Operated by Ateam Inc.
イーデス専門家相談Q&Aメニュー
専門家専門家
質問検索質問検索
質問する質問するログインログイン
閉じる
生活費・家計

生活費・家計

生活費・節約クレジットカード住宅ローン
開閉
ライフプラン

ライフプラン

同棲・結婚出産・子育て教育資金・学費定年退職・介護・葬儀
開閉
資産運用

資産運用

資産運用の始め方老後資金・年金株式投資信託iDeCoNISA不動産投資FX金(金投資・純金積立)
開閉
税金・公的手当・社会保障

税金・公的手当・社会保障

ふるさと納税年末調整・確定申告住民税・自動車税・固定資産税控除(医療控除・扶養控除・住宅控除など)年金手当・補給金
開閉
閉じる
トップページ投稿ガイドラインよくある質問利用規約プライバシーポリシーセキュリティーポリシー運営者情報お問い合わせ
老後資金・年金投稿 2023-08-18更新 2023-08-29

老後の生活資金の計画

回答数回答数 1
いいね数いいね 0

男性71無職既婚/子供あり

相談内容:老後資金の見直し・シミュレーション

現在、パート業務を退職していて今は私の年金収入と妻の僅かなパート収入だけで生活しています。支出は毎月の食費などと、家のリホームのローンがあり収支は赤字の状態です。今後、私がアルバイトなど考えていますが将来の経済的な見通しが立たず不安です。家は持ち家で本体の支払いは完了しています。今後もリホームの費用が発生すると思います。どの様な生活スタイルで暮らしていけばよいか相談したいです。

  • URLをコピー

回答一覧

  • 伊藤 亮太のプロフィール画像

    伊藤亮太

    ファイナンシャルプランナー

    伊藤亮太FP事務所

    伊藤 亮太伊藤 亮太

    2023-08-19

    ファイナンシャルプランナーの伊藤亮太です。回答させていただきます。 ご相談者様の資産状況やどれぐらいの収支の赤字かによって話は変わってきます。リフォームローンはいつ頃支払いが終わりますか?毎月の収支の赤字は現状の現預金等からまかなえますか?このあたりがわかるとさらに細かくアドバイスが可能です。 今言えることは、経済的な見通しが立たないという不安をいかに解消するかです。方法としては大きく2つです。1つは、旦那さんが働き、収入を得ること。もう1つは、費用でカットできるところはカットすること。 できれば90~100歳時点でも心配せずに暮らしていけることが望ましいです。そのため、今ある現預金等から今後かかるであろう費用を差し引いてどれぐらいもつのか、それを試算すべきです。リフォームに関しても今後はローンが組めない可能性がありますので、できるだけ長持ちさせるように使っていくべきです。 あとは奥様の年金がいつから受け取れるのか?今後奥様が年金を受け取れるようになるのであれば、少しは生活が楽になるのかな?とも思いますがいかがでしょうか。場合によっては、奥様の年金に関しては繰り下げを行い、繰り下げを行っている間は働いた収入でまかなうといったことも検討されると良いでしょう。 まずは毎月の収支をなんとかプラスマイナスゼロまでもっていっていただきたいですね。そして多少なりとも働き収入を得ることもご検討ください。

関連質問

もっとみる>
ユーザー

ユーザー登録する

新規ユーザー登録
東証プライム市場

「イーデス」は、株式会社エイチームライフデザインが運営するサービスです。
株式会社エイチームライフデザインは、株式会社エイチーム(東証プライム市場上場)のグループ企業です。
証券コード:3662

© 2022 Ateam LifeDesign Inc.