Operated by Ateam Inc.
イーデス専門家相談Q&Aメニュー
専門家専門家
質問検索質問検索
質問する質問するログインログイン
閉じる
生活費・家計

生活費・家計

生活費・節約クレジットカード住宅ローン
開閉
ライフプラン

ライフプラン

同棲・結婚出産・子育て教育資金・学費定年退職・介護・葬儀
開閉
資産運用

資産運用

資産運用の始め方老後資金・年金株式投資信託iDeCoNISA不動産投資FX金(金投資・純金積立)
開閉
税金・公的手当・社会保障

税金・公的手当・社会保障

ふるさと納税年末調整・確定申告住民税・自動車税・固定資産税控除(医療控除・扶養控除・住宅控除など)年金手当・補給金
開閉
閉じる
トップページ投稿ガイドラインよくある質問利用規約プライバシーポリシーセキュリティーポリシー運営者情報お問い合わせ
住宅ローン投稿 2023-07-25更新 2023-07-31

変動と固定金利は結局どちらがリスクが少ないのか

回答数回答数 1
いいね数いいね 0

男性43会社員既婚/子供あり

相談内容:金利

住宅ローンには固定や変動がありますが、少しでも支払い額を安くするには結局どちらがお得なのか、説明を聞いても納得のいく答えが見付からないです。 トータルで考えると、損をしないのはどちらなのかをどういった情報で把握すればいいでしょうか?

  • URLをコピー

回答一覧

  • 千日 太郎のプロフィール画像

    千日太郎

    公認会計士

    オフィス千日合同会社

    千日 太郎千日 太郎

    2023-07-30

    ご質問をありがとうございます。住宅ローンの固定金利と変動金利、どちらが最終的にトータルで支払い額を安くするかを判断するためには、いくつかの要素を考慮する必要があります。ちょっと列挙してみました。 1.現在の金利水準: 現在の金利がどれくらいの水準なのかを把握することが重要です。金利が低い場合、固定金利よりも変動金利の方が低い金利で借りられることがあります。 2.将来の金利の見通し: 将来の金利動向を予測することは難しいですが、金利が上昇する可能性が高い場合は固定金利が安心です。高収入な人は安心料として今の固定金利が割安だと考える人も多いです。 3.ローン期間の長短: ローンの期間が長いほど、金利の選択がより重要になります。長期間にわたって返済する場合は、金利の差がトータルで大きな影響を与える可能性があります。 4.金利上昇リスク: 変動金利は金利の変動によるリスクがありますが、その分今の金利が低いですね。自身が将来の金利上昇に対してどれだけリスクを取ることができるかを考慮する必要があります。 5.繰り上げ返済の可能性: どちらの金利タイプを選択する場合でも、繰り上げ返済を積極的に行うことで、ローン期間を短縮し、支払い総額を削減できます。変動金利と固定金利の金利負担の差も縮まります。 最終的には、現在の金利水準と将来の金利動向、ローン期間、リスク許容度などをよく考慮して、個々の状況に合った金利タイプを選択することが重要です。 しかし、住宅ローンは最長35年の長期の契約です。そのため個人の能力で今後の金利動向を完全に予測することはできません。最終的な損得に対して、正解をあらかじめ知ることのできない分野であるということは言えるでしょう。

関連質問

もっとみる>
ユーザー

ユーザー登録する

新規ユーザー登録
東証プライム市場

「イーデス」は、株式会社エイチームライフデザインが運営するサービスです。
株式会社エイチームライフデザインは、株式会社エイチーム(東証プライム市場上場)のグループ企業です。
証券コード:3662

© 2022 Ateam LifeDesign Inc.