Operated by Ateam Inc.
イーデス専門家相談Q&Aメニュー
専門家専門家
質問検索質問検索
質問する質問するログインログイン
閉じる
生活費・家計

生活費・家計

生活費・節約クレジットカード住宅ローン
開閉
ライフプラン

ライフプラン

同棲・結婚出産・子育て教育資金・学費定年退職・介護・葬儀
開閉
資産運用

資産運用

資産運用の始め方老後資金・年金株式投資信託iDeCoNISA不動産投資FX金(金投資・純金積立)
開閉
税金・公的手当・社会保障

税金・公的手当・社会保障

ふるさと納税年末調整・確定申告住民税・自動車税・固定資産税控除(医療控除・扶養控除・住宅控除など)年金手当・補給金
開閉
閉じる
トップページ投稿ガイドラインよくある質問利用規約プライバシーポリシーセキュリティーポリシー運営者情報お問い合わせ
老後資金・年金投稿 2023-08-23更新 2023-08-29

老後資金に向けた資産のポートフォリオの見直し

回答数回答数 1
いいね数いいね 0

男性43自営業・自由業既婚/子供あり

相談内容:老後資金の資産運用

現在の資産運用のポートフォリオはリスク性の高い株式に重点的に比重を置いているが、老後資金に向けていつのタイミングで安全性の高い資産への移行を進めればいいのかを相談したいです。またどのような安全性の高い投資商品があるのかを相談したいです。

  • URLをコピー

回答一覧

  • 新井 智美のプロフィール画像

    新井智美

    ファイナンシャルプランナー

    トータルマネーコンサルタント

    新井 智美新井 智美

    2023-08-23

    ご相談ありがとうございます。ファイナンシャルプランナーの新井智美です。 いただいた質問について回答させていただきます。 現在運用中であり、リスクは高いながらもリターンが期待できる株式に比重を置いている点は素晴らしいです。 ただ、老後資金としての利用開始時期が近づくにつれ、安定運用にシフトしていかなければなりませんが、タイミングとしてはまず利用開始時の5年前にどのくらいの資産形成ができているかを確認してみましょう。その時点で目標としている金額に達しているなら、国内債券および海外債券に比重を置いた資産配分に変更するとよいでしょう。 まだ目標金額に達していないなら、もう2~3年は株式での運用を続けでみましょう。その際には海外株式と日本株式の組み入れ比率を同程度にするなどの工夫が必要です。そして利用開始時期2年前になった時点でもう一度運用結果を確認し、債券の比重を重くした資産配分に変更するとよいでしょう。海外債券は国内債券よりもリターンが高いですが、新興国債券はリスクが高いため、先進国などの債券に投資している商品を選ぶことをおすすめします。

関連質問

もっとみる>
ユーザー

ユーザー登録する

新規ユーザー登録
東証プライム市場

「イーデス」は、株式会社エイチームライフデザインが運営するサービスです。
株式会社エイチームライフデザインは、株式会社エイチーム(東証プライム市場上場)のグループ企業です。
証券コード:3662

© 2022 Ateam LifeDesign Inc.