Operated by Ateam Inc.
イーデス専門家相談Q&Aメニュー
専門家専門家
質問検索質問検索
質問する質問するログインログイン
閉じる
生活費・家計

生活費・家計

生活費・節約クレジットカード住宅ローン
開閉
ライフプラン

ライフプラン

同棲・結婚出産・子育て教育資金・学費定年退職・介護・葬儀
開閉
資産運用

資産運用

資産運用の始め方老後資金・年金株式投資信託iDeCoNISA不動産投資FX金(金投資・純金積立)
開閉
税金・公的手当・社会保障

税金・公的手当・社会保障

ふるさと納税年末調整・確定申告住民税・自動車税・固定資産税控除(医療控除・扶養控除・住宅控除など)年金手当・補給金
開閉
閉じる
トップページ投稿ガイドラインよくある質問利用規約プライバシーポリシーセキュリティーポリシー運営者情報お問い合わせ
住宅ローン投稿 2024-02-15更新 2024-02-15

住宅ローン借り換えの方法と、おすすめ補償を知りたい

回答数回答数 1
いいね数いいね 0

女性39パート・アルバイト既婚/子供あり

貯金・資産:250万円

相談内容:借り換え

夫婦で年収400万程です。10年前に新築を立て、2000万(固定金利年1.5%)を地方銀行にて住宅ローンで借りました。 義父が支店長努めていたこともあって借りていたが、退職する上に10年の見直せる期限が来るため、 金利の安い変動金利に切り替えて、ネット銀行(SBI銀行やイオン銀行など)で借り直しを考えています。その際の手続きなどについて相談したいです。 具体的には、 ・すでに借りている地方銀行のローンはどうやって清算するのか? ・ローン借りる際、がん補償、働けなくなったときの補償など様々な付属の補償があるが、どんな内容の商品を選べばいいのか?どこまで加味したらいいのか? を知りたいです。 現在、主人46才。子供3人。中学1年生、小学6年生、一番下は3才です。 地方銀行のローンは補償的な内容は何もありませんでした。 がん保険と死亡保険には加入しています 基本的な借り直しの方法と、保険的な面で選ぶ基準が知りたいです。

  • URLをコピー

回答一覧

  • 新井 智美のプロフィール画像

    新井智美

    ファイナンシャルプランナー

    トータルマネーコンサルタント

    新井 智美新井 智美

    2024-02-15

    ご相談ありがとうございます。ファイナンシャルプランナーの新井智美です。 ご質問について回答させていただきます。 住宅ローンの借り換えに関するご相談ですね。 まず、借り換えの際には借り換え先の金融機関に申し込み、審査を受ける必要があります。そして審査に通ったら、現在借り入れている金融機関に対して全額繰り上げ返済を行う旨を伝えます。その後、借り換え先の金融機関と契約手続きを行い、融資実行と同時に全額繰り上げ返済を行います。全額繰り上げ返済については、借り換え先の金融機関から現在借り入れている金融機関に残額を振り込む方法が一般的です。これが精算の流れです。 また、借り換えにあたっては、抵当権抹消および設定登記費用のほか、新たな借入先で住宅ローンを利用するための諸費用が発生することも忘れないようにしておきましょう。 諸費用は金融機関によって異なりますので、借り換え先の候補を複数挙げ、借り換えることによってどれだけ総返済額が抑えらえるかを確認してから申し込むようにしてください。 また、団信の保障については、現在加入している民間の生命保険の保障内容で不足する部分を補うものを選ぶとよいですが、あまり保障内容を手厚くすると金利の上乗せも大きくなりますので、注意が必要です。また、保険金が支払われやすい条件かも合わせてチェックしながら、最終的に加入する団信を選ぶようにしましょう。 ご主人の年齢を考えると、金利の上乗せが比較的少ないがん団信の加入、さらに不安なら3大疾病団信の加入を検討してみることをおすすめします。

関連質問

もっとみる>
ユーザー

ユーザー登録する

新規ユーザー登録
東証プライム市場

「イーデス」は、株式会社エイチームライフデザインが運営するサービスです。
株式会社エイチームライフデザインは、株式会社エイチーム(東証プライム市場上場)のグループ企業です。
証券コード:3662

© 2022 Ateam LifeDesign Inc.