマネーコンサルタント

    新井 智美新井 智美

    2024-04-04

    ご相談ありがとうございます。ファイナンシャルプランナーの新井智美です。 ご質問について回答させていただきます。 確かに頭金は入れた方がいいですが、必ずしも2割でなければならないわけではなく、1割準備できるならそれでも購入することは可能です。 大切なのは、適用される金利と返済期間によって毎月の返済額がいくらになるのか、そしてそれが家計の負担にならないかを見極めることです。そのためには必ずシミュレーションを行い毎月の返済額がどのくらいになるのかを把握するとともに、合わせて家計の見直しを行ってみましょう。 削れる支出は削り、それによって無理なく返済できるなら、1割の頭金で購入しても良いでしょう。ただし、頭金以外にも約半年分の生活費を緊急予備資金として残すことも忘れないようにしてください。 また、住宅購入時には別途諸費用がかかることや、購入後にかかる固定資産税や管理費などの負担も視野に入れながら、余裕を持った返済計画を立てることを心がけましょう。できれば定期的に繰り上げ返済を行うなども計画に含めることをおすすめします。

  • 八木 陽子のプロフィール画像

    八木陽子

    ファイナンシャルプランナー

    株式会社イー・カンパニー

    八木 陽子八木 陽子

    2024-03-21

    ご質問ありがとうございます。 住宅購入を考える時、おっしゃる通り「頭金は2割必要」との言葉をよく聞きますね。 では実際にはどうなのかというと、必ずしも必要というわけではありません。 昔は住宅ローンの借入金額の上限は物件価格の8割まで、と定めている金融機関が多かったことから「頭金は2割必要」と広く言われるようになりました。 しかし今は、多くの金融機関で物件価格の全額、つまり頭金なしで借り入れることができるようになっています。さらには諸経費などを含めた物件価格以上のローン(オーバーローン)を組める金融機関もあります。 ですので、頭金が2割ないと住宅が買えないということはありません。 ここで、頭金が少ない場合の注意点も考えてみましょう。 融資を行う際に考慮する審査項目として、93%もの金融機関が「返済負担率(年収に占める返済総額の割合)」を挙げています。 (※国土交通省 令和4年度 民間住宅ローンの実態に関する調査より) つまり、「頭金が少ない」=「借入金額が増えて返済負担率は高くなってしまう」ため、審査が厳しくなる、という点には注意が必要です。 しかしこれは逆に考えれば、返済負担率に問題が無く滞りなく返済を続けられていけるのであれば、頭金の金額はそれほど問題ではないとも言えるでしょう。 一方で、住宅購入時には、ある程度の貯蓄があったほうが理想的です。 住宅購入時には諸費用や引っ越し代など何かと現金が必要ですし、5年以内にお金のかかるイベント予定がある場合はその分の現金も手元においておくようにしたほうが安心です。 住宅のお金はなんとか支払えたけれど、教育費など他のお金が足りなくなっては困りますよね。そのため、住宅購入の際は、まずは一度はざっくりとでもライフプラン考えることをお勧めします。 いずれにしても、無理なく支払いを続けられることが一番大切です。 頭金を入れすぎてその後の生活が苦しくなることは避けなければなりません。 住宅ローンは一度組むと長い期間続くため、後悔のないようによく検討して決断してくださいね。

関連質問

もっとみる>
ユーザー

ユーザー登録する

新規ユーザー登録
東証プライム市場

「イーデス」は、株式会社エイチームライフデザインが運営するサービスです。
株式会社エイチームライフデザインは、株式会社エイチーム(東証プライム市場上場)のグループ企業です。
証券コード:3662

© 2022 Ateam LifeDesign Inc.