Operated by Ateam Inc.
イーデス専門家相談Q&Aメニュー
専門家専門家
質問検索質問検索
質問する質問するログインログイン
閉じる
生活費・家計

生活費・家計

生活費・節約クレジットカード住宅ローン
開閉
ライフプラン

ライフプラン

同棲・結婚出産・子育て教育資金・学費定年退職・介護・葬儀
開閉
資産運用

資産運用

資産運用の始め方老後資金・年金株式投資信託iDeCoNISA不動産投資FX金(金投資・純金積立)
開閉
税金・公的手当・社会保障

税金・公的手当・社会保障

ふるさと納税年末調整・確定申告住民税・自動車税・固定資産税控除(医療控除・扶養控除・住宅控除など)年金手当・補給金
開閉
閉じる
トップページ投稿ガイドラインよくある質問利用規約プライバシーポリシーセキュリティーポリシー運営者情報お問い合わせ
住宅ローン投稿 2023-10-13更新 2023-11-17

実家の住宅ローンを払えなくなった場合

回答数回答数 1
いいね数いいね 0

男性27会社員未婚/子供なし

年収:430万円

貯金・資産:150万円

相談内容:返済

住宅ローンが払えなくなった場合はどうするべきなのか知りたいです。 20年ほど前に建てた実家のローンがまだ1000万円ほど残っているらしく、もし自分に任された時に何も払うことができないのでその時にはどうするべきなのか知りたいです。 親は60歳で65歳で退職する予定といっています。 親から払えなくなるかもという話を聞き、もしかすると自分が代わりに払う事になるのかもしれないと不安を感じています。

  • URLをコピー

回答一覧

  • 千日 太郎のプロフィール画像

    千日太郎

    公認会計士

    オフィス千日合同会社

    千日 太郎千日 太郎

    2023-11-17

    S.Iさん、ご相談をありがとうございます。公認会計士の千日太郎です。 いきなり1,000万もの負債を負うかもしれない、その不安は大変なものだと思います。 以下の手順や選択肢が考えられます。ただし、具体的な状況によって最適な選択が異なりますので、最終的には弁護士などの法律の専門家に相談することをお勧めします。 ①まずご両親とのコミュニケーション ご両親と十分なコミュニケーションを取り、具体的な現状や将来の状況について確認しましょう。親の退職後の生活設計や負担を理解し、共通の理解を築くことが重要です。 ②任意売却や債務整理 親の退職後の経済的な状況が厳しい場合、任意売却や債務整理といった手続きを検討することがあります。住宅ローンを貸した金融機関との交渉を通じて、債務の一部を減額するか返済条件を緩和してもらえる可能性があります。 ③財政面での対策 文面から察するに、将来的に親の住宅ローンの返済をサポートすることを検討されていると思います。そのため、将来的な負担を考えて自分自身の財政計画を立て、必要に応じて節約や収入向上の手段を模索することが重要です。 ③法律の専門家から法的アドバイスを得る 弁護士などの法律の専門家に相談して、具体的な法的なアドバイスを得ることが良いでしょう。特に住宅ローンや債務整理に詳しい専門家の意見を聞くことが役立ちます。 ④保険の確認 親が生命保険などの保険に入っている場合、その内容や利用可能性を確認しましょう。保険の解約で払い戻しがあるならば、支払いの一部を補填することができるかもしれません。 あくまで上記は一般的に取りうる手段を列挙したものであり、具体的な状況によって最適な選択を採るべきだと思います。ご両親とのコミュニケーションを大切にし、専門家の意見を参考にして、具体的なプランを検討することをお勧めします。

関連質問

もっとみる>
ユーザー

ユーザー登録する

新規ユーザー登録
東証プライム市場

「イーデス」は、株式会社エイチームライフデザインが運営するサービスです。
株式会社エイチームライフデザインは、株式会社エイチーム(東証プライム市場上場)のグループ企業です。
証券コード:3662

© 2022 Ateam LifeDesign Inc.