Operated by Ateam Inc.
イーデス専門家相談Q&Aメニュー
専門家専門家
質問検索質問検索
質問する質問するログインログイン
閉じる
生活費・家計

生活費・家計

生活費・節約クレジットカード住宅ローン
開閉
ライフプラン

ライフプラン

同棲・結婚出産・子育て教育資金・学費定年退職・介護・葬儀
開閉
資産運用

資産運用

資産運用の始め方老後資金・年金株式投資信託iDeCoNISA不動産投資FX金(金投資・純金積立)
開閉
税金・公的手当・社会保障

税金・公的手当・社会保障

ふるさと納税年末調整・確定申告住民税・自動車税・固定資産税控除(医療控除・扶養控除・住宅控除など)年金手当・補給金
開閉
閉じる
トップページ投稿ガイドラインよくある質問利用規約プライバシーポリシーセキュリティーポリシー運営者情報お問い合わせ
年金投稿 2023-08-23更新 2023-08-29

確定拠出年金は良いものでしょうか?

回答数回答数 1
いいね数いいね 0

男性45会社員未婚/子供なし

相談内容:国民年金・厚生年金・確定拠出年金

最近年金について年金だけで生活できるほどの金額はもらえないということが言われることが多くなってきました。 そこで厚生年金だけでなく確定拠出年金なども加入して将来に備えた方が良いような風潮があるのですが、確定拠出年金に入ったところで 安心なものでしょうか? 年金自体信用できないので確定拠出年金も将来破綻したりするのではないかと心配です。 また確定拠出年金でもらえる年金額もどのくらいになるか分からないですし、 不安です。 結局確定拠出年金に入ったところで負担が重くなるだけではないのでしょうか?

  • URLをコピー

回答一覧

  • 新井 智美のプロフィール画像

    新井智美

    ファイナンシャルプランナー

    トータルマネーコンサルタント

    新井 智美新井 智美

    2023-08-23

    ご相談ありがとうございます。ファイナンシャルプランナーの新井智美です。 いただいた質問に回答させていただきます。 確かに老後は公的年金だけでは生活が難しいといわれており、自分で何らかの方法で年金以外の老後資金を確保する必要があります。 確定拠出年金制度は私的年金の1つで、運用結果によっては公的年金の不足分を一定期間賄えるだけの資金を確保できます。 確定拠出年金は預け先(証券会社)と投資先(金融機関や保険会社、運用会社)に分けられますが、仮に預け先が破綻したとしても、積み立てて運用した資金には影響はありません。ただ、別の証券会社への移管が必要になるだけです。 さらに投資先が破綻した場合も、それぞれにおいて救済措置が設けられてます。例えば銀行が破綻した場合、1,000万円までとその利息は保障されますし、保険会社が破綻した場合だと生命保険契約者保護機構によって責任準備金の90%は保障されます。 運用会社が破綻した場合、運用会社はあくまでも運用の指示を行うだけで、資金を預かっているのは信託銀行ですので、こちらも影響はありません。信託銀行が破綻したとしても確定拠出年金の資産と信託銀行の資金は別に管理されることになっているため、安心して運用を行えます。 確定拠出年金で最終的にもらえる年金額はご自身が運用した結果になるためどのくらいになるかは一概にはいえませんが、負担が重くなるよりも加入するメリットのほうが大きいと思ってください。

関連質問

もっとみる>
ユーザー

ユーザー登録する

新規ユーザー登録
東証プライム市場

「イーデス」は、株式会社エイチームライフデザインが運営するサービスです。
株式会社エイチームライフデザインは、株式会社エイチーム(東証プライム市場上場)のグループ企業です。
証券コード:3662

© 2022 Ateam LifeDesign Inc.