Operated by Ateam Inc.
イーデス専門家相談Q&Aメニュー
専門家専門家
質問検索質問検索
質問する質問するログインログイン
閉じる
生活費・家計

生活費・家計

生活費・節約クレジットカード住宅ローン
開閉
ライフプラン

ライフプラン

同棲・結婚出産・子育て教育資金・学費定年退職・介護・葬儀
開閉
資産運用

資産運用

資産運用の始め方老後資金・年金株式投資信託iDeCoNISA不動産投資FX金(金投資・純金積立)
開閉
税金・公的手当・社会保障

税金・公的手当・社会保障

ふるさと納税年末調整・確定申告住民税・自動車税・固定資産税控除(医療控除・扶養控除・住宅控除など)年金手当・補給金
開閉
閉じる
トップページ投稿ガイドラインよくある質問利用規約プライバシーポリシーセキュリティーポリシー運営者情報お問い合わせ
住宅ローン投稿 2023-11-14更新 2023-11-28

マンションから戸建てへ住み替えのための住宅ローンの借り換え

回答数回答数 1
いいね数いいね 0

男性35会社員既婚/子供あり

年収:600万円

貯金・資産:300万円

相談内容:借り換え

3年前に分譲マンションを購入済みです。 購入当時子供はいなかったのですが、現在子供が2人に増え手狭になってきたため戸建て購入を検討しています。 妻33歳・子供2人の4人家族です。 住宅ローンがまだ残っていますが、現在住んでいるところを売却し新たに住宅ローンを組む際にどのように組めばいいか。頭金は少なく借り入れを多くするのか、頭金をある程度入れて借り入れを少なくするのかアドバイスを頂きたいです。 情報としては以下の通りです。 住宅価格:3000万円(分譲マンション) 購入年月:2020年8月 借入金額:2200万円 住宅ローンの金利タイプ:固定金利 実際の金利:1.1%

  • URLをコピー

回答一覧

  • 八木 陽子のプロフィール画像

    八木陽子

    ファイナンシャルプランナー

    株式会社イー・カンパニー

    八木 陽子八木 陽子

    2023-11-28

    ご質問ありがとうございます。 マンションから戸建てへの住み替えをご検討なのですね。 現マンションの売却と一戸建ての購入の順番ですが、まずは売却を進めていきましょう。 購入が先になってしまうとダブルローンのリスクがあります。 また、同じ不動産会社で売却と購入を1本化することが可能であれば、事務手続きの手間を減らすことができ、コストも削減できるかもしれません。 理想としては、現住居の売却と新居の購入を同時並行で進めることができればベストです。旧居を引き渡してすぐに新居の引き渡し、引っ越しとスムーズに進めることができ、仮住まい費用などがかかりません。 売却が決まっていれば、万が一旧居の住宅ローンが残る場合も住み替えローンが利用できるため、売却する住居のローンと新居のローンが一本化できます。 「新しい住宅ローンの組み方」のご質問については、売買にかかる手数料や引っ越し代など現金が必要です。そのため、頭金は無理のない金額にとどめておきましょう。 なお、ご意向とは少し方向性が違うかもしれませんが、貯蓄が少ないこと、これからかかる教育費、年収を考えると、できれば住宅費用は抑えたいところです。そのため、選択肢の一つとしてマンションのリフォームもお考えになっても良いかもしれません。 手狭ではあると思いますが、お子様と一緒に住む時期は意外と短いものです。 小学生のうちはリビング学習をする、大学時代に一人暮らしをする、などで個室が必要な期間はおおむね10年ほどです。 一戸建ては年齢を重ねたときに庭のメンテナンスや階段の上り下りが大変なため、「子供が巣立ったあとはマンションに住み替えたい」というお声を聞くこともあります。 買い替えのコストがかさむようであれば「10年だけ」と割り切ってリフォームで乗り切る、という選択肢もあることを念頭において、長期の人生設計をたててください。

関連質問

もっとみる>
ユーザー

ユーザー登録する

新規ユーザー登録
東証プライム市場

「イーデス」は、株式会社エイチームライフデザインが運営するサービスです。
株式会社エイチームライフデザインは、株式会社エイチーム(東証プライム市場上場)のグループ企業です。
証券コード:3662

© 2022 Ateam LifeDesign Inc.