Operated by Ateam Inc.
イーデス専門家相談Q&Aメニュー
専門家専門家
質問検索質問検索
質問する質問するログインログイン
閉じる
生活費・家計

生活費・家計

生活費・節約クレジットカード住宅ローン
開閉
ライフプラン

ライフプラン

同棲・結婚出産・子育て教育資金・学費定年退職・介護・葬儀
開閉
資産運用

資産運用

資産運用の始め方老後資金・年金株式投資信託iDeCoNISA不動産投資FX金(金投資・純金積立)
開閉
税金・公的手当・社会保障

税金・公的手当・社会保障

ふるさと納税年末調整・確定申告住民税・自動車税・固定資産税控除(医療控除・扶養控除・住宅控除など)年金手当・補給金
開閉
閉じる
トップページ投稿ガイドラインよくある質問利用規約プライバシーポリシーセキュリティーポリシー運営者情報お問い合わせ
NISA投稿 2023-08-14更新 2023-11-09

新NISAでの投資戦略について

回答数回答数 1
いいね数いいね 0
解決解決

男性45会社員既婚/子供なし

相談内容:NISAの運用相談

来年から始まる新NISAの投資方針について、現在保有している株式を売却して新NISAに移管するのが良いのか、新しく買い付けて新NISA枠を埋めるのが良いのかを相談したい。現状は1800万円を新しく買うだけの現金余力はあるが、近く会社を早期退職することを考えているので、現金比率をあまり落としたくないとも感じているので、バランスをどのように取るのが良いかアドバイスがほしい。

  • URLをコピー

回答一覧

  • 伊藤 亮太のプロフィール画像

    伊藤亮太

    ファイナンシャルプランナー

    伊藤亮太FP事務所

    この質問のベストアンサー
    伊藤 亮太伊藤 亮太

    2023-08-16

    ファイナンシャルプランナーの伊藤亮太です。回答させていただきます。 まず、現在保有されている株式はどの口座でお持ちでしょうか?仮にNISA口座でお持ちの場合でしたら、売却はせずに現状のNISA制度の非課税期間をうまく活用された方がよろしいと思います。 特定口座などその他の口座でお持ちの場合には、売却時に税金がかかってきます。そのまま移管はできないため、売却して再度購入はできるものの、効率的なやり方であるとは思えません。そのため、いずれにせよ、新しく買い付けることで新NISA枠を埋めていく方がよろしいと思います。 新NISA制度では、年間の投資上限が360万円、生涯非課税限度枠が1800万円と決まっていますが、何も5年間ですべての枠を使う必要はありません。現金比率を落としたくないのであれば、例えば毎年つみたて投資枠120万円部分のみを利用して15年間で1800万円の枠を利用する、毎年100万円のみ使用して18年間で1800万円の枠を利用するなどアレンジはいくらでもできます。もちろん、今保有の株式を売却し、その資金で新NISA枠を利用するならば、手許にある現金を使わずに投資することも可能です。 この他、途中で売買することで現金比率を落とさないようにする方法も考えられます。この場合には、上限まで利用しなくてもよろしいかと思います。買ったらどこかで売り、現金化しながら現金比率を調整していきます。どちらかといえば短期売買が軸になるかもしれません。 早期退職後のプランをどう描くかで話は変わってきますので、ご自身なりに整理して、新NISA制度をどう利用するか検討してみてください。

    ぽけもんぽけもん

    2023-11-09

    ありがとうございます

関連質問

もっとみる>
ユーザー

ユーザー登録する

新規ユーザー登録
東証プライム市場

「イーデス」は、株式会社エイチームライフデザインが運営するサービスです。
株式会社エイチームライフデザインは、株式会社エイチーム(東証プライム市場上場)のグループ企業です。
証券コード:3662

© 2022 Ateam LifeDesign Inc.