Operated by Ateam Inc.
イーデス専門家相談Q&Aメニュー
専門家専門家
質問検索質問検索
質問する質問するログインログイン
閉じる
生活費・家計

生活費・家計

生活費・節約クレジットカード住宅ローン
開閉
ライフプラン

ライフプラン

同棲・結婚出産・子育て教育資金・学費定年退職・介護・葬儀
開閉
資産運用

資産運用

資産運用の始め方老後資金・年金株式投資信託iDeCoNISA不動産投資FX金(金投資・純金積立)
開閉
税金・公的手当・社会保障

税金・公的手当・社会保障

ふるさと納税年末調整・確定申告住民税・自動車税・固定資産税控除(医療控除・扶養控除・住宅控除など)年金手当・補給金
開閉
閉じる
トップページ投稿ガイドラインよくある質問利用規約プライバシーポリシーセキュリティーポリシー運営者情報お問い合わせ
老後資金・年金投稿 2022-12-12更新 2022-12-12

老後資金はどの位必要なのか?

回答数回答数 1
いいね数いいね 0
解決解決

男性51既婚/子供あり

年収:600万円

貯金・資産:980万円

相談内容:老後資金の見直し・シミュレーション

老後にどれだけの資金が必要なのか全く分かっていないので、それを今から知って、将来に備えていきたいと思います。 妻と子供2人の4人家族で、年収・貯金ともに至って平均的な生活レベルです。 今でこそ子供の教育費のためにそこそこ貯金できていますが、これから学費等で支出が多くなってきます。 行き先(私立/公立、場所)等もまだ決まっておりませんので、どのくらいかかるかも正直不透明です。 子供の教育費等も含めて、自分の老後の資金がどのくらいかかって、今からどのくらい貯金しないといけないのか。 全く分からず困っておりますので、アドバイスほしいです。

  • URLをコピー

回答一覧

  • 下中 英恵のプロフィール画像

    下中英恵

    ファイナンシャルプランナー

    下中英恵FP事務所

    この質問のベストアンサー
    下中 英恵下中 英恵

    2022-12-12

    お子さんの教育費について、小学校から大学まで全て公立の場合は、1人につき1000万円くらい、私立の場合は2000万円くらいかかると言われています。子どもが大学生など大きくなるに連れて経済的な負担が増えるとので、子供が小さいうちからきちんと貯金していることは、大変素晴らしいですね。お子さんの進学先を検討する際に、この学校に行ったら5年後、10年後にどのくらいお金がかかるのかなど、さらに具体的に教育費をチェックしていきましょう。 また、老後資金について、年金を除いて、夫婦二人で少なくとも2000万円くらい必要だと言われています。さらに、老後の生活も、現役の時から生活水準レベルを落としたくない、1年に1回くらいは旅行に行きたいなどの希望がある場合は、さらに1000万円くらいあると安心です。 現在40歳で、年収貯金ともに、平均的ということですが、年間100~200万円くらいを老後資金のために貯金することができれば、60歳には貯金2000~3000万円は達成することが可能です。貯金と同時に、つみたてNISAやiDeCoなどの資産運用を行うと、長期的にお金を増やせる可能でもあります。

関連質問

もっとみる>
ユーザー

ユーザー登録する

新規ユーザー登録
東証プライム市場

「イーデス」は、株式会社エイチームライフデザインが運営するサービスです。
株式会社エイチームライフデザインは、株式会社エイチーム(東証プライム市場上場)のグループ企業です。
証券コード:3662

© 2022 Ateam LifeDesign Inc.