Operated by Ateam Inc.
イーデス専門家相談Q&Aメニュー
専門家専門家
質問検索質問検索
質問する質問するログインログイン
閉じる
生活費・家計

生活費・家計

生活費・節約クレジットカード住宅ローン
開閉
ライフプラン

ライフプラン

同棲・結婚出産・子育て教育資金・学費定年退職・介護・葬儀
開閉
資産運用

資産運用

資産運用の始め方老後資金・年金株式投資信託iDeCoNISA不動産投資FX金(金投資・純金積立)
開閉
税金・公的手当・社会保障

税金・公的手当・社会保障

ふるさと納税年末調整・確定申告住民税・自動車税・固定資産税控除(医療控除・扶養控除・住宅控除など)年金手当・補給金
開閉
閉じる
トップページ投稿ガイドラインよくある質問利用規約プライバシーポリシーセキュリティーポリシー運営者情報お問い合わせ
住宅ローン投稿 2023-08-03更新 2023-08-29

貯金で住宅ローンを返済したほうが良いのか悪いのか。

回答数回答数 1
いいね数いいね 0

男性43自営業・自由業既婚/子供あり

相談内容:返済

現在の貯金額で住宅ローンは返済できるが、低金利で借りている住宅ローンを返した方が良いのか、それとも返済せずに米国株式などの配当率が高い商品へ投資をした方が良いのかを相談したいです。 今後の株式の相場観、金利の状況を鑑みてどのような方向性があるのかを相談したいです。

  • URLをコピー

回答一覧

  • 千日 太郎のプロフィール画像

    千日太郎

    公認会計士

    オフィス千日合同会社

    千日 太郎千日 太郎

    2023-08-13

    このたびは、ご相談をありがとうございます。投資に関する判断は個人のリスク許容度や目標に合わせて行うべきですが、ここでは現在の市況を踏まえた一般的な回答をさせていただきます。 現在のところ低金利での住宅ローンを返済することで、節約できる利息のコストは微々たるものです。しかしその一方で長期的には財政的安定感を提供します。住宅ローンを完済することで、抵当権を消すことができますので住宅所有権が確保され、将来的な住宅費用の懸念が軽減されます。住居の安全性を考えると、返済は安定感のある選択肢と言えます。 一方で高い配当率の米国株式や他の投資商品に投資することは、リターンが大きい一方、市場の変動性やリスクも高いです。特に現在は米国のインフレを抑え込むためにFRBがこれまでにないペースで金融引き締めに動いており、不況へ転ずるリスクもささやかれています。投資は資産を増やすチャンスを提供しますが、市場の変動によって元本を損失する可能性もあるため、慎重に考える必要があります。 また自営業の場合、運転資金としてある程度の資金的な余裕があることが望ましいと考えられます。預貯金のまま持っていても利益を生みませんが、そのお金自体が保険として機能している面も看過できません。 また、物価は上昇傾向となっており、仕入や支払いが先行するビジネスの場合、今後は最低限確保すべき運転資金のレベルが上がってくる可能性もあります。 以上3点を勘案して、余剰資金を振り分けかたを検討することをお勧めします。

関連質問

もっとみる>
ユーザー

ユーザー登録する

新規ユーザー登録
東証プライム市場

「イーデス」は、株式会社エイチームライフデザインが運営するサービスです。
株式会社エイチームライフデザインは、株式会社エイチーム(東証プライム市場上場)のグループ企業です。
証券コード:3662

© 2022 Ateam LifeDesign Inc.