Operated by Ateam Inc.
イーデス専門家相談Q&Aメニュー
専門家専門家
質問検索質問検索
質問する質問するログインログイン
閉じる
生活費・家計

生活費・家計

生活費・節約クレジットカード住宅ローン
開閉
ライフプラン

ライフプラン

同棲・結婚出産・子育て教育資金・学費定年退職・介護・葬儀
開閉
資産運用

資産運用

資産運用の始め方老後資金・年金株式投資信託iDeCoNISA不動産投資FX金(金投資・純金積立)
開閉
税金・公的手当・社会保障

税金・公的手当・社会保障

ふるさと納税年末調整・確定申告住民税・自動車税・固定資産税控除(医療控除・扶養控除・住宅控除など)年金手当・補給金
開閉
閉じる
トップページ投稿ガイドラインよくある質問利用規約プライバシーポリシーセキュリティーポリシー運営者情報お問い合わせ
NISA投稿 2024-05-16更新 2024-05-21

ETFの現物運用と新NISA運用の差を知りたい

回答数回答数 1
いいね数いいね 0

男性42会社員既婚/子供あり

年収:650万円

貯金・資産:300万円

相談内容:NISAの運用相談

現在株を現物運用しており、日経平均関連のETFを中心に50万円ほど資産があります。年間の平均の資産増加幅は1~2%程度で、NISA及び新NISAは利用していない状態です。 現状の株取引を新NISAに移行した場合はどれほどの節税効果が見込めるのか、1年、5年、10年程度継続した場合はどれくらい差が出るのか比較したいと思っています。相場は水物と言えど目安があった方が良いので、プロ目線でアドバイスをしていただければ幸いです。

  • URLをコピー

回答一覧

  • 末次 ゆうじのプロフィール画像

    末次ゆうじ

    ファイナンシャルプランナー

    くるみ企画

    こんにちは。ご質問いただきありがとうございます。ファイナンシャルプランナーの末次ゆうじです。2024年度からNISA制度が拡充して、現在、特定口座や旧NISA口座で保有している資産を現行のNISAに乗り換えたほうがいいか? というご質問は多く受けます。 ご質問者さまも、同様のご質問かと思います。 まずNISAは、節税にはなりません。NISA口座で運用すれば、特定口座など通常は売却益や配当を受け取った際に20.315%の税金が課税がされますが、課税がされない口座がNISA口座になります。非課税制度ということになります。 よって、今保有のETFの資産が今後5年、10年と保有し続けることでいくらの利益が出るか? 売却する際に出た利益(儲かった分)の20.315%の税金が引かれ残りが手取りになります。長期保有すれば増える可能性が高いと思いますが、確定しているわけではないのでいくらの課税になるかはここは不明です。 一方で、NISA制度は一生涯非課税ということなので非常にメリットがある制度とは言えます。運用する資金の目的によっても変わります。老後資金や教育資金など必要となる期間が違うのでここはライフプランを確認して目標金額や資金の用途を確認なさってみてください。

関連質問

もっとみる>
ユーザー

ユーザー登録する

新規ユーザー登録
東証プライム市場

「イーデス」は、株式会社エイチームライフデザインが運営するサービスです。
株式会社エイチームライフデザインは、株式会社エイチーム(東証プライム市場上場)のグループ企業です。
証券コード:3662

© 2022 Ateam LifeDesign Inc.