Operated by Ateam Inc.
イーデス専門家相談Q&Aメニュー
専門家専門家
質問検索質問検索
質問する質問するログインログイン
閉じる
生活費・家計

生活費・家計

生活費・節約クレジットカード住宅ローン
開閉
ライフプラン

ライフプラン

同棲・結婚出産・子育て教育資金・学費定年退職・介護・葬儀
開閉
資産運用

資産運用

資産運用の始め方老後資金・年金株式投資信託iDeCoNISA不動産投資FX金(金投資・純金積立)
開閉
税金・公的手当・社会保障

税金・公的手当・社会保障

ふるさと納税年末調整・確定申告住民税・自動車税・固定資産税控除(医療控除・扶養控除・住宅控除など)年金手当・補給金
開閉
閉じる
トップページ投稿ガイドラインよくある質問利用規約プライバシーポリシーセキュリティーポリシー運営者情報お問い合わせ
住宅ローン投稿 2023-10-17更新 2023-11-21

結婚2年目、第一子計画中で、マンション購入にペアローンはメリットがあるのか

回答数回答数 1
いいね数いいね 0

女性28自営業・自由業既婚/子供なし

相談内容:その他

マンションの購入を考えています。ペアローンという住宅ローン制度があるのですが、結婚して2年目でこの制度を使うのはよくないのでしょうか。すぐわかれることはないと思いますが、メリットやリスク、これから第一子を計画しており、妊娠した場合のデメリットも教えてほしいと思います。

  • URLをコピー

回答一覧

  • 千日 太郎のプロフィール画像

    千日太郎

    公認会計士

    オフィス千日合同会社

    千日 太郎千日 太郎

    2023-11-21

    りのさん、ご相談をありがとうございます。公認会計士の千日太郎です。 ペアローンは、夫婦がそれぞれ住宅ローンの債務者となり、お互いの債務の連帯保証人となる住宅ローンの商品名です。ではご質問のペアローンのメリットとリスク、および妊娠がもたらすデメリットについて説明していきます。 基本的な考え方として、住宅ローンは借金ですからメリットとリスクは表裏一体にあると考えています。 ペアローンのメリットとしては、二人の収入を合算することで、通常よりも大きな借り入れが可能になることです。副産物として住宅ローン控除の恩恵も増えます。また二人の収入でローンを返済するため、月々の負担が軽減されます。 その裏返しとして、離婚した場合のリスクが大きくなるわけですね。通常よりも大きな借入が可能ということは、それだけ負う借金の金額も大きくなります。二人で返済することを想定していたのに、一人で返済しなければならなくなると、負担はそれだけ大きくなるわけです。 婚姻期間とリスクの間には明確な相関関係はありません。しかし、統計上の離婚率としては第一子の誕生後の離婚率は少し高い傾向があります。家族が増えることで、生活のリズムが変わること、子どもをきっかけとして価値観の相違などが顕在化しやすいことなどが挙げられます。 妊娠がもたらすデメリットとしては、まず収入の減少です。妊娠・出産により、特に妻の収入が減少する可能性が高いといえます。これにより、家計の住宅ローンの負担感が増加します。さらに収入が減ると払う税金も減るため、住宅ローン控除の恩恵も減ります。 次に生活費の増加ですね。子供が生まれると、生活費が増加することがあります。これも考慮しておく必要があります。ただし、両親などから援助が得られやすくなるというメリットもあります。 ペアローンはお互いの信頼関係と良好な夫婦仲が不可欠です。信頼関係をしっかり築き、将来のリスクに備えてくださいね。

関連質問

もっとみる>
ユーザー

ユーザー登録する

新規ユーザー登録
東証プライム市場

「イーデス」は、株式会社エイチームライフデザインが運営するサービスです。
株式会社エイチームライフデザインは、株式会社エイチーム(東証プライム市場上場)のグループ企業です。
証券コード:3662

© 2022 Ateam LifeDesign Inc.