Operated by Ateam Inc.
イーデス専門家相談Q&Aメニュー
専門家専門家
質問検索質問検索
質問する質問するログインログイン
閉じる
生活費・家計

生活費・家計

生活費・節約クレジットカード住宅ローン
開閉
ライフプラン

ライフプラン

同棲・結婚出産・子育て教育資金・学費定年退職・介護・葬儀
開閉
資産運用

資産運用

資産運用の始め方老後資金・年金株式投資信託iDeCoNISA不動産投資FX金(金投資・純金積立)
開閉
税金・公的手当・社会保障

税金・公的手当・社会保障

ふるさと納税年末調整・確定申告住民税・自動車税・固定資産税控除(医療控除・扶養控除・住宅控除など)年金手当・補給金
開閉
閉じる
トップページ投稿ガイドラインよくある質問利用規約プライバシーポリシーセキュリティーポリシー運営者情報お問い合わせ
NISA投稿 2023-11-21更新 2023-11-30

複数の証券会社で口座開設するメリットとデメリット

回答数回答数 1
いいね数いいね 0

女性53自営業・自由業既婚/子供あり

相談内容:NISAの運用相談

老後資金にでの長期投資を考えています。証券会社の口座を開設するにあたり、複数の証券会社で口座を持つ方がリスク回避になるかと考えているのですが、NISAは一つの証券会社でしか口座開設ができません。銀行のように証券会社で複数口座を持つことのメリットとデメリットを教えて下さい。

  • URLをコピー

回答一覧

  • 大竹 麻佐子のプロフィール画像

    大竹麻佐子

    ファイナンシャルプランナー

    ゆめプランニング

    カシスさん、ご質問ありがとうございます。 おっしゃる通り、老後資金の資産形成には、長期で継続することが適切かと思います。NISAは、運用益が非課税になることがメリットの一つですので、そのためにも、NISAを上手く活用したいですね。 新しいNISAは、つみたて投資枠でコツコツ長期分散投資が可能ですし、成長投資枠を利用すれば、株取引などもできます。おっしゃる通り、NISAは1つの金融機関でしか開設できません。そのため、資産形成を目的としたNISA口座を設定するにあたり、さまざまな商品を幅広く選択できる、そして、毎月の積立てに資金移動に手間のかからない身近な証券会社で、まずは口座開設したいですね。 さらに、オンラインで株取引を行いたいとか、IPO(新規公開株式)を購入したいとか、ポイ活に有利とか、それぞれの事情にあわせて複数の証券会社に口座を開設することも選択肢です。 とくに、株取引などを行うにあたっては、売買に関わる手数料が証券会社を選ぶ基準となります。証券会社によって、強みとする取引やアクセス環境(WEB画面の見やすさや使い勝手など)が異なりますので、比較検討したうえで、選びたいですね。 投資初心者であれば、NISA口座をメインとして、サブ口座として別の証券会社で取引を始めるといったスタンスがおすすめです。 リスク回避の手段として、資産分散も有効と考えられますが、投資(運用)を行う証券会社については、貯蓄(貯める)のための銀行と異なる視点で考えてもよいかと思います。 証券会社を複数保有することのデメリットとして、資金管理や残高管理が交錯して、混乱しやすいことがあげられます。また、利益と損失を計算し、損失が多い場合には税金が軽減される(損益通算)が複数の証券会社にまたがって取引した場合には、適用されない場合や複雑化することが考えられます。また、まだまだ先の話かもしれませんが、相続が発生した場合に、遺族への引継ぎが困難な場合や揉める原因となり得ますので注意が必要です。

関連質問

もっとみる>
ユーザー

ユーザー登録する

新規ユーザー登録
東証プライム市場

「イーデス」は、株式会社エイチームライフデザインが運営するサービスです。
株式会社エイチームライフデザインは、株式会社エイチーム(東証プライム市場上場)のグループ企業です。
証券コード:3662

© 2022 Ateam LifeDesign Inc.