Operated by Ateam Inc.
イーデス専門家相談Q&Aメニュー
専門家専門家
質問検索質問検索
質問する質問するログインログイン
閉じる
生活費・家計

生活費・家計

生活費・節約クレジットカード住宅ローン
開閉
ライフプラン

ライフプラン

同棲・結婚出産・子育て教育資金・学費定年退職・介護・葬儀
開閉
資産運用

資産運用

資産運用の始め方老後資金・年金株式投資信託iDeCoNISA不動産投資FX金(金投資・純金積立)
開閉
税金・公的手当・社会保障

税金・公的手当・社会保障

ふるさと納税年末調整・確定申告住民税・自動車税・固定資産税控除(医療控除・扶養控除・住宅控除など)年金手当・補給金
開閉
閉じる
トップページ投稿ガイドラインよくある質問利用規約プライバシーポリシーセキュリティーポリシー運営者情報お問い合わせ
老後資金・年金投稿 2022-12-12更新 2022-12-17

どの年代でどのくらいのお金が必要なのか?

回答数回答数 1
いいね数いいね 0

男性43既婚/子供なし

年収:300万円

貯金・資産:150万円

相談内容:老後資金の見直し・シミュレーション

自分は40代ですが、老後2000万円問題など目にすると老後の生活が不安です。 具体的にどの年代でどのくらいのお金が必要なのかわからないので知りたいです。

  • URLをコピー

回答一覧

  • 千日 太郎のプロフィール画像

    千日太郎

    公認会計士

    オフィス千日合同会社

    千日 太郎千日 太郎

    2022-12-17

    ご相談をありがとうございます。43歳はいよいよ人生の後半に差し掛かったところですね。いよいよ老後が見えてきたころだと思います。わたしたちの親世代までは国が年金で生活の面倒を見てくれるという前提がありました。しかし、わたしたちはその当時の予想よりもはるかに長生きするうえ、あまり子どもをつくらなかったために、昭和の時代に想定していた老後を賄う年金や医療のお金が無くなっているのです。 老後2000万円必要説は、そうした前提で金融審議会の市場ワーキング・グループがシミュレーションしたものですが、これは持ち家があり住居費が1万程度しかかからない世帯が、毎月5万円の赤字が出ることを前提としています。 つまり逆を言えば、持ち家を持ったうえで毎月5万円の赤字が出ないような収支に抑えられれば老後資金はゼロでも大丈夫ということになりますね。拍子抜けしたかもしれませんが、シミュレーションとはその程度のものです。 ただし、老後の支出を低く抑えるために家を持っておくということは、合理的かと思います。住宅ローンを組める金額は年齢が上になるほど少なくなりますので、もしもまだマイホームを購入されていないのであれば、検討してみてはいかがでしょうか。

関連質問

もっとみる>
ユーザー

ユーザー登録する

新規ユーザー登録
東証プライム市場

「イーデス」は、株式会社エイチームライフデザインが運営するサービスです。
株式会社エイチームライフデザインは、株式会社エイチーム(東証プライム市場上場)のグループ企業です。
証券コード:3662

© 2022 Ateam LifeDesign Inc.